Hatena::ブログ(Diary)

●あれやこれやと●


●あれやこれやと●



2003 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2006 | 01 | 04 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2010 | 04 | 08 | 09 | 12 |
2011 | 01 | 02 |
2012 | 07 |
2013 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |

2009年08月12日

[] ナイトミュージアム2

まめこと共に。

ナイトミュージアム1も十分におもしろかったけれど、2もおもしろかったな〜。何度も笑わせてもらったよ。楽しい映画だ。


2009年08月07日

[] リアル鬼ごっこ

WOWOWでやっていたので録画。

予想していたよりおもしろかった。プに「これおもしろかったよ〜」と伝えると、「どんな感じの映画?」と聞かれ、「うーん…、そうだなぁ…、20世紀少年みたいな?」と答えておいたけど、全然違うか?


2009年08月05日

[] ハリー・ポッターと謎のプリンス

ハリー・ポッターは今までDVDやテレビでしか観てこなかったけれど、なぜか今回は映画館へ出かけた。最終章も近いということで、〆だけでもという思い?


そもそも小説を読んでいないので、これまで映画で何度も観てきてもいまいち名前と人物が一致しない。そう、その程度の認識力。今回は、ハリー、ダンブルドア、ヴォルデモートの物語がメインらしいよ〜と、一緒に観に行ったぷとまめこに言うと、「ダンブルドアって誰?」と聞かれ、「えぇ…っと、んーーーと…、多分、第1章でハリーを迎えにきたあの太った大きな人?」と答えた私…。そう、その程度。あとで調べてみたら、全然違うやん!


まぁそんなレベルで観てきましたが、私はとても楽しめたな〜。ちょっと涙したシーンもありーの、ヒョッ!てびっくりしたシーンもありーので、まぁとにかくきれいな映像にみとれてました。


小説で読んでいてもっと深い描写や設定を知っている人にとっては映画は物足りなかったりもするんだろうな〜とは思ったけれど、映画オンリーなくせに映画の知識さえ正しく蓄積していない私にはちょうど良かったような。でも逆に映画を観てから、もっと物語を詳しく知りたくなって、今さらながらに昨日ハリー・ポッターの6巻と7巻を入手。最終章に向けて読むのも悪くないかな〜と。


しかしいきなりprime ministerの話からで、そんなんいたっけなぁ…。イギリスの首相?しかもFudgeって誰?魔法省の大臣?映画ではどのへんで?…とまぁ(自分記憶容量内の)映画の知識とリンクさせながらしどろもどろですわ。しかし今さら1巻から読む気にもなれずだけど、それはどうなんでしょうね。もったいないのかなー。1巻から読んだほうがいいのかなー。まぁでも多分、6巻から読み始めて、途中で挫折して、7巻の映画を観て、あぁ…読んでおけばよかった…という筋書きに100万ルピーでお願いします。



Harry Potter and the Half-Blood Prince

Harry Potter and the Half-Blood Prince


Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)

Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)

2009年08月04日

[] フレディ―世界でいちばんかしこいハムスター

記録していなかった間、親子で何に一番はまっていたかと言うと、kさんが紹介してくれた、ハムスターのフレディの物語。なんたってうちでもハムスターを飼ってますからね。おもしろくないわけがない。毎日1章〜3章ずつ読み続け、さぁ、今日はどんな展開が待っているか?とわくわくしながら読み進めました。すでに読み終わって、今は2巻に突入。第5章を昨晩読み終えたところかな。


毎晩読み終えると、「あぁ…!続きが気になる〜!」と次の章も読んで攻撃が出るけれど、大半はもう遅いからという理由で次の日へと持越し。自分で読み進めればいいんだけど、そして実際に読み進めていた章もあったんだけど、やはり読めない漢字が多いと断念してしまう性格らしい。


ところで、漢字と言えば、先日、友人の子(まめこと同じ歳)がすらすらと大人の本(普通の小説)を音読出来ていることにぶったまげた私。本人に聞けば、「なんとなく分かる」とのこと。ええええー?!なんとなく分かる??分かるものなの???これは読めないだろう…と思われる漢字もすらすら読むからほっんとびっくりしてね〜。頭がいいな〜という思いももちろんあれど、その好奇心と意欲の高さに感心するとともに、習っていない漢字、知らない意味言葉の文字をイメージとしてとらえ正確に読んでいくってそのプロセスが、思考回路的にどうなっているのかってほんと不思議だったわー。興味深い〜。


だって、英語とか他言語でも、知らない単語って確かに意味を推測することはできる場合があるけれど、それもなかなか難しい作業だよね。それが7歳やらそこらですらすら〜って。なんとなく〜って。びっくりしたわー。そしてあれだけ読めれば、読書も楽しいだろうな〜。なんだって読めるだろうねぇ。


まぁだからと言って、読み仮名がふっていないから、知らない漢字がちらほらあるから、そもそも字が小さいから…と言ってなかなか一人で読書するというステップに入っていけないまめこに、ほらほら、読んでごらん、とはなかなか言えず、自ら一歩踏み出すのを観察すること久しくな状況ですわー。


まぁでも親子で楽しめるっていう細々とした利点を生かして、まだしばらくは読み聞かせていこうと思っております。でもいずれは、二人して黙々読書の時間を楽しむ、おもしろいと思った本を紹介しあう仲になりたいもんです。


2009年08月03日

[] ぎょえ〜

ふと気がつけば、1ヵ月半もここを更新しとらーん!

いかーん!

私の中ではここは結構好きな場所なのになぁ。


まめこと共に色んな絵本&本を楽しんでいるし、自分の本も読んでるし、映画も観てるし。

記録しつづけたいと思いつつ、一度とまるととまるね〜。


もはや誰もここに訪れる人はいないだろうけれど、

そろそろ復活じゃー!

AX