Hatena::ブログ(Diary)

●あれやこれやと●


●あれやこれやと●



2003 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2006 | 01 | 04 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2010 | 04 | 08 | 09 | 12 |
2011 | 01 | 02 |
2012 | 07 |
2013 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |

2011年01月24日

[] だめだった

だいぶ前から電子書籍やらpdfファイルやらが読めるリーダーを探していた。で、ネット上で昨年末発売のソニーのリーダーの評判が良かったので、昨日、買う気90%くらいの勢いで実物を触りに出かけてきた。


いやはや。結論から言うと、買わなかったんだけど、予想以上にデジタル書籍への抵抗感が大きかった…。自分でもびっくりした…。今まで本気で買おうと思って触ってなかったからかもしれないけれど、いざ毎日この画面と手触りで読書するのかと思うと、非常に残念でならなくなり、何もそこまでしてハードを買わなくてもいいんじゃないか、ということで諦めた(しくしく←かなり欲しかった)。


電子書籍として購入したものは文字の大きさやらが変えられて確かに読みやすくはなるけれど、なんだかデータであがってくる原稿を読んでいる気分…。本の制作過程に身を置いたことがないから分からないけれど、自分の身に置換えて見ると、訳文の原稿の最終チェックをしているような気分だった。


何だろう。本の種類によるのかなぁ。中身をすぐに習得して実践したいとか、実用書とか、そういう本の中身のみを重視したり即効性を求めていたりするような場合には、まぁ耐えられるのかもしれないけれど、それ以外の読書をこの機器を介してするのかと思ったらなんだか妙に悲しくなって、もったいなくなって。ページをめくるという行為、文字・行間、紙の手触りなど、本の中身以外のものにもらっているものって思っていたより大きかったんだなぁと今さらながらに改めて思い知った。ほんと今さらなんだけど。


pdfに関しては、読み込んだらさらに文字が小さくなるわけだから(実機には入ってなかったので試せずだけど)、何もそんな目を細めてまで読まなくてもと思う。kindleはまだ手にとってみたことないから分からないけど、大型のものならまだストレスも少ないのかなぁ。


いずれにせよ、今回のリーダーの購入断念に関しては、電子書籍に対する抵抗感が予想以上に大きかったのが、家電芸人ならぬ家電一般人として、これまた予想以上にショックな出来事であった。


2009年08月03日

[] ぎょえ〜

ふと気がつけば、1ヵ月半もここを更新しとらーん!

いかーん!

私の中ではここは結構好きな場所なのになぁ。


まめこと共に色んな絵本&本を楽しんでいるし、自分の本も読んでるし、映画も観てるし。

記録しつづけたいと思いつつ、一度とまるととまるね〜。


もはや誰もここに訪れる人はいないだろうけれど、

そろそろ復活じゃー!

2007年11月22日

[] ルー語変換

おもしろい・・・。自分のサイトをやってみたら、朝から暗い中、一人でぶふふ・・・ぐふふ・・・と不気味な笑い・・・。このサイトの変換後はこちら


特にぶふふ・・・ときたのは、あさえとちいさいいもうとの作者が、フォーレスト明子さんになっていたところだろうか・・・。心の中で読みながらも、妙〜にルー調に抑揚をつけて読んでしまう自分がいる・・・。いや〜、うけるわー。

2007年10月26日

[] ささいな人参たち

これから先2週間は仕事仕事課題仕事仕事課題仕事仕事・・・と完全にぎゅーぎゅーづめな日々を過ごさなければならないことにここ最近気がつき、茫然自失としている今日この頃。


でも、そんな呆然としている暇があったら少しでも進めろってことで、今日はもう丸一日ソトショクに没頭するつもりなんですけどね。


で、少しでもこのストレスがかかった状態(←これが結構予想以上に今回は大きい)を緩和するために、ご褒美をちりばめようかと。


まず、ノルマ。

1セットを原稿3枚に設定。

原稿3枚分進んだら、以下のいずれかの券を使ってもよろしい。


・ 編み物券:ただし2段のみ(←正味10分もかからない←けど楽しい)

・ 携帯ズーキーパー1本勝負券:最近、また再開。2万点を目指す。

・ 海外ドラマを語る記事のアップ券:デクスターと同レベルで楽しんだもう1つのドラマについて。

・ 巡回してよい券:10分限定。


はっ!今日は読みかけの本がかばんに入ってない・・・。これくらいか・・・。

・・・ってか、こんな記事をアップする暇があるなら、とっととヤレ。

2007年09月10日

[] 彼だけ沖縄

夕方、ソトショクバからの帰路をよろよろ歩いていたら、向こうから歩いてくる人混みの中に見慣れた顔の人を発見。


おおっ・・・、師匠・・・。


サンシンの師匠である。少し前の師匠のライブに行って以来だから数ヶ月ぶりくらいなんだけれど、彼に会うと、なんだか妙にゆったりした気分になれるんだ。遭遇して少し会話したときはちょっと得した気分に(←結構頻繁に遭遇)。


サンシンを肩に抱えていたので、「あれ?今からコレですか?」と交差点でエアサンシンなポーズをとる間抜けな私のおやじな問いかけに、「ちがうちがう〜。散歩、散歩〜、ただの散歩よ〜」とあたかも沖縄の田舎町の海辺を散歩しているかのように人混みの交差点で答えるのんびりムードな師匠・・・。ペースがぶれてないんだよねーいつも。


彼は結構イケメンでかっこよくって東京暮らしも長いはずなのに、全然都会に染まってないんだよなー。彼の周りの時間だけ、沖縄の時間と空気が流れているんだわ。ここ最近の自分の(精神的な)バタバタ度をちょっと振り返って一人反省会を開きたくなったよ・・・。もうちょっとのんびりいこうよ自分〜って。


じゃ!ではっ!とお互い言い合い別れたんだけど、しばらくして「お〜〜〜い、risaさーーーーん」と向こうのほうから。「はいはーい、なんですか〜」「いつでも電話しておいで〜」と思い出したように声をかけてくれる師匠。えぇえぇ・・・、ほんとに・・・。何事も中途半端な私に渇を入れてくれて本当に感謝感謝であります。近いうちに・・・とは言えませんが、きっといつかは再開したいとほんとに思っているんですよ・・・。でも・・・、やっぱり今は・・・太鼓が先かな?・・・いや、やっぱり鍵盤に本腰入れる?


な〜んていいながら、ほんとはミシンだったりして・・・?(←ヤル気あるんかいっ!引っ張り出して埃つもらせてるだけじゃないかって?)


ははは・・・。やっぱり何もかも中途半端〜。

2007年09月07日

[] 叫んで泣いた朝

関東上陸か?!と大騒ぎしながら、九州人から見ればいつも大したことなく通り過ぎ、なんだったんだといつの間にか尻切れトンボで終わっている台風騒動。でも今回のはわりかし強い雨風だったね。特に風が。昨晩は、外を荒らす音を家の中で聞きながら、子どもの頃の台風一過に至るまでのときを少し思い出したよ。


飛んでいきそうなものを家の中に入れ、雨戸を閉め、家の中が真っ暗になって、時には停電してローソクで過ごす日を。台風がくるとなると、そういえば、そういうのって当たり前だったような記憶が。重装備だったよなぁ。家を揺らす暴風にじっと耐えているような。家が飛んでいかないように家族全員で家の中で足を踏ん張ってどっしりと構えているような。そのときの風の音が今でも忘れられない。なんかそういう感覚、最近感じてなかったから忘れてた。


話は変わって、先日、うちの子めだかちゃんにとって悲劇的な事件が勃発。朝、私かまめこが4つある水槽にそれぞれ餌をあげるんだけど、その日は朝ご飯を作っている私に代わってまめこが餌をやっていたわけだ。


今年の春から今に至るまでまだまだ毎日毎日卵を産み続けている親めだか。オス1匹なのになぜそんなに・・・というほど長期にわたった出産ラッシュのせいで、どんどんと増え続ける子めだか水槽。その中でも圧倒的多数の子めだかちゃんが住んでいる一番大きな水槽(表面積は広いが深さは浅い)をのぞいていたまめこ。私がフライパンに油をしき、切り込みを入れたソーセージを今から炒めん!という時に、


ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!


と叫ぶまめこの声がっ!ななななななんだーーーーなにごとだーーーーーー!!!とベランダに飛んでいった瞬間、



ギャーーーーーーーーーーー−ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!


と叫ぶ私の声が・・・・・・。向こう3km先にまで届いたに違いない・・・。まめこ、やってくれました。どうやらその一番大きな水槽の縁に手をかけてよっかかってしまったらしく、ぜーんぶひっくり返りましたよ・・・。子めだかちゃんたち、瀕死の状態&行方不明魚多数・・・。なにせベランダなので、ベランダ床に隙間のある板を敷き詰めていましてね・・・。その間に入り込んで落ちちゃってるわけですよ・・・。とりあえずかろうじて上板でぴちぴちはねている10匹くらいを救出し、ベランダの板をはがし、10匹くらいをさらに救出し・・・。でももう他には見あたらない・・・。流れていってしまったか・・・。


私のショックも相当なもんだったけれど、同じように子めだかに対して愛情を注いでいたまめこのショックも相当なもんだった。深い悲しみいっぱいの泣き声でおいおい泣き、おいおい泣き、おいおい泣き・・・・・・。わざとしたんじゃなくっても、取り返しのつかない出来事ってあるんだよ・・・まめこよ・・・と二人しておいおいと泣いた朝だった。

2007年08月24日

[] やまもとやまもとてん

月曜日朝締めのものに着手した金曜日。どうする土日?


さて。ある朝、朝食用に作ったおにぎりを食べながら、プがこんなことを言った。


「この前テレビでやってたんだけどさ。日本橋の三越の前にある山本山の海苔がすっごく旨そうだったぞ〜。あの海苔でおにぎり食べたいなぁ〜」

「へぇ〜、そんなに?あっ、そうだ。まさに今日、そこらに用事があるから帰りに買って帰ろう!」


ということで、山本山本店に行き、「おにぎり用に一番おすすめな海苔はどれですか?」と聞いて薦められた本店限定らしい「焼き立て」シールの付いた海苔(525円)を買って帰ったわけだ。ちょうどその付近には鰹節専門店もあり、そこで削りたての鰹節も買って。


いつものように前の晩から昆布といりこを水につけ、朝、たっぷりの鰹節とともにとった出汁の香りときたら!さらにそれで作ったお味噌汁の美味しさときたら!


そこでおにぎり登場ですよ。さらに幸運なことに、最近石垣島旅行から戻ってきた近所の勉強仲間が、石垣の塩をお土産にくれたのですよ。ナイスタイミング。グッジョブ。その雪のような塩を手につけて握ったおにぎりに、パリパリの海苔を巻いて食べた朝食午前8時。


うまーーーーーーっ!


叫ぶ大人二人。もう、このおにぎりと、お味噌汁と、漬物があったら、他には何もいらないな。あとは漬物においしい糠漬けがプラスされれば…か?


それにしても、山本山本店って書くと一体なんて読んでいいか分からないね。やまもとやまもとてん?……おもしろい。

2007年08月21日

[] 「が」と「ガ」

リニューアル。といっても、特に何ら変化はないか?


仕事が切羽詰るとサイトをいじりたくなるのは世の常なのか。頭の中では「だめ!今は絶対そんなことしているときじゃない!」って声ががんがん響いているのに、手を休めることができないこの意志の弱さ。


ところで、昨日、まめこにこんな質問をされた。

「ねぇねぇ、どうしてひらがなの「が」は点が3つなのにカタカナの「ガ」は点が2つなの?」

「おおっ、いい点に気が付いたね〜。それはさ、平仮名の「が」はもともとほらここに点がついて「か」になるでしょう?でもカタカナの「カ」はついてないでしょう?」

「あっ、ほんとだ〜」

「で、音が濁るときにつける点々は必ず2つなんだよ。ほらこんな風に」

「おお〜〜〜!」

「つまりあれだよ。1+2=3ってことと、0+2=2ってことだよ」

「なるほど〜〜〜!」


と自信満々に説明しながら「が」を紙に書いていた私。しかし書いてみると、これが妙に変な格好に見えるんだ。不恰好に。そうすると、あれ?平仮名の「が」って点が全部で2つだっけ?もしかしてこれって例外の法則?「が」の場合は元々「か」に点がついてあるから、濁る場合は点が1個?そうだっけ?どうだっけ?あれれれ?…と急に自信がなくなるから不思議なもんだ。


まめこを横に、一人内心動揺する私…。何度点が3個の「が」と2個のものを書いてみても、どちらもしっくりこない…。そして最後に確かめるために、パソコンでタイプして確認した私は一体この世に生まれて何年経った日本人なんだろう…。


間違いなく、小学校の先生にはなれない気がする。

AX