Log of ROYGB

ブックマークのコメント一覧非表示用のタグを使用しています。

2016-12-02

基本的人権は、世界に自分ひとりだった場合でも存在するか 基本的人権は、世界に自分ひとりだった場合でも存在するかを含むブックマーク

基本的人権とは誰もが持っていて奪うことが出来ない権利であり、憲法でも基本的人権は保証されています。

でも、本当にそうでしょうか。

選挙権基本的人権でしょうか。過去には女性には選挙権は無かったし、税金をあまり払っていない男性にもありませんでした。それが今では男女や納税額に関係なく誰でも持っている権利、それが選挙権

しかし現代の日本でも子供には選挙権はありません。選挙権が認められていない子供には基本的人権が無いのでしょうか。

子供にも基本的人権はある、そう考えるならば子供が持っていない選挙権基本的人権ではありません。ある種の権利ではあるものの大人には認められるけれど子供には認められない権利、それが選挙権です。

選挙権が無い民主的な国家というのも考えられます。直接民主制の国ならば選挙の必要は無いので、選挙権もありません。では直接民主制の国の国民には基本的人権は無いのでしょうか。

子供にはない、直接民主制の国の国民にも無い選挙権は、普遍的基本的人権というよりは、間接民主主義の国を維持するための仕組みに近いものではないでしょうか。その仕組みのなかで決まっている範囲では人権と言えるかもしれません。

選挙権のある国でも、日本だと1票の格差が大きいことは違憲だけれども、アメリカ上院のように1票の価値の差がものすごく大きくても問題がない場合もあります。だから1票の価値の平等というのは選挙権よりも狭い範囲で成立する仕組みです。しかしそれが成立する日本においては1票の価値の平等も人権と言えるのではないでしょうか。これらの人権は国という社会の仕組みと関連して存在しているものです。


もっと基本的な例えば生存権ならば、国とは関係なく存在するかもしれません。生きる権利というのは選挙権よりも普遍的で、国が無くなったとしても消えないのではないでしょうか。

でも世界に自分ひとりだけになったら生存権があると言えるのかどうか。自分が出来る範囲で生きていくことはできるでしょうが、病気になったりケガをしたりしても生存権が何とかしてくれるわけではありません。

そうしてみると、権利と言うのはそれに対応してくれる誰かや何かが存在しないと成立しないと考えられるのではないでしょうか。それともそれだけで成立する権利というものもあるのでしょうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ROYGB/20161202

2016-10-14

日本はノーベル経済学賞の為に税金をつかうべきか 日本はノーベル経済学賞の為に税金をつかうべきかを含むブックマーク

ノーベル賞に関連して、日本はもっと科学研究に税金を使うべきだ、そうしないとノーベル賞の受賞者も将来いなくなる。といった主張を目にすることがあります。

これはノーベル賞を取ることが日本にとって良いことで、その為に税金を使うことも良いことであるという前提によるものだと推測されます。

でもそうすると経済学にもっと税金を使うべきだともなってしまいそうです。つまり、日本人でノーベル経済学賞を受賞した人はいないので、ノーベル賞受賞の為に優先して税金を使うべきということも自然科学の研究に税金を使うべきだという主張と同じ前提で導き出せたりもします。

これをノーベル文学賞にまで広げるともっと面白いというか変な主張になってしまいそうな気がします。つまり日本がノーベル文学賞をとるために、もっと作家税金を投入するべきだ。みたいな具合です。

文学の場合は、商業作家として成功していない人にいくら税金を使ってもノーベル文学賞には届かないような気もしますが、経済学だとどうなんでしょう。そして自然科学では。

2016-09-03

貰った物はだれの物? 貰った物はだれの物?を含むブックマーク

読売新聞のニュースの「プーチン氏から名刀、首相から鎧甲…記念品交換 : 政治 : 読売新聞YOMIURI ONLINE)」*1から引用。

プーチン氏は1928年(昭和3年)に昭和天皇即位の礼で用いられたという名刀1振りを、首相は鎧甲よろいかぶとを贈った。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160903-OYT1T50014.html

日本の安倍首相ロシアプーチン大統領が贈り物をしあったのですが、これは公務に付随するものだから購入代金は公的な国の予算でまかなわれたのだと思います。

だとすると受け取った品物も私的なものではなく、公的なものになるのでしょうか。私物なら引退するときに持って帰れるけど、公的なものならば国が保管することになるのか。高価な物だと贈与税なんかも気になります。



気になるといえば、オバマ大統領の折り鶴も気になります。

朝日新聞オバマ氏の折り鶴公開 原爆資料館、早朝から市民ら列:朝日新聞デジタル*2から引用。

折り鶴は本館北側ギャラリーに展示された。4羽は幅約10センチ、高さ約7センチ。オバマ氏が出迎えの小中学生に手渡したピンクと青地に白の2羽、芳名録の上に残した赤とオレンジの2羽がある。

http://www.asahi.com/articles/ASJ6866KMJ68PITB00K.html

記事の最初に“オバマ大統領広島市に寄贈した自作の折り鶴4羽が”とあるのですが、2羽は出迎えの小中学生に手渡しています。これはその小中学生に対してオバマ大統領から送られた物だと解釈するのが妥当ではないでしょうか。

出迎えたのは個人としてではなく、広島市のイベントの一環として公的な立場で受け取ったのだから個人ではなく市に所属するという解釈も出来なくはないのですが、そうすると安倍首相の刀も個人のものではなく首相官邸などに飾られることになるのでしょうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ROYGB/20160903

2016-08-21

ドラゴンボールタイムマシンパラレルワールド ドラゴンボールとタイムマシンとパラレルワールドを含むブックマーク

今日放送されたドラゴンボールタイムマシンの修理が終わってトランクスが未来に帰るのですが、そこに悟空ベジータも同乗します。そして無事に未来への帰還はできたのですが、ここで不思議なことがあります。

それは、なぜ悟空べジータにとっての未来ではなくトランクスの未来に来たのかということです。


ドラゴンボールの話の中ではタイムマシンで過去を変えても、自分のいる世界は変わらずに別の世界に分岐することになっています。なので未来から来たトランクスが病気で死ぬはずの悟空に薬をわたしたことで新しい世界が分岐しました。この分岐した世界がアニメ本編での世界で、トランクスが戻った未来の世界ではあいかわらず悟空は死んでいます。

未来のトランクスの世界以外に、さらに未来のセルがやってきた世界もあります。

作中では

1.本編の世界

2.本編に登場した未来トランクスの世界(本編の世界から戻ってきたトランクスが、人造人間とセルを倒す世界)

3.本編に登場したセルの世界(セルがトランクスを殺してタイムマシンを奪い、本編の世界に向かう世界)

の三つの世界が示されている。

ドラゴンボールの世界における年表 - Wikipedia

それぞれ世界1、世界2、世界3とすると、今回の話では世界1の悟空べジータ、そして世界2のトランクスが世界1の現在からタイムマシンに乗って未来に行ったら世界2だったということになります。

もしトランクスが乗らずに、悟空ベジータだけでタイムマシンで未来に行ったら世界1の未来に行くと考えるのが妥当でしょうが、それならば今回の話で世界2の未来に行ったのが不思議です。世界1の2人と世界2の1人が乗ったタイムマシンが、世界2に行く理屈がちょっと思いつきません。

タイムマシン自体も世界2のマシンは破壊されてしまい、世界3のセルが乗ってきたマシンを使っています。なのでタイムマシンが所属する世界に戻るというのでもなさそうです。


そもそもの話として、世界2の未来トランクスが過去に戻っても世界が変わらないのならば、悟空の生きている世界1にやってくるのも不思議です。一番最初に来たときは世界が分岐する前だったので問題ないのですが、悟空を助けて世界が分岐した後も分岐した世界1にやってきたのはどうしてなんでしょう。

これはトランクスが世界の分岐にかかわったことで世界1と世界2に関連ができたからか、それとも世界1の過去から世界2の未来に帰還するときに一度タイムマシンが通ったことで時空に通り道のようなものができたと考えればいいのでしょうか。

時空の通り道説を使えば、最初のトランクス悟空ベジータの3人が乗ったタイムマシントランクスの世界2に行った説明もできなくもないかも。つまり世界2の未来と世界1の現在はトランクスタイムマシンでやってきたことで通り道的なものが出来ているので、世界1から未来に行っても世界2につながってしまう。

そういえばブラックもタイムマシンの軌跡みたいなのを追ってきたみたいだし、これで一応の説明はつくかも。


この先の話がどうなるかはわかりませんが、悟空という少年マンガの主人公がやってみた未来トランクスの世界は、これまでのような人は死ぬし生き返らないハードな世界から、死んだ人が生き返ったり敵がいつの間にか味方になる世界に変わっていくかもしれません。

2016-07-08

ニセコインと重さ ニセコインと重さを含むブックマーク

天秤でどちらが重いのかを比較するのではなく、何グラムかをはかることでニセコインを見つけるという問題もあります。


コインが沢山入った袋が4つあり、コインの見た目は同じだが3つの袋に入っているコインは10グラムなのに対し、1つの袋に入っているコインは9グラムしかない。重さを一度だけはかって、9グラムのコインが入った袋を見つけるにはどうすればいいか。


重さが違うコインなので、何枚かのコインの重さをはかると何枚のコインが9グラムなのかというのはわかります。

4枚のコインの全てが10グラムならば40グラムになるはずで、9グラムのコインが1枚混ざっていれば39グラムになるはずです。なので、4つの袋から違う枚数のコインを取り出して重さをはかることで、どの袋が9グラムのコインなのかを判定することができます。

たとえば、1つ目の袋から1枚、2つ目からは2枚、3つ目からは3枚、4つ目から4枚のようの合計10枚のコインを取り出して重さが100グラムから何グラム軽いのかがわかれば、9グラムのコインの枚数がわかります。

コインの枚数は1、2、3、4枚ではなくても良く、1、3、6、10枚とかでもかまいません。

それでは9グラムのコインが入っている袋が複数あった場合はどうでしょうか。


コインの入った袋が4つあり、10グラムのコインが入った袋と9グラムのコインが入った袋があるがそれぞれ何袋なのかはわからないし、コインの見た目は同じ。袋から取り出したコインの重さを一度だけはかって、9グラムのコインが入った袋を全てみつけるにはどうすればいいか。




続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ROYGB/20160708