Hatena::ブログ(Diary)

Ragazzi blog

2017-03-13

X-FUSION 入荷してます

今年からX-FUSIONの取り扱いをはじめました。

steelが好きでMTBが愉しくて、ってなると困ってくるのが27.2mmのドロッパーシートポスト。

X-FUSIONには3万円以下でちゃんと使える27.2mmのドロッパーがあります。

3本入荷しましたがこのサイズは供給不足ぎみ、2本はすぐに売れちゃいました、現在1本在庫ありです。

2016-11-16

BASSOプレミアムディーラーになりました

久々の更新です、最近はFaceBookばかりでなかなかBLOGまで手が回りませんね、BLOGのほうも何とか更新していきたいです。

今回のテーマはイタリアンブランドBASSOhttp://www.job-cycles.com/basso/

2017年度からBicycle RagazziはBPD(バッソプレミアムディーラー)となりました。

BPDとは全国で45店舗しかないBASSOカーボンモデルを取り扱う専門店です。

この機会にイタリア生産のカーボンフレームとしては比較的身近なセカンドモデルASTRAを店長車兼試乗車としておろしました。

http://www.job-cycles.com/basso/collection/detail/carbonframe/astra/index.html

コンポーネントはULTEGRA 6870Di2 ホールはTNIカーボンチューブラーの手組ホイールで仕上げてみました。

f:id:Ragazzi:20161029153521j:image

f:id:Ragazzi:20161029153537j:image

f:id:Ragazzi:20161029153116j:image

f:id:Ragazzi:20161029153549j:image

完成したASTRA乗ってみた感想、コイツは確かにレースシーンで生きてくるフレームです

やや長めのヘッドチューブはヘッド剛性の向上に貢献し狙ったラインにスパッと入っていきBB86規格の剛性あるBB付近は重いギアを掛けて行ってもビシッと芯がぶれません。

店長ごときの脚力(目安として大正池23分程度)ではこのフレームの一番美味しい部分は引き出せませんが、それでも重いギアを掛けながらグイグイ進んでいくとヘッドからBBまでの高剛性からくる弾けるような加速感を十分楽しめます。

こういうライダーのパワーをロスなく加速につなげるフレームというとガチガチ硬派を想像してしまいますが路面からの突き上げなどはうまくいなし、下りのコーナーなどはニュートラルなハンドリングで非常にクセがなくココ一発の加速でパンッと進むフレームという感じで乗り手の力量不足にもかかわらず乗っていて非常に気持ちがいいフレームです。

おまけに248000円のプライスで武闘派のMade in Itaryなカーボンフレームが手に入るのは圧倒的に魅力的。

もう少し優しいライド、ロングやエンデューロが目的ならばもう1グレード下のVENNTA(ヴェンタ)がお勧め

http://www.job-cycles.com/basso/collection/detail/carbonframe/venta/index.html

こちらはマテリアルのグレードダウンにより剛性も優しくなることで長時間・長距離向きになります。

105完成車で248000円、普通に考えてMade in Taiwanですよね、ところがこのVENTAフレームはイタリアで生産されるんです、BASSOのフレームセット販売モデルはイタリアBASSO社で生産されます。

VENTAももともとはフレームセットで販売されるモデルを日本の輸入代理店が完成車の形でデリバリーしているもの、パーツ組み付けは台湾で行うので最終工程台湾ということになりますが(もちろん全バラ組み立てしますのでホントは最終工程Bicycle Ragazziなんですけどね(笑))イタリア製フレームです。

イタリア製のイタリアンブランド(当たり前のようですが生産がアジアシフトした今、実はかなりブランドが絞られてしまう)のカーボン105完成車が248000円、とんでもなくバリュープライスです、さらにこのモデルを扱えるのは全国で45店舗のBPDのみ、当然販売台数は絞らてきます。


〇あまり出回らない

〇Made in Itary

〇バリュープライス と3拍子揃ったお買い得モデル。

これは正直、輸入しているJOBインターナショナルもこれはかなり努力していると思います。

ASUTRA(店長車)は試乗可能、試乗希望の場合は身分証をご持参願います。

2016-08-05 購入検討の方、チャンス到来です

今年は少し早いような気がしますが各社モデルチェンジを控えて

現行2016モデルのプライスダウンが始まっています。

当店取り扱いブランドではPINARELLO GIANT BASSO CERNTURIONなどお買い得モデルあり

店頭展示車ではPINARELLO RAZHA が20万円チョットという大特価車もあり

入門クロスバイクからハイエンドロードバイクまで人気車を特価で手に入れるチャンスの時期

購入をお考えの方はぜひ一度ご来店いただき、ボーズ頭の店主を捕まえて相談してください。

2016-06-16

ギターを買いに

娘がギターが欲しいと言い出しました。

こいつは何でもかんでも欲しがるわけではなく

ホントに欲しい必要なものを考えて言ってくるので

逆にそんなもん要らんやろと言えません。

最初は通販で安いのを見つけたと言ってましたが

楽器には疎い僕ですが、なんとなく楽器の世界も自転車に似てる気がしたので

ちょっと調べてみました、するとやっぱり

『最初に買った通販の格安ノンブランド品で苦労した、

 友人のメーカー品を弾かせてもらわなかったらきっとギターをやめていた』

なんてブログを見て「やっぱり自転車と同じ世界や!と確信し

楽器屋さんに娘と一緒に行ってきました。




お店で店員さんに話を聞くと

「女の子やったらこの大きさ、価格帯は初めの1本ならこれで十分」みたいな

YAHAMAのちょっと小振りな奴を勧められ、ちょこちょこっと弦の張りを調整して

少し弾いて見せてくれました。

娘はおとなしくもテンション上がってるのが眼でわかります。

チューナーはクリップタイプが使いやすいです、教本はこれがおすすめ。

みたいな感じでこれまた自転車に似てるなぁとおもいつつ

自分は自転車屋でスポーツサイクルとよく似た世界だと感じましたと話すと

楽しみ方や商品の選び方も本当に共通点が多い事がわかりました。




帰りの車の中で娘が

「あの人(店員さん)ホントに弾いたはるんやなぁ、ちょっと怖かった」と言うので

なんで怖いの?と聞くと

「ホントにできる人は怖いねんで」と、なるほど吹奏楽部でその辺の感覚は身についてるようです。




そんな話をしていていろいろ考えました。

娘が初めに『通販で』と言い出したのは素人が経験者と話すことの怖さもあったのかな

うまく丸め込まれてしまうかも、自分の覚悟のなさを見抜かれてしまうかも、っていうような

でももし覚悟も予算もないから通販で安いのを!って買ってたら

自転車でよくあるのが前後サスのMTBルックを買って重くてしんどくて自転車ツマラナイ!

となるようにギターってツマラナイってなってかもしれない、まったくの無駄。





僕が付いて行ったのは商品は全然わからないけど店を見ることができるという事で付いていきました

(もちろん、オサイフというのが娘には一番の理由だと思いますけどネ(笑))

趣味の世界には「アンタどんだけ出来るの?」っていうヒエラルキーの存在は確かに感じます

だけど『楽しみたい!』と思ってきた人に店員がそんなヒエラルキー持ち出しちゃダメ

プロなんだから、初心者なら初心者目線、経験者ならレベルアップできるようにとそれぞれの楽しみが

実現できる相談相手になって、商品を万全にして楽しみをスポイルしない仕事ができないと

今回の店員さんは素人、初心者の目線に立ってちゃんとしてくれた

今後困った時の先生にもなってくれるし、やっぱり実店舗、対面販売で買って良かったです。

f:id:Ragazzi:20160616163108j:image

2016-06-15

ラレーCRS(ステンレスフレーム)300劵蹈鵐哀薀ぅ瓢遒靴討澆泙靴

6月1日(水)かねてから予定していた『ラレー CRSで300劵薀ぅ鼻戮鯀ってきました。

3日前に『若狭センチュリーライド160辧戮修陵眛に『TOJ京都ステージコースボランティア』

次の日は1日仕事して翌日300キロと我ながらスケジュール詰め込むなぁと思いましたが

一週間後の休みは田植えの手伝いという日程変更できない予定が入っていたので仕方ありません。



200劼阿蕕い離薀ぅ匹覆蘚澎奮阿い弔任OKなんですが

300劼GWから梅雨入りまでがベストと思います。

この季節なら朝4時過ぎに出発して、ちょうどいいコンディションで走って

うまくいけば暗くなるころ帰ってくるという段取りが組めます。

当日も4時半出発を予定していましたが、木曜日納車予定の自転車の到着が遅れ

火曜の晩に整備する羽目に、夜遅くまで作業していたら日が変わって水曜になっていました。




そんなわけで出発は遅くなって7時半すぎにうちを出ることに、帰りは22時半ぐらいなるかなぁ

だいたいナイトランは3時間半、ライトのランタイムを考えると途中のトンネル区間は

弱点灯で灯けておいたほうが無難だな。

スタートしてすぐ「なんとなく向かい風?」な感じだったのが八幡の背割り堤を越えてから

「明らかな向かい風」になり、老ノ坂を越えて亀岡に入るとすでに疲労を感じコンビニ休憩

コンディションが良ければ和知まで休憩なしで走れるのに先が思いやられるなぁ。



ロングライドで走るときは基本『安全第一』で考えてできるだけ交通量の多いところや

狭いトンネルは避けるように走ります、今回も田んぼの中の農道を北へ向かっていたのですが

途中でひらめきました『9号線に出て車を風よけに走ろう!」

f:id:Ragazzi:20160601101006j:image

八木から9号線に出ると交通量がぐっと増して大型車もたくさん走ってます交通量の多い道では

車のドライバーに不安を与えないように芯の通ったふらつかない走りが必要ですが

大型に抜かれた後は本当に楽に前に進みます「ワイもナカナカの策士やのう」と自画自賛してると

ユピテルサイクリングマップに不穏な文字が

【観音峠】

おーっ、いっつもこの区間は船岡通るし、車やったら縦貫道、すっかりこの峠忘れてたぜ〜

今までちょっと楽した分すべて帳消し、つかマイナス、疲労蓄積、アホやおれ―

結局向かい風は舞鶴まで続き120匕かい風+予定外の峠1コ

そのせいで平均時速21/h(舞鶴到着時、非常に遅いペース)と

CRSのロングライド適性を探るには上々のステージでした(笑)



西舞鶴の街に入ると120劼箸六廚┐覆と莽感でリタイア輪行を考えていましたが

舞鶴まで来たんだから去年配備された護衛艦ひゅうがを一目見てから帰ろうと

27号の大手交差点を東向きに転進したところ、今まで向かい風だったのが

横風+ちょい追い風に!このまま風向きが変わらなければ小浜からは追い風に乗れる!

そう思った瞬間『このライド、続行!』と単純に方針転換。

f:id:Ragazzi:20160601141704j:image

f:id:Ragazzi:20160601141207j:image



舞鶴-小浜間の27号線のトンネルは狭く歩道もなく大型車の通行も多いので

いつもは避けて峠や海岸線に迂回しますが今回は舞鶴までで疲労してたので

迂回に峠越えが必要な青葉トンネルだけ通行することにしました。

舞鶴から先は順調に距離を重ねます

f:id:Ragazzi:20160601152520j:image

疲労感は増えることなくむしろ楽になっていく感じで小浜到着

この場所は前回の若狭センチュリーライドでバナナの第4エイドがあった場所

f:id:Ragazzi:20160601160315j:image

小浜からは27号を離れ303号へ水越峠を越えれば自宅まで100キロ平たん路

このコース、しんどいところは先にやっつける!がコンセプトになってるんです。

熊川宿、ここも3日前にエイドステーションがあったところ、峠を前に一息つきます。

f:id:Ragazzi:20160601164631j:image

次の休憩ポイントは北小松、体力的には問題なし!

このあたりになると完全に時間も休憩のタイミングも先読みできるようになっていました。

f:id:Ragazzi:20160601182845j:image

去年は比良颪に苦しんだ161号も追い風で快適

日が落ちて暗くなったのは和邇付近、舞鶴以降の追い風で遅れていた時間も

ここまでで徐々に取り戻し、ナイトランの時間もほぼ予定の範囲内になっています。

f:id:Ragazzi:20160601194409j:image

琵琶湖大橋から湖東側に渡り、洗堰で瀬田川右岸に渡って大津の市街地を避けるコースを取ります

f:id:Ragazzi:20160601205447j:image

そのあとは宇治川ラインを抜け大久保を過ぎ木津川右岸を通って山城大橋

f:id:Ragazzi:20160601222744j:image



ゴール時刻は22時39分、距離307キロ、走行時間12時間27分、経過時間15時間13分

舞鶴で21/hだった平均速度は24.7/hまで取り戻していました。

f:id:Ragazzi:20160601223917j:image

f:id:Ragazzi:20160615100907j:image



ここまでがロングライドの内容、次回はロングライドで感じたCRSについて書いてみます。