Hatena::ブログ(Diary)

Ragazzi blog

2019-01-12

今年のブルベ2本目は600km ライド編

BRM104国東600辧〕擇なる瀬戸内海 西から東へ〜ライド編〜


今年の正月は31日深夜から1日にかけてBRM101 大阪200

2日 親族集まり

3日 BRM104国東600劼里燭瓩琉榮案

4日 BRM104国東600

5日夜 国東600劵粥璽

6日 休養日

― 休み終了 ―

7日 通常営業

正月休みの走行距離はトータル約900劼砲覆蠅泙靴拭(笑)



〜おことわり〜

今回の記事はブルベ600劼亡悗靴峠颪い討い泙垢、当店の主だった顧客層はエントリーユーザーが多く、決してロングライドジャンキーが集うガチなショップではありません。

最初はだれも初心者ですが自転車趣味の世界に入ってロングライドの楽しみを感じ、ステップアップしていった先にこんな世界があるんだなぐらいに見ていただけると幸いです。

ブルベを走りたい人には入りやすいよう一緒に入り口には立ちますが無理に勧めは致しません、これはあくまでグラベルツーリング温泉ロングライドなどとならんで店主の趣味であります。

(ひそかに今年はグルメライドを頑張りたいと思ってる店主です)



3日の午後、使い慣れない輪行バッグを抱えて京都駅新幹線ホームにいました、今日の目的地は山口県徳山、そこで1泊して翌朝1番のフェリーで国東・竹田津に渡りそこからBRM104 国東600劼スタートになります。


ホテルに荷物を置いて明日乗るフェリー乗り場の確認に向かうと何やら魚雷のようなものが、近づいてみると人間魚雷回天のレプリカでした、海を渡った大津島に回天の訓練に使用された場所がありこれは映画『出口のない海』で使用されたレプリカだとか、あの映画は心情を伝えるのをセリフに頼り過ぎてて少し気持ちが入りにくい映画だったけど、そうかあの訓練海域、山口だったのか。

f:id:Ragazzi:20190103164535j:image

回天レプリカ、予想してないところにイキナリ兵器の展示ってびっくりした)

夕食を早々に済ませ、コンビニビール1本買って早々に休みます、20:00過ぎ。


翌朝は5時過ぎに起きてホテル向かいのコンビニで朝食&補給食の調達と前日まで着ていたものなど、この先要らないものを宅急便で自宅へ送って一旦ホテルに戻り朝食、そして輪行状態の自転車を担いで徳山港へ、すでに多数のランドヌールが集まっています。

f:id:Ragazzi:20190104065436j:image

驚くことにここに集まったランドヌールの大半は2日に神戸ポートタワーを出発して600劼瞭のりを走ってきた人たち、そう、国東600劼倭亜稿の神戸600劼箸△錣擦同路復路になっているのです。いやはや世の中ホントに恐ろしい(笑)

そういう設定のなかで東から西へ向かう往路より、西から東へ向かう復路のほうが季節風を考えたら完走率が高いというセコイ考えクレバーな考えで復路のみエントリーしたわけです。


フェリー以外にほぼ交通手段のないスタート地点、船がついた時点で参加者勢ぞろいですが受付・ブリーフィングには余裕のある時間だったので入念に自転車を組み立てます。

f:id:Ragazzi:20190110165433j:image

f:id:Ragazzi:20190104104657j:image

f:id:Ragazzi:20190104093014j:image

時間が来ていよいよスタート、600劼禄蘢戦なのですが日差しが温かく風も追い風の為なんだか楽しいサイクリングが始まるようで気負うところが何もない、まぁロングライドは気負ってええことあんまりないですから(笑)

f:id:Ragazzi:20190104122929j:image

(スタート後、こちらは周防灘ではなく伊予灘になるみたい)

平坦基調とはいえこのディスタンス、抑えて走るのが完走の秘訣だけどフォリーの時間も考えたら九州区間の平均速度は20kphちょいぐらいで少しだけ頑張るペースになるのかなと思っていましたが追い風の影響もあり全く体力を消耗しない強度で26kphぐらいになってる、通過Cの別府タワー、PC1を無事通過してアベレージ落さず進んだら予定より1時間早いフェリーに間に合った、これは参加者の多くに当てはまった嬉しい誤算、少し無理をしたらもう1本早いのに乗れそうだったけど全体の1/6で体に負担は掛けたくない、この船が妥当。

f:id:Ragazzi:20190104154629j:image

(ここでは輪行の手腕が問われる予定だったが思いもよらぬ時間の余裕でした)

乗船したら座席ではなく雑魚寝ができるスペースで足を延ばして雑魚寝、寝たのはたぶん30分ほどだったけどいい休養になった。



愛媛県佐多岬三崎港着は17時過ぎ、予定通りなら真っ暗になってから到着ですが、まだ少し陽があるうちに自転車を組み立てられたのはラッキーでした、ここから先次の通過チェックはフォトコントロール佐多岬駐車場の看板、暗い岬の道をしばらく行かなければなりません。

港を出て少し走ると4〜5人の集団と合流しました、『この人たち、パスして先に行っちゃうと途中きっと追いつかれるな』そんな気がしたので後ろにつかせてもらいました。

「往路だけの参加ですか?どちらから?」グループの後ろについて走っていると男性に声を掛けられました、この人がこのブルベを担当されているオダックス近畿神戸班の片山さんでした、いろんな話をさせてもらって佐多岬の通過Cまでと折り返しをご一緒していただいたのですが、一番暗くて土地勘も疎い場所をずいぶんいいペースで不安なくパスさせていただきました、本当にお世話になりました。

f:id:Ragazzi:20190104181836j:image

佐多岬駐車場の看板フォトコントロールに使った写真)

しかしこの人たち、前々日に神戸を出て600劼鯀破し折り返し100勸幣紊海覆靴討覆速い、これ以上同行するのはキケンだなとコンビニ休憩に入られたので自分は離脱して少しづつ駒を進めることにしました。(案の定、1時間ほどしたら休憩を終えた彼らに追い越されました)

休憩の上手さというのもこれ、経験がモノ言うんだろうなと思いましたね、三船さんのプランとか聞いてると、休んだ後、時間の貯金が減った後の自分の走りを信用をしてるというか交通状況と自分の走力の計算が上手いというか、走力があるのはもとより、走りのマネジメントが上手い。

レースの場合もマネジメントはあるんだろうけど最後は誰よりも早くゴールするのが目的、走力が落ちると目的が得られないけどブルベの場合は「こんなコースで俺の走力はこんなもんだしこれぐらいの感じでこんだけ休んでこれぐらいでゴールだなー」という与えられた条件の旅を自分なりにプロデュースしていくという楽しみがある、そしてそれに近い走りが出来たら自分を信用できるし(たとえ遅くても遅いなりに読み通りならいい)、出来なかったら次の糧にもなる、また外的要因などで困難な局面に出会うとそれを乗り越える知恵を出すのも面白い。

ブルベってとんでもない距離をただ走って完走して『やったー』と思われがちやけど実は『自分を知って、自分を信じて、自転車の旅をする』って事かなとブルベはまだまだ数本しか走っていませんが今までやってきたロングライドの経験から自分はそう感じています。

ただブルベというのはこれが正解というのはないので(コレまさに自転車趣味そのものやね)アタマ真白で300卅ってイチバンでゴールに入るのが俺のブルベって言われたらそれも正解やし、未知の距離に挑戦したいっていうのも正解やし、正解は人それぞれやと思います。



佐多岬を経て八幡浜からは松山を過ぎてしまなみ海道の取っ掛かり今治へ、もちろんナイトラン。

海岸線を走る距離も長かったので昼間なら景色いいんだろうなぁと思いながらひたすら進む、無理せず進む、幸い追い風。

通過Cの今治コンビニはイートインは閉まってて弁当もほぼ欠品状態、レッドブル1本だけ買ってしまなみに入る最後のファミマでゆっくり休憩、まだ眠くないので仮眠はせず出発、しまなみ海道区間も夜間のしまなみは珍しいので要所要所で写真を撮るくらいで特に休まず向島から渡船に乗り尾道へ、AM6:00もうすぐ夜明け。

f:id:Ragazzi:20190105020652j:image

f:id:Ragazzi:20190105033339j:image

(夜のしまなみなんてブルベ以外で考えられない)

f:id:Ragazzi:20190105055831j:image

渡船の一番船で本州へ)

だいたい起きて24時間を過ぎると睡魔との戦いになるだろうという予想していたけど問題なく走れている、おそらく福山・倉敷岡山なんて土地勘が全くないから緊張していて眠気が起きないのかもしれない、そういえば自転車にしろ車にしろ睡魔に襲われるのは決まって知ってる道だなぁ。

お尻の痛みも足の裏の痛みも全く問題ない、平地追い風基調とは言えこれだけ快適に過ごせるのはカラミータのフレーム特性、タイヤホイールの特性サドルの相性、インソールの相性がうまいチョイスだったんだと思う。



岡山県の吉井川左岸を遡上しだすと進行方位が北東にときに北を指す、夜間は東でも北東でも追い風を感じたが陽が出てからは北東は横風に感じる、

ちなみに今回サイクルコンピューターEDGE500に表示している項目は8項目

積算距離 区間距離 速度 平均速度 時刻 タイム 気温 進行方位

意外とケイデンスとか心拍などサイコン定番の項目は表示させていません、そんなもん本番で意味持たないので、でも山岳比率がたかったりナイトランに慣れてきたら心拍と気温を置き換えるかな。

吉井川を離れると今度はひどく細い峠道に差し掛かります

f:id:Ragazzi:20190105131340j:image

なんでこんな道がルートになってるんだろ?コース設定者の粋な計らいで頂上は展望が開けて瀬戸内海を一望!とかそんな景色見せるためなのかなーと時々荷物と斜度に耐えきてなくなって10歩ほど押しまた乗車しを3〜4回繰り返して登り切った景色がこれ!

f:id:Ragazzi:20190105131549j:image

ええ、ただの通過点ですハイ(笑)




下ったところにPC3、眠さもないのでここはすぐに出発、そこから1卅ったら見たことのあるモニュメントSLの車輪を見て「ここ片上か!」なんか自分の中で「こうつながるのか!」という感じ

f:id:Ragazzi:20190112150346j:image

(片上鉄道起点のモニュメント、片鉄ロマン街道はこちらから)

そこから先、たつの(竜野)までは自転車で走ってるから少し土地勘あるし、姫路から先は土地勘はいまいちだけど何となく距離感はわかる、少しほっとした、ゴールまであと130劼阿蕕い箸いΔ里盍袷を実感できる距離まで来ている。



しかし、日生を過ぎてから体調が急変、「猛烈に眠い」はい来ました!『安心したとたんに眠くなる病』眠気レベルは4〜5(MAX5)、運転時に起こったら命に関わる眠さ!

こうなったら寝落ちする前に寝なければ危険です、次のイートインのあるコンビニに入って10分仮眠、スッキリして次の通過Cの伊和都比売神

f:id:Ragazzi:20190105151333j:image

ここは去年の春に来たから迷わない、しばらく走って相生でまた眠気レベル4〜5の危険な状態、道端に寝転んでも寝れる自信あり、だけどそれは通報案件になりかねないので「それとなく寝れる」場所を探す、そうだ、防潮堤で海を見てる人のフリをしよう!10分仮眠。

眠気レベルが上がった状態と仮眠ストップで片上でゴールが見えだしてから意外と時間がかかってきています、明るいうちに通過する予定だった通過Cの『道の駅みつ』についたころには日は沈んで黄昏時、もうすぐ今回2回目のナイトランです、VOLT800のバッテリーは昼間の移動中にクレードルを使って3個充電完了してるので安心して夜を迎えられる。



あたりが暗くなると眠気は全く感じなくなっていました、おそらく緊張感に包まれていたんでしょう睡魔の代わりにやってきたのは信号地獄、海岸線を離れ姫路に入ってからはR250を軸にその周辺道路を通り三宮のポートタワーを目指すのですが、視界に信号が無い区間がほとんどない、「(信号)何個先まで進めるやろ?」と思いながら駒を進めるもPC4の高砂コンビニについたとき掛かっている時間に愕然とする、『1時間近く遅れている。。』

ゴールした後、京都に帰る方法として終電に間に合わなかったらピックアップしてやると言ってくれてた仲間がいたのですが、ゴール見えた時点で「電車間に合うわー」と連絡していたので何とかしなきゃなりません、いまさら神戸に来てくれとは言えません。



残り45區号地獄を考えたら2時間45分、頑張って2時間15分設定のAve20を目標に走る、このコースでこのペース、そして2時間以上という時間、自分的には結構ギリギリの運動量、でもまぁ、あと45辧覆世院忙てばいいんだし、やらなきゃ三宮で野宿だし(笑)

周囲の車の流れと同調しながら交差する信号のタイミングを見計らい極力ロスを減らしストップアンドゴーのファストラン、今回心拍計はつけてなかったけど最大心拍はたぶんこの区間だと思う。しんどい区間ではあったが幸いなことに姫路から感じていたけど、車道の端で車と同調が取りやすいね、このあたり。



明石を過ぎて舞子、なんだここ?全然知らない街になってる、昔よくこの辺り来てたけど昔って25〜28年前やったんやな、そらオッサンになるはずやわなんてことを思いながら垂水・須磨長田とR2で進んでいく、目標のAve20には届いてない様子。

f:id:Ragazzi:20190105200717j:image

(舞子の明石海峡大橋

PC4で 18:31だったので目標ゴール予定時間は20:46(これは高望み目標タイム)、最後の信号に差し掛かったのが20:58分だったのでもう一つ信号パス出来てたら21:00に間に合ったかもしれないけど結局21:04にゴール。

f:id:Ragazzi:20190105210406j:image

(ゴール証明に使った写真、ポートタワーとカラミータ)



ゴールの写真を撮った後はブルベカードを提出しにスタッフが待機している近くのマクドナルドへ、そこでPC指定のコンビニのレシート、通過CHECKのレシートとフォトコントロールの写真を提示してカード受理完了、このあとブルベカードはフランスのAUDAXに認定してもらうためフランスへ送られます。

もちろん記念にメダルを購入させてもらいました。



帰りの輪行寝落ちしそうになりながら三ノ宮京都三山木とずっと立ちっぱなしでした(笑)