Hatena::ブログ(Diary)

釧路湿原の案内人ReRaレラ

2017-01-17

レラのタンチョウ撮影、音羽橋で使うレンズは?

14:25

タンチョウたちがねぐらにしている川のツルたちを撮影できるので有名な鶴居村

音羽橋です。

毎日、橋の上にはカメラマンがきていますがこの日は少し少なかったですというか、少し帰った後なのです。

f:id:ReRa:20170117132919j:image

この橋の上から、タンチョウたちがいるところまで大体300〜500mほどです。

このタンチョウたちを撮るのに何mmのレンズを使うのがいいのか、レラが持っているズームレンズで撮影してみましたので、

参考にしてください。

使った機材は、ボディがキャノンの6D(フルサイズ)、7DMark供APS-C フルサイズX 約1.6 画角の関係)。

レンズは、SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports です。

まず、フルサイズ6Dの150mmの画像です。

手前に2羽いますがこの2羽までの距離は、250m位です。

奥の方に小さなタンチョウが見てとれるかなと思いますが、ここまでが500m以上です。

f:id:ReRa:20170117131758j:image

次に200mmに合わせた画像、カメラは6Dフルサイズです。

f:id:ReRa:20170117131759j:image

次に250mm

f:id:ReRa:20170117132230j:image

次は、300mm

タンチョウたちがいる雰囲気はわかりますが画像としては、小さいですね。

f:id:ReRa:20170117132230j:image

400mmです。

これでもツルは小さいです。

f:id:ReRa:20170117132232j:image

500mm。

やっと、雰囲気が出てきました。

f:id:ReRa:20170117132233j:image

600mmです。

やはり、まだちょっと遠いというか、ツルが小さい。

もっと近くに来ていることが多いのですがこの日は、遠いところにしか集まっていないようでした。

f:id:ReRa:20170117132234j:image

今度は、APS-Cサイズのカメラ、7DMark2で撮った画像です。

まずは、150mm。

f:id:ReRa:20170117132235j:image

次は、200mmの画像。

f:id:ReRa:20170117132236j:image

250mm

f:id:ReRa:20170117132238j:image

300mm

f:id:ReRa:20170117132238j:image

400mmです。

画角の違いが出てきますね。

f:id:ReRa:20170117132239j:image

500mm。

f:id:ReRa:20170117132240j:image

600mmです。

このくらいにツルが確認できるといい感じです。

フルサイズ換算だと1000mm近い焦点サイズとなります。

f:id:ReRa:20170117132241j:image

このようにタンチョウがいるところまでは、かなりの距離です。

焦点距離の長いレンズがやはり必要ですね。

あと、タンチョウたちが飛びたつとき頭上のコースを取るタンチョウがいます。

このときは広角レンズを付けたカメラを1台すぐに用意できるところに置いておくことが大事です。

チャンスは逃さないように。

タンチョウの撮影をお手伝い、ReRa(レラ)の撮影ツアー

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ReRa/20170117/1484630742
リンク元