Hatena::ブログ(Diary)

God, It`s Killing me

Zem

これを購入。相当気に入ってます。

f:id:Renatakilol:20111013172559j:image

Link

Ford GT キャリブレーション

Ford GTでハンドルのキャリブレーションを普通にすると、感度がやたらと高くなってしまうみたい。なのでハンドルを90度に切ってくださいと言われるところで120から130度くらいにしてみると感度が下がって、他の車と同じようなハンドル操作で運転できる。まだちょっと変だけど大分まし。

これが凄い効果で、全く違う車のようになるから不思議。これのおかげで今まで不可能に思えたスライドをキャッチできるようになったり、車がより曲がるようになった。

Ford GT

しばらく練習したあとホストセッションのレースがあったので参加してみた。おもしろかった。今シーズンはFord GTかな

1つ気がついたのは、キャンバーをどういじってもタイヤの外側の温度がまったく上がらない、というか走ってるうちに下がってる気がする。真ん中の温度が極端に高くて内側がそれより10度くらい低いというような感じ。

でフォーラムをチェックしてみたけどやっぱりあった。どうやらデフォルトの最低空気圧があまりにも高く、タイヤが風船状態になって真ん中しか地面に接地しないような状態になってるのかも?という話。本物のFord GTはピットで20psiくらいで、あったまった時に26から30psiが良いみたい。でもIracingのFGTはそもそもの最低psiの値が35psiで、それ以下に下げられないので推奨値より15psiほど高いことになる。これが仕様なのか、それともNTMのバグなのか、単純にセッティングの最低値の入力ミスとか。でもうまくタイヤが地面についてないといことはでグリップがかなり落ちるということだよね。だからちょっとアンダーステアが強いのかな。あとブレーキングの効率にも影響しそう。とりあえずDaveさんよろしく!

NTM

NTM出ましたね。DKさんが3年かけてきた物がどんなものか、と期待してましたが個人的には残念な結果になったなーというのが今のところの感想です。FordとHDPをしばらく走ってみて「それはどうなの?」と感じたのは以下の二点(Road side)

1.タイヤが減らない

2.オーバーステアが(ほぼ)存在しない

1については確定はできないけれど、フォーラムにもたくさんの報告があるのでたぶん間違いないんじゃないかとおもう。とくにHDP。これはとても理解に苦しむ。なぜならNTMの大きなポイントの1つだったはず。タイヤ温度の管理やブレーキでタイヤをロックさせないようにしたりと、タイヤをいたわりながらレースを進めるというような新しい要素をみんなが期待していただけに残念でしかたない。タイヤが減らない以上、今までと同じでレース中のホットラップ競争ということになってしまう。一部の重い車V8なんかだとタイヤの摩耗はあったので逆に改悪と言われても仕方ない気も。

2番目のオーバーステアがない、これはどう言えばいいか難しいけれど違う言い方をすれば「グリップの限界を超えたときの車の挙動が極端すぎる」とも言えるかもしれない。僕は理論的なことはわからないけれど、今まで見てきたレースや車の映像から言えることは、普通の4輪が着いた車は、空力もしくは機械的グリップの限界を超えた時、そのグリップを失ってリアタイア(もしくはフロントタイヤ、この場合がアンダーステア?)が空転をし始め、リアが外側へ、フロントがコーナーの内側にすべって行くような状態になる(これ極端に使った状態がドリフトというはず)。このグリップを失う限界前後の感覚は多い少ないに関わらず殆どの車にあるはず。昨日のF1予選がすごく分かりやすい。オンボードカメラでみるとハミルトンの車はかなりオーバーステアでコーナーのエイペックすから出口にかけ、至る所でカウンターステアを当て挙動を修正していた。

これがNTMだとグリップの限界を超えた瞬間に修正しがたいスピン状態に陥る。なんの前触れもなく。エイペックスをヒットしたあと、ガスの量をちょっとでも間違えるとクルンと突然回ってしまうのは何か変。最低限滑り初めの感覚というものがあればいいけどそれがない。Daveさん頼みます。

良い点としては全体的な車のハンドリングが良くなったような気がします。前のように強烈なスリップアングルとそれを利用したブレーキ(50%前後のBias)をハンドブレーキのように使って車をクルっとローテートさせるような感じがなくなったのは良いとおもう。

とりあえずまだ一日も乗ってないので、間違ってるかもしれない。しばらくしたらまた感想を書いてみよう。

Radeon Video Card and Anti Aliasing

3モニター化でビデオメモリ不足が深刻なので、一年半近く使っていたビデオカードHD5850からHD6950 2GBに変えました。大したアップグレードにはならないので、今年末にリリースされる予定のHD7000シリーズまで我慢するのが良かったんでしょうが、耐え切れず:(

フォーラムなどでよく見るように、IracingはAMDビデオカードとの相性が悪いらしく、AntiAliasingに問題があるようです。僕のケースでは、HD5850のときは完璧に動いていたIn-gameAA(Anti Aliasing)ですが、どうやらHD6950だとIn-gameAAは全くかからないようで、全体的なザラザラ感や、特にトラック上の白線などでチラチラが酷く気になってプレイ自体に支障がでるほどです(個人的にですが)。

これをどう直すかというと、ゲーム内ではなくCCC(AMDドライバ)のAAを使うことでようやくAAをかけることができます。しかし、このやり方だとIn-gameAAに劣るようで、同じ量のAAでもHD5850の時よりはジャギーが強くグラフィックのクオリティーで言えばアップグレードにはなっていないかな、と感じます。この問題がIracingだけの問題なのか、他のゲームでもあるのかはまだわかりません。これが自分だけの問題か他の人もなってるのかもよくわかりません。

ちなみにIracingのApp.iniにある項目のATI Driverのadaptive AAFixする、というのを有効にすれば直る事もあるようですが、うちでは直りませんでした。

Race

そういえば、C6RでWatkins Grenの予選>レースと走ったのだけど、NTMを走った後でもC6Rの挙動はなかなか良い気がする。本物を走ったことがあるわけではないけど、信じられるか、という観点でいうとV8やDPなんかよりは遥かに勝っている。まだまだ地面との接地感が薄くていたるところでフラフラとする感覚はあるのだけど、そこさえ改善されれば相当良い感じになりそうなんだけどね。なぜここまで人気がないのか分からない

あれは

ひどかったなあ。昨日の97番。知らない人もいるとおもうけど、彼は(リアルの)V8SCドライバーで現在ランキングで上位にいる人なんですよね。プラクティスセッションや毎週ではないですが、月曜の夜のIracingのV8レースにも出てきます。

どうやら以前にも、トラックを逆走しただかの理由でProtestされて、Iracingから一定期間アカウント剥奪されてたらしいし、素行が悪いみたいだ。あのときの中身が本物かっていうのは誰にもわかりませんけどね。ホストレースでもSportingCodeは守らなければいけないので、誰かがプロテストすれば間違いなく彼のアカウントはしばらく凍結ということになるとはおもけど、ホストセッション程度では誰もしないでしょう。

でも、ああいうやつがいると気分が悪いですね。今度やるときはAdminCommandは控えておいたほうがいいかもしれませんね。

JPmeeting

オーバルでしたが、面白かった!NTMのおかげかしら?

レースのほうはイエローがちょっと多かったけど皆で走るのは面白い。ただ抜くのではなくて、お互いにうまくドラフトを使って前に追いかけたり、引き離したりするような駆け引きもあるのね。実際に走ってみてオーバルならではの展開というのがあってなかなか。

ただオフィシャルでは走りたくないなあ、というのが正直なところ。何レースか見たことがあるけど罵倒なんかが激しくて悲惨だった。ホストセッションでも、声からして小学6年生くらいのやつがAdmin権限を利用して気に入らないやつをキックしてたりとかw

とりあえず、今回はあまりにも経験がなくピットの出方もどっからでればいいの?とか、ローリングスタートはいつがスタートだ!?とか、あたふたして迷惑をかけないかかなり心配だった。でもデイトナ自体はすごく走りやすくて自滅したり、ばかけたことをしなかったのは良かった。というか他のトラックを走ったことないからわからんけども。

しかしオーバルの雰囲気を体験できたのは収穫。もしオーバルを始めよう!と思ったときにまったくの0からより始めるより入っていきやすいしね。皆さんありがとうございました。

NTM

でましたね。まだ30分くらいしか走ってないのと、今まで乗った事のない車なのですが、自分の走った感触、Dave Kaemmerのポスト、そして他のIracerの意見を併せて考えるとRealを追求するRace Simとして、大きな前進ではないかなと。特に、今まで散々言われてきた"車の限界付近でのUnrealisticなスリップアングル"(人によってはドリフトともいう)が改善された(と思う)のは非常に大きい。

全車種に言えるのだけどこれが顕著にでるのが重くて馬力のある車で、Nascarの上位車種やV8SCなんかがその類。それに加えてタイヤの磨耗や発熱に対するペナルティーがほとんどなかったので、これをレース中ずっと続けるというのが今までのIracingで「速く走るためにはスライド(ドリフト)しないといけないし、そんな風に走ったらタイヤが1周も持たないぜ!リアルじゃないだろ!」とか「左に曲がるのに右にハンドルを切るのはもう嫌だ!!!」というのが大半の意見だったので、今回のNTMでの改善でIracingは良い方向に向かっていると個人的には思う。フォーラムを見ている限りは大体皆ハッピーそうだ。

あとは早くロードカーに出してほしいなあ。8月まで待ちきれません。

さっそく

V8@okayamaを練習。1:32:1

31秒台には入るかなあ。やる気次第。エイリアン級は30秒台らしい。

月曜のAussieV8に出る予定。大体60人程度は集まるので、3つに分かれる。もしNTMによってもっとポピュラーになったら4はいきそうだ。で自分のIrating2700だと、TopSpilitにはまず入ることができないので、真ん中のレースを走ることになると思う。タイム的にはTopSpilitの中盤〜、2nd Spilitの上位といった感じか。大体把握しておくと驚かなくてすむ。Ratingはそのうちあがっていくはずなので、来シーズンまではまったりと楽しもう、どうせタイヤが変わるし(たぶん)。

直った

ついに直った。

昨日書いたように、ブレーキの横の小さいPCBがいかれてた模様。どれに問題があるかわからないから、と全部のPCBを送ってくれた。さすがです。さっさとローカルの方へメールしときゃよかったよ!

CSP

Fanatecに直らなかったよ、と連絡したもののまだ返事がない。その間に何かできることはないかといろいろとネットを漁っていると、なんとオーストラリアディストリビューター(買ったところ)もサポートがあるということが判明。そんなんwebsiteに何も書いてないからないものと思い込んでいたよ。

メールしたらすぐ返事が来た。Load-CellPCBのストックがあるらしく、少しやり取りした後、「Load-Cell変えてだめだったなら、それはきっとPCBの問題だから、今日中に送るよ」とのこと。Brakeの横についてる小さいほうのPCBも送ってくれるのだろうか、ガスとクラッチは問題なく動いていることを考えると、メインのボードよりそっちのがおかしくなってる気がする。

もう一つ考えられるのはFanatecが送ってくれたLoad-Cell自体も不良で直らなかったという可能性。なので2つのPCBのどちらかがイかれている or 新しいLoad-Cellもダメのどちらかしかないと思うんだけどね。

NBA

YoutubeNBAのムービーを見ていると、全く別のチームや人の動画なのに「またLebronがトラベリングしてるよ、レフェリーどうなんてんだよ!!」とか出てきてもないのに「実際よく見るとLeBronがトラベリングしてるぞ」とか、もはや1つのネタ化していて笑った。