Hatena::ブログ(Diary)

Repli_Art-Philの編集日記

2018-03-23

イベント開催のお知らせ / Event

「アート批評ワークショップ:みかたひろまる日常実践」

#01みることとかくこと

ものや出来事をみたり考えたりするなかで、どのように書くことができるのでしょうか。あるいは書くことによって、みたり考えたりすることを広めていくことができるのでしょうか。日常実践の試みとしていま求められるアート批評の可能性について、いくつかのアート作品とともに気楽に考えてみましょう!ワークショップでは短い批評文(クリティック)をつくって語り合います。

feat.鈴木理策「水鏡」/ポール・セザンヌ「サント・ヴィクトワール山」/ノエル・キャロル『批評について 芸術批評の哲学』、ほか

開催:2018年3月24日(土),19:00〜21:00

場所:ことばを食べるカフェみずうみ

http://mizuumi-plan.com/blog-category-8.html


"Art Critic Workshop: Ways of Seeing and the Practice of Everyday Life"

#01 Seeing and Writing

How can we write while seeing things and events? Or can we spread the idea of seeing and thinking by writing? Let us freely think about the possibility of art critic now required for the practice of everyday life with some artworks! In the workshop, we make a short critic and discussions.

feat. Risaku Suzuki "Water Mirror" / Paul Cezanne " Sainte Victoire Mountain" / Noel Carroll "On Criticism", etc.

Date: March 24th (Sat), 2018, 19:00-21:00

Place: Cafe for Words Mizuumi

http://mizuumi-plan.com/blog-category-8.html


f:id:Repli_Art-Phil:20180323224928p:image:w320

KAC Performing Arts Program 2017 / 寄稿/Contribution

【寄稿のお知らせ】

「KAC Performing Arts Program 2017 / Contemporary Dance 国際共同製作 『RE/PLAY Dance Edit』」

に下記作品についての批評文を寄稿しました。

「夢のなかですれ違う、出遭いと死」―多田淳之介と8人のダンサーたちによる〈RE/PLAY Dance Edit〉

URL http://www.kac.or.jp/events/22001/

公演日:2017年11月25日(土)、26日(日)

【Contribution】

Contributing a review of "RE / PLAY Dance Edit,"

KAC Performing Arts Program 2017 / Contemporary Dance International Co-Production.

"Encounters and Deaths, Passing in the Dreams

―Junnosuke Tada and <RE / PLAY Dance Edit> by 8 dancers"

URL http://www.kac.or.jp/events/22001/

Performance date: November 25th (Sat), 26th(Sun), 2017.

only in Japanese


f:id:Repli_Art-Phil:20180323215743j:image:w320

2017-11-03

芸術祭の公共圏―敵対と居心地の悪さは超えられるか?/The Public Spehre of the Art Festival ― Transcending Antagonism and Uncanniness?

【イベント開催のお知らせ】

「芸術祭の公共圏―敵対と居心地の悪さは超えられるか?」

出演:丹羽良徳(アーティスト)、F.アツミ(編集/批評)

ゲスト:藤田直哉(文芸評論家)、丸山美佳(インディペンデント・キュレーター)

日時:2017年11月25日[土] 18:00−19:30 (開場 17:45)

会場:NADiff a/p/a/r/t

定員:50名 入場料:1,000円

―解題:新刊『資本主義が終わるまで』(2017年)のインタビューにおいて、現在ウィーンに拠点を置く丹羽良徳は国内で隆盛を極める「地域アート」を中心にした芸術祭は数年後には半減すると予測する。一方で、文芸評論家の藤田直哉は丹羽良徳の「歴代町長に現町長を表敬訪問してもらう」(2016年)に直島で邂逅し、「故郷喪失者が抱く、『地域アート』への居心地の悪さ」と題した寄稿文のなかで「地域アート」に対してつねに抱く違和感と和解する可能性を予感する。また、インディペンデント・キュレーターの丸山美佳はウィーン・ビエンナーレの展示構成にヨーロッパに残る選民意識の一端を見出す。

 ウィーン、アテネ、カッセル、ミュンスター、ヴェネチア、あるいは直島、福島、横浜、そして札幌……。丹羽良徳によるパブリック・ドメインをテーマとしたウィーンでの出版記念イベントの報告とともに、アートや芸術祭に対するヨーロッパと日本の間にあるパララックス(視差)に目を向ける。アーティストが描きだす敵対的な構図や観客に与える居心地の悪さを超えて、芸術祭は誰のために、そして何のために、どのような公共圏を提示することができるのだろう。そして、その正当性はどこにあるのだろうか。アーティスト、批評家、キュレーターのそれぞれの視点から、アーティストやアートの役割とこれからの芸術祭の可能性を探る。

 今日、資本主義の終わりを前に、私たちは前衛ゾンビと化したアート、あるいはアーティストとともに、この野蛮なまでに苛烈な世界をどのようにして生き抜くことができるのだろうか?

→イベント予約 http://www.nadiff.com/?p=7628

【Event Participation】

"The Public Spehre of the Art Festival ― Transcending Antagonism and Uncanniness?"

Yoshinori Niwa(Artist), Naoya Fujita(Critic), Mika Maruyama(Curator), F. Atsumi(Editor/Critique)

November 25, 2017 at NADiff a/p/a/r/t

f:id:Repli_Art-Phil:20171103194423j:image:w360

発行のお知らせ/Publication

【発行のお知らせ】

「フレーミングするパレルゴンのパルマコン:丹羽良徳の〈88の提案〉を後に」

2016年1月30日に@KUCAにおいて行われた「House of Day, House of Night(昼の家、夜の家)」のワークショップ「88の提案の実現に向けて」をめぐる当日のレポート、およびその後の議論に対する批評的検証。

アマゾン・キンドルで公開中:

https://goo.gl/x57N4k

〈目次〉

1.「〈88の提案〉の実現に向けて」―炎上するツイッター

2.「88の提案に関する報告」―炎上の責任は誰に?

3.「表現と倫理の現在」と「社会の芸術/芸術という社会」―分有される責任とショック

4.語られなかった出来事を前に―批評的検証

5.〈88の提案〉のパレルゴン―仕組まれた「事件」?

6.パルマコンとしての〈88の提案〉―「真のアカデミー」の真相

7.付記―“怒りのオペレッタ”に寄せて

参考資料1.〈88の提案〉(丹羽良徳)

参考資料2.〈88の提案〉(ワークショップ実施後)

※24,000字程度・図版2点

【Publication】

"The Flaming Pharmakon of the Parergon ― After 88 suggestions of Yoshinori Niwa"

A report on the day of execution and the critical observations on a series of discussions of the workshop "Toward realization of 88 Suggestions" held on the occasion of " House of Day, House of Night " (@KUCA), January 30, 2016.

Published in Amazon Kindle (in Japanese):

https://goo.gl/x57N4k

f:id:Repli_Art-Phil:20171026081849j:image:w360

関連イベントのお知らせ/Events in Relation

【関連イベントのお知らせ】

資本主義が終わるまで:パブリック・ドメイン(ウィーン)」

https://tillthedemiseofcapitalismen.tumblr.com/

2017年10月30日 19時  Depot(ウィーン)

参加:リッツ・モネ(アーティスト),ヴェネチアIUAV大学 www.rytsmonet.eu/

企画:丹羽良徳(アーティスト),東京/ウィーン yoshinoriniwa.com

モデレーション:丸山美佳(キュレーター),東京/ウィーン mika-maruyama.com

【Events in Relation】

THE DEMISE OF CAPITALISM: Public Domain in Vienna

https://tillthedemiseofcapitalismen.tumblr.com/

October 30, 2017. 19:00 at Depot (Vienna)

Participant: Ryts Monet, artist, IUAV University of Venice www.rytsmonet.eu/

Organizer: Yoshinori Niwa, artist, Tokyo / Vienna yoshinoriniwa.com

Moderation: Mika Maruyama, curator, Tokyo / Vienna mika-maruyama.com

KAC TRIAL PROGRAM Vol.1 DANCE 寄稿/Contribution

【寄稿のお知らせ】

「KAC TRIAL PROGRAM Vol.1 DANCE 〜若手振付家による作品制作〜 試演会」

に下記作品についての批評文を寄稿しました。

〈苦悩するマリオネットを前に――アベルコエリョーの「十一面ハムレット」〉

〈捧げられた肉の胚――辻本 佳の「Field Play #2 擬態と遡行」〉

〈生まれることば、身をもって―橋本匠の「ひらがな・仮」〉

URL http://www.kac.or.jp/events/19446/

試演会:2016年12月4日(日)実施

【Contribution】

KAC TRIAL PROGRAM Vol.1 DANCE

Contributing critical reviews for the works below:

Before the Marionette in Agony ― Abel Coelho's “Eleven-Faced Hamlet”

The Flesh Embryo Offered ― Kei Tsujimoto's "Field Play #2 Mimesis and Retrospect"

Bearing speeches in the Body ― Takumi Hashimoto's "Hiragana / Kari"

URL http://www.kac.or.jp/events/19446/

Perfomed in December 4, Sun, 2016.

only in Japanese

f:id:Repli_Art-Phil:20171103185719j:image:w360

KAC TRIAL PROGRAM Vol.1 DANCE 寄稿/Contribution

【寄稿のお知らせ】

「KAC TRIAL PROGRAM Vol.1 DANCE 〜若手振付家による作品制作〜 試演会」

に下記作品についての批評文を寄稿しました。

〈苦悩するマリオネットを前に――アベルコエリョーの「十一面ハムレット」〉

〈捧げられた肉の胚――辻本 佳の「Field Play #2 擬態と遡行」〉

〈生まれることば、身をもって―橋本匠の「ひらがな・仮」〉

URL http://www.kac.or.jp/events/19446/

試演会:2016年12月4日(日)実施

【Contribution】

KAC TRIAL PROGRAM Vol.1 DANCE

Contributing critical reviews for the works below:

Before the Marionette in Agony ― Abel Coelho's “Eleven-Faced Hamlet”

The Flesh Embryo Offered ― Kei Tsujimoto's "Field Play #2 Mimesis and Retrospect"

Bearing speeches in the Body ― Takumi Hashimoto's "Hiragana / Kari"

URL http://www.kac.or.jp/events/19446/

Perfomed in December 4, Sun, 2016.

f:id:Repli_Art-Phil:20171103185719j:image:w360

2017-06-13

トークイベント・アーカイヴ公開のお知らせ/Publishing of the talk event archive

瀬戸内芸術祭2016の丹羽良徳個展「歴代町長に現町長を表敬訪問してもらう」のトークイベント「〈まつりごと〉を上演する―幽霊と、祝祭の政治学」のアーカイブが公開されました。(日本語のみ)

http://benesse-artsite.jp/story/20170529-837.html

http://benesse-artsite.jp/miyanoura-gallery6-2016-talkarchive-20160903.html

日時:2016年9月3日(土)15:00-17:30

場所:宮浦ギャラリー六区(香川郡直島町)

出演:丹羽良徳(アーティスト)、岸井大輔(劇作家)、F.アツミ(Art-Phil)


The archive of a talk event “Performing ‘Rite’ ― Politics of Festival, featuring Specters” of Yoshinori Niwa's solo exhibition “Paying a Courtesy Call on the Incumbent Mayor by all His Predecessors in History,” Setouchi Triennale 2016 (Setouchi Art Festival) 2016 has been published. (Japanese only)

http://benesse-artsite.jp/story/20170529-837.html

http://benesse-artsite.jp/miyanoura-gallery6-2016-talkarchive-20160903.html

Date: 15:00-17:30, September 3 (Sat), 2016

Place: Miyanoura Gallery 6 (Naoshima-cho, Kagawa-gun)

Guest: Yoshinori Niwa (artist), Kishii Daisuke (playwriter), F. Atsumi (Art-Phil)

f:id:Repli_Art-Phil:20170613221955j:image:w360

2017-05-24

資本主義が終わるまで TILL THE DEMISE OF CAPITALISM 出版のお知らせ

 「資本主義が終わるまで」を出版しました。

 2017年現在、資本主義グローバリゼーションは苛烈にして野蛮な局面へと暴走している。冷戦以降の凋落する共産主義を超えて、次に人類が迎えるのは資本主義の終わり―?

 丹羽良徳は「ルーマニアで社会主義者を胴上げする」(2010)、「モスクワのアパートメントでウラジーミル・レーニンを捜す」(2012)、「日本共産党でカール・マルクスの誕生日会をする」(2013)、「日本共産党にカール・マルクスを掲げるよう提案する」(2013)からなる「共産主義シリーズ」以降、「意図的に違う意味の通訳付きで演説する」(2013)、「それが私にとって明らかに100 円玉であっても、彼にとって明らかに一万円札である場合、私にとっての革命運動とはなにか」(2014)、「ゴミの山の命名権を販売する」(2014-2015)、「職人本人の氏名を刺繍するよう依頼する」(2016)、「大杉栄を故郷で応援する」(2016)、「歴代町長に現町長を表敬訪問してもらう」(2016)、「88の提案」(2016)、そして「東京オリンピックで日本人選手全員がボイコットする」(2017-)の制作をとおして、人類が目下直面している歴史上の諸問題に、いつものアイロニカルでユーモラスな、そして時には敵対的な態度をもって立ち向かう。

 本書「資本主義が終わるまで」では、市場経済、スクワット、教育、芸術祭、幽霊、冷戦以降、中絶など、近年の丹羽良徳による諸作品を読み解くキーワードを基点として、国内外で活動するキュレーター、クリティック、アカデミシャンらがそれぞれの専門的な見地から世相を読み解き、今日の公共システムが抱えるコンフリクトの内奥に切り込む。アーティスト・インタビューでは、ノルベルト・ホーファーやドナルド・トランプを押し上げる民族主義ポピュリズムの台頭と政教分離原則の動揺、パヴェウ・アルトハメルとアルトゥル・ジミェフスキとの遭遇後に炎上を起こしたワークショップの顛末とアート・システムへの問題提起、命名権行使中絶行為の適法性/違法性をめぐる根拠律、空っぽなニヒリズムへと転化した現代のイデオロギーとスロベニアの自律的文化センター、そして新しい人権概念とパナーキズムの進展に伴う資本主義の終わりなどをめぐって、丹羽良徳の率直にして挑発的な見解を収める。また、目下制作中の「歴史上歴史的に歴史的な共産主義の歴史」の特装版のなかから「記憶・捏造・旅」をテーマに選んだ13点を公開する。

 過去から未来へ。あるいは、オスタルギーからアレゴリーへ。資本主義揚棄を予感するアーティストが旅する、ポスト・トゥルースの公共圏の現像をめぐる同時代白書。

ご購入はこちらから!

https://tillthedemiseofcapitalism.tumblr.com/tableofcontents

https://art-phil.stores.jp/

A5版、96項、モノクロ印刷

オリジナルドローイング付き

日英二ヵ国語表記

300部限定

企画:丹羽良徳

編集:F. アツミ

寄稿者:ケリー・オブライエン、ヤニ・ピルナット、村上祐介、 藤田直哉、小林正弥、丸山美佳、丹羽良徳

グラフィックデザイン:イェレナ・マクスタイ

印刷製本:株式会社イシダ印刷

価格:1,388 円(+税)

出版:Art-Phil

2017年5月5日初版発行

ISBN:978-4-905037-04-0

-----

Publication of TILL THE DEMISE OF CAPITALISM.

 

  In 2017, the globalization of capitalism is currently rushing toward a relentless and banal phase. Beyond the fall of communism after the Cold War, what do human beings meet next — the demise of capitalism?

  Yoshinori Niwa faces up to historical issues that human beings are confronting, as always with his ironical, humorous, and sometimes antagonistic attitude through his works such as; Making a Political Speech Intentionally Translated With a Different Meaning (2013), If it's undoubtedly a 10 peso coin for me, but it's undoubtedly a 1000 peso bill for him, what does a revolutionary movement mean for me? (2014), Selling the Right to Name a Pile of Garbage (2014–2015), Embroidering Names on Shirts, Name of Machine Operator itself (2016), Cheering Sakae Osugi at His Birthplace (2016), Paying a Courtesy Call on the Incumbent Mayor by all His Predecessors in History (2016), 88 Suggestions (2016), and All Japanese Players Boycott at the Tokyo Olympic Games (2017-), after the “communism series" of Tossing Socialists in the Air in Romania (2010), Looking for Vladimir Lenin at Moscow Apartments (2012), Celebrating Karl Marx's Birthday With Japanese Communist Party (2013), Proposing to Hold Up Karl Marx to the Japanese Communist Party (2013).

  In the book TILL THE DEMISE OF CAPITALISM, based upon keywords such as market economy, squatting, education, art festival, public spirituality, after the Cold War, and abortion in relation to the recent works of Yoshinori Niwa, curators, critics, and academicians inside and outside Japan interpret social conditions each from their professional perspective and reveal conflicts in the depth of the public system today. In the artist's interview, over rising ethnic populism that stages Norbert Hofer and Donald Trump in conjunction with disturbing principle of politico‐religious separation, the circumstances of a workshop after encountering Paweł Althamer and Artur Żmijewski that went up in flames and other polemical questions to the art system, the execution of naming rights and the principle of sufficient reason for the legality / illegality of abortion, the contemporary ideology that transformed into empty nihilism together with an autonomous cultural center in Slovenia, as well as the demise of capitalism along with the development of a new idea of human rights and panarchism, Yoshinori Niwa's blunt and provocative views also are recorded. In addition, thirteen editions of the Special Edition of Historically Historic Historical History of Communism selected in the context of “memory, fabrication, travel" are to be introduced.

  From the past to the future. Or, from Ostalgie to allegory. A contemporary white paper on phenomena of the post-truth public sphere where the artist travels feeling sublation of capitalism.

Here purchase!

https://tillthedemiseofcapitalism.tumblr.com/tableofcontents

https://art-phil.stores.jp/

A5 format, 96p, B&W printing

Including an original drawing by the artist

Japanese/English Bilingual

Limited edition 300

Project by Yoshinori Niwa

Edited by F. Atsumi

Contributors: Kelley O’Brien, Jani Pirnat, Yusuke Murakami, Naoya Fujita, Masaya Kobayashi, Mika Maruyama and Yoshinori Niwa

Design: Yelena Maksutay

Printing & Biding: ISHIDA-PRINT Co., Ltd.

Price: 12 EUR / 10 GBP / 12 USD

Publisher: Art-Phil

ISBN: 978-4-905037-04-0

Published on May 5, 2017

f:id:Repli_Art-Phil:20170514181124j:image:w360

2017-01-07

OrNamenTTokYo出版のお知らせ/OrNamenTTokYo Publishing

 「OrNamenTTokYo」を出版しました。

 「OrNamenTTokYo」(装飾東京)は、アーティスト/リサーチャーのヴェリーナ・グファダーと建築家/リサーチャーのメルセ・ロドリゴ・ガルシア、およびアート・アーカイヴを基点とした国際的・総合的なネットワーク組織、Art Autonomy Network [AAN]のディレクターの嘉藤笑子によるコラボレーション・リサーチ・プロジェクト「OrNamenTTokYo」(装飾東京)のアーカイヴ・ブック。本書は2011年11月に開催された「OrNamenTTokYo」(装飾東京)を5年間にわたり検証・考察したドキュメント集であり、アーティスト、デザイナー建築家ジャーナリスト、編集者、アート・マネジメントなどの専門家がモバイル・ラボという形式をとって実施した、リミックス(都市散歩)、▲ぅ鵝Д織鵐献咼螢謄(野外ワークショップ)、ハウジング(フィルム上映/オープン・キッチンによるセミナー)のプログラムの概要と参加者らのテクストを収載している。

 大震災後の余波と放射能汚染への不安に包まれた緊急事態下の東京で、都市研究ネットワーク CDN-Crisis Design Network-の岸 健太と現代美術製作所の曽我高明は谷中〜向島界隈を歩き、アーティスティック・リサーチ・フレームワーク BCL(ゲオルグ・トレメル+福原志保)が遺伝子操作技術で生成されたシード・ボールを撒き散らす。そして、風雨が吹き荒れる悪天候下の多摩川河川敷で行われたブルーシートやDIYの素材で組み立てる彫刻/建築のワークショップをアーティスト・藤井光がヴィデオで撮影する。また、オープン・キッチンでのセミナーを受けて、ジャーナリストのデイヴィッド・ディヒーリは江戸時代以降の東京の都市開発の歴史を回想し、東北プランニング・フォーラムのクリスティアン・ディマは東京における公衆と共有財(コモンズ)をめぐる抵抗と祝祭の文化史を発展的に考察する。その他、アニメーション研究者のキム・ジュニアンが監視社会における機械化された声と音について考察し、コモンスフィアのドミニク・チェンはフリーカルチャーと連帯の可能性を示唆する一方で、東京ピクニッククラブの太田浩史は公園での社交活動に、BOAT PEOPLE ASSOCIATIONの井出玄一は河川や運河での水上生活に、オルタナティブ公共空間を位置付ける。

 ミシェル・フーコー/ジル・ドゥルーズのダイアグラム、パオロ・ヴィルノの好奇心と世間話、ブルーノ・ラトゥールのアクターネットワーク批判的受容を経て、そして田中敦子や河原 温らへのオマージュとともに、ヴェリーナ・グファダーとメルセ・ロドリゴ・ガルシアが「OrNamenTTokYo」(装飾東京)について創造的に記述する「関係性の地理学」とは何か? まち歩き、ワークショップ、オープン・キッチン、セミナーからなるアート・プロジェクトへの理論的な検証・考察とともに、「新しい公共」をめぐるアート/デザインの境界は融合し、都市におけるオルタナティブ空間の来るべき可能性が浮かび上がる。別冊の写真集には、メルセ・ロドリゴ・ガルシアと嘉藤笑子らによる記録写真とともに、アーティスト・藤井光が撮影したワークショップのヴィデオ映像を編集して載録。コミュニティの(再)創造にむけてアート・プロジェクトに携わるすべての人に贈る、共有財(コモンズ)のアートをつくるための記念碑的なクック・ブック。

--

OrNamenTTokYo/装飾東京

https://art-phil.stores.jp/items/583c70159821cc57f401a9e5

執筆者:BCL ゲオルグ・トレメル = 福原志保,岸 健太,曽我高明,ヴェリーナ・グファダー,メルセ・ロドリゴ・ガルシア,キム・ジュニアン,デイヴィッド・ディヒーリ,クリスティアン・ディマ,太田浩史,井出玄一,ドミニク・チェン,嘉藤笑子,F. アツミ,藤井 光

主-編集:F.アツミ,編集:ヴェリーナ・グファダー,嘉藤笑子

企画:ヴェリーナ・グファダー,メルセ・ロドリゴ・ガルシア,嘉藤笑子,F.アツミ

出版社:Art-Phil(2016年9月11日/第1版)

仕様:本体B5/64p/1C,別冊(写真集)B6/16p/ 4C,2カ国語表記(日本語/英語)

価格:3,111円(+税)

ISBN: 978-4905037-03-3

--

 Publishing of OrNamenTTokYo.

OrNamenTTokYo(装飾東京) is an archival book of the collaborative research project of OrNamenTTokYo(装飾東京) initiated by Verina Gfader, an artist/researcher, Merce Rodrigo García, an architect/researcher, and Emiko Kato of Art Autonomy Network, an international network organisation based on art archives. The book consists of the documents that have verified and examined for five years OrNamenTTokYo held in November, 2011, and includes reviews and contributive texts from the participants such as artists, designers, architects, journalists, editors, and specialists of art management in the programme of (1) REMIX (urban walking), (2) IN: TANGIBILITIES (workshop outdoors), and (3) HOUSING (film screening and open kitchen).

  In Tokyo under the state of emergency with aftermath of the earthquake disaster and surrounded by anxiety over radioactive contamination, Kenta Kishi of CDN-Crisis Design Network-, and Takaaki Soga of Contemporary Art Factory walk around Yanaka and Mukojima, and BCL (Georg Tremmel + Shiho Fukuhara), an artistic research framework, disseminates seed balls generated by the genetic engineering technique. And in the stormy weather, along the riverside of Tama River, Hikaru Fujii, an artist, records with the video the workshop for constructing sculpture/architecture with blue sheets and DIY materials. Or after open kitchen seminar, David d’Heilly, a journalist, looks back the history of urban development since the Edo period, and Christian Dimmer of Tohoku Planning Forum inspects constructively the cultural history of resistance and celebration over the public and commons. Among others, while Joon Yang Kim, an animation scholar, observes the mechanised voice and sound in the controlled society, and Dominick Chen of Common Sphere suggests the possibility of free culture and solidarity, while Hiroshi Ota positions the alternative public space in social activities and Genichi Ide in the life on the water such as rivers and canals.

  After critical reception of the diagramme of Michel Foucault / Gilles Deleuze, the curiosity and chatting of Paolo Virno, the actor-network of Bruno Latour, and with homage to Atsuko Tanaka and On Kawara, what is the “relational geography” that Verina Gfader and Merce Rodrigo García creatively describe on OrNamenTTokYo? Through the theoretical verification and examination, the boarder of art / design over “new public” merges and possibilities of alternative space to come in the city emerges. The photo book of the additional volume includes edited video images of the workshop that Hikaru Fujii captured along with recorded images taken by Merce Rodrigo García and Emiko Kato. The commemorative cookbook to produce the art as commons, presented to all that engages in art project to (re-)create community.

--

OrNamenTTokYo/ 装飾東京

https://art-phil.stores.jp/items/583c70159821cc57f401a9e5

Contributors: BCL Georg TREMMEL and Shiho FUKUHARA, Kenta KISHI, Takaaki SOGA, Verina GFADER, Merce Rodrigo García, Joon Yang KIM, David d’HEILLY, Christian DIMMER,Hiroshi OTA, Genichi IDE, Dominick CHEN, Emiko KATO, F. ATSUMI, Hikaru FUJII

Publisher:Art-Phil (September 11, 2016 / 1st edition )

Specificities: Book B5/64p/1C,Additional book (photo) B6/16p/ 4C,Bilingual (Japanese / English)

Price: 3,111JPN(+tax)

ISBN: 978-4905037-03-3

f:id:Repli_Art-Phil:20160914065641j:image:w360

OrNamenTTokYo出版記念イベント/OrNamenTTokYo Publishing Event

OrNamenTTokYo出版記念イベントに参加しました。

〈OrNamenTTokYo出版記念イベント〉

http://aanet.exblog.jp/23449108/

日時:2016年9月22日(木・祝)15:00〜20:00

会場:NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts

(東京都中央区日本橋大伝馬町13−1 PUBLICUS地下1階)

主催:Art Autonomy Network[AAN] Art-Phil

共催:NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts

プログラム

藤井光新作上映

Aokid, Sam Stocker & 池田哲 パフォーマンス

シンポジウム「新たな公共に向けて」

パネリスト:メルセ・ロドリゴ・ガルシア、デイヴィット・ディヒーリ、クリスティアン・ディマ、井出玄、藤井光、岸健太、ホルヘ・アルマザン・カバレッロ、F.アツミ、嘉藤笑子

Participation in OrNamenTTokYo publishing event.

〈OrNamenTTokYo Publishing Event〉

http://aanet.exblog.jp/23449108/

Date: September 22 (Thursday, National Holiday) 15:00-20:00

Venue: NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts (B1 Publicus 13-1 Odenmacho Nihonbashi Chuo-ku, Tokyo)

〈Programme〉

Screening: Hikaru Fujii

Perfomance; Aokid, Sam Stocker & Satoshi Ikeda

Panelists (provisional): Merce Rodrigo García, David d’Heilly, Christian Dimmer, Gen Ide, Hikaru Fujii, Kenta Kishi, Jorge Almazan Caballero, F. Atsumi, Emiko Kato

f:id:Repli_Art-Phil:20170107215847j:image:w360