Hatena::ブログ(Diary)

C;F Diary

2018/05/16(水)

キーボードクラッシャーの現在

Yahoo!ニュースより
no title

キーボードクラッシャー」は、YouTubeに投稿された動画。FPSを14歳の少年がプレイしているのですが、絶叫し怒り狂い、キーボードマウスをガンガンたたきながらプレイする様子が撮影されていました。
そのあまりの異常な光景がネット上で大ウケしてしまい、またたく間に世界中に拡散。2007年にはニコニコに転載され日本でも広まり、空耳動画やMAD動画が多数作られるほどの人気となりました。「タピオカパン!」の空耳は、当時ニコニコ内でかなり有名だったと記憶しています。
しかし、その後メディア取材によって、動画は全て演技であったことが判明。さらに、この動画がきっかけで少年は学校内でからかわれるなどの被害に遭っており、動画の投稿はやめたことなどが明らかになっていました。
そんないきさつもあって、もう彼の姿を見ることは2度とできないだろうと思われたまま約12年。なんと彼は、YouTubeで新たなスタートをしていたことが判明したのです。2006年に公開し自分の人生を大きく変えてしまった、あの「キーボードクラッシャー」動画を自分で見直す動画を投稿したことによって。
久々に姿を見せた元少年は、それはそれは立派に成長していました。どれくらい立派かというと、現在26歳で身長は2メートル、体重は100キロ、体形はボディービルダーのごときすさまじい筋肉量です。いや立派過ぎる。顔は面影を残しながらもかなりのイケメンになってるし。漫画みたいな展開です。

懐かしい。僕はDSiにあるソフト、うごくメモ帳のインターネットサービス、うごメモはてなで「ムスカVSキボクラVSドナルドVS松岡修造」みたいな対決動画を見たことでキーボードクラッシャー略称キボクラを知りました。どうやらYouTubeにアップされている、「キーボードを破壊するドイツ人の少年」が元ネタのようで、初めて見た時は中1だったかな。
「タピオカパン!(ちなみにこれを日本語訳すると『ぶっ殺してやったぜ』っていう意味になる)」とか、「嫌あああああ!!!」などの空耳が強烈だったな。和訳動画よりも先に空耳動画を見てしまったために、空耳の方が頭に残ってます。

あれから12年経ち、その後彼はどうなったのか分かっていませんでした。しかし昨日、本人が「私の日本人の友達に(英語) - TO MY JAPANESE FRIENDS (ENGLISH)」という動画を投稿し、今どんな状況なのかを説明していました。
しかし身長200センチ、体重100キロって…上半身が裸になってる画像も見つけたんですが、物凄いマッチョな体になってますね。顔もイケメン、さらに自分でラップミュージックやヒップホップミュージックも作ってるそうです。
キーボード以外にも色んなものを壊せそう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Rgscedp19872/20180516/1526482952