Hatena::ブログ(Diary)

ヘビ1級タイトルマッチ

2009-05-17 ホントこのごろ、昔を思い出すなあ

ブログに携わる人々は今一度「片桐彩子日記」を読むといい

昔々、「HEXAGON」という、とびっきりにファニーでキレキレのテキストを書きまくっていたサイトがありまして。「片桐彩子日記」を読んだダメ側の大人たちは爆笑のあまり床を転げ回り、かわいい女子中学生は「ああんお兄ちゃん好き好き大好き!」と頬を真っ赤にしてもだえて、やっぱり床を転げ回っていたのでした。

当時(も今も)、比類なきダメさかげんを誇っていた僕も例外ではなく、カレー将軍鼻田香作のブラックカレーを味わった太っちょのように、1日に何度も何度もなんどもナンドも読み返したものです。特に8月31日の日記の、ラブ・シンクロイドさん(仮名)への返信は、何百回読んだことか。そのせいで今でも全文、暗唱できるほどです。「絶対かかあかかかかかか片桐さんプレイしてるだろッ!」って、後半の「か」は6回ね。これ豆知識な*1。なので僕はネット上で何か文章を書こうとすると、どうしても「HEXAGON」の影響を色濃く受けたテイストになってしまう、あるいは「HEXAGON」に似せてしまう。足下にも及ばないけど*2

おっと、話が逸れた。そうそう、一時期はテキストサイト界隈*3のトップに君臨した…というと過言だけど、まあ、かなりの知名度を誇った「HEXAGON」。そのサイト主の名前をヤマグチノボルといいます。

そのヤマグチノボル氏が、なんかエロゲのシナリオを担当したとか、小説を書くとかって話が聞こえてきまして、僕は、エロゲはともかく小説はずっとチェックしていました。

だってファンだから。HEXAGON節を読みたいから。

ヤマグチノボル氏も、そんな僕の気持ちに応えてくれた、わけではないけれど、小説の中にちょっとだけ、ほんのちょっとだけだけど、本の中にファニーなテキストを交ぜてくれていたりします。レモンちゃんとか。

そして、僕はこっそり涙するのです。ああ、「HEXAGON」は、「片桐彩子日記」はここにある、と。

『ゼロの使い魔』は一般的にいってライトノベルでしょう。いや、一般的も何も、間違いなくライトノベルです。

だけど、「片桐彩子日記」に熱狂し、今でも単行本からファニーなテキストを拾って涙する僕にとっては、『ゼロの使い魔』はテキストサイトの延長線上の存在なのです。

なので、

ハックルベリーに会いに行く

このエントリ、『ゼロの使い魔』でライトノベル全般を語るっていうのは、僕にとってはなんというか、クラシックを聴いてJ-POPを語るような、そんな違和感があったりするのです。

この違和感、僕だけの、とても特殊なものだというのはよくわかっているし、それをもって批判とかするつもりもまったくなくて。

ただ、なんとなくだけど、こんなふうに感じる人が、僕以外にもごく少数いるかもな、特に女子中学生とか!女子中学生とか!!(大事なことなので(ry)と思い、その人に向けて、何となくいろいろ書いてみたのです。いるとうれしいな。女子中学生とかね(しつこい)。

というか、

「ゼロの使い魔」はライトノベルだ。ぼくはライトノベルのことについてそれほど詳しくないのだが、この「ゼロの使い魔」はすごく正統的なライトノベルだと思った。非常にオーセンティックな、ライトノベルの鑑のような作品だと思った。

というくだりを読んで、ブックマークにも書いたけど

Ri-fie text, メモ 「ワオ!ノボル!あなたの本ってラノベの代表扱いされるまでになったのね!アンビリーバブル!信じられない!」と僕の心の中の片桐彩子さんが驚いてた

http://b.hatena.ne.jp/Ri-fie/20090517#bookmark-13508635

ライトノベル界制覇おめでとう!と、喝采したのでした。

片桐彩子さんと一緒にね。

フフ…フフフ…フハハハハハ!!ヤマグチノb…いや、ヤマグチィ!あなたの…もとい、貴様の、片桐彩子…じゃねーや、彩子は俺の中で暮らしてるぜフゥハハハーハァー!!

ウェブニック制覇しました。うるあッ!ウェブニック!どうしたコラ!アイサツまだかッ!ああああああんッ!とらやの羊羹もってさっさとこねえかッ!オラオラオラアッ!

http://gonzui.hp.infoseek.co.jp/8gatubun.html

ハックルベリーの中のかたは、とらやの羊羹を持っていくといいと思うよ!

*1:間違えていたら恥ずかしいので、一応答え合わせしてみた。うん、合ってた。この才能、何でほかの分野に活かされなかったんだろう

*2:僕の過去記事にはもう、まんまのがあるし。ああ恥ずかしい

*3:当時、テキストサイトって言葉あったっけな?自信ないや

takehana_masakitakehana_masaki 2013/04/11 23:09 はじめまして、ラブ・シンクロイド(仮名)の夫です。片桐ヘアーされた時は、まさかこの人と結婚することになるとは思ってもいませんでした。

あの頃が本当に懐かしいですね。僭越ながら、この記事の片桐彩子日記へのURLだと閲覧できなくなっているので、ウェブアーカイブのURLをお伝えしておきます。

http://web.archive.org/web/20050529094051/http://gonzui.hp.infoseek.co.jp/8gatubun.html

ヤマグチノボル氏のご冥福をお祈りします。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Ri-fie/20090517/1242575221
Connection: close