Hatena::ブログ(Diary)

もうカツ丼でいいよな このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 04 | 06 |
2014 | 06 |

2010-07-19

[] SLIMEインストールメモ 20:07  SLIMEインストールメモを含むブックマーク  SLIMEインストールメモのブックマークコメント

SLIMEはおろかまだLispもよく把握してません><

環境

  • Mac OSX 10.6 SnowLeopard
  • Carbon Emacs 22.3.1

SLIMEのインストール

Carbon EmacsからHelp > Carbon Emacs Package > Net-Install > SLIME

(M-x slimeしたらswankがどうのというエラーが出て上手く行かなかったのでやめ.site-lispフォルダからslimeを削除してやり直し)

MacPortsからインストール

sudo port install slime +sbcl

割と時間がかかった.

SBCLのインストール

MacPortsからインストール

sudo port install sbcl

すぐに終わった.

(上の方法でSLIME入れたら不要かもしれない.)

.emacs

;;; SLIME {{{2
(add-to-list 'load-path "/opt/local/share/emacs/site-lisp/slime")
(require 'slime-autoloads)
(setq slime-lisp-implementations
     `((sbcl ("/opt/local/bin/sbcl"))
       (abcl ("/opt/local/bin/abcl"))
       (clisp ("/opt/local/bin/clisp"))))
(add-hook 'lisp-mode-hook
           (lambda ()
             (cond ((not (featurep 'slime))
                    (require 'slime)
                    (normal-mode)))))

(eval-after-load "slime"
   '(slime-setup '(slime-fancy slime-banner)))

(global-set-key "\C-cs" 'slime-selector)

MacPortsから入れるとインストール後にこれを.emacsに追加しろという表示があるので基本的にはそれに従った.最後,slime-selectorの部分だけ追加.

起動

Emacsを立ち上げてM-x slime

何かごにょごにょしたあともにょもにょっとしたアニメーションと共にインタプリタが起動したらOK.多分.

参考

[][] Problem 188 09:01  Problem 188を含むブックマーク  Problem 188のブックマークコメント

正整数aのbによる"超冪",もしくは"テトレーション"をa↑↑bまたはbaと表現し,これを次のように再帰的に定義する.

a↑↑1 = a

a↑↑(k+1) = a(a↑↑k)

よって例えば3↑↑2=33=27,3↑↑3=327=7625597484987,そして3↑↑4はおおよそ103.6383346400240996*10^12という値になる.

1777↑↑1855の下8桁を求めよ.

続きを読む

[][] Problem 204 01:06  Problem 204を含むブックマーク  Problem 204のブックマークコメント

ハミング数とは5を超える素因数を持たない正整数のことである.

小さい方からいくつか示すと,1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 10, 12, 15...がハミング数である.

10^8未満の正整数のうちハミング数は1105個ある.

正整数のうち,nを超える素因数を持たないような数のことをタイプnの一般化ハミング数と呼ぶことにしよう.

よって,上述のハミング数はタイプ5の一般化ハミング数である.

10^9未満の正整数のうち,タイプ100の一般化ハミング数はいくつあるか.

続きを読む

2010-07-18

[][] Problem 173 22:55  Problem 173を含むブックマーク  Problem 173のブックマークコメント

正方形の輪郭と正方形の"穴"を持ち,縦横に対象なものをsquare laminaと呼ぶことにする.正方形のタイルを並べてsquare laminaを作成することを考えると,タイルを32枚ちょうど使うのであれば2種類のsquare laminaを作成できる.

もし100枚のタイルを使うのであれば(100枚以下の何枚を使用してもいい),41種類の異なるsquare laminaを作成できる.

100万枚以下のタイルを使って作成できるsquare laminaは何種類あるか.

続きを読む

2010-07-14

[][] Problem 187 02:25  Problem 187を含むブックマーク  Problem 187のブックマークコメント

合成数とは少なくとも2つの素因数を含む数の事である.例えば,15=3×5,9=3×3,12=2×2×3などである.

30以下の数の中には素因数(異なる必要はない)を2つだけ含むものが10ある(4, 6, 9, 10, 14, 15, 21, 22, 25, 26).

n < 10^8の範囲の合成数について,素因数を2つだけ含むものはいくつあるか?

5分くらいかかったけど,きっと早くできるのでまた今度直す.*1

続きを読む

*1:寝ぼけてたのか深刻な勘違いをしてたようでそんな簡単には無理でした.MathematicaだとPrimePiなんていう関数があってちょいちょいと出来るらしいけどこれはやっぱ最初から素数のテーブル持ってるってことですか.