Hatena::ブログ(Diary)

Rodo/6t9 Hatena

2017-05-21 桜のAACR 後編

[]

 

f:id:Rodo:20170521173813j:image:w300

 

一時停止したら死んでしまう人も、序盤は律儀に停まる、事もなくw 

見通しいいから気持ちも分かるし終盤0スタート減らしたいって気持ちも分かるが

やっぱり苦情は出てるらしいので大会の存続も考えると交通ルールは厳守しとかないとと思う

 

最初のあづみの公園穂高エイドまでは上手くトレインに乗ったし形成できた

鈴木雷太Pオススメの米粉パン、モチモチした食感でとても美味しかった そしてチューリップも見頃

 

f:id:Rodo:20170521175915j:image:w250 f:id:Rodo:20170521173927j:image:w250

 

次のあずみの公園大町エイドまでには体も温まる  

今年もねぎみそオニギリが食べられる幸せ コレ食べる為に参加してる

 

そして次の木崎湖エイドの前に、計画的コースアウトその1へ

  

ファミリーマートで左折して数キロ進むと以前の大町温泉郷エイドの中に、その店はある

オーナーシェフがおめでたで暫くお休みしてたそうですがAACR前に再起動

そしてパリブレストは予約制だったが、なんと当日販売分もありとの事前情報に

もう戦略的コースアウト決定 1組でよかった

 

先客は2.3名か 「コースから外れてのご来店ありがとうございます」との声に

「そんなの誤差のうちです 問題ありません」ええかっこしいの強がりを言うのはお約束

でも、寒くてハナタレ寸前やったんですけどねw

 

f:id:Rodo:20170521173814j:image:w300

 

写真からも伝わるこの暖かい空気、珈琲と甘い香り

ヤバイこのまま一時間ぐらい・・・と思うも 16:00迄の時間制限を思い出す

後ろ髪惹かれつつも「行ってきますと」ドアを開け再スタート 残り111km

 

淡々と往路木崎湖エイド 熱々のおやきがありがたい 山菜汁も体が温まる 

 

この後木崎湖の西岸を走る ココがルートに入ったの初めてじゃないかな? 

普段は静かで綺麗なところなんですが、湖面に謎のオブジェが浮いてたのがねぇ 

芸術の名のもとにゴミ浮かべてるだけじゃねえかなコレ

  

青木湖は今年も絶好調 白い峰々とのコントラストが美しく今年も撮影ポイントは賑わってました

国道を北上、新ルートの白馬駅裏からぐるぐるっと回って、白馬岩岳エイド

漬物と、冷暖ございましたが暖かい蕎麦が人気でした そしてBGMはなぜか松田聖子

 

f:id:Rodo:20170521173815j:image:w300

  

今回の桜AACRでははココで折り返して美麻方向に登らず梓水苑に戻る平坦ルート

佐野坂を迂回するルートが目立つ上りぐらい 淡々と刻んでいきます

この頃になると気温もやや上がって日差しも強くなりますが風が冷たい ジャケットが脱げません

 

今回からオー○スポーツでない所の撮影クルーでしたが

結構遠目の所からプローンで狙ってるので「撮れてるのか?」と心配でしたが

かなりいい感じの写真 意思疎通できたやつに至ってはえらくカッコよく写ってて後で買いましたよw

 

f:id:Rodo:20170521173816j:image:w300

 


また海ノ口駅でトイレ休憩、記帳後、復路木崎湖エイドが近いのに縁川商店に

温かいココアと悩んだ上で山パンのロングスティックをチョイスで この時点で30分は貯金があった

 

復路木崎湖エイド、おにぎりが若干余ってたので一ついただく

後で腹にもたれてひどい目に合うんですけどね 美味しいから仕方がない

 

平坦下り基調、若干ボーナスステージだけどココでぶっ飛ばすと安曇野エイド後のゆるめの上りでやられるので

小休止をはさみながら最後上りへ 写真は毎回お世話になるハッピードリンクショップ穂高有明4号店

 

f:id:Rodo:20170521173817j:image:w300

 

梓水苑に近づくと川沿いの桜が満開でそれはもういい感じで止まらなかったのが勿体無い

名残惜しく桜並木を眺め さて、ゴールどうすっかなね 梓水苑前で一時停止してから

1人になった頃合いを見計らってゴール シンプルガッツポーズ 後で写真見たら

「こんな感じのドールというかおもちゃありますよね」って感じのガチガチガッツポーズだった 反省

 

たい焼きもらい忘れ ソフマップコーナーで写真取ろうかと思うもスタッフがいない

仕方ないので今年は写真ナシ ココだけは改善して欲しい

  

梓水苑の風呂が混んでてアレで、イベント後のほうが厳しい桜AACRでした

来年ももちろん参加したいですが、予定が許せば暖かい緑の方に行きたいものです

 

f:id:Rodo:20170521173926j:image:w300 

2017-05-07 桜のAACR 中編

[]

起床して、天気予報見て最低気温1度を確認 桜AACRジャージ着用を断念し 暖かい格好で出発

 

4:30には会場駐車場入り 

天気は快晴なれど、とにかく寒い 関東の冬を思い出す寒さで

車の中の衣類全部着込んで、出走準備 この時積みっぱなしだった防寒テムレスが大活躍

 

気温的に1ボトルで大丈夫と判断 脱いだ衣類の収納用にフロントバッグ装着

 

f:id:Rodo:20170507133704j:image:w300

 

世のパパライダーを心底羨ましがらせたであろう、お父さんと娘さんのタンデムバイクのそばで整列

 

かのジャスト・ライドの著者も「タンデム好きなパートナー持ちは運がいいよなぁ(意訳)」とボヤく

難易度の高い奥さんor子供とのタンデム

娘さんが部活or学校のハーパン+タイツという普通の体育スタイルで

このクソ寒い中お子さんをどうやって引っ張り出してきたがか、ものすごく興味がわきます

そんなどうでもいい益体もない事を考えてるうちに女子L組がスタート

 

先頭を女性で固めて見栄えもいいし、写真も無難以上が狙えて(少なくとも痛ジャージ大勢よりはね)

女子参加者と完走率も上げれてと、やはりAACR運営には頭のいい人がいるよなーと今年も思わざるをえない

 

そして今回は痛ジャージが大幅に減って、桜AACRジャージが増えてる

 

ギョニソ、ニジエ、ごちうさ、アルペジオのヒエイ、シンデレラガールズ

かわうそ店長、フォルトゥーナも多い あと何枚か不明なやつ 

1-2年前よりは確実に減ってる エントリーはGSRカップより前だからそっちのの影響は薄いかと

そういう僕も今回は暖かい格好してるんで人のことは言えんがw

 

6:20にスタート 何もなければ完走は余裕と、この時は思ってましたね

 

おおまかに 体が暖まるまでは何分かかってもセーブ 桜並木抜けた最初の坂でゆるくちぎれて、あとは成り行き

終盤のゆるい上り対策で体力温存 って感じ

  

川沿いの景色はとんでもなく綺麗 だけど寒い 指先からじんわりと冷えが来る 膝もぎこちない

「温まったらなんとかなる 駄目だったらショートカット」と割り切ってケイデンスを上げめに行った

 

2017-05-03 桜のAACR 前編

[]

土曜朝に出発 11時には会場に到着

 

受付して、桜AACRジャージを受取り、会場をぐるっとひと回り

 

梓水苑の桜は散り始めた頃、時折吹く強い風がいい感じの桜吹雪を見せてくれてですね

いいもの見れたと思ったと同時に、明日も吹くと消耗戦になるなと素直には喜べない

 

ドイターのトランスアルパイン30が半額で出ててほんとにもうね、カード切れたらお持ち帰りしたかった

風が強かったんで試乗はナシ 出店してたバイクランチのブースでノグのベルと補給食買って

会計してたらレジが鈴木雷太プロデューサーじゃありませんか(翌日も結構お見かけした)

 

美味しかった馬ステーキだけじゃ足りないんで ココイチも 甘口というか、辛くないカレーでしたね 残念

 

小熊山ヒルクライムしないんで時間に余裕あり、前から行きたかった松本城と旧制松本高等学校へ

 

f:id:Rodo:20170503205506j:image:w300

 

お城は行った本当に良かった 中の火縄銃の展示がまたよくってですね 

次回来た時は展示の方もじっくり見たいと思いました

そして狭い階段上りながら「アマツの城っぽいなーと」思う元西プロンテラ住民w

 

旧制松本高校は木崎高校のモデルでございまして、こんな感じです

 

f:id:Rodo:20170503205503j:image:w300 

 

f:id:Rodo:20170503205504j:image:w300 f:id:Rodo:20170503205505j:image:w300 

 

すっかり思い出す事も少なくなりましたが 大事な思い出です

 

松本山雅サポおすすめのカレーバイキングメーヤウで軽く夕食後、本日の宿、信州健康ランドへ

 

駐車所のセキュリティや諸々心配事もありましが

風呂料金込みで6Kでお釣り サウナ広いけど特筆すべきは水風呂 

夕方の混んでる時間でも16℃をキープしてて、いい感じで整いました

部屋も内風呂がない分、トイレが広くて快適など、次回も使いたくなる宿でした

 

翌日の準備をして11時には就寝 起床は3:40の慌ただしさだ

 

2016-06-25 AACR2016 その三

[][]

f:id:Rodo:20160625173838j:image:w250

 

160kmコースの92.7km付近 みそらの交差点を右折、コースから外れて約2km登るとその店はある

おととしのAACRで沢山の僕らが雲霞のごとく押し寄せて昼前には全品完売させてしまったその店

そいつがちょっと気になってですね、毎年寄ってる訳でございます 美味しいし

 

松本にもチャオって有名店もあります

わざわざコースから外れて余計なヒルクライムしてまで寄る参加者が後を絶たない人気っぷり

ココ登んなきゃ、もう少し早く紫水苑に戻れて家に帰るのも早くなる・・とか益体もないことを考えながら登るとあっという間ですw

 

ジェラートショップ花彩

 

今回は しぼりたてといちご とても美味しかった 積極的に寄って行きたい味

 

そしてお店の方に「2キロなんて誤差です 余裕っす」と見え見えの強がりを言うのも忘れないし 

食べて下って、すれ違うゼッケンつけた参加者に「もうちょっと」と言うのも忘れない 

 

昨年のエイドだったオリンピック施設の脇を抜け、また青木湖畔にもどって

ゼーブリック(美味しいラーメン屋)に停まってる参加者とおぼしきバイク見て「絶対胃腸がカーボンナノチューブか何かだ」と思ったり

トンネルのあまりの暗さにあげたと思われる女性参加者の悲鳴にこっちがびっくりしたり

 

この辺から足を努めてセーブし始めた 風向きは悪くないものの、昨年終盤のゆるい上りでやられたのが一応、な

簗場の駅のトイレが相変わらず混んでるので海ノ口駅で用を足してから 縁川商店ことYショップニシに

 

おやき頼もうにも、古代米おにぎりの腹持ちがよくって仕方なくポカリと水の補給だけに

到着時間が早かったので随分寂しい写真しかなかったけど、後から参加者てんこ盛りだった模様

 

昨年苦痛だった美麻エイド(そば)までの上りもそつなくこなし 

快速ダウンヒル区間をこなしてす再び148を渡り、県道306に

ここからフラット基調な平坦路 風はほぼ無風 一時停止だけが煩わしいが、足も残ってるので

一人TTでぶっ飛ばしていくも暑くってしょうがない 

 

ドリンク切れで停まったハッピードリンクショップのチェリオメロン味が、とんでもなく美味しかった

思い出暑さ補正抜きにしても、今回のベストだったかも

 

f:id:Rodo:20160625173839j:image:w250

  

試走コースのあたりまで来てから完走を確信

昨年の不甲斐ない出来とは違い、行きたい所を全部回ってそこそこの時間にゴール

allsportsで確認したら、ものすごいドヤ顔でゴールしてたw

MCのお姉さんに「良いガッツポーズだ」と褒められたのもうれしかった

  

完走証取りに行ったら抽選でワコーズのハンドクリームが当たってたりと、いい感じでイベントを終了

来年も行ければ行ってみたいものです

2016-06-12 AACR2016 その二

[]

 

f:id:Rodo:20160612123835j:image:w300

 

来た道を引き返す感じで松本市内に戻り、今日の宿にチェックイン

エントリーが確定してからだと遅いので、年明け早々日程が発表されてから

宿だけ決め打ちで予約しておいたもの・・・

 

別館ってなんじゃらほい?と入ったら入り口のオートロックがとんでもなく煩わしい

あとから来た参加者っぽいチャリ持ち込みのお客さんが入るのに苦労してたし

廊下の電気が点いてなかったし部屋のドアがオートロックじゃないのでもう大変で面倒で

  

ヘルメットにゼッケン(プラ素材になってはがしやすくなってた)貼ったりしてとか準備して、「衛府の七忍」読みながら10時前に就寝 

 

3時40分起床 チェックアウトして4:30にグラウンド駐車場に

昨年の経験から一旦通りすぎて三溝新田交差点からコースを戻る感じで会場入りすると

スムーズにグラウンドに停められた おすすめ

 

f:id:Rodo:20160612134911j:image:w300

 

体感で1桁ぐらいの気温か 出走まで寒くってウィンドブレーカーが脱げない

ゲート近くにアウローラの偉い人とろんぐらいだぁすの担当の方がいてですね

シャカリキの鳩村さんばりにブレーカー脱いでTTジャージアピールしようかと思うも脱げない寒さ 仕方ないね

 

スタート後はトレインに乗って、最初の坂で千切れて、 なりゆきっぽく後半に足を残す感じで

一時停止はおおむね止まれたが追い越し時の声掛けはあんまり出来てなかったかな (機会があれば文章でまとめてみたい)

この坂で大会実行委員長兼プロデューサーについていくミクジャージ着たシングルスピードのビアンキの方が・・・

しかも普通のカラージーンズっぽいパンツに目を疑うものの ポケットからチラリ見える15のメガネレンチがSS乗りの証

世の中すごい人が沢山いるもんだと、あっけにとられました 

 

あづみの公園穂高エイド(あずさ 定番 美味しい)

あづみの公園大町エイド(ネギ味噌おにぎり 絶品)と淡々とこなして、

第三エイドを前に、あの店に 

 

https://www.google.co.jp/maps/@36.524231,137.8086169,3a,75y,337.56h,81.92t/data=!3m6!1e1!3m4!1sHCr0tFkuijohyKmPKJoOiw!2e0!7i13312!8i6656!6m1!1e1

 

信号のない交差点、目印は廃車のバスを右折 暫く行くと以前の大町エイド付近 アンマリーレがそこにある

昨年通りすぎたので絶対寄るマン状態でバイクラックに さすがに1組出走だけあって先客は2,3人

パリブレストも両方あったがアーモンドの方だけ持ち帰りで 外でパクついてたら顔がクリームまみれww 

店員のおねえさんに指摘されて自撮りしたらすごい顔 めっちゃ笑顔 もう俺いくつだよww

 

名残惜しいが次の木崎エイドに向かう (おざんざとつけもの 麹漬の大根が絶妙)

 

そういやこの公民館は三年前のイベント会場 軽く酸欠になったのもいい思い出

トイレが混んでて、仕方なく出発 結局、海ノ口駅のトイレに往路復路両方お世話になりました

  

木崎湖、精進湖をすぎて青木湖に差し掛かると今日はすごかった

光の加減か、普段より青い湖水に映り込む白馬連峰が思わず足を止めるほどの美しさ 

復路でも通るんですが午後からは湖水も青緑っぽく、また別の表情に これはこれで

 

毎回湖水が少なかったり曇ってたりと少々残念な状態しか見れなかったんですが

整うとこんなにキレイだってのが思い知らされた なんか日本っぽくなかったね

  

暗すぎて一部で不評なトンネルを抜けて白馬方面に 本格的な上りがスタートする

アップダウンを繰り返し、農作業中のあぜ道を通り、白馬松川沿いを八方尾根を眺めながら登ると

折り返し地点の白馬エイドに(豚汁と古代米おにぎり) 

 

応援バスツアーのお姉さんもスタッフTシャツ着ててなんかなごんだ

復路のT字路でバスのお客さんに手降ってもらっていい感じに元気でました

(続く)