RoronoaZoroの徒然日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005年5月25日から 人目のご訪問です^^ありがとうございます!

2016-05-14 ここに座って このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:RoronoaZoro:20160514211421j:image

GR



遠ざかる思い出を振り返った




hunterのFacebook

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

2016-05-06 あの日の君たちへ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:RoronoaZoro:20151104213007j:image

GR


しまなみ海道を渡り


広島を横断してたどり着いた町で君たちと初めて出会った


友の形見のギターで弾き語りをしたあの日


おそらく僕はまだ幸せだったのかもしれない


しかし幸せなんていうものは


そんなに長続きしないものだ、、、、、





両親はもういない


親戚もいない


家族もいない


誰もいなくなった場所で


ただ一人生きている姿を想像できるだろうか



安心していい


彼は幼い頃から他人に預けられて育ってきた


孤独には慣れている


愛された経験が少ないぶん


今は誰かに愛を注ぎたいのかもしれない





人生は短いものだ



しかし



自分の人生は



他人が決めるものじゃない



自分自身が切り開くものだ



誰かが許してくれないから



後ろ指を指されるから



そんなことを心配するのなら



最初からそんな気持ちにならなければいい




そんな気持ちになったのだとしたら



一歩を踏み出したらどうだろう




君があと3日しか生きられないとしたら



人生に後悔はないだろうか



そして



待ってくれる人がいる幸せを忘れてはだめだ




誰かが待っていてくれる



それがどんなに幸せなことだか君は分かっているのだろうか



待ってくれる人がいるのなら



迎えに行くのが男だろう





待っている君


君はただ待っているだけなのか




それだけで幸せになれると思っているのか



迎えに行きたくても


その一歩を踏み出せない人がいるのだったら


その手を伸ばして


こちらへ強く引っ張ればいいだろう





笑顔に見えても



心は泣いているんだろう



笑顔を作っても



心は苦しいんだろう



なぜ迎えに行かないのか





なぜ迎えないのか




一人っきりの人生を生きる者もいる



君たちは



君たち二人で生きるべきじゃないだろうか



もしこの国の99パーセントの人々が反対しても


残り1パーセントの僕が応援している





君たちには幸せになってほしい



あの日



こんな僕と出会ってくれた君たちへ



D

hunterのFacebook

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

2016-04-30 4月最後の夕日 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

ゆーみんゆーみん 2016/05/01 19:24 今日から5月ですね。
熊本から戻られたんですね?
お疲れ様です^ ^
一日も早く復興が進み
平穏な日常がみなさんに戻りますように!

RoronoaZoroRoronoaZoro 2016/05/01 22:37 ゆーみんさんありがとうございます^^
日本は大丈夫です!!