kaku kaku

2006-02-28 久米vsタマネギ −因縁の暁−

第一話”オニオニア”


 妖艶甘美なる夕日を直に人間などに見せるかと、べガルダ星人がいたずらに撒いた薄っすら静かなイワシ雲。ゆえに、人間の指す”夕日”はスペーススタンダートの”夕日”ではなく、あくまで人間の指す”夕日”止まりである。その差は漠然と歴然であり、もし人間がスペーススタンダートの”夕日”見たなら、彼らはそれを何と呼ぶだろう。

オニオニア。

 美と醜は紙一重であり、畸形は至極美形と思える久米には、その言葉がピッタリだと考えられた。

オニオニア。

 彼の最低最悪の敵・タマネギの英語形オニオン。それに久米の持ちうる美的感覚を注ぎこんだ結果、世界一、いやいや宇宙一彼にアドレナリンを放出させる言葉、

オニオニア。

 ”あ〜オニオニア、何たる言葉を僕は作ってしまったんだ。”そんな妄想に更けながら、雨空の中チャリで家路を急ぐ久米。もちろん真の夕日はおろか、肉塊の何億人が思いを馳せた罪な偽・夕日すら見えない。宇宙裁判にこの夕日を裁かせたなら、この罪は”ブラックホール監禁10兆光年の刑”だろう。

 傘の雨露を払い部屋に駆け込む久米。日曜の18時09分。おもむろにテレヴィを付け、ジャケットを放り、ベットに腰掛け大きな丸い空気の塊を吐く。気まぐれに目を机に落とすと、今日は携帯を家に忘れて行ってたことに気づく。なくたって構わない。いっそのこと、真っ二つに折り、隣のクソうるさい犬に投げつけた方が価値があるってもんだ。

 少なくとも3週間前まではそうは思っていなかった。逆。久米にはなくてはならない、現代の神器であった。電波に思いを乗せ、練馬に住む恋人から返ってくる01信号を今か今かと待ちわびていた。今ではバカバカしく思えるものの、その時は久米は恋をしていたと胸を張って言えた。”慣れ”によってその感情を遠くに飛ばされ、突然の別れを告げられたものの、自分の人生でその期間ほど生き生きと”生きていた”のは間違うことのない事実だった。なんで、あの時Y軸マイナス方向に彼女の”熱量”が離れていってるに気づかなかったのか。あるいは、どこまで自分が自信過剰でそれを安心して見つめていたのか。

 憎きは自分の曇った先見の眼。

 兎にも角にも、今は久米はその期間を検証できるほど落ち着いていた。しかし、これは”サイクル”の一環であり、またひどく取り乱す時期は必ず来る。このサイクルの直径が小さく小さくなるまでそれは続く。そして、それが点に見えるほどに微々たるものになった頃、領域にまた一つの要素が加わる。そうしたい、また、そう思いたいものだ。

 そう思いながら久米はまた一つ丸い玉を吐く。

 テレヴィは”ちびマルコちゃん”を映し出していた。久米はひどくそれに出てくる”ナガサオ君”が嫌いだ。無論、それは彼の顔の形がタマネギに見えるからである。それほど、久米はタマネギが大嫌いなのである。人には言ってもわからないだろうが、久米の細胞がタマネギを拒んでいるのだ。その結晶である久米は彼らの拒否反応により特殊な力を得ていた。タマネギという情報が、耳から舌から目から空気から認知されると乳首が立つ。忌まわしき能力である。

 最近”ナガサオ君”以上に気に食わないものが久米にはあった。”蒸すカリン”という男の歌う”お野菜サンバ”という曲である。初めてその曲を聴いた久米は一瞬にして無限遠方に飛ばされた。



第2話に続く・・・

久米久米 2006/07/18 03:39 「オニオン。」英語の発音により近い片仮名で書けば「アニャン」と言ったところだろうか。
だが事実、英語の発音を日本語に、ましてや仮名などにあてて表現することなど到底不可能なことは知っていた。
日本には、母音の「い」と「う」が混ざったような、中間くらいの発音をする日本語を話す地方があるということも知っていた。
そんなことまでも知っていて、この「オニオニア」と言う言葉をつくってしまった。
現在は無限遠方に飛ばされ続けているので、そのような程度の思考でしかない。
無限に続く遠方。
まさに限りが無い。
飛ばされ続ける方向とは逆の力が働かなければ終わりは無い。
それが重力だろうと核力だろうとどうでも良かった。
むしろこのまま無限の彼方に飛ばされたほうがよいのではないかとさえ思う。
無限遠方にタマネギはないだろう。そう願ってやまない。
いや、存在し得ない。そうでも思わなければこの精神状態を保つことは難しい。
「オニオニア。」英語風に表記すればきっと「アニャニャ」かな。
だが実際には存在しない単語なのだから、このような考察は無意味に感じた。
タマネギを好む人間からはこの思考があまりにくだらなく、卑下するべきものだと思われることは十分に分かっていた。
また同時に、タマネギを好む人間の思考をあまりにくだらなく、卑下するべきものだと思っていた。
両者は全く相容れない。水と油のようなものだったはずだ。
だが実際には違った。
タマネギを嫌う人間からすれば、タマネギを好む人種になりたいと思ったことは星の数ほどあるのだ。
タマネギを好む人間のほうが圧倒的に多数だからだ。
それほどこの世にはタマネギがあふれている。
自分は好きで嫌っているわけではないのだ。
そう思うにつれ、自分自身の脳の中の海馬と言う部分を嫌った。
もとはと言えば自分がタマネギをはじめとする野菜を嫌うマイナリティの一部であるために、自分が無限遠方に飛ばされていると言うことは火を見るより明らかであるからだ。
無限遠方……。
実際にどうなっているかは誰も知るよしが無い。
行き止まりになっていると言うもの。
反対側にワープすると言うもの。
いづれも推測の域を出ない。
そもそも無限と言うものは存在しない。
人間の作り出した幻想に過ぎない。
そう考えるだけでむなしい感じがした。
実際に、この宇宙に「ニュー」何とかだったか、かんとか「トリノ」だったか、そんなような名前の微粒子が大量に存在するそうだ。
しかも、最近の研究で、それに質量があることが明らかとなった。
すると、宇宙が膨張しようとする力は微粒子自身の質量による引力で収縮する方向に向かうらしい。
この宇宙はやがて無くなる。
そう考えたときのようにむなしい。
だがそれも太陽がその寿命を全うしてから考えても数十億年単位の話。
何回輪廻転生を繰り返せばその時間を消化できるだろうか。
それほど時間があれば、64個の円盤のハノイの塔をクリアできそうだ。
そういえば知らなかった。
この世界がどうして出来たのか。
この宇宙がどうして出来たのか。
専門家は、「ビッグ・バン」だとかなんだとか言う小難しい専門用語を使って無知な一般人を丸め込もうとする。
それを疑問にも思わなかった自分がいた。情けない。
「無知の知」という言葉を使ったソクラテスという人物の気分に似ている。
だが自分がソクラテスのような人間であるとは思えない。
少なくとも自ら毒杯をあおぎ死のうとはできない。
知らなかったことを知っているようなそぶりを見せる知ったかぶりとはわけが違う。
…………
気が付くと、最近買ったベッドの上に寝ていた。
あれから寝てしまっていたようだった。
時計は、3時38分。
テレヴィは、Bよりも少し高い1kHzの音を鳴らし、カラー・パターンを映し出していた。

29da.29da. 2006/07/22 22:08 誰だ、お前は!?久米じゃねーくせに久米って言うな!!

久米久米 2006/07/25 03:53 マジで本人です。

汁ーんwwwwww汁ーんwwwwww 2009/06/14 01:52
週一ペースしかやってないのに20万振り込まれててぶっちゃけ手震えたww
とりま、あと4人こなしたら単純に100万だし・・・楽勝じゃん?
女の言う通りにマヌコ刺激してあげるだもんなーヽ(´ー`)ノ
俺は自分が気持ちよくないとイヤだから本番もやってるけどねwwwww

http://shiofuki.navi-y.net/55Zs9fD/

マンスジが大好物だwwwwマンスジが大好物だwwww 2009/06/21 03:12
マンスジフリークの俺様としてはやっぱ一人じゃ足りないんだよねw
いつもとりあえず3人呼んでお気に入りのスジの子にパンツのまま顔に乗ってもらって他の子はハメたり舐めてもらったりって感じかなー?
3人まとめての方がバイト代も多くもらえるし一石二鳥だろ( ̄ー ̄)にやり

http://ahan.yumenokuni.net/TMcpkuh/

ち んち んは不景気知らずち んち んは不景気知らず 2009/06/21 07:17
世間は不況で騒がしいけど、はっきり言って俺には無縁だねw
ち ん こ触らせてあげて顔にぶっかけてあげるだけで5万貰えるしw
いやー世の中チョロイっすわwwwwwww

http://dopyun.quitblue.com/oChQas6/

はいちゃんちゃんちゃん!!!!はいちゃんちゃんちゃん!!!! 2009/08/18 05:10
もーさすがに3回は果てるってーー!!!(>_<)
連続じゃないだけマシだけど1 0 万の為とはいえ3回ヤるとティ ンコさんが火を噴きそうなくらい真っ赤っ赤だよ(^^;
まー何気に足 コ キしてもらったのって初めてだし、得っちゃ得だけどねーwww

http://kachi.strowcrue.net/uZ1Qyky/

2005-11-07 らっしゃい!!

 ”彼はあれを持ってて、君はそれを持ってるのに、なんで君は不幸せな顔なのか?”こういうのは、よく第三者になって気づきます。人間よく満足いたしやせん。満足しないことがよしてされがちですが、あれが欲しいこれが欲しいじゃー必ずあぶれる人が現れます。それが人間、戦争を止められない原因の”一つ”かと思われます。ある程度のことで満足して、自分の持ってる”それ”の貴重さを再認し、心にゆとりを持つことが幸せを感じるのに重要ではないか?しかしもっとも、それはクリエイティヴな面においては当てはまらないが。

 なーんて、難しげなことも久々に書きますw今の自分のマイブームは”執念”です!執念でクリエイティヴしていきたい!この前自分で曲作って考えた結果です。・・・あれはホント人に聴かすのはハズイ。ないなー、あれ・・・。しかし、あれがあってのこの結果!自信を持って人に聴かせられるよう、悲壮なる決意を持って曲を作ろう!でも、それは学祭の練習が一段落してから。今日は執念を持ってして徹夜でゼブラヘッドの練習の練習を致します。上田も”執念”って言葉好きそうだなw

 今のカラオケのバイトで、よく宣伝活動と言って新宿駅ファッキン辺りでビラを配ります。これが楽しいんだwなかなか貰ってくれない。40分で5人受け取ってくれたらいい方。みんな宣伝活動になるとサボりますが、僕はその受け取って貰えなさ加減に燃えて、40分で目指せ15人を目標に頑張っております。”カラオケ○○でーす、よろしくお願いします!”と40分のうちに何百回言うことか。またそのうち、何回噛まずに言えてることか。

 配ってて思うことは、二つ!

 まず一つは、上に書いたように心に余裕がある人ほど受け取ってくれるのではないかということ。ほとんどの人は素通りっす。忙しそうに通り過ぎたり、携帯で話しながら通り過ぎたり、最悪”そんなんいらねーんだよ”って小さくボヤキながら通り過ぎます。そんな奴には”てめーらみたいなサラリーマンってだせーよな!”て僕は心でボヤキます。受け取ってくれる年代はまちまちですが、そんな人ほどなんか余裕が顔ににじみ出ています。もらってくれたら、もちろん”アリガトウゴザイマース”って呟きます。もらってくれると嬉しいんっすw僕は余裕ないから、そんなん配られても受け取らないですけどねw

 二つ目は”いらない”のリアクションの仕方。新宿もアーバンシティーですから、フォーリナーの方々がゴマンと通ります。日本人の”いらない”は大抵、”縦”に首を振ります。礼儀正しい民族ですから、”いらない”の他にも”スイマセン”や”お疲れさまです”って意味も含んでいるんでしょうけどね。それに比べてフォーリナーの方々は”横”に首を振ります。感じいいフォーリナーなら笑顔をたたえてね。それか手のひらを広げて、いらないことを示します。そこがイエスマン日本人であるのかなーとか。無理矢理押したら受け取って貰えそうって印象も受けれます。それがダメかどうかは、甲乙つけ難いとこなんすけど。ビジネスにおいてはダメなんだろうな。

 と、まー人間観察もしながら仮面アルバイターをそれなりに楽しんでおります。イイバイトってのはなかなかないね。そろそろ一所にバイト落ち着こうかなーとか思ってるんですけど、満足はできないしなー。誰でも受かるようなバイト先だし、満足しなくてもOKでしょ。次はテレアポでもやってみようかな。そしたら、バイト6箇所目になる福田亮平でしたw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Ryo-hei/20051107

2005-11-03 更新したよ!!!!

 超ー久々に更新いたします。MIXIでよく書いていて、こっちをほったらかしにする事1ヶ月以上!1つ前の日記なんて、だいぶ前のように感じちゃうほど、この1ヶ月で変わったなー。あの面接は落ちてて、今は新宿カラオケで仮面アルバイター。英会話学校だって行き始めたけど、あんまり行けてないし。一応江川のオリジナルバンドに入れてもらったけど、先は見えないし。変わってないことはただ一つ!学校になかなか行けてないってこと。なんで行けないんだろー、ホント。俺の寝起きの意志の弱さってたら、ホントないよ。だから、多分、きっと、MAYBE、こっちの日記はほとんど更新しません。だってこっち書き始めると止まんないんやもん。2時間くらいかかちゃうし。

 で、何故更新するに至ったかというと、バトンが回ってきてるらしい+暇だから!割合的には2:8くらいかねー。内容はよくあるようなものなんやけど、まだ一回もバトンなるもの答えたことないンス。元来、体験主義である小生・福田亮平は本日、今宵、只今からバトンなるものを初体験したく存じます。

 題は”夢バトン”らしい。ハイハイ、絶対何百個とあるようなバトンですな。実際、僕、夢見がちな少年を自負してますので。人間その気になって修行すれば、空は飛べずとも、エネルギー弾くらいは打てるのではないかと思っております。なんか、ピカッ!!とか光ったり、ニョロっ〜っと黄色い光が手から垂れたり、目に見えずともなんか飛び出すとか。・・・馬鹿にしないでください。

 まーまーまー、早速答えてみましょう。

Q1、小さい時の夢は?

出たね。バトンでなくとも、よく学校とか、初対面の人とちょっと仲良くなってきたら聞くような質問。でも、掴みはGOOD。僕の場合、幼稚園の頃はタートルズ(できればレオナルド)・ウルトラマン”グレート”、小学校は警察官・プロ野球選手(ホームランバッター)、中学はプロ野球選手(堅実な守備のセカンドでミートヒッター)、高校はシンガーソングライター弁護士・先生。え〜・・月並みですね。

Q2、その夢は叶いましたか?

まだわかんねーよ。今日寝て起きたらタートルズになってたり、変な店で買った液体飲んだらタートルズになってたり、この世界が夢であって醒めたら自分は実はタートルズだったりさ。なっ、夢見がちでしょw?

Q3、現在の夢は?

現実的なのかどうかは知らないけど、最終的にギター一本担いで世界を回ってボランティアとかする。靴を配ったり、木を植えてみたり、一緒に仕事手伝ったり。この世界に存在しているらしい限り、世界を見てみたりしなきゃ、損だとは思いませんか?

Q4、宝くじで3億円当たったら?

とりあえず、借金を返して、1000万で遊び尽くしその儚さを知り、親に5000万上げて、あとは使いたくなるまで貯金。信頼できるボランティア見つけたら募金。上の夢の為への投資かな?とりあえず、漠然としててわからんさー。

Q5、あなたにとって夢の世界とは?

難しいねー。この世を現実というなら、それに染まりきった夢だし。

あえていうなら、):;lkjンhbgfdさくぇrちゅいおp@な世界w

わけも分からない位、快楽と混沌に溢れてて、どれが自分かも考えきれないくらい皆メチャクチャで、もちろん具現化もできないとこかな?つまり、皆平等に自他なんてなくて、それでも皆満足してるんよ。

んー難しい!

Q6、昨夜見た夢は?

覚えてない。

Q7、夢をお聞きしたい5人は?

これを見て答えたいと思った人!正直、すぐ飽きるからやめときw

 

 こんな感じでいいのかなーwやっぱこの日記は2時間くらいかかるよー。また気が向いたら書きます。

DねぇDねぇ 2005/11/04 17:22 はいはいこんな感じでいいですよーwわざわざどうもありがとうねーw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Ryo-hei/20051103

2005-09-28 step by step

 最近寒くなってきたんで、さっき厚手の布団を引っ張り出してきました。今宵はその布団の中で、ぬくぬくとどんな疑似体験ができるのでしょう。それだけでさえも幸せと思えるほど今は落ち着いてます。後期からは絶対遅刻は許されないというのに。寒い夜の布団の中ほど心地よいものはないです、はい。着々と秋冬に向けての準備をしております。

 ニット帽とかハットとか欲しいなー。いやいや、ズボンもそろそろ落ち着いたカッコイイやつ買いたい。そう言えば、もう1着くらいトレーナー欲しいなー。便利やし。

 なんて、洋服のこと考えてるだけでも楽しくなってきます。さらに、順調に10月もライブ見に行ったり、昔の友達に会う予定入ったりで埋まっていきます。それもまた嬉しいwここ最近、日々のバイトが忙しくて、しんみりスロウな秋に憧れてます。これでいいバイト先みつかったら・・・

 今日はバイト行く前、次のバイトを決めるべく面接に行ってまいりました。向かった先は原宿のオシャレストリートとオシャレストリートの交差点。あそこです。ほら、コンドマニアやらラフォーレがあるとこ。そこの俺の中では南を指す方に、上には何回か行ったハンジロウとか言う古着屋サンのあるビルの一階に、MTVと提携を組んでいるカフェがありまして。インターネットで糸を張り巡らせた結果、浮かび上がった1つの楽園オシャレカフェ・cafe studio。そこでは夜な夜な企業のパーティーや、有名どこのグループのライヴがある中、MTVがひたすら流れる大画面の前で、俳優やモデルなどの希望に溢れる輩が働いているそうな。そんな中に、これまた夢見がちな少年福田が紛れようって魂胆でw

 面接はイイ感じに進んだと思う。好印象与えたと思うし、今回は某コンビにみたく”性格・暗い”とか書かなかったし。ただ俺があんなオシャレなとこで働いてるのは、想像できないwなんせ田舎モンですからねー。誰が田舎モンや!畜生。

 でも、これに落ちたとしても、もう別の候補もすでにみつけてるんですねー。前々から言ってた、新宿のライブハウス!ヘッドパワーだっけか?ヤバイ!もうアポとってるんに、ブックマークし忘れてて場所がわからん。また糸を張らねば。

 と、まーマイペースに準備しています。今回はえらくまったりとした内容で楽しくもなーいブログになってしまいましたがご愛嬌。

こーたろこーたろ 2005/09/30 09:33 俺もようやくいろいろと動き出したわ…

長かった…

happyに行こう!受かることをねがっとるで!

dont think...feel!!!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Ryo-hei/20050928

2005-09-26 祝!H・・・・・科

Ryo-hei2005-09-26

”Lock,Stock & Spaghetti Sauce”

 ちょいと前に、”オシャレでスタイリッシュでTHE STOOGESが流れる映画”として下りに書いた映画の姉妹作です。いやー、あれは”LOCK STOCK & TWO SMOKING BARRELS”というようですね。TSU○AYAでは”ミニシアター系”(俺がそそられる映画が多い)に分類されていて、監督はあのマドンナの夫、ガイ・リッチーだと言う人だそうで。この作品は、アメリカでテレビ放送されたものを集めたもので、やっぱり釘付けになりました。でも、やっぱ一回じゃ把握しずらくて、2回見たかったのですが返却期限日で返しちゃいました。しかもオープニングのギターのリフがかっこよくて、ちょっと耳コピしました。

 俺も耳コピなんて、おろそかではありますが、できるようになったんですねー。いやはや、もうリンジー(myギター)を弾きはじめて1年経つんやな。もっともっと上手くならねば!そんな気づけば9月末日。転科の試験の結果も9月末日までにはわかるんだったんですねー。

 小生福田亮平、来年より晴れてH科(人間コミュニケーション学科[the department of human communication])の一員となることができます!いやー、やっと結果がわかりましたよ。心配かけてスイマセン。久々にこんなに嬉しいです。まさか自分でも受かるとは思っていなくて、E科の講義の準備を始めようかという最中の吉報でござい。

 ここ三日くらい、同じ携帯からの着信が残っていまして。これはTSU○AYAからの呪いの電話に違いないと思いかけ直さなかったんですが、今日決心しかけてみることに。すると、電通大の発信専用携帯でして、今回の吉報に至るというわけです。

 最近mixiで見て気づいたんですが、転科の面接の時、終始眉にしわをよせていたのは中島義道氏だったようです。高校の頃、ふと図書館で手にとった本、カインの著者&電通哲学家だったのです。その頃は、ただただ本の内容に驚愕して呆けていたんですが。確か、引きこもりの少年との手紙のやりとりを主に収めていて、”昔は自分(中島義道氏)も重度の引きこもりだったこと”、”その環境を打破するために、親を殺しても仕方ないことである”などなど、こんな哲学家もいるんだと驚きました。

 面接では、時たま僕が声をかけると笑ってはくれました。これも何かの因果。と思い不用意に近づくと軽くあしらわれそう。もっともっと色々準備してから講義でもとることにしよう。

 ホント受かっててよかった。そう、受かったら上田に焼肉オゴル約束やったw1万までは出せそうなんで、他に行きたい人?それ以上は出せないんで、その分は払っていただきやす。

harryharry 2005/09/27 05:33 おめでとう!すげぇな!!

とやとや 2005/09/27 08:54 やりましたな!

ChivaChiva 2005/09/27 09:38 おーー!おめでとう!!HHHHHH!

加藤加藤 2005/09/27 09:48 一緒に卒業じゃ!!

どりねぇどりねぇ 2005/09/27 10:50 あいやぁ!あんまり関係ないけど、おめでとう☆焼肉いいなぁー…。

Ryo-heiRyo-hei 2005/09/27 19:40 うをーー!!すごい皆に祝われてるよw!電車になった気分w
ホント皆さんアリガトウゴザイマス!

UEDAUEDA 2005/09/27 20:21 乗り遅れた感が無いでもないけど、とりあえずおめでとさん♪
何か俺までホッとしたわ〜。
全然関係無いとこ教えてしまってたからそれで落ちてたらどうしようかと、実は内心ヒヤヒヤしてました(^^;

mしまmしま 2005/09/27 21:11 おっと乗り遅れ。オメデトウ(´∀)ノ★

A側A側 2005/09/28 14:25 ヤッタネ、オメットウ!2日遅れなのはわざとです。。

miomio 2005/10/01 01:58 あ〜!遅くなった!
合格おめでと〜(*^▽^*)電通大の初の試みに勝ったことになるんだね。マジ凄いわ。

Ryo-heiRyo-hei 2005/10/01 04:29 おっとまだまだ祝辞が来てるw!ホントありがたいを通り越して申し訳ないです。実際、テストは3人中差をつけられての最下位なのに、俺一人だけしか受かってないという強運(3人みんな志望学科違ったけど)。運8割で受かってるし、後期からはホント頑張らねば。
 結局、やっとスタートラインに立てたわけで。まだまだこれからが本番です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Ryo-hei/20050926