Hatena::ブログ(Diary)

Ryota Sono online このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-01-26 京品ホテルの強制排除を許さない!!

Ryota19812009-01-26

[]京品ホテル、従業員立ち入り禁止の強制執行 東京品川毎日新聞

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090126k0000m040078000c.html

●全体の経緯:http://jp.youtube.com/watch?v=ycyhB-7E9bI&feature=relatedフジテレビ

一連のパレスチナイベントに来てくれたみなさん・ブログを注視してくれたみなさん、本当にありがとうございました。ぼくはその後の今週末、品川の「京品ホテル」に行ってました。

従業員解雇が不当で、立ち退き判決はもっと不当なので、ホテルの強制執行の可能性が高まった24日夜〜25日にかけて京品ホテルの立ち退き阻止の闘争にフリーター労組として参加してました。ぼくも生まれて初めてのスクラムを組んだ。だが結果は何と1000人近くもの機動隊・警察・警備員が動員され、300人近くものスクラムと壮絶な押し合いになり、暴力的に突入され、ホテルは強制排除された。おかしすぎる!! フリーター労組メルマガにレポートを書いたので以下載せます。

スクラムで押し合いへし合いになる中で、今もっと押し返すべきか、それならどっちの方向へ? 「わーっしょい!わーっしょい!」とみんなで言うと本当に力が出て体のバランスも取れるんだな、やばい倒される、友人が持ってかれたのは逮捕か単なる引きはがしか!!?? 何だ向こうのこの数は、でもこっちの人数もすごいぞ、命令ばっかじゃなく自分の頭で考えろ機動隊の童顔新人め、口でしか反撃できない悔しさ、などなど本当にいろいろ思いがよぎった。

労組メンバー17人でへとへとになりながら近くのお店で振りかえりをしたあと、最後には横断幕を引きはがしてた奴に「恥を知れコノヤロー!」と叫んできた。

京品ホテルブログhttp://keihinhotel.blog49.fc2.com/

●映像5つ。

スクラムや突入された瞬間と、「本当に悔しい。かならず、必ず戻ってきます!」:http://jp.youtube.com/watch?v=4GC0kTC30jU&feature=channel

執行官が「ケガ人が出てもしょうがない」と言いやがった!&声が枯れるまでシュプレヒコールhttp://jp.youtube.com/watch?v=Kc-m-clrc90&feature=channel

強制執行「帰れ、帰れ」http://jp.youtube.com/watch?v=WMxrSOagnDY

強制執行「暴力止めろよ」http://jp.youtube.com/watch?v=W2MP2GLhzHY

強制執行「生きる場所を守っているだけだ」

http://jp.youtube.com/watch?v=AzdOY248Src

●全体写真:http://www.labornetjp.org/news/2009/0125shasin/

スクラムを組む前と後の写真:http://d.hatena.ne.jp/spiders_nest/20090125

●写真(むきんぽさん)http://www.mkimpo.com/minibbs/kamex/imgboard.cgi

●「JANJAN」:http://www.news.janjan.jp/living/0901/0901256135/1.php

毎日新聞http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090126k0000m040078000c.html

===================================

1月15日、京品ホテルから東京ユニオンと組合員の立ち退きを命じる不当な仮処分東京地裁から出された。それを受けて1月24日深夜〜25日未明にかけて強制執行の可能性が高まったため、フリーター労組ではホテル入り口での監視とスクラムを組んでの防衛闘争に参加した。

全体の参加者は何と300人近くに増えていき、労組でも賛助会員を含めると30名近く集まった。熱い全体集会の後、1時間ごとに交代で談笑しながらみんなで見張り番。

しかし25日の夜明け頃から警察車両が続々と増え始め、私たちも「帰れ」「強制執行を許さないぞ」のコール。そして午前7時過ぎに警察と警備員が私たちのスクラムに突入を開始し、みんなのがんばりで一度は跳ね返す。その後支援団代表と弁護士執行官にやめろと申し入れをするも、それを却下して何と機動隊が再度突入してくる! 30分間に渡って激しい押し合いをするも、最後は機動隊が暴力的にスクラムを突破し、ホテルは占拠された。

突入でガラスは割れ、入り口の横断幕も寄せ書きも引きはがされた。自分も友人達も、機動隊に強引に押されたり引っ張られたりで体中のあちこちが痛い。何と現場周辺には1000人近くもの機動隊・警察・警備員が動員されていたそうだ。

そもそもこの売却劇は、小林社長とリーマングループの放漫経営に原因があり、しかも従業員を無視しての不当売却だ。http://d.hatena.ne.jp/spiders_nest/20090124/1232767711 従業員の人たちは、昨日までの職場を暴力的に破壊されたのだ。ホテル労組の金本委員長は「悔しい、本当に悔しい。でも必ず戻ってくる」とホテル前での抗議行動を宣言した。そして法がこの不当な判決を下したということは、労働者無視と強制排除が国家の意志でもあるということになる。だから私たちは、他の様々な問題とつなげて不当な国家の責任も追求していきたい。(園良太)