Hatena::ブログ(Diary)

Ryota Sono online このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-04-11 4/11宮下公園「ナイキ化」反対デモ/4/12「ないかくだとう」メーデー

[][]4/11宮下公園「ナイキ化」反対デモ/4/12「ないかくだとう」メーデー

土日、行きます。

11日は渋谷センター街(HMVの通り)通るすごくいいコースです。また12日には「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員会でもメーデー企画をやります。

北朝鮮バッシングを煽り、それで支持率を回復しようとしている、裏で進むのは巨額利権のミサイル導入と全国的な軍事訓練、そして自衛隊憲法破りなソマリア海外派兵。こんなにも非民主主義的な政権に対して、まずは私たちにできることから、楽しみながら反撃を。それがこのカードゲームと、永田町見学遠足です。

いず

れ大きな動きにしていくことを目指して。新宿御苑にはまだ桜も残っているはずです、花見もしましょう。ぜひお越しください!

そして「自由と生存のメーデー09」本体も、僕は5月1日の阿佐ヶ谷ロフトに出演して、3日サウンドデモも担当しています(何人かで)。毎週実行委員会をやっています、デモや集会を手伝えるよ!という方はぜひ気軽に連絡ください。きっと楽しいし、今この時期にやることは意義深いので。

転送・転載歓迎

公園は「公」園のままに〜手づくりサウンドデモ渋谷4/11 

好評☆手づくりサウンドデモ第4弾です。

渋谷区長は宮下公園のネーミングライツをナイキジャパンに売却する改造計画を 水面下で進めています。区議会ではかりもせず、都市環境委員会への報告のみで 決めようとしています。次回の委員会は4月16日(木)です。私たちの大事な 公園をナイキに売り渡すという一大計画。なのにそんな決め方ありえない!決 まってしまう前にみんなで一緒に声をあげましょう!

【日にち】4月11日(土)雨天決行

【と  き】12時00分 楽器・プラカードづくり

      16時00分 集会

      17時00分 デモ出発(18時到着予定)

【場 所】宮下公園/中央階段上

【コース】宮下公園〜表参道〜岸体育館〜渋谷区役所〜公園通り下る〜 西武からセンター街〜宇田川交番を左〜109前〜ハチ公〜宮下公園

【その他】音の出る物(アルミ缶・なべ・おたま)プラカード等をお持ちくださ い。

【主催】みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会

http://minnanokouenn.blogspot.com/

前回までのデモの様子はこちらから↓

http://jp.youtube.com/user/nikepolitics

【今後の予定】

○4月16日(木)12時00分

 都市環境委員会傍聴、および渋谷区役所前座り込み。

【概 要】

私たちの文化は人と人が出会う活動の中から生まれてきました。地域・人種・考え方の違いを越えて、時にはぶつかりあいながら。

しかし、渋谷区はその多様な価値観・存在を許容できる公の場=公園をナイキジャパンという一社の独占物にしようとする計画を水面下で進めています。

渋谷区長と一部の議員は結託して、09年度中にも区立宮下公園のネーミングライツを売却する予定です。その計画を区民にも公園の利用者にも明らかに

していません。そればかりか、区議会の議決案件にもせず、都市環境委員会への報告のみで決めてしまおうというのです。

詳細は明らかになっていませんが、マスコミ報道ではネーミングライツ購入権がスポーツ用品店大手のナイキジャパン一社に絞られているとのことです。

当然行われるはずの公募や入札も行われていません。ナイキジャパンが数億と言われる公園改修費を全額出し、ロッククライミング場やスケートボード場を設置するとの事です。また公園を全体を柵で囲い、夜間施錠することや、有料にするといった情報も流れています。

ナイキジャパンは渋谷駅から徒歩5分という好立地に抜群の広告スペースをえることができ、渋谷区は10年間で2億円のネーミングライツ料をえるこ

とができると言われています。(08年10/25日本経済新聞/首都圏

また、宮下公園は戦後、何十年にもわたってデモや集会などの表現の場として使われ、親しまれてきた公園です。100年に一度の大不況と生活苦にさらされている今だからこそ、私たちには気がねなく外へ出て、何もしないでいられる公園が必要です。そして民主主義の通らない政治不信が募る今だからこそ、誰でも表現活動ができる場所が必要です。

お上だけがモノを決め、「市民のため」と称して管理を強めるならば、人々の息づかいはなくなり、いつしか街の活力は失われていくことでしょう。

渋谷区長とナイキジャパンは、市民の自由な表現活動を封じ、金もうけの自由という一つの価値観のみを通そうとしています。また、その決め方も不透明性が高いと言わざるをえません。

ナイキジャパンによる公園の私物化をゆるさず、そして渋谷区長が勝手に市民の活動の場を売り渡す前に、ともに声をあげていきましょう!

===============================================

「ないかくだとうメーデー

2009年4月12日(日) 

《第1部》Flash Mob with Cards

・午前11時〜午後2時 新宿御苑 芝生広場 http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/ (入園料200円)

・この「お遊び」は人が自らの「主人」であることを損なう麻生政権への批評のジェスチャーとなります。

<スタート>午前11時半

【ルール1】カードはあらかじめあらゆる人に水平に開かれる。

【ルール2】自分の好きなカードに一枚、小さな身振り、大きな身振り、自分に合った方法で触れる。

【ルール3】ただし、発せられる声によって特権化されたカードのみが象徴的な資本と見なされる。

11 am - 2 pm (start from 11:30), 12 April at the Grass Plot of Shinjuku Gyoen Park (entrance fee: 200 yen); http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/

With this event we want to criticize the Aso Cabinet which prevents us from being the 'master' of ourselves.

Rule number 1: Cards are horizontally open to anyone beforehand.

Rule number 2: Participants can touch any of the cards in any way like a small motion, a big motion and so on.

Rule number 3: But the only card privileged by uttered voice is regarded as a symbolic capital.

《第2部》ないかくだとう遠足

午後3時ごろ〜6時 永田町 (第1部の会場からそのまま移動します)

・「ないかくだとう遠足」は、ないかくをだとうしたい人たちのための、遠足または社会科見学です。永田町首相官邸国会、そして太郎の晩ごはんスポットなどをぐるりと巡る、永田町一周ツアーになります。ぶっちゃけ国会とか見たことないけどふだん行く機会もないという方、ぜひ一緒に見に行きましょう。

・ツアーにはガイドがつきます。

バナナはおやつに入りません。

主催:「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員会

連絡先:  〒160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302

tel 080−3499−3996

web http://taose.jp / e-mail taose(at)taose.jp

参考:「自由と生存のメーデー 09 --- 六十億のプレカリアート

http://mayday2009.alt-server.org/

全国各地の独立系メーデーhttp://mayday2009.alt-server.org/article.php/20090331025025972

2009-03-14 昨日は面白かった、&良いデモレポート

[]昨日は面白かった、&良いデモレポート

昨日の憲法カフェはすごい面白かった。マスメディアの問題、独立系メディアの可能性と課題、僕らがネットに接する時の意識、路上運動のポテンシャル、警察権力について。

色んな視点やアイデアが出たので、またここに書いたりアクションに反映してきます。やってできないことは何もないよね。

「ないかくだとう」はこれからもアクションを続けていきます、興味のある方はぜひ連絡を!

雨宮さんの3/8「ないかくだとうデモ」の文が良かったから転載。最後のリンクも必読です。

http://www.magazine9.jp/karin/090311/

3月8日、午後2時から新宿で「麻生を倒せ! ないかくだとうデモ 2ndトライ」が開催された。しかも、デモの様子はネットで生中継されるという。ということで、私は生中継の「レポーター」として、このデモに参加した。

 いやー、楽しかった!デモグッズとして準備されたのは、麻生でも読めるようにひらがなで書かれた「ないかくだとう」ののぼりや横断幕プラカードに踊る言葉は「選挙を待つな! このデモで倒せ」「官僚天下り先はぜひ派遣業へ!」「政治家経営者から減給。で」「21世紀だって政権は倒せる」「麻生が辞めたら俺の勝ち」などなど。そして麻生のお面をかぶったニセ麻生が「定額給付金」(なぜか3000円だけ)を持って登場。

 なんでこんなひどい状況なのにデモが起こらないのか、なんて声がよく聞かれるようになった。だけど、実際こうして起こっている。第一弾の「ないかくだとう」デモは2月8日。「なんでデモが起こらないのか」なんて嘆くより、勝手にさっさとデモをしてしまえばいいだけの話だ。この日のデモのチラシにも、「あなたもアクションしてください!」というタイトルでこうある。

 「仲間とデモを主催する。カンタンです。通るコースを管轄する警察署に『デモやりたいんですけど』と届けに行くだけ」。また、07年の「自由と生存のメーデー」のサイトには、「デモへの道」というタイトルで、デモのやり方が詳しく書かれている。

 私も自分自身がデモの実行委員になるまで、「デモ」についてまったく知らなかった。というか、知らされていなかった。だけど、デモは誰だってどんなテーマだっていつだってやることができる。しかも、もちろんタダで。異議申し立てをする当たり前の権利として保障されている。それなのに、多くの人が、「デモ」をするのは何か特殊な人たちで特別の「許可」をとってやっている、と思い込んでいる。で、「やり方」自体も知らされていない。そうなるとデモへのハードルは高くなる。だけど、使える権利は使っていかないとなくなってしまう。選挙権があるのに、投票の仕方が巧妙に隠されているようなものだ。

ということで、プレカリアート運動にかかわるようになってから、私の日常に当たり前に「デモ」が組み込まれるようになった。それはこの世界の「息苦しさ」をかなり緩和させてくれるものだった。この世界の大いなる「矛盾」に対して、何を思おうとどんなことを言おうとどうせ何も変わらないし自分は死ぬほど無力だ、と常に感じている状態は相当辛い。しかし、デモをすれば、少なくともそこを通り過ぎる人たちには訴えることができる。何かを感じさせることができる。その日その時間にデモ隊とすれ違わなければ絶対に考えもしなかった何かを、デモ隊と遭遇してしまった人たちはきっと、考える。そうして路上で様々な化学反応が起きる。デモに飛び入り参加したり、デモ隊に怒鳴ったり、「一体何のデモなんですか? 」と思わず私に話しかけてきたり、その後の飲み会にも参加しちゃったり。普段絶対に出会わない誰かと、奇跡のように路上で出会える。

 デモをやってると、時々「馬鹿野郎!」とか怒鳴られる。その瞬間、そんなふうにその人の「怒り」に火をつけられたことを嬉しくも思う。普段隠されている怒りをなぜかデモ隊の前で露出させる人々。なぜ怒ったのか、デモの何が気に食わなかったのか、ぜひ「言語化」してほしいと思うのだ。そこには「うるさい」「迷惑」という意見もあれば、プレカリアート系のデモだと「ちゃんと働け」的なものもある。デモ隊に「ちゃんと働け」的なことを怒鳴る人の背景には、「俺はこんなに必死で頑張って働いてきたんだ」というような、そんな切実な「自己承認」が垣間見える。「働く」ことに関して、突然ヒステリックになる人々の豹変ぶりを見るのも面白い。「働くこと」からは誰も逃れられないからだ。とにかく、普通、人は路上で出会っても、怒鳴ったり怒鳴られたりしない。だけど、デモという空間では、何かが「剥き出し」にされるのだ。沿道の人も含めて。

 「迷惑」という意見には、「デモをしないことから発生する迷惑」について考えてほしい。例えば今の状況は、「多くの人がマトモに声を上げ、行動してこなかったこと」によって作られている。だからこそ、「何もしてこなかった人」たちは、多くの人に多大な迷惑をかけているとも言えるのだ。特に24歳以下の非正規雇用率が50%という現状を見るにつけ、派遣法成立やその後の改正の時に投票権を持っていた人たちに、若い世代が多大な迷惑を受けているということになる。もっと早くから多くの人たちがデモなんかをバンバン起こして声を上げていれば、今のような「派遣切り」などは起こらなかっただろうと思うのだ。1時間程人や車の通行に影響を与える「迷惑」と、その手の「迷惑」を考えれば、どっちが大迷惑かは一目瞭然だ。

 はからずもデモの前日、湯浅誠さんと話した。彼は「自己責任」について、「こんな社会はおかしい、と訴えることこそが個人の責任」と言った。そういう意味では、デモに参加する人々は、限りなく「自己責任」を果たしている。

 秋葉原事件の加藤被告は、無差別殺人事件を起こす前、工場の門をトラックで閉鎖することを夢想していたという。しかし、「トラックの門を閉鎖する」ことよりも、無差別殺人をしてしまうことの方が彼にとっては「リアリティがある」ことだった。

 しかし、デモが当たり前の光景になれば、自暴自棄な犯罪よりも、「デモで叫びまくる」ことの方が、きっとリアリティがあることになる。そんなふうに、「デモが日常的にある光景」は、絶対にこの国の人々の「気分」を知らないうちに、変えるのだ。

と、ここで緊急の情報。アムネスティの人からの連絡で、この連載の73回で触れた池袋通り魔事件の造田博氏に、「差し迫った処刑」の可能性があるという。

 数々の社会的排除を受けて彼が冒してしまった殺人。そしてその人間を究極の形で排除する「死刑」という制度。詳しいことは、こちらのサイトを御覧頂きたい。 http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2261

2009-03-12 ソマリハ派兵に怒りの反対、8日デモの映像、新聞に「倒閣デモやるべ

[][]ソマリハ派兵に怒りの反対、8日デモの映像、新聞に「倒閣デモやるべき

ついに自衛隊ソマリアに行ってしまう。また誰も知らないうちにだまし討ち的にやりやがって! 武器使用と権益確保のためだけに憲法をぶっこわしながらやりやがって! ふざけんな!!!

抗議の意志をたたきつけないと。なめられきってるんですよ、僕らは。最近の自衛隊の動向は岩波新書半田茂『戦地派遣』をぜひ。

=====================

3月8日「ないかくだとうデモ 2ndトライ」の映像:

メディアアクティビズムのために! http://www.youtube.com/watch?v=roMgiNuIPhE

共同通信からの事前記事:http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030601000790.html

●ムキンポさんの写真:http://www.mkimpo.com/diary/2009/asou_taose_09-03-08.html

ホコ天中止看板(これは不当です):http://mkimpo.blog.shinobi.jp/Entry/706/

●はーぴーさんの色々な工夫:

http://blog.goo.ne.jp/worldsendsupernova/e/b63f72462743c559f6e4f668ed5fe000

●イルコモンズさんがデモ前から活発に更新し、色々デザイン作ってます。http://illcomm.exblog.jp/

共同通信から、ヤフーニュースに出ました(人数は、いつも少なく発表される警察発表です)

http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030801000381.html

神奈川新聞にも:http://www.kanaloco.jp/kyodo/news/20090308010003811.html

山陰中央日報http://www.sanin-chuo.co.jp/newspack/modules/news/article.php?storyid=964382011

=====================

朝日新聞』2月28日「読者の声」欄より。やってるぜ!!

市井人の叫び「デモをしよう」

会社役員 浜井達男(千葉県柏市69)

「倒閣へ野党は デモを組織せよ」(21日)に賛同する。一昨年7月の参議院選挙以来、何度「解散」の文字や映像がマスコミに踊ったか。安倍、福田、麻生と3代も首相が代わっても、国民の意思表示の機会を封印している。

今年の初め、妻が突然「もうデモをしなきゃダメよ!」と言った。政治音痴の妻の言葉に思わずハッとさせられた。長い閉塞感に、市井の老主婦のストレスが噴き出したのである。先の「声」はまさしく「我が意を得たり」であった。

私たちが政府マスコミ世論調査に積極的に応じるのは、国民の意思表示を政治に反映させたいとの思いからである。それが何の役にも立たず垂れ流しである。

昨年の北京オリンピック前後に国内でチベット人のデモがあった。今月には派遣の人たちの雇用確保のデモもあった。私たちは、いつまでも政局劇場の傍観者ではいられない。ただし、普通の市民がデモを組織するのは大変なので、野党市民団体が先頭に立ってほしい。

=========================

///// 週刊「ないかくだとう」   7号 2009.3.8 /////

麻生を倒せ!ないかくだとう実行委員会

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302

web http://taose.jp

e-mail taose(at)taose.jp

tel 080−3499−3996

第7号:------目次----------------------------------------------------------

★ だとうのための500字 第5回 毛利嘉孝社会学者

★ 「ないかくだとうしますが。。」 第5回

・渡辺 亜人(「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員会

白石 草(OurPlanet-TV)

・藤井 光(「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員会

★ 引き続き賛同連名のお願い

★ だとう報告  3月8日@新宿麻生を倒せ!ないかくだとうデモ」 

(そういえば、「責任の所在」って現責のわたしのこと?  細川森弘)

★ 太郎の晩ごはん(090302-090308)

----------------------------------------------------------------------------


★ だとうのための500字 第5回

毛利嘉孝社会学者) 

小泉、安倍、福田、麻生という自民党たらい回し政権に怒りとともに恐怖を覚えるのは、彼らに「民主主義」に対する敵意というか、はっきりとした拒絶が感じられるからだ。麻生内閣の開き直りともいえる政権への居座りは、このことをあからさまに示している。

この「民主主義」に対する拒絶は、この四人が二世、三世の世襲議員であることと無縁ではない。彼らは戦前から今日にいたるまで脈々と続いている日本固有の古い身分制度をしっかりと守っているにすぎないし、隙があれば強化しようとさえしている。「民主主義」は彼らの敵なのだ。

民主主義」は、あらかじめ与えられているものではなく、日々の実践によってようやく獲得され、維持されるものだ。にもかかわらず、私たちは偽の「民主主義」の名の下に、政治への参加を圧倒的に制限されている。私たちは自らの手で「民主主義」を取り返さなければいけない。

麻生内閣を打倒する」ことは、単に自民党から民主党政権を変えることではない。それは、国民を家畜化しつつ使い捨て、自らの失敗の責任を一切取らずに、特権的な階級を維持しようという勢力に対してNOを突きつけて、国民を政治の主体として位置づけなおすことなのである。


★ 「ないかくだとうしますが。。」第5回

渡辺亜人(ないかくだとう実行委)

いくつかの世論調査によると、麻生内閣支持率は11%台で中には9%台と一桁に落ちているものもある。こんな内閣が平然と仕事を続けていることには、驚きを通り越して唖然としてしまう。自民党内でも、次がいないから首をすげ替えられないという。

今まで自民党政権が長く続いてきたのは、不祥事や支持率低下で危うくなると、総理総裁を替えることで延命を図ってきたからだ。自民党内だけのたらい回しにしか過ぎないのだが、不満層のガス抜きをやって、あたかも政権交代がおこなわれたような幻想をふりまいてきた。その際たるものが小泉純一郎だろう。「自民党をぶっ壊す!」と息まいて登場したが、なんのことはない、今度の選挙で息子に地盤を譲るそうだ。 

小泉、安倍、福田、麻生と四人とも世襲だ。麻生内閣の三分の二は世襲だそうな。また国会議員全体では三分の一を越えるという。自民党に限れば四割だという。小さな商店や中小零細企業は、子供に継がせようとしても、親がこんな苦労は子供にさせたくない、子供もあんな苦労はしたくない、と世襲が成り立たない。ところが、代議士議員世襲のオンパレード。これはきっと、親もこんな楽でうまみのある仕事を手放すことはない、何としても子供に継がせねばと一生懸命になる。子供も親を見て、これは継がねばそん、そんといそいそと世襲にいそしむことになる。こんな「ないかく」は「だとう」にかぎる。


白石草(OurPlanet-TV)

私は正直、日本に住んでいる人で、今「内閣打倒」をしたくない人の気持ちがまったく理解できません。というより、きっと、ほとんどの人が「内閣打倒」を望んでいると確信さえしています。

会社の帰り、仲間と安い居酒屋に行き、「こりゃ〜日本もおしまいですよ」とか、「麻生って人は、本当にバカですね」などと愚痴っている人はきっと少なくないはず。

内閣打倒」を取り締まっている警察官でさえ、本音では「そろそろ辞めて欲しい」と思っているに違いありません。

問題は、それにも関わらず「内閣打倒」と叫ぶ人がまだまだ少ないこと!

おかしいじゃないですか。内閣支持率ジリ貧で、10%を切りそうな勢い。誰もが辞めて欲しがっているのに、ビシバシ外交日程を入れて政権に居座る麻生首相

これを許しているのは、私たちだと思います。当たり前に日常感じている言葉をちょっと大きく声に出すことが出来ない閉塞感。。それが、ひたひたとこの日本を押しつぶしているように思えてならない。

こんな大変な時期だからこそ、大声で叫んでみよう!本音を。一人で叫ぶのが心配な人は今週末は新宿に集ってください。きっと沢山の仲間が見つかります。


藤井光(ないかくだとう実行委員会

「社会の混乱」と判断されうる基準は文化によって異なる。フランス大統領ニコラ・サルコジは、100万人のデモが起ろうが、一夜にして300台の車が放火されようと「社会の混乱」とは考えなかった。しかし、900台の車が燃やされた時、サルコジは動きだした。その差は600台。この数値をどう検証するかだ。

約150人が参加したとされる今回の「ないかくだとうデモ」を100万人デモと比較する人ならば、そのスケールは小さく落胆する。ライブ放送を見た地方の人から見れば、東京ー地方の格差を実感したかもしれない。個々の経験で「約200人」という数値はさまざまな意味を持つ。

問題の「ないかくだとう」の可能性は、野党労働組合が組織しない個人の集まりとして「ないかくだとうデモ」は決して小さくないという日本社会の現代性にある。その意味で「社会の混乱」は既に起こり初めているかもしれない。

この国で「社会の混乱」を招くのに暴力は必要ない。電車が2分遅れるだけで謝罪のアナウンスが入る。100万人規模のデモも必要ない。残り9800人の個人が「麻生を倒せ」と霞ヶ関に押し掛けるだけでいい。しかし、連合に組織化された9800人ではだめだ。

それには、今回のデモに参加するためにわざわざ青森から来た人がいる事を丁寧に考える必要がある。

「ないかくだとう」を東京新宿に閉じ込めてはならない。地方を思考するためにも「ないかく」のある霞ヶ関に直訴するのは必然かもしれない。


★引き続き賛同連名のお願い

「ないかくだとう」呼びかけへの賛同連名は、3月7日現在、200名に達しました。サイトにお名前とメッセージを公開しています。→http://asou.taose.jp/

引き続き、連名を募集しています。もちろん匿名希望の方は、その旨お知らせください。

詳細は↓

http://asou.taose.jp/article.php/20090218052030581

よろしくお願いいたします。


★ だとう報告 3月8日@新宿麻生を倒せ!ないかくだとうデモ 2nd トライ」

麻生を倒せ!ないかくだとうデモ2ndトライに参加された皆さん・スタッフの皆さん、みんなみんなおつかれさまでした。

私もほかのスタッフもデモスタッフはたったの1・2回目の人が結構多く、不備な点などあったと思いますが、みんなやりたいことが出来る機会になったでしょうか?

今回はないかくだとう実行委デモスタッフと新宿署(・警視庁)の間で時間を費やし話し合われてきた『大前提』(こっちは税金を貰ってやってるヤツラ警察と違って働く時間を割いて金なんか出やしないでやってるってのに!!)を、前日になって警察がひっくり返す非道理、騙まし討ちをしたこともあって、後方からの圧力(ex早く歩け)、途中参加の妨害、公安の介入(ex前方からの撮影)、デモ前方での悪宣伝(ex指揮官車)など警察のデモへの介入について前日から特に厳重に抗議・要請、通告をし

て、出発前の許可条件確認時に新宿署の警備課長から「わかった、やる」と返事を取った。

スタッフの多くが不慣れながら集合地で未だ使わないトラメガの解放など試み手間取りつつなんとか大久保公園を出てデモスタート。

公園を出るなり前方からまた前回に続き〜1月の新宿駅東南口で『我々の適正な執行をちゃんと撮っててね』と嘘をついて警官4・50人、パトカー4・5台を繰り出して介入〜した「佐藤B作」が撮影隊を指揮している。でも前回より減ってる(B作前回よりまた痩せている)2カメじゃん、一本とった!さて確認と違うから抗議!というか前からの撮影を特に力を居れて抗議したら横からの撮影が多くなってて警察はどれだけ小学生的な言い訳思考なんだよと過りつつとにかく抗議!

と思ったらいきなりデモ隊前方に警官が入って男性を押さえ込んでいる、デモ参加を妨害するなと確認しただろうと申入れて男性を解放させると男性(ホスト風というかホスト的)が「そうだそうだ」と一緒に歩き始めたのだけどその男性の顔を見たら血まみれwそして相当酒臭いwまあ、参加したいみたいだし・・・と思ってたら同僚っぽいお兄さんが、ごめんねと連れてっちゃった。あのままデモ隊から離れちゃったのかな?デモなんだから参加していいんだよー><。

申請書を書くのに物理的にとても難儀したコマ劇前広場をぐるりするコース(書き方がかなり難しいので、このコースをやりたい人には書き方を教えるのでないかくだとう実にご連絡を。)に入る。狭い道でありかつ両側が解放されてる空間なので警備課長から許可条件3列の介入アナウンスがやたら多くなる。〜友達無くしそう〜「お前が云うなよ!」とか言われそう〜と心で泣きながらかなり

警察の狗的に隊列からはみ出ないよう強くアピールしたり、申請した3:30アルタ前到着にきっちり合う速度(警察の掌返しの所為でこれがとっても凄く難しくなったんだよ!)を出しながら止まらないよう腐心する・・・自分にうんざりするほどやってるってのにトラメガで列がどうのと私がやっているところでまで口を出す警備課長に許可条件にならって隊列に示している、確認した撮影・公安の件(警備課長から)をいうってことはどうしたと幾等いっても何もしやしない。そんなで相当警察への不信感が募ってきたところで歌舞伎町を出て靖国通りに入ると、なんと今回は前のほうに車の上に警官が乗って毎度デモの悪宣伝をするあの指揮官車が無い!

あら、いう事聞いてくれたのかしらと心がストックホルムに飛びそうになってデモ隊の方を向いたところで後から「デモが〜」とトラメガの悪宣伝がきた。振り返ったら徒歩の制服警官が大型のトラメガを抱えてやっている。「指揮官車じゃないもん徒歩だもん」と聞えてきそうな警察の小学生の言い訳のようなやり口に気持ちがすっかりぶち壊されて呆れ果て、なんだあれはと横の警備課長に抗議をしてもまったくなにもしやしない。こんなに確認した事を一切しようとしないということは、まあ任務放棄の職場放棄じゃないか。なら、私が自分で直接云うしかないってことか。とトラメガを持った警官に抗議をしたら視界に入る前方の私服警官の撮影隊の中に見覚えのある顔を見つけた。実は、ないかくだとう実が1月の新宿駅東南口の件のあと新宿署に話をしに行ったとき、警察が3・40人で力で追い出しに掛かってきたのだけど、そのとき私を2階の階段の際で押して突き落とそうとした童顔の私服警官が撮影隊の中にいた。(新宿署では今回許可書を出しにいった際にも実行委の一人が警官に階段から突き落された。弁護士の目の前で。 というか私も07年の12月に新宿映画監督の友人の撮影を手伝ってカメラを回していたら突然警官に腕を掴まれ投げ飛ばされたりしている。・・・その映像は09年末公開予定!  なんなんだろうねこの国営ヤクザ

大概に挑発的な人選でやってくる警察に流石に熱めに一通り抗議をして宥められる形で戻り、警備課長に抗議をしたら、やっと警備課長も前方のトラメガ・撮影に出ろと指示を出した。

ここまでやらないと、やるといったことすらしない、何もしないってどうなのよ?(このあたりは靖国通りに出る前だったかな?)

警察の言うがままになんでも聞いて何も抗議しないプロドレイ達が警察の対応をここまで酷くしてるのかななんて思い、隊列規制を許可証に違わないよう列にアピールする自分を重ね泣きそうになりながら、管轄の問題で新宿署から四谷署(あの公明党本部前でストーカーをしてきたヤツラ!)に担当が変わり、また一から抗議の徒労を重ねて進み新宿通りに入った。

新宿通りでも「トラメガでの悪宣伝するなよ!」と確認した事にたいして警察はまた「書いてるだけだもん」な小学生対応をしている。バカじゃねーの警察。何度も抗議したにもかかわらず結局警察による撮影・悪宣伝が止まないまま、警備課長からの指示もほかに無いままデモが終ろうとすることにすっかりウンザリして「ヤッテラレルカ!」と道路使用許可証を棄てて踏みつけ、もう帰っちゃおうかどうしようかと過り、ついバッグに手を掛けたらバッグが開かずにそのまま持ち上がってしまって急に道路に叩き付けちゃって(あ、どうしよう・・・)と迷う答えを出す間もなく○に当って前の警官達の方にまで飛んじゃってかなり焦った。しかしあれはかなりオレカッコワルイ。活動をするとモテるよって聞いてたのにまるでモテないのはコノ辺が原因なのかなと若干ショゲつつアルタ前の解散地点へ進みましたのさ。

次は楽でのんびりしたポジションでよろしく

(そういえば、「責任の所在」って現責のわたしのこと?  細川森弘)


★ 太郎の晩ごはん(090302-090308)

3/2 公邸。当選3回の自民党衆院議員らと会食。松本官房副長官同席。

3/3 公邸。当選2回の自民党衆院議員と会食。

3/4 東京・紀尾井町のホテルニューオータニガーデンコート内の日本料理店千羽鶴

自民党菅義偉選対副委員長と。

http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/senbazuru/index.html

3/5東京築地日本料理店「新喜楽」着。永山治中外製薬社長らと会食。

http://blog.livedoor.jp/gourmet_king/archives/50626051.html

3/6東京・紀尾井町の紀尾井町ビル着。同ビル内のステーキハウス「紀尾井町 桂」で秘

書官と食事。

http://www.princehotels.co.jp/akasaka/restaurant/katsura/index.html

3/7 情報なし

3/8 情報なし

----------------------------------------------------

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302 

麻生を倒せ!ないかくだとう実行委員会

web: http://taose.jp 

e-mail: taose@taose.jp

tel: 080−3499−3996

---------------------------------------------------

◎ないかくだとう

のバックナンバー・配信停止はこちら

http://archive.mag2.com/0000281636/index.html

このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます

2009-03-10 3月8日「ないかくだとうデモ」やりました、3/13は憲法カフェ×

Ryota19812009-03-10

[]3月8日「ないかくだとうデモ」やりました、3/13は憲法カフェ×Our Planet TV

写真は、先頭で躍動する麻生“マスク”首相、左手には定額給付金2000円(笑)。右にはコーラーの僕、左手にはコスプレ友人。イルコモンズさんの麻生カラー巨大プラカードに、「自分で動こう」ののぼり旗、横に広い横断幕には「派遣切りやめろ 政府の責任だ!」この左手にはパソコンを抱えながらインターネット生中継をする雨宮さんたちがいる。「麻生を倒せ」ののぼり旗もある。腕のオレンジ色はスタッフ腕章で、デモの防衛も大事なこと。

前の記事から、この1週間準備に明け暮れて、無事にやりましたよー。参加者約200〜250人。大変さや反省点はありますが、新宿アルタ前の開放感はやっぱりすごいし、楽しかった。来てくれたみなさん本当にありがとう。

これはまだまだ始まりだし、麻生内閣も続いてる。このデモに参加された方の感想やアクションアイデアがあればぜひ寄せて下さい。これからも一緒に、各自で、そして全国各地でやりましょう!

賛同もまだまだ募集しています(3月7日現在200人)。http://asou.taose.jp/article.php/20090225144547944

最新メッセージはこちら:http://asou.taose.jp/article.php/20090227045104371

これまでの実行委員会のとりくみ:http://asou.taose.jp/article.php/2009030403074498

=====================

3月8日デモのいろいろなレポートです。

●ムキンポさんの写真:http://www.mkimpo.com/diary/2009/asou_taose_09-03-08.html

ホコ天中止看板:http://mkimpo.blog.shinobi.jp/Entry/706/

●イルコモンズさんがデモ前から活発に更新し、色々デザイン作ってます。http://illcomm.exblog.jp/

共同通信から、ヤフーニュースに出ました(人数は、いつも少なく発表される警察発表です)

http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030801000381.html

市民ら「内閣打倒」訴えデモ行進 新宿で約150人

 昨年秋に東京渋谷麻生太郎首相私邸に向かう途中に「無許可デモ」などとして警視庁に逮捕された市民らが8日、「内閣打倒」を訴えるデモ行進をし、約150人が東京新宿を練り歩いた。

 「勝手に倒れるな、倒させろ!」がスローガン歌舞伎町などで音楽を鳴らし、プラカードを掲げながら行進。麻生首相そっくりのお面をかぶった男性が「わたしを倒してください」と訴えた。今回は警察にデモを届けたが、様子を撮影する捜査員の姿もみられた。

 実行委員会のメンバーの男性は「麻生内閣が支持されていないと、声を上げることが大切。そうすれば次の内閣は、国民のためにならないことをしなくなる」と話した。

 昨年10月の「麻生首相邸ツアー」では、都公安条例違反容疑などの現行犯で参加者3人が逮捕され、東京地検は「起訴するほどの悪質性はない」として3人を起訴猶予処分にしている。

=========================================

★そして、久しぶりの憲法カフェ企画のお知らせです。

麻生邸ツアー映像の裏側ー表現の自由ってどんなんかーなー??』

憲法カフェVol. 20はインターネット放送局Our Planet TV(アワプラ)とコラボレーション

表現の自由

個人による情報発信を簡単にする様々なツールやインフラの登場・・・・。

みたいなお話と絡めて言及されることの多い言葉ですよね。

憲法では、第21条第1項において

「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」

と規定されています。

私たちが日常的にふれてる新しい情報発信&受信ツールといえば、インターネット

憲法カフェもいつもお世話になっています。というか、このお知らせもみなさん、インターネットで観ていますよね。

最近では文字情報だけでなく、YouTubeなど動画投稿環境が整備され、

映像の発信&受信も個人レベルで行えるようになっています。

それでは、このことは、私たちの「表現の自由」や「知る権利」にどのような影響を与えているのでしょうか。

今回は昨年、Youtubeで15万回以上再生され話題になった『62億ってどんなだよ。麻生首相のお宅拝見』ツアー逮捕事件の映像を題材に、個人による映像制作と発信の可能性について考えます。

ゲストは麻生邸ツアー映像の制作者の一人、小林アツシさん。現場での撮影から編集、Youtubeへの投稿、視聴者からの反応、そして、マスコミで流れた映像との違いまで、映像を交えながらお話いただきます。

なお、今回は企画の都合上、事前のお申し込みと参加費のお支払いをお願いしています。

お申し込みは憲法カフェ宛(kenpo.cafe@gmail.com)にお願いします!

麻生邸ツアー逮捕事件とは?

2008年10月26日、土地だけでも62億円ともいわれる麻生太郎氏の大豪邸を眺めて帰るという「反戦と抵抗の祭<フェスタ>2008」のプレ企画の最中に、参加者3名が東京都公安条例違反と公務執行妨害の容疑で現行犯逮捕された事件。逮捕の瞬間をおさめた映像がYoutube等で公開されたことから大きな話題となりました。なお、逮捕された3名は不起訴処分となっています。

詳しくは以下の参考HPをご覧ください。

■日 時 2009年3月13日(金)

■時 間 19:00〜 ※上映開始19:30

■場 所 OurPlanet-TV メディアカフェ(地図↓)

http://www.ourplanet-tv.org/about/access/index.html

■参加費 500円(1ドリンク付)

■申込み kenpo.cafe@gmail.com

※会場の関係上、必ず事前申込みをお願いします。

■参考HP

麻生でてこい!!リアリティツアー救援会ブログ http://asoudetekoiq.blog8.fc2.com/

Our Planet TV ContAct 「麻生邸ツアー逮捕事件を解剖する。」

http://www.ourplanet-tv.org/video/contact/2008/20081112_17.html

2009-03-01 「ないかくだとう」賛同者からのメッセージ集

[]●【3月8日14時〜新宿】「麻生を倒せ!ないかくだとうデモ 2ndトライ」

14時歌舞伎町・大久保公園集合。14時半出発→新宿東口アルタ前広場へ。

http://asou.taose.jp/article.php/20090221122503241

準備はちゃくちゃくと進んでいます!手伝い大募集です。ご連絡ください。

●「ないかくだとう」の呼びかけ 賛同158名(3月1日現在)

http://asou.taose.jp/article.php/20090225144547944

●呼びかけ賛同者からのメッセージ

http://asou.taose.jp/article.php/20090227045104371

赤石千衣子(女性と貧困ネット)

内閣はもう死に体です

旭凡太郎

麻生を打倒しましょう

荒木茂雄(平和への大結集・千葉)

麻生はダメだが小池もダメだ。

イーノ(会社員)

ないかくだとう!!

井形和正(一橋大学大学院)

この国の民主主義はほとんど機能していない。

まずは現政権の「だとう」を私たちの手で行わなければならない。

石嶺和宏(会社員)

麻生さん、日本経済、そんなに大変じゃないって言っちゃって、腰抜かすほど驚いちゃったぞ!オレは。どうなんかなー。国民みんなは大変だと思っているよ〜ん。もう、ヤダー。あなたを理解できない!

イダヒロ(「ユニオンぼちぼち」書記長)

1968年のパリ・5月革命では「想像力が権力を掌握する」といわれた。今、その想像力が再び起動し始めようとする中で、それをひねりつぶそうと、権力がしゃにむに動き出した。ナサケナイほど単純な権力を乗り越える表現をしていこう。連続的な秩序の崩しを行い、部分的でも解放区を創出していこう!

大木晴子(明日も晴れー大木晴子のページ)

「国の舵取りは遊びではないよ!」と声をかけたくなる毎日です。

生活の中から活きた声をあげていきましょう。ひとりの声は小さくても同じ思いの人たちが集まれば大きく響きます。

その声を繋げ、おおきなうねりで政権をひっくり返しましょう。

太田光征(「平和への結集」をめざす市民の風)

麻生内閣打倒の鍵は、「選挙区すみ分け投票」にある。

木村厚子(岐阜)

東京都は、「東京都安全・安心まちづくり有識者会議報告書」(http: //www.bouhan.metro.tokyo.jp/press/pdf_0902009_2.pdf)に基づいて、安全安心条例を改正し、街頭での市民アピールを規制しようとしており、報告書は、来訪者に「街頭や歩行者天国において大衆に多大な迷惑となるパフォーマンス等、街の秩序を乱す行為を慎む。」ことを求めているそうですね。

こんなの許さない!

そして、麻生ないかく、自公政権打倒!です。

岡井友穂(カタライザー)

政権選挙に切り縮められた隷属的「民主主義」にさらなる一撃を。

民主主義は日々の発明である」という先人の言葉とともに、真に民主的な社会のために、あらゆる政党に依存しない想像力を鍛えよう。

岡本珠代(大学非常勤講師)

あなたの命運はつきました。少しでも国民中心の政治を行える方に代わっていただきたい。

尾沢孝司

戦後最低というよりお粗末内閣をみんなの力で打倒しよう。全国100万人デモを3回やれば倒れます。(夢)

小田マサノリ(イルコモンズ

民主々義の〈民〉は庶民の民だ

ぼくらの暮しをなによりも第一にするということだ

ぼくらの暮しと企業の利益とがぶつかったら企業を倒すということだ

ぼくらの暮しと政府の考え方がぶつかったら

政府を倒すということだ

それがほんとうの〈民主々義〉だ

(花森安治「見よぼくら一銭五厘の旗」より)

小野田英(フリーター労組組合員)

自ら獲得した議席でもないのに手続き上問題ないからと政権に居座るあなたに国民の1割も支持をしていません。

私が欲しいのは、自分で選挙して獲得した議席を背景にしっかりと責任ある政治を行うリーダーです。

これ以上手前勝手な理由で居座るのをやめてください。

予算は今の野党政権についてからでも通りますから予算が通ってなくとも安心して解散して結構です。

小野寺雄悦(先住民族研究家)

日本史上最低にして最悪の首相は即刻退陣すべき!!

かーげーあーる(勤労学生)

麻生とか自民がだめで民主とか国民新とか日本とか社民とか共産とかがよいかっていうとそういうわけでもなくて、とりあえず、いっぺんぐらい「ないかく打倒」を試みてみないことには、想像力も摩耗しきってしまうと思ったので賛同します。言いたいことは言っていいし、その言い方っていうか、ルールみたいなものも、別に今あるやり方に沿わなくてもいいはず。

鎌田慧(ルポライター)

自民党政治の幕引きは、民衆の力で!

木谷公士郎(司法書士)

「勝手に倒れるな」というメッセージに共感いたしました。

もともとこの内閣は「選挙」ならぬ「失言管理内閣」だと喝破した知人がおりますが、それももう充分です。おなかいっぱいです。

倒させてほしいです。

京極紀子

なんかあせります。何をかというと、

倒す前に倒れるか、倒れる前に倒せるか。

私の関わっている女天研でも天皇制を倒れる前に倒せ!と誰かがいってた。

可及的すみやかに麻生を倒れる前に倒せ!

金糸雀(会社員)

民主主義はどこだ!?

黒薮哲哉(フリージャーナリスト)

大多数の国民が麻生内閣をいやがっている事に気づいてほしいものです。

桑田泰行(フリー・ディレクター)

なめんじゃねえ!!

けい(湘南海岸を大混乱に陥れる会)

支持率がこんなに高いなら、むしろ倒さない方がおかしい!

KTN(不謹慎ズ)

今倒さないでいつ倒すんだよ!!!

KY生(ひとりPACEの会)

国民の審判を受けてない「ないかく」は認められない。

審判を受けていても、民衆をまもらない「ないかく」はいらない。

「ないかく」の恣意的な人権蹂躙はゆるさない。

かねもうけ(資本主義)しか考えない「ないかく」はいらない。

少数者の異議を重視せよ。

もう「ないかく」だとうは少数ではないけれど・・・

小泉 John・一郎(PANDA(Peace And No Draft Alliance))

今NHK「沸騰都市」東京編の再放送を見た。なんでも森ビル社長森稔は東京を「レベルの高いグローバルプレーヤー」のみで構成する超高層オフィスビルを点から線に、そして面に広げ作り変えるつもりだとか。

 米国サブプライムローン・LB破綻、派遣切りそして派遣村、京品ホテル強制収用でもすっかり顕在化したはずの新自由主義経済・社会の破綻がどうやら奴等にはさっぱりわかってないらしい。というかこれほどまでもわかってない。

 これはもう、もっとはっきりとわからせてやるしかないってこと。

 そう、諸々すっかり「破綻」しながら未だ居座るやつらの代表:麻生太郎をフィルターの掛かった選挙など通す事なんて態々待つまでも無い。永田町の狭い政局などに任しておかず、自分の声で、みんなの手で倒してしまおう。

 

 でなきゃやつらはわかりゃしない。

小塚太(ピースネットニュース)

無能無策の麻生政権を一日も早く打ち倒し、自公政権を叩き潰そう!

コノウラミツタカ(観光左翼)

麻生よりも安倍よりも福田よりも、僕は小泉が一番悪いと思うんで、小泉が首相のときにこういうことできてたらよかったですね。「出てこい小泉12.5仮公邸デモ」ってのはあったけど。

小林拓矢(フリーライター)

取り急ぎ、麻生内閣を合法的に倒すなら、近いうちに行われるであろう総選挙自民党公明党に投票しないことでしょう。もっともここに賛同する人はそもそもこれらの政党には投票しないので、その人たちが身近な人に一声かけるのもありではと思います。

金靖郎(生協労働者)

麻生は今のように首切りを簡単にする資本家どものモラルのなさ、それを放置してきた。一刻も早くやめるべきだ。さらに財界トップのキャノンの御手洗の責任も追及すべきだ。財界トップとしての責任、御手洗の責任も大きい。彼は給与返上し、今まで搾取してきた労働者に返すべきだ。

麻生打倒を第一歩として、資本家による独裁体制を打破しなければならないと思う。

斎藤貴男(ジャーナリスト)

くだらな過ぎる時代に、いいかげんケリをつけよう!!

斉藤政明(9条改憲阻止の会)

3/8新宿デモ、老いてはいるが参加します

佐々木夏子(パリ大学院生)

麻生内閣がハーデ内閣(アイスランド)よりまだまし、 とは誰も思わないはず。 よって、倒閣の要求は極めて妥当なものである。

さとうしゅういち(広島瀬戸内新聞主幹、民主党員)

昔の野党は、大衆運動とを呼びかけ、国会を包囲していました。

いまはそれがないのが迫力不足。

はっきりいって、自民党は昔よりはるかに質は落ちてますが、大衆運動不足で、かろうじて首がつながっています。

政権交代しても大衆運動なき政権交代は危うい。大衆運動を見せれば、民主党政権も庶民を軽んじにくくなります。

庶民が立ち上がり、政治家を動かしましょう!

麻生は倒せ!

小泉・竹中・御手洗はトイレに流せ(笑)!

塩見孝也(9条改憲阻止の会)

頑張って下さい。協力します。

詩音(プレカリアート

一刻も早く現政権が打倒されることを祈ります!

志葉玲(フリージャーナリスト)

自公もバイバイしましょう!麻生だけじゃなくてさ!!

水道橋博士(靖国解体企画・報道労働者)

麻生は下からの力で、しかも目に見える力で総理の座から追われなければなりません。それが、日本における階級闘争の反転攻勢への狼煙となるでしょう。参加はむずかしいですが、頑張って欲しい。新宿の風景になって下さい。

そうすれば、ため息をついているだけの民衆の意識も少しずつかも知れませんが変わっていくはずです。

本当に応援しています。

杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)

麻生にさよならを。

首藤久美子

ないかくだとうしましょう。let's go!

園良太(休職中、憲法カフェ/フリーター全般労働組合

私たちは本当はどこまでも行ける。過去を深く知ることも、現在をより良く生きることも、

未来を自分たちで創り出すこともできる。

その全てをジャマする麻生と与党は退場させるしかないよ。

今や形骸化した「民主主義」は、その過程でこそ新しくよみがえるんだ。

SOBA(雑談日記(徒然なるままに、。)管理人)

昔、ビラのことを紙のつぶてと言いました。↓以下はさしずめバナーのつぶて。

アホー太郎と言うよりも、売国ヘタレ自民党よ、このバナーのつぶてでも食らいやがれ!!!

地方いじめの自公はジ・エンド

http://soba.txt-nifty.com/zatudan/0anime/jiminwotheend19-3.gif

小泉・竹中路線粉砕

http://soba.txt-nifty.com/zatudan/0anime/jiminwotheend69-2.gif

買弁ディベート屋竹中糾弾

http://soba.txt-nifty.com/zatudan/0anime/jiminwotheend70.gif


タイボ3(組合員)

生存をおびやかす自公政権を、自分たちの手で打倒することに賛同します!

田口敬三(労働者)

水俣湾の魚を食え。原発の隣に住め。天皇の糞で顔パックせろ。

竹村洋介(近畿大学文芸学部)

選挙ですら選ばれていない麻生太郎首相であるのはには疑問を呈せざるえません。

この支持率の低さから見て、倒閣は当然のことでしょう。

田中玲(中崎クィアハウス、チーム周辺サバイバー)

私のパートナーはゲイのアメリカ人ですが、今年、麻生に外国人登録証を送りつけました。すると、堂々と普通郵便で返送(笑)。もちろん「受け取れませんので返送します」と赤で書いてポストに投函。リアリティツアーへの対応についても完全に麻生政権は終わっています。私はもちろん、自民党公明党不支持。既得権益に縋り付きたいさもしい根性はもう終わりにして下さい。

谷口清彦(大学院生)

「ないかくだとう」に賛同します。

田野新一(フリーター労組)

永久にないかくだとうします。わたしの存在すること自体がないかくだとうであるようなものになります。

田村義彦(フリーランサー)

カップラーメンが400円になってから首相になるべき人でした。オーミステイク。即退場ねがいます

たろまん

麻生内閣があまりにダメなので、初めて本気で倒したいと思いました。選挙をやれ。倒させろ。

津村洋(フリーター全般労組賛助会員)

日本の政治のどうしようもなさを嘆く前に、腐りきった政権を倒すために大規模なデモンストレーションやゼネストを起こせない私たちを自省しませう。数年に一度の間接民主主義、より良い悪政(または、より悪い悪政)を選択する不自由にうんざりです。悪政を打倒する人々の主体的な抵抗権、革命権の行使なくして民主主義なし。

豊田義信

まずは正当に選挙された国会議員を通じて行動したいと思うのですが、

今のこの状況、

非暴力でないかくをだとう、賛同します。

内藤昌幸(公務員)

とにかく今のままでは。

選挙をさせてくれ。

長居真(自営業)

子供が見ても見苦しく思うほどの言い訳の数々、

上から目線でしかモノが見られない人格の無さ、

物事の要点・重点が掴めないセンスの無さ・・・。

このままでは、国民の資産を益々浪費し、国益を損なうばかりだ。

21年度予算通過までは我慢するが、それ以上は我慢できない。

早期に解散総選挙をすべき。麻生を信任した覚えは無い!

永瀬ユキ(政治ブロガー)

酷い時代状況にある中、その問題を作ったのは政治だと気付いた人が増えつつあります。

確かに、無関心を装う人が多い中、行動を起こしている人に対して冷ややかな視線で見る人もいるかも知れません。「知識人」の中には、ラジカルな政治運動から逃げる人も存在しています。

しかし、それでも民衆による「非暴力直接行動」は政治を動かす力となり得ること、そして、常に政治を乗り越えて行く存在であることを声を大にして言いたいです。現在は「向かい風」の状況かも知れませんが、為政者には「焦り」も出始めています。

内閣支持率が落ちた今こそチャンスです。がんばりましょう!

中野由紀子(旗旗舎・東京

倒しちゃってください。

西潟純一(誇り高き無党派)

史上最悪の総理大臣、「あ!そう」を市民の連帯の力で倒そう!という発想がすばらしい。そう、右顧左眄している民主党他の既成政党には倒す力がないのだから!!

西山幸恵(学生)

そろそろちゃんとしませんか?

にっくん

一連の新自由主義政策、その後の迷走、もうまっぴらです。マスメディアはまだ必死に小泉・竹中・新自由主義政策を礼賛しているようですが、もうそんなのも結構です。自公政権、早く消えてください。

小沢一郎の言っていることがずっとまともに聞こえるなんて世も末です。

noiz(「アナキズム」誌編集委員会

永続的な「ないかくだとう」に向けて連帯します。われわれ名もなき人間こそが永遠に消滅する「ないかく」を構成するのだと確信しています。麻生とその閥族はいらない。官僚機構も軍隊も天皇制もいらない。国境も国民もいらない。ぜんぶ、いらない。

芳賀普子(出版会社経営)

いずれ倒れる、ではダメですね。時の民衆が時の政権を倒した、歴史を作っていかないと…。

浜邦彦(早稲田大学教員)

内閣打倒! …… ………….(笑)

すでに空前のお笑い内閣と化している麻生内閣を倒すといって,こちらはあまりにも愚直な,生硬なスローガンに見えはしないか?

けれども,このお笑い内閣の「ネタ」のオンパレードのごとき失態続きを,実のところ楽しんでもいるような大メディアと,その――90%近い非支持率という数字に表れる――同調者たちに,ともに欠けているのも,やはりこの愚直さ,生硬さなのではないだろうか?

はだかの王様を,人々が笑いをこらえて神妙な顔つきで見つめているときに,王様ははだかだ! と叫んだ子どもが,かつては知識人のアイドルだった.

今はそうではない.王様ははだかだからこそ,メディアの格好のネタになる.人々は笑いながら,はだかの王様にブーイングをしては,小さな自尊心を満足させている.(それが90%近い非支持率の意味だろう)

そうだとしたら,はだかの王様なんていらない! まともな王様がいないなら,そんな内閣も政党もぶっつぶせ! と叫ぶのは,もはや愚直さでも生硬さでもない.ひとつの真摯さだ.

酒臭いお笑いスペクタクルの観客で満足するのか,それとも,もうすでにいたるところ酒臭いこの列島で,しらふの政治批判を真剣にやるのか.

私は後者につく.だから当分,お酒はやめる.

浜 邦彦

林克明(ノンフィクションライター)

ダメな政権を士民がたおすのは世界の常識です。このまま解散総選挙もしくは総辞職で政権交代が実現しても。士民が行動した事実を残さないと、民主党政権になっても遠からず自民党と同じことになるでしょう。

日隅一雄(弁護士

内閣打倒!

日野直近(靖国解体企画)

新自由主義の終わりをどう迎えるのか。ファシズムか、それともあらたな民主主義か。私たちの決断が問われている。

ひょーどーけいじ(文化労働者、明石書店労働組合

みぞゆうのデモ!

深澤洋子(八ッ場ダムをストップさせる東京の会代表)

時代は転換点にきています。八ッ場(やんば)ダムを始めとする大規模な公共事業で政財官が利得を得る構造をいい加減引っくり返さないと、日本の山河海浜が持たない!

そして事業で翻弄された現地の生活再建のための法整備を一刻も早く!

民主主義の基本、選挙で今すぐ民意を確認して下さい。

ヘンリー・オーツ(護憲派政治ブロガー)

小泉・竹中路線はこの日本の多くの国民の富を奪い、生存さえ危うい状態にしました。若者は結婚さえできないし、老人は明日の生命さえ保障されていません。こんなふざけた自公内閣を打倒することは憲法で謳われた国民の「不断の努力」にもとづくもので国民の権利です。憲法は法律や政令より優先する公務員が守らなければいけないものです。生存権をずたずたにして自己責任などと言う憲法を遵守しない公務員は国民の力で罷免にできるのです。こんなふざけた売国政権は今すぐ政権から引きずり降ろさなければもはや再生不能の国になってしまいます。

今こそ民主主義を復活させるため憲法を遵守させるために声をあげましょう。ブロガーの人も町に出て一緒に叫びましょう!

ミッチー・ダニエル・Shinzo

次はどうしますかねー

自民党 ×××

民主党 △

しかし今のところ・・・とりあえず民主党でしょね・・不満の残りますがね。

おまけで

公明党 ××××××

共産党 ××××××

社民党 ??????わかりましぇ〜〜ん

美野武三(RAGE&FOOTBALL COLLECTIVE)

いい名字なのに太郎は最低!

ナイカクいらん!

勝手にもう一つの世界を創って生きるぞ!!

村上らっぱ(靖国解体企画)

いつもわたし達はわたし達でわたし達のことを決めてきた。

ずっと自分たちの主人であり続けてきた。

思い上がるのもいい加減にしなければならない。

必要ないから倒すというのではない。

そもそも要らないのに、勝手にしゃしゃり出てきて大きな顔をするなということなのだ。

すうっとまえからお呼びでないのだ。

これは、いまに始まったことではない。

本橋哲也(東京経済大学教員)

民主主義の原点は異議申し立てにある。つまりダメなものは倒すことが基本です。

野球マン(アルバイト)

麻生さん早く総理大臣辞めて元の優秀な経営者に戻って下さい!

そしてご自分の会社で雇用創出を実現して下さい!手本になる「日本の底力」を見せて下さい!

でもその時はよくある教師採用の時のような私利私欲に走らずに、世の中の上層部の一部の方々の喜ぶ仕事でなくてですね、大衆人民、世の生きとし生けるもの全ての生命の為になる仕事をつくって下さい。

向いてない事をやると自分も周りも不幸に…。元の優秀な経営者の方でみんなの為の雇用創出!いつですか?なるべく早くお願いします。

やせ蛙(板橋あるこう会)

大衆的決起で内閣を打倒するのは

1960年の安保闘争以来だ。

ワクワクするぜ。

山岸裕(9条改憲阻止の会)

麻生と自公政権は無い方がいい。恐慌も手を打てない麻生は退陣か解散をすべきだ。

山口素明(予備校講師)

政府に自己規制を求めることはできません。ただ人々の運動だけが彼/彼女らを縛ることができるのです。世論調査の数値や4年に一度の一票に集約できない多様な声を。内閣打倒は民主主義の内実を作り出すものです。

yoshiya(「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員会、フリーター労組)

おい!麻生!!勝手に倒れるな!倒させろ!!

小泉が何と言おうと、渡辺善美がどうしようと関係ない!お年寄りも女子高生も主婦も生まれたての赤ちゃんもみんなお前のことが嫌いなんだ。

とっとと退場しろ!! お前にも読めるようにひらがなにしてやったぞ。「ないかくだとう」だ!!

渡辺亜人(老年フリーター)

麻生はやめろ!みんなやめろ!日本はこわれろ!

渡辺学

金持ち内閣をうちたおせ!

金融危機は天災じゃない。

貧乏人は怒ってますよ!

匿名(O型)

はじめての倒閣運動に若干びびっています。

しかし、自民党以後・新自由主義以後を考え行動することは喫緊の課題でしょう。

匿名東京都民)

沖縄・辺野古の新基地建設、東村高江のヘリパッド建設、自衛隊ソマリア沖派兵、六ヶ所再処理を阻止しよう!

で、内閣打倒したら、その後どうするんですか?

匿名(法政大学教員)

頑張ってください

匿名

選挙なんて待っていられない!

匿名(学生)

病んでても生きさせろ!君子たるもの庶民たれ!

2009-02-22 【3/8新宿】「麻生を倒せ!ないかくだとうデモ 2ndトライ」

Ryota19812009-02-22

[]【3/8新宿】「麻生を倒せ!ないかくだとうデモ 2ndトライ」

いよいよきました。このデモは、面白くなる、盛り上がる予感がビシバシします。その後に備えて、今こそ未来をつくりだせ!

ぜひ参加と盛り上げ、口コミとネットの宣伝、準備の手伝いなどををよろしくお願いします!

デモに向けて、22日13時半@文京区民センターは「はじめての倒閣〜Do it youself!」

http://asou.taose.jp/article.php/20090214212600788

□■□■□■□■□■□■□■□■(転送・転載歓迎)□■□■□■□■□■□■□■□

///// 「麻生を倒せ!ないかくだとうデモ 2ndトライ」 2009.03.08 ◎ 14:00 大久保公園

        • 勝手に倒れるな 倒させろ! /////

【日時】3月8日(日)14時集合(14時半出発)

【集合場所】新宿区・大久保公園(新宿区歌舞伎町2−43)

http://maps.google.co.jp/maps?q=%E6%96%B0%E5%AE%BF%E5%8C%BA%E6%AD%8C%E8%88%9E%E4%BC%8E%E7%94%BA%EF%BC%92%EF%BC%8D%EF%BC%94%EF%BC%93&ie=UTF8&split=0&gl=jp&z=16&iwloc=addr

【交通】西武新宿線『西武新宿』駅徒歩3分/JR『新宿』駅徒歩8分

【コース】 大久保公園〜歌舞伎町靖国通り〜明治通り〜新宿東口広場解散(予定)

(詳細はHPにて発表します)

【主催】「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員会

麻生内閣は発足以来ずっと支持率が危うく、常に「解散すべきでは?」と囁かれています。

なのに、なぜ未だに麻生首相はヘッチャラなそぶりをしているのでしょうか。

内閣は人々の不支持や不満を、世論調査の数字やテレビの街頭インタビューとしてしか

見ていないのでは? そうした数字で表される人々の意志なんて、

移り変わる「天気」みたいなものでしかないと、見くびられているのでは?

私たちの間にも、人前で「声」を挙げる人に冷たい視線を送る風潮が、

いつの間にか広がってしまいました。それは、私たち一人ひとりが競争社会によって

分断されてきたからかもしれません。でも、バラバラにされた個人が集まり、

私たちの「声」を無視する政治に対抗するには、少しでも声を大きく出してみるしかない。

2月8日は第一回「ないかくだとうデモ」をやりました。この時は200名近くの

人たちで、色とりどりのパペットやのぼりを持ち、ドラムを叩いたり笛をふいたり、

そのリズムにのってコールをかけたりしながら、新宿の街を賑やかに行進。

また、たくさんの人たちがチラシをうけとってくれました。

たしかに「声」は出しにくいけれど、コワイことではなく楽しいことであると、

そこで多くの人が感じとれたのではないでしょうか。

最近一気に表面化した自民党内の「麻生降ろし」。ただ報じることしかできないマスコミ

そうした他人任せでは変わらないのは、小泉以降に続いた首相辞任劇で明らかです。

今こそ私たちの「声」で麻生内閣を倒す必要があります。

そのためには、もっともっと多くの人の力が欲しいところ。3月8日には「ないかくだとう」

第二回デモを開きます。ぜひみなさんも参加して、より大きなコーラスを作りませんか?

※当日は独立系メディアのほかマスメディアから取材が入る可能性があります。

撮影コードは設けないので顔を映されたくない方は適宜ご対応ください。

2009年2月20日 「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員会

連絡先:  〒160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302

tel 080−3499−3996

web http://taose.jp / e-mail taose(at)taose.jp

□■□■□■□■□■□■□■□(転送・転載ここまで)■□■□■□■□■□■□■□

2009-02-17 「ないかくだとう」への賛同集めスタートです!

Ryota19812009-02-17

[]2/22イベント「はじめての倒閣」のフライヤーです。http://asou.taose.jp/filemgmt_data/files/toukaku_flyer_B5.pdf

そして、「ないかくだとう」への賛同集めをスタートします。思えば「どうせ自壊する」と言われ

始めてはや数ヶ月が経ちます。それでもしぶとく居座り、社会の悪化はとどまる所を知りません。

より社会へ広げるために、ぜひみなさまの賛同とメッセージをお願いします!

転送・転載も歓迎です。それがそのまま社会へ広げるイメージと力になるので、ぜひみなさんの賛同とメッセージをお願いします!

//////「ないかくだとう」呼びかけへの賛同連名をお願いします。//////

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302

麻生を倒せ!ないかくだとう実行委員会

web http://taose.jp/

e-mail taose(at)taose.jp

tel 080−3499−3996


これまで私たちは麻生内閣を自らの手で倒すために

・ほぼ週例の街頭宣伝

http://www.youtube.com/watch?v=yvK6vWdRD9o

http://www.youtube.com/watch?v=xH1naaCTlsk

国会内に議席を持つすべての政党への「だとう運動」開始通告ツアー

http://asou.taose.jp/

・メルマガ「週刊ないかくだとう」の発行

http://www.mag2.com/m/0000281636.html

・2月8日「麻生を倒せ!ないかくだとうデモ」@新宿

http://www.youtube.com/watch?v=KLmc5mBb9ps

に取り組んできました。

今後も街頭宣伝とリアリティツアーに継続的に取り組むとともに、さらに多様な「ないかくだとう運動」を発明するため、2月22日13時半から文京区民会館2Aにて集まりを持ち、3月8日には2回目の「ないかくだとうデモ」を準備します。

さて、ここからがお願いです。多くの人々が「ないかくだとう」の意思を表現し、取り組みを呼びかけ合うために、以下の呼びかけ文に賛同可能という方の連名をいただき、「ないかくだとう」の呼びかけとして公表することにしました。お読みいただき賛同できる方は、メール末にあるフォームにご記入の上、

taose(at)taose.jp ←(送信時に (at) を @ に置き換えてください。)

まで送信してください。第一次集約は2月末日です。よろしくお願いします。


〇○ 呼びかけ文 ○○

ついに80%を超えた不支持率。ところが麻生首相政権の座を手放そうとしません。加えて奇妙なことに、内閣を倒す人々の行動がほとんど見えてこない。「有力政治家」の離党騒ぎはニュースになったし、野党議員の動きは伝えられるけど、なぜだか動いているのは国会やテレビの中だけ。これはやばいだろう民主主義的に。

ということで、私たち自身の手で麻生内閣を倒すことにしました。

おかしいと思ったらすぐに言う。街頭や家庭や職場や学校で、なにかアクションを起こしましょう。街頭宣伝、デモ、政党まわり、インターネットアクション、などなど。とにかく政権倒せばなんでもいいんでやりましょう。あなたも一緒に麻生政権を倒すための行動を起こしませんか?

--------------------------------------------------

以上の「呼びかけ」趣旨に賛同し、連名します。

お名前(名乗りでも可です):_____________________

所属・肩書き:___________________________________

公表の可否: 可 ・ 否

連絡先:_________________________________________

(公表は致しません)

メッセージ:

(サイトに掲載いたします)




--------------------------------------------------

2009-02-14 【再出発その3】「麻生を倒せ!ないかくだとう」のはじまりはじまり

Ryota19812009-02-14

[]

仕事の終わりやほかの活動のまとめを先に書かないと、誠実じゃないし落ち着かなくて。でもついに紹介できる。前の日記のような思いから、「麻生を倒せ!ないかくだとう実行委員会」ついに始まってます。ぼくの今年のメイン活動になると思う。

http://asou.taose.jp/

2月1日、巣鴨での街頭宣伝は盛り上がりましたよー。

http://www.youtube.com/watch?v=xH1naaCTlsk

そして2月8日、第1回のデモが無事終了!

楽器ヴァージョン

http://www.youtube.com/watch?v=baNqh0hWVcs

呪いヴァージョン

http://www.youtube.com/watch?v=KLmc5mBb9ps

むきんぽさん写真:http://www.mkimpo.com/diary/2009/asou_taose_09-02-08.html

レイバーネット写真:http://www.labornetjp.org/news/2009/0208shasin/

映像:http://henrryd6.blog24.fc2.com/blog-entry-621.html

映像その2、意義のレポート:http://illcomm.exblog.jp/9314829/

ニュースサイトのレポート。

http://uratan.jp/hotnews/2009/02/8480/

勝手に倒れるな 倒させろ!」を合言葉に始まった「ないかくだとう」。

麻生首相の不支持率が80%を超えても、聞こえてくるのは永田町での駆け引きばかり。自分たちの中からそろそろ政権を倒す運動が起きていいはずだよね、ということで1月初めに実行委員会が組まれ、アクションが始まった。

新宿などでの街頭宣伝、「政権を倒すことにしました」という手紙を持って各政党を回るなど、まずは自分たちにできることから体を動かしていることが特徴だ。そもそも議員内閣制が形骸化し、リアル政治と向き合う回路が失われている私たちの社会では、どんな形でもよいからアクションを「発明」にしていく必要があった。そこにプロもアマも関係ない。みんなでまずはやってみること、ただ倒すだけでなくその過程でも民主主義を実現していくことに意味がある。

そして2月8日には、最初の「麻生を倒せ!ないかくだとうデモ」を行った。デモは意思表示を社会に広げ仲間を増やす基本アクションだ。新宿歌舞伎町を通り、靖国通り〜明治通り〜東口アルタ前広場で解散するという新宿スポットそうなめのコースだった。これが出来るのも、今までの「自由と生存のメーデー」「反戦と抵抗のフェスタ」のデモなどで警察相手にも引かずに一つひとつ切り開いてきたからだと思う。やってできないことは何もないのだ。デモでは公園前に多数の公安警察がいて、最初はとても怖かった。こうして参加者を威嚇することも彼らの目的で、やめさせるようきちんと抗議の声をみんなで上げなければいけないと思う。

出発したデモでは、ドラム隊・麻生のパペット・イルコモンズさんによる麻生に靴投げプラカードが登場。デモのチラシを配り、デモタイトルの横断幕を道の人に見せていく。こうしたモノ作りや表現もだいぶ慣れてきた気がする。車の来ない歌舞伎町新宿駅手前の道路はとても開放感があり、進むごとに参加者の表現や表情も豊かになっていく。叩く人、踊る人、叫ぶ人。そこには限界まで行き詰まった日本社会と政治への怒りが満ちていた。デモはアルタ前でゴールし、最後に「麻生はやめろ!今すぐやめろ!」と全体でコールした。東京の中心といえる新宿アルタ前でそれをコールする――これを歴史の始まりにしたいと思う。

そして、2月22日にはイベントです。

■□■□■□■□■□■□■□■□(転送・転載歓迎)■□■□■□■□■□■□■□■□

はじめての倒閣 〜Do it yourself!

【日時】2月22日(日)13時半〜17時(開場13時)

【場所】文京区民センター2A(都営地下鉄三田線・大江戸線「春日」駅より徒歩0分)

地図:http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754

【費用】資料代500円

【主催】「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員会

世の中全体が悪化する中、新しい世界への希望を求めて

「勝手に倒れるな、倒させろ!」を合言葉に始まった「ないかくだとう」。

麻生政権の不支持率は80%を超え、2月8日には最初のデモに

約200人が集まって盛り上がりました。

でも、まだまだこれから。どんなに批判が高まっても、

麻生首相は7月のサミットや9月の任期まで居座るつもりです。そんなのアリ!?

「権力を手放さない」と居座る人間を倒せないのが私たちの限界?

いや、きっとそんなことはない。

私たちから熱を奪ってしまうような仕組みがあるだけ。

そして自分たちからないかくを倒す、初めてでも気にしない、

「新しい抵抗」がまだ発明されていないだけ。

だからみんなで考えましょう。映像を見ながら、トークを聞きながら。

テーマごとに、今の仕組みの問題点とこれからの私たちの可能性を話し合います。

ぜひご参加ください!

【出演】

「権力」:山崎カヲルさん(哲学者・東京経済大学教授)http://clinamen.ff.tku.ac.jp/

     「“麻生的なるもの”とラディカル・デモクラシー(仮)」

     聞き手:田野新一、園良太(「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員)

メディア」:小林アツシさん(映像ディレクター)、藤井光さん(美術家/メディアアクティビスト)

    「権力問題を報じられないメディアと、オルタナティブメディアの可能性」(仮)

「表現」:小田マサノリさん(イルコモンズ)、DJ mix noizさん(フリーター全般労働組合

     「政権が倒れるとき。新しい表現に向けて」(仮)

★3月8日には新宿で次回デモを予定しています。そこに向けたアイデアも会場全体で出し合います。

【主催】「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員会

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302

tel 080−3499−3996

web http://taose.jp / e-mail taose(at)taose.jp


■□■□■□■□■□■□■□■□(転送・転載ここまで)■□■□■□■□■□■□■□■□


個人的に、政権をなぜ倒すのか、なぜ私たちが動く必要があるのかをまとめてみました。また改定するよ!

麻生政権をなぜ倒すのか〜新しい世界へ。


●与党の罪〜2000年代、小泉以降の首相は何をやったか。

2005年9月の選挙で小泉首相が大勝した議席数の上に、安倍、福田、麻生と3代続けて選挙もないまま居座り続けていることが大きな罪です。彼らは何をしてきたか、代表的なものを。

1:無責任な政権放り出し。「法案通せばやること終わり」とばかりに安倍・福田と2代連続で政権を突然放り出しました。与党は政権失格です。

2:4代続けて「世襲」の首相。小泉、安倍、福田、麻生と4代続けて、大物の父親や祖父から基盤を受け継いだ。これは民主主義じゃない!

3:03年のイラク、01年のアフガニスタン、2つの戦争の支持と自衛隊派兵。イラクには「大量破壊兵器」も無かったのに、小泉首相は10万人を超える罪の無い人々を殺した戦争に協力しました。

4:04年、製造業派遣の解禁。これにより、いま大問題になっている違法な「ハケン」が広がりました。

5:05年、郵政民営化。これにより、地方の人々のつながりとライフラインが断ち切られました。他の数々の「規制緩和」も同様です。

6:06年、「教育基本法」の強行採決。戦後日本の教育を根本から変える。教師と生徒の締め付けや競争を厳しくする。それなのに、「いじめ問題」を利用してやらせのタウンミーティングまでして、安倍首相は数の力で強行採決しました。

7:07年、憲法を変えるための「国民投票法案」の強行採決。これも戦後日本のしくみを根本から変える法案。それを多くの人が知らないまま、またも強行採決!

8:08年、「後期高齢者医療制度」の大失敗。お年寄りは死ねというのか?

9:一貫して、死刑執行の増加。2ヶ月に1回のペースで、去年はついに2ケタの人数になった。ほんとうに簡単に殺し続けている。


麻生首相の罪

1:景気対策の無能。昨年9月から世界恐慌と言われ、日本はそれに有効な対策が打てていません。そして企業は「派遣切り」や正社員切りを続け、信じられないほど多くの人がこの寒空のなか路上に放り出されています。それなのに、またも消費税のアップでを狙っていること。景気対策として定額給付金しか出せないこと。

2:戦争と「だましうち」の継続。自衛隊をまた「ソマリアの海賊を退治するため」と強引に派兵しようとしている。でもあなたはソマリアの背景を知っていますか? 多くの人が知らないまま、武器使用ありき、成果作りありきで動いている。

3:私たちからかけ離れた生活。土地代だけで62億円の豪邸、毎晩豪華なディナー。「庶民のみなさま」という暴言。戦争中、強制連行した朝鮮人や部落の人などを炭坑で酷使させ、地元で成り上がった歴史。そんな人に私たちの気持ちが分かるわけがない。


●動くことは楽しいし有効だ。

 意思表示をすることは重要です。例えばデモで街に出れば、ある問題に反対や賛成の人がたくさんいることが多くのに広く伝わります。また、怒りや悲しみは一人で抱え込むより外に出した方がいいし、喜びや楽しみは多くの人とわかちあった方がいい。

 デモは年齢、性別、職業、国籍を超えて人とつながれるので、視野と人間関係が広がります。デモでの表現や色んなグッズ作りでは自分が本当にやりたいことを活かせます。それらの楽しさは、今の企業中心の世の中から失われていることではないでしょうか。それ自体が、この先の社会・世界を自分たちで構想し実践していくことにもなっています。

 もちろんデモ以外にも、それぞれの場所・やり方で色んなアクションがあるでしょう。あなたなりの抵抗を発明して下さい。

●自分から動く先に未来がある。

 私たちは、一人ひとりが先の見えない不安定な状態に置かれています。日本も世界も状況は悪化しています。今までと同じことを続けていても変わらないと多くの人が感じているのではないでしょうか。この国では今まで政権を自分たちの手で倒したことはありませんでした。発想も機会も奪われてきたそれは、「自分たちがこの世界の主役なんだ」と誰もが思えるチャンスのことではないでしょうか。今はそれくらい思い切ったことが必要です。そして政治も社会も人間 が作り出しているものである以上、あきらめる前に「できるはずだ」と希望を持って行動する人が増えれば、実際に未来は変わるのです。

まずは東京の2月22日のイベントで、3月8日のデモで会いましょう。

そして各地の方はそれぞれの場所で動いて下さい。一緒に麻生政権を倒しましょう!

2009-01-30 そう、そうなんだよ&フランス全土でゼネスト、250万人に拡大

[]

あとできちんと書くけど、「麻生を倒せ!ないかくだとう実行委員会」を始めてます。8日にデモでっす。http://asou.taose.jp/

ビラ配りにケーサツが介入してきた映像:http://jp.youtube.com/watch?v=yvK6vWdRD9o&feature=related

介入のどこがおかしいかを解説:http://jp.youtube.com/watch?v=mG_11h5iQ-o 

映像と合わせて、この文章をじっくり読んでください(引用)――そう、そうなんだよ。

http://d.hatena.ne.jp/mojimoji/20061127/p1 

そして。【フランス全土でゼネスト、250万人に拡大】

ストの映像:http://illcomm.exblog.jp/9270989/

写真:http://picasaweb.google.fr/junkohikit/Greve29012009?authkey=UDYpIrkk-bc&feat=email#

BBCのニュース:http://news.bbc.co.uk/2/hi/in_pictures/7858771.stm

▼「サルコジ辞めろ」と気勢=デモ参加者100万人に−仏

「不況にあえぐフランスで決行された29日のゼネストで、パリのバスチーユ広場からの街頭デモに加わった労働者ら多数が同日夕、終着点のオペラ座前で公務員削減策などに反対する集会を開き、「サルコジ大統領)辞めろ」と気勢を上げた。仏労働総同盟(CGT)のチボー書記長によると、デモ参加者は全土で100 万人に達した。パリの税務署員ジャンピエールさん(40)は「カネがないと言って人減らしをしながら、銀行救済に巨費を投じるのはおかしい」と批判。市の女性公務員マイケさん(60)は「学校で児童の心のケアを担当していた職員らまで減らされている」と危機感を募らせた。」(時事通信社 2009年1月30日)

▼「フランスのデモ拡大、参加者250万人に」

フランスで29日朝に始まった主要8労組による全国規模の時限ストは同日午後、パリやマルセイユなど全国の主要都市でデモ行進が行われ、最大労組「フランス労働総同盟」の発表で計250万人が参加した。警察発表は100万人。官公労の組合員に加え、金融など民間企業の労働者も「雇用の安定」を求めて多数参加し、デモは2007年5月のサルコジ政権発足以来、最大規模となった。悪化するフランス雇用情勢の深刻さが浮き彫りになった形だ。パリ市内では、100 人規模の参加者が警官隊と衝突し、1人が負傷、13人が逮捕された。(2009年1月30日 読売新聞)