Hatena::ブログ(Diary)

Ryota Sono online このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-10-22 集合を!「緊急 23日22時、渋谷神宮通り公園の夜間閉鎖に対する

[]集合を!「緊急 23日22時、渋谷神宮通り公園の夜間閉鎖に対する抗議行動へ!

昨年末に渋谷区が宮下公園の野宿者炊き出しを強制排除しました。その移って自由炊き出し空間を作り上げた隣の神宮通り公園までもが、10月23日渋谷区に夜間閉鎖されます。渋谷区の突出した公園つぶし、野宿者つぶしは許されない!夜間閉鎖への抗議行動が呼びかけられています。あの時注目した全ての方に、ぜひ夜間閉鎖抗議への集合をお願いします!

10月23日(木) 午後10時 神宮通公園(宮下公園原宿側隣)前集合

あの時のミラクルとはーー「★年末年始の渋谷宮下公園排除から神宮通公園へ――希望は炊き出し、スクウォット、ゼネラルストライキ★」http://d.hatena.ne.jp/Ryota1981/20140107/1389107657

★☆★☆★☆★☆★☆(転送・転載大歓迎)★☆★☆★☆★☆★☆

のじれんです。 宮下公園に隣接する神宮通公園(南側)が、10月23日より、午後22時から午前8時まで閉鎖されます。9月4日、突然フェンス工事を始め、10月10日に完成、23日の検査、引渡しとともに閉鎖するとのことです。(張り紙を添付)

神宮通公園は昨年12月29日、宮下公園の野宿者越年支援活動の拠点が強制排除されて、30日から1月5日まで炊き出し医療相談、イベントなど取り組んだ場所です。その越年の活動で公園が使えなかったとの近隣町会の「要望」に沿った形で夜間閉鎖が強行されようとしています。これで宮下公園、美竹公園、神宮通公園(北側)とあわせて4か所もの公園が夜間閉鎖されることになります。

しかも神宮通公園は災害時の一時集合場所であるにもかかわらず、渋谷区緑と水・公園課は町会長に鍵を預けてあるから大丈夫という始末。 このような渋谷区恣意的な判断で公共の空間である公園利用が制限されることは絶対に許されません。

またこれまで夜だけ寝ていた野宿者の寝場所が奪われ、私たちの野宿者支援活動や2か月後に迫った越年の取り組みに対する妨害であることは明らかです。

直前の呼びかけですが当日、現地にて抗議行動を行います。多くの方々の結集をよろしくお願いします。

10月23日(木) 午後10時 神宮通公園(宮下公園原宿側隣)前集合

f:id:Ryota1981:20141018211525j:image

2012-12-04 【大拡散希望】竪川の行政代執行、明日5日朝でほぼ確定!明日朝現場

[]【大拡散希望】竪川の行政代執行、明日5日朝でほぼ確定!明日朝現場に大集合ください!

みなさま、園良太です。現地によると、江東区竪川への2度目の行政代執行は「明日5日朝」でほぼ確定的とのことです。それを止めるために、集合は「朝7時」です。

警察を全面に出し、めちゃくちゃな暴力や不当逮捕をする可能性があります。参加者や周りで見ている人が多ければ、そんな事はできません。暴力や不当逮捕があるとわかっていて、黙って見過ごすことはできません・・・!ぜひ出勤前の少しの時間でも良いので駆け付けてください、ご自分のネットで参加表明や参加呼びかけをして下さい、それが江東区と警察を止めます。そして現場で中継機材やスマートフォンでの生中継をして下さる方も大募集します。


山谷労働者福祉会館 ‏@sanyadesu から

明日水曜日、江東区が職員・警備員の大量動員を計画していることが複数のソースから判明しました。ほぼ間違いなく水曜日に強制排除が行われます。明日水曜日早朝( 7時)、多くの方達の竪川への結集を呼びかけます!!今晩から泊まり込む事も可能です。最寄り駅は亀戸駅と西大島駅。#竪川排除

「生きる権利は平等だ!」竪川河川敷公園 行政代執行期間初日(12月3日)の動画です。http://www.youtube.com/watch?v=is-3XpsFLP4 … 公園の出入り口を封鎖し、水まで止めて江東区がやろうとしていることとは?今日から人権週間だそうですが、江東区では行政代執行週間になってます。

しかし竪川は現在、全員が副堤への引越しを完了し、代執行エリアには対象となる物件は1つもありません。よって、法的には代執行は中止されなければなりません。(山谷ブログより)それでも水曜日に職員・警備員らが大挙してくるのであれば、そこで起こるのは法外暴力に他なりません。 #竪川排除


★★★抗議連絡先は★★★

当日出動する最寄りの「城東警察署」には「暴力や不当逮捕をやめろ!」と電話を!

03-3699-0110

江東区水辺と緑の課のFAX番号は、

03-3647-9287

江東区長には、総務課宛と、公聴FAXに送って下さい。

03-3699-8773(総務課)

03-3647-9635(公聴FAX)

●FAXで送っていただきたい抗議の内容としては、

1. 話し合いを一方的に打ちきって、一年の間に2度も行政代執行を行おうとしている点

2. 野宿の問題を、公園の管理の問題に切り縮め、社会的な背景をまったく見ようとしない点

3. 度重なる強制排除が直接の引き金となった少年らによる襲撃がおこっており、そのことを話し合っていたのに、話し合いをうちきった点

4. 工事に終わったにもかかわらず公園を封鎖して、それを野宿者のせいにしている点

5. 生活保護を追い出しの道具に使っている点

また、

6. 副堤に引越しした小屋を、新たに代執行対象とするような、無意味ないたちごっこをやめるように求める

なども書いていただければと思います。

2012-11-29 12/2&1、行政代執行(野宿者強制排除)を竪川で止めるための報告・

[]12/2&1、行政代執行(野宿者強制排除)を竪川で止めるための報告・準備の集まり

竪川現地からの呼びかけに、平日昼で動けなかった方も多いと思います。また、今の状況をじっくり話を聞ききたいという方もいると思います。この土日に新宿でそれが行われます、ぜひ来て下さい。江東区は来週凄まじい暴力をすることは確実ですが、現地の人々は本当に助け合いながらたたかっています。ヒトの底力というか、本当に未来の希望がそこにはあると思います。


****(転送・転載大歓迎)**************************

行政代執行(野宿者強制排除)を竪川で止めるための報告・準備の集まり

【今週日曜日(12月2日)夕方、カフェラバンデリアにて】

日時: 12月2日(日)16時〜17時半

(* 12月1日(土)14時半から17時まで行われる『反原発×反弾圧トークイベン

ト Vol.1 原発やがれき拡散反対で逮捕!? どうして?みんなで話そう!』

http://d.hatena.ne.jp/Ryota1981/20121128

の後半にも、竪川からの報告の時間があります。16時くらいからです)

場所:カフェ・ラバンデリア(新宿三丁目駅)。

地図:http://cafelavanderia.blogspot.jp/search/label/MAP

(* ワンドリンクオーダーをお願いします。)

(*警察官やその協力者の入場はお断りします。)

12月3日-7日、江東区は竪川河川敷公園で行政代執行を行うという通告を行いました。対象地域内に物件があれば、代執行がおこなわれることは確実です。代執行当日は、大量のガードマン、区職員、警察官が動員されます。行政代執行法で定められているのは「物件の移動」だけですが、江東区は人の排除や公園のロックアウト・封鎖までも行おうとしていま。私たちは、代執行期間である来週の一週間(12月3日-7日)、現地への結集を呼びかけています。代執行当日には、法律の枠を大きく踏み越えた行政の暴力と、貧者の排除に反対する人々の連帯の意志が、竪川河川敷公園で真っ向から対峙することになります。

この場に一人でも多くの人々に来てほしい、野宿の仲間たちが作り上げてきたたかいを一人でも多くの人に見届けてほしい、という気持ちから、私たちは来週に向けた報告・準備の集まりをこの週末に開きます。当日は、映像や書類を材料

に、これまでの竪川での経緯を説明します。

また、代執行前後に予想される区役所・権力の動きをこれまでの事例を参考にしながら報告します。また、それに対する抵抗をどのように準備していくのか、皆様の協力を仰ぎたいと思います。当日現地では、野宿の小屋を守る、情報を発信

する、むこうの暴力を記録することで抑止する、など、いくつもの役割が必要とされます。

多くの方々のご参加をよろしくお願いいたします。

2012-10-10 10月11日〜14日、「IMF・世界銀行東京総会」に反対する連続ア

[]10月11日〜14日、「IMF・世界銀行東京総会」に反対する連続アクションのまとめです、ぜひご参加を

世界資本主義の悪玉・「IMF・世界銀行」の東京年次総会がついに東京国際フォーラムや帝国ホテルで開幕してしまいました。これに対し東京で「NО!の声を上げる必要があると思います。反グローバリズム運動は世界中で広がり続け、今もギリシャを始め世界中で民衆が熱く闘っています。東京の様々な主催者によるデモ・集会・メディアステーション開設の情報を集めました。ぜひお集まり下さい!

全て転送・転載大歓迎です。


★様々な行動をお知らせしているツイッター:@no_imf_tokyo

★10月13日世界同時行動「グローバル・ノイズ」の呼びかけ映像:http://www.youtube.com/watch?v=zIIH9RMZe2c&feature=youtu.be

★仙台での行動:http://www.labornetjp.org/news/2012/20121009sendai



★連続行動その1:10月11日12時半〜13時半頃

「IMF世銀総会抗議行動」 集合:JR有楽町駅(国際フォーラム口)*抗議場所は近辺を予定。

呼びかけ:ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会)

詳細はhttp://www.labornetjp.org/EventItem/1349756313691staff01


★その2:10月12日「IMF・世界銀行東京年次総会粉砕行動」

午前9時30分集合 午前10時デモ出発 

中央区立水谷橋公園 中央区銀座1-12-6(東京メトロ有楽町線・銀座1丁目駅徒歩5分)http://pubpa.net/sites/park/detailPage/103/17.html

       

IMF・世界銀行東京年次総会粉砕国際集会

10月12日午後6時30分〜午後8時30分 

中央区明石町区民会館 中央区明石町14-2(東京メトロ日比谷線築地駅3番出口徒歩7分)

詳細はhttp://www.shidanokai.org/akasicho.htm



★その3:10月12日〜14日午後「オキュパイIMF/世銀メディアステーション」を開設

http://www.labornetjp.org/news/2012/1349783880076staff01

放送チャンネル:http://www.ustream.tv/channel/occupyimfwb

10月12日20時〜レイバーネットTV第41号案内「IMF・世界銀行の正体〜世界の貧困をつくるのは誰?」

http://www.labornetjp.org/news/2012/1012TV

IMF・世界銀行に抗議する歌(ジョニーH)http://www.labornetjp.org/news/2012/1012uta



★その4:10月13日(土曜)

IMF・世界銀行東京総会への対抗デモ

IMF・世界銀行による経済支配はもうたくさんだ!

IMF・世界銀行は1%の金持ち

(グローバル金融資本)の代理人!

水谷橋公園(京橋下車) 正午集合 12時半出発(日比谷公園解散予定)

主催・IMF・世銀東京総会反対行動実行委員会

笛・太鼓など鳴り物歓迎


★その5:10月14日(日)対抗フォーラム 

13時開場 13時半スタート

会場・スペースたんぽぽ(水道橋下車)

会場費・300円

呼びかけ・「持たざる者」の国際連帯行動実行委員会

IMF・世界銀行の年次総会が10月12日〜14日、東京(有楽町・国際フォーラム、帝国ホテル、ホテルオークラ)で行われる。世界約180カ国から財務大臣、財務間慮う、中央銀行総裁をはじめ、業界関係者、NGOなど2万人もの規模だ。

 日本での総会は1964年以来、かつては東京オリンピック開催で戦後復興をアピール、今回は、3・11からの復興をアピールしようという。

 IMFは、欧州経済危機に際して、ギリシャなど危機に瀕した国に向けて緊縮財政計画を策定するよう勧告。日本に対しても財政健全化と消費増税(15%が妥当と!)を勧告してきた。要するにIMFとは、徹底した新自由主義路線(規制緩和、民営化、社会保障費の削減、非正規雇用の拡大など)をもって、富める者と持たざる者との格差を拡げ、貧困を増大させようとしている。

 世界銀行も、経済開発については、上記の路線を提言した上で、政策評価(点数づけ) を実施、融資を検討する、という「構造調整プログラム」なるものをもって債 務国(貧しい国)を締め上げようというのだ。さらには、多くのNGOをも、「対話」「パートナーシップ」の名目で、貧しい国、持たざる者たちに、犠牲を押し付けることを正当化している。

 しかし一方、ここ10数年、世界中の民衆が「もう、たくさんだ!」と声を上げ、プロテストに立ち上がってきた。

 しかし、反・脱原発に立ち上がる人々に比べて、まだまだこの分野の関心、行動は大幅に立ち遅れている。だが、人々の生存権を踏みつけにする意味では、この国のあり様は、原発の再稼働も、オスプレイの沖縄配備も、格差・競争の激化も、通底するものであり、多様な声も旗もプラカードも、もっともっと交わっていくべきではないのか。

 「もう、たくさんだ! 我慢も限界だ!」

 今こそ、この現実から出発し、新しい社会運動をともにつくろう。

 13日の街頭デモと、14日のフォーラムが、そうした共同行動のヒントになり、持続する討論・交流のステップになれば幸いである。

「持たざる者」の国際連帯行動実行委員会 

090−1429−9485(荒木)

nasubi@jca.apc.org

2011-10-09 10・15「怒れる者たち」の世界同時行動に連帯を!

[][]10・15「怒れる者たち」の世界同時行動に連帯を!

このかん本当に色々ありました、それはまたすぐあらためてお知らせします。お世話になった皆さま、本当にありがとうございました!

取り急ぎお知らせです、この日は都内他の場所でもアクションがありますよね。http://occupytokyo.org/ja/ 盛り上げていきましょう!!

★☆★☆★転送・転載大歓迎★☆★☆★

10・15「怒れる者たち」の世界同時行動に連帯を!

10月15日(土曜)14時・新宿柏木公園  15時・デモ出発

生きる権利を取り戻せ! 

自由主義グローバリズムの暴力にNO!

デモと広場の自由を!

弾圧にやりかえせ!

10・15「怒れる者」たちの世界一斉行動に連帯して、ともに街へ出て行動しよう!

声を上げよう! 

全世界で、圧制に、抑圧に、排除に、差別に、格差に怒り、行動を開始した人々と

連なり、「もうたくさんだ!」「変革を!」「グローバル・チェンジ」を合言葉で、

無数のアクションを!

この行動の発信元は、今年春から、スペインのマドリッド広場を長期間にわたって占拠

し続けた社会運動「本当の民主主義を今すぐに!」(Democracia Real YA!)が、

10月15日を、国境を越えて怒れる者たいが一斉に、街頭や広場を埋め尽くそうと呼びかけたものです。

年頭のチュニジア、エジプトから、イスラエル、アメリカの「ウォール街占拠」まで、全世界の怒りの反乱は連鎖し、この一斉行動へと向かっています。

一方、日本では3・11以降、反原発デモの拡がりに、理不尽な弾圧が加えられ、多くの不当逮捕者が出ています。

 しかしもう我慢も限界! 3・11から半年を越え、いまだにあらゆる権利が踏みにじられ、怒りの声は圧殺されています。今こそ、異議申し立て、世直しの声を津々浦々から

上げるときです。

10月15日、私たちは、この間弾圧が集中した新宿でデモを行います(発案は「持たざる者」の国際連帯行動)。

 このデモへの参加を呼びかけるとともに、このデモだけに集中するのではなく、同時多発でも時間差でも、新宿だけでなく、いたるところで、(すでに呼びかけが始まっているようですが)創意工夫に満ちた街頭表現、パフォーマンスが展開されることを願ってます。

 

 このアクションは、日本ではまだささやかな線香花火程度かも知れません、しかし、この火を燎原の火として、大きく燃え拡けることができるかどうかは、一人一人の怒り、想像力、パトス、センス、そして持続する志にかかっています。

10月15日(土曜)14時・新宿柏木公園  15時・デモ出発

10・15 「怒れる者たち」の国際連帯行動実行委員会

2011-01-31 国が沖縄を訴えた!/エジプトから世界へのメッセージ

[][]国が沖縄を訴えた!/エジプトから世界へのメッセージ/

>ファックス要請を!エジプトのデモ参加者に拷問の危機

受信トレイ×前代未聞!米軍基地を拒否する沖縄名護市を国が訴えた!http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20110130

行政不服申し立ては立場の弱い市民が国家から受けた被害に対してやるもので、逆なんてありえない。高江にも提訴して裁判の日に工事強行だし、何でもアリの国を徹底的に批判しよう! チュニジアやエジプトのようにぶちのめそう!★仏「ル・モンド」紙が世界各地のエジプト大使館前などで起きているデモ集会を写真で伝えています。フランス、ギリシャ、フィンランド、チュニジア、ヨルダン、レバノン、ベネズエラ、日本など!

http://www.lemonde.fr/proche-orient/portfolio/2011/01/30/les-manifestations-au-caire_1472749_3218.html#ens_id=1470465

★「エジプトの一青年から世界への手紙――これは、あなたが本当は何者であるかを試される瞬間です」

http://illcomm.exblog.jp/12789024/

2011年1月27日 木曜日

世界への手紙

 みなさん、今日、私は皆様に、エジプトで本当はいったい何が起きているかを知らせたくて手紙を書いています。1月25日に火が付いたデモは、自分にふさわしい人生を送る権利を求める国内の青年たちによって組織されました。大統領を含む政府はそれを否定し、ムスリム同胞団のような反政府組織が行った行為だと主張しています。でも、いいですか、これはどこかの対立党派の行動ではありません。社会全体の行動です。理由は以下の通りです。

 ホスニー・ムバーラク(今年83歳)は 1981年からエジプト大統領でした。それがいったいどのようなものか、私たちの身になって想像してみてください。ムバーラクは私と私の友人誰もが生まれる何年も前から大統領でした。私が小学生のときも、中学・高校のときも、大学生のときも、結婚したときも息子が生まれたときも、ムバーラクはずっと大統領でした。単にムバーラクだけが「私の人生まるごと」と同じあいだ大統領だっただけではなく、取り巻き連中までみなそうだったのです。アフマド・ファトヒー・スルール(今年79歳)は 1986年から大臣で、1990年からの 21年間ずっと議会の指導者[人民議会(下院)議長]でした。サフワト・エル=シャリーフ[現上院議長]は 1980年代から、他の者たちもみな、私たちが生まれる前から政府の中枢にいて、いまでもその地位にとどまったままです。

 国の状態はどこもかしこも、ほとんどの人にとって悪化の一途をたどっていました。教育、報道、経済などすべてが間違った方向に向かっており、私たちが生まれたとき以来ずっとそうでした。一般のエジプト人がどんな生活をしているかにかかわらず、政府は独占企業がもっと利益を上げられるように「改革」してきました。それと同時に、1981年からずっと「非常事態宣言」が機能していて、必要と見なされれば誰でも、国家安全保障上の理由により裁判抜きで身柄を拘束することが認められてきたのです。さらに、選挙では不正が行われ、そのうえで、なお真実の声を発表するどのような表現形式を認めることさえ拒否しています。大学の学生組合の選挙にまで不正が行われ、骨の髄まで堕落しきっています! ありとあらゆる分野の指導者たち、知事、大学長、工場長さえもが現役か退役した将軍です。社会のあらゆるレベルでの腐敗はいうまでもありません。失業率は、特に若者の間であまりに高く、また貧困が蔓延して国民の半分以上が貧困ライン以下で暮らしています。ほかにもまだ、ここに書き切れないたくさんのことがあります。

 けれど、いまこそチェンジの時です! 私たちは今までずっと警察や治安当局を恐れていました。裁判なしで私たちを拘禁し、拷問しても殺しても問題にならないことを知っていたからです。でも、もうたくさんだ! 私たちは待って、待って、いつかは正されると30年間むなしく待ちました。この前の議会選挙では、かつてない規模の不正が行われ、ムバーラクにさらに一期 ――あと 6年間か、あるいはかれが死ぬまで――大統領の任期を与えるお膳立てがされました。私たちは可能な限り平和的な手段をとろうとしましたが、自由声明に署名することさえ追放の理由とされ、追及されました。私たちに選択の余地はなかった。より良く生きること、子どもたちのためにより良い人生を用意することは、私たちの権利です。

 だまされてはいけません。人々を動かしているのはどこかの野党やイスラーム主義者ではありません。社会全体が、なかでも特に私たち若者が動いているのです。私たちは平和的にデモをしていますが、政府はごろつきや悪党を雇って抗議者のあいだに潜入させ、問題を引き起こさせて、それをわたしたちのせいにしようとしています。政府は容赦なく私たちを叩き、ネットやメディアを検閲し、ほんものの銃弾やゴム弾、催涙ガスで攻撃し、何百という抗議者を拘禁したり多くの人たちを殺傷しています。これは本物の戦いで、しかしほとんど一方的な戦いです。私たちは警官が同胞であることを知っています。ただ「命令に従っているだけ」です。私たちはできる限り、どんな場合においても警官たちを傷つけるのを避けています。

親愛なるアメリカの仲間のみなさん

 あなたがたの政府は30年にわたり、ムバーラク大統領に最大の支援を提供してきました。武器と催涙ガスで国家安全保障体制を支えています。米政府は、私たちの国に毎年 16億ドルに及ぶ資金を与えていて、それは腐敗したエジプト政府の中で主にさまざまな形の賄賂として使われています。あなたがたの「民主的な」祖国はイスラーム主義者を恐れるあまり、我々の政府を支援しています。いいですか、怖いものなどないんです。イスラーム主義者についてのあなたがたの見解は事実に反し、間違いだらけですが、その話はまた後日。私たちのリーダーを選ぶことは私たち自身の権利であるという一点において、あなたがたの支援を望みます。私たちを支援し、上院議員や下院議員にエジプト政府を支援するのをやめるように言ってください。私たちを支援し、自由はパンよりも重要である と世界に伝えてください。私たちを支援し、30年続いている政府を追放するのを手伝ってください。もしもあなたの孫たちが、いまと同じ支配者を目撃するとしたら、あなたがどのように感じるかをぜひ想像してください!


親愛なるヨーロッパの仲間の皆さん

 あなたがたのリーダーはエジプトの状況を気にかけています。ムバーラクが腐敗していることを知っていて、それゆえに心配しています。わたしたちがひどい圧政の下にいることを知っていて、その状態が続くことを望んでいます。あなたがたのリーダーは、ローマ時代から、英国による最後の植民地支配が終わるまでずっと、エジプトを監視していました。けれども、自分たちの国を治め、自由がどれほど貴重であるかを自分たちの子どもに教えるのは、私たちの権利です。リーダーと政府を選ぶことは私たちの権利です。そして私たちを支持するのは、あなたがたの人道的責務です。あなたの国のリーダーに対して、私たちを支援すると言ってください。エジプト大使館に行って、あなたの支持を示してください。私たちの大義について人々に話し、そして、私たちが、自分たちの権利、生まれてこのかたずっと抑圧されてきた自分たちの権利を手に入れようとしているだけであることを知らせてください!


親愛なる世界の皆さんへ、

 これは、あなたが本当は何者であるかを試される瞬間です。あなた自身の真実の瞬間です。あなたの良心はまだ生きていますか。あるいは、あなたは人間性よりも利害関係を重んじますか? あなた自身の尊厳を証明し、私たちが人間性の回復を要求することを手伝ってくれるでしょうか。それとも、戦車が我々を轢(ひ)くのを、脇に立ってただ見ているだけでしょうか? それはあなたが決めることですが、覚えておいてください。それはあなたが一生抱えていくことになる何かであり、いつかあなたはこの件で子供たちと正面から向き合わなければならないかもしれません。

お声が聞こえるのを楽しみにしています。

エジプトの一青年より

.........................................................

転送・転載歓迎/重複失礼]

エジプトで拘束されたデモ参加者が拷問の危機にさらされています。 エジプト内務相、検事総長あてに大至急ファックスを送ってください。 私も先ほど送ったところです。よろしくお願いします。

なお、ファックスを送る際には、

NTT回線の場合     001010 のあとに マイライン回線の場合  010 のあとに

以下の+以降の番号を押して送れば届くとのことです。

内務相   Fax: +20 22 796 0682

検事総長 Fax: +20 22 577 4716

英文のひな型も号外の中に掲載されています。

□■□ ━━━━━━━━━━━━ 2011.1.30 緊急号外号━━━━

アムネスティ・緊急号外 http://www.amnesty.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□

………………………………………………………………………………

エジプトのデモ参加者に拷問の危機

………………………………………………………………………………

失業問題や汚職、警察の人権侵害などを批判し、1月25日にエジプ トで始まった抗議行動は全土に拡大し、ムバラク政権の退陣を迫 っています。

1月28日時点のアムネスティの国際ニュースで死者の数は少なくとも14名でしたが、その後、一部の報道では死者の数は100名を超え ているとも伝えられ、正確な状況は把握できていません。現在、アムネスティ国際事務局の中東チームは、現地の人権状況をできるかぎり正確に把握する活動を続けています。

□■□ アムネスティ国際ニュース ━━━━━━━━━━━━━

………………………………………………………………………………

エジプト:政府は治安部隊を抑制しなければならない

………………………………………………………………………………

エジプト全土で抗議行動が続く中、アムネスティ・インターナショナルはエジプト政府に対し、これ以上のデモ参加者の死を防ぐため、治安部隊を抑制すること求める。

◇こちらのニュースリリースの全文は下記サイトでご覧ください。

http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=895&mm=1

□■□ 緊急行動(UA) ━━━━━━━━━━━━━━━━━  

………………………………………………………………………………

虐待の危機にさらされるエジプトのデモ参加者

………………………………………………………………………………

エジプトの内務大臣と検事総長に緊急に以下を要請してください。

※1月31日現在、インターネットはほとんど遮断されているため、ファックスで送信してください。

※UA全文はこちらからご覧下さい。

http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=3629&mm=1

■治安部隊を抑制するとともに、「法執行官行動規範」および「法執行官による武力および火器の使用に関する基本原則」にのっとり、過度もしくは不適切な武力を控え、必ずしも必要とされている場合や人命を守る場合を除き、発砲しない旨の明確な指令を出すことを当局に要請する。

■当局に対し、デモに参加する人びとの人権を尊重することを要請する。

■治安部隊がデモに参加した人びとに対して行った、殺害および虐待を調査することを要請する。

■拘束した人びとを釈放するか、もしくは国際的に認知された犯罪容疑で起訴し、公正な手続きに基づいた裁判にかけるよう要請する。

内務省

Habib Ibrahim El Adly Ministry of Interior 25 El Sheikh Rihan Street Bab al-Louk, Cairo, Egypt.

◆Fax: +20 22 796 0682

Email: moi@idsc.gov.eg

書き出し: Dear Minister

検事総長

Abd El-Megeed Mahmoud Dar al-Qadha al-‘Ali Ramses Street, Cairo, Egypt

◆Fax: +20 22 577 4716

書き出し: Dear Counsellor

(アピール例文)

Dear Minister,

I am writing to express my grave concern about human rights violations during continuing nationwide protests in your country.

I respectfully call on you to rein in their forces and issue clear instructions that they should not use excessive or disproportionate force or resort to the use of fire arms unless when strictly necessary and to protect human life, in line with the Code of Conduct for Law Enforcement Officials and the Basic Principles on the Use of Force and Firearms by Law Enforcement Officials.

I also urge you to uphold the human rights of demonstrators and investigate the killings and the abuses by the security forces when policing demonstrations.

The last, but not the least, I would like to call on you to release or charge those detained with an internationally recognizably offence and try them in fair proceedings.

Respectfully yours,

□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発 行:社団法人アムネスティ・インターナショナル日本

連絡先:東京都千代田区神田錦町2-2 共同(新錦町)ビル4階

TEL:03-3518-6777 FAX:03-3518-6778

E-mail:info@amnesty.or.jp (代表アドレス)

2010-09-22 いよいよ明日!「なくせ公安条例! 9.23 麻生邸リアリティツアー国

[][]いよいよ明日!「なくせ公安条例! 9.23 麻生邸リアリティツアー国賠訴訟集会」

f:id:Ryota1981:20100922234155j:image

(『北海道新聞』に記事が出ました!ありがとうございます!)

D

あの不当逮捕から2年。youtubeの映像は大きな反響を巻き起こし、今国と東京都に不当逮捕を訴える「国賠訴訟」が始まりました。そうしたさまざまな反撃や表現の可能性を話し合い、弾圧をなくし、未来を切り開くために集会を行います!講師には、憲法学者の奥平康弘さんをはじめ豪華な顔ぶれになりました。ぜひお越しください★僕も話します!

★★★転送・転載大歓迎★★★

『なくせ公安条例! 9.23麻生邸リアリティツアー国賠訴訟集会』

日程:9月23日(祝・木)

時間:17時半時開場、18時開始、21時終了

場所:渋谷勤労福祉会館

2階第1会議室(渋谷区神南1-19-8)

http://gmap.jp/shop-9249.html

参加費・資料代:500円

■プログラムと講師

基調講演「本件での公安条例適用の問題性」

奥平康弘:1929年生。憲法学者。東大名誉教授。編著書『憲法の想像力』『表現の自由を求めて』『治安維持法小史』『これが破防法』『青少年保護条例・公安条例』他多数。

講演「いまなぜ公安条例を問うのか―公安条例違憲判決に向けて」(仮)

大口昭彦:弁護士。「麻生邸リアリティツアー事件」国家賠償請求弁護団。救援連絡センター運営委員。

講演・映像紹介「メディア・アクティビズムの力」(仮)

小林アツシ:映像ディレクター。DVD『どうするアンポ』『基地はいらない、どこにも』など。

原告からのアピール

■集会よびかけ

「踏襲」と書いて「ふしゅう」と読む時の首相とは如何に。2008年10月26日、「麻生邸リアリティツアー」と題した自宅拝見ツアーが渋谷で予定されました。待ち合わせ場所のハチ公前にはツアー参加者だけでなく、警察官の顔がありました。

ツアーが始まって間もなく、参加者のうち3名が警察官から何の説明もないまま、公安条例(*注)違反と公務執行妨害罪で逮捕されました。買い物客で賑わいを見せる渋谷の繁華街は、異様な光景に一変しました。この事態に怒り収まらぬ参加者一行は予定を変更し、渋谷署にでかけました。到着するとすでに大勢の警察官が出入り口を封鎖していました。参加者は、逮捕された3名の釈放と事の説明を求めましたが、警察は聞く耳を持つことはなく、一方的に参加者を蹴散らしました。

同日夜、すぐさま救援会が立ち上がり、3名の救援弁護とキャンペーンを展開しました。このキャンペーンには実際の逮捕映像が大きく寄与し、警察の存在を疑う考えがひろまりました。勾留延長と逮捕後10日目という時期に下された家宅捜索(抜き打ちテスト)という行政司法一体となった重圧に見舞われるも、最終的に3名の釈放と不起訴を獲得しました。

事件から2年が経過しようとする現在、私たち訴訟団は国家賠償請求裁判をおこしています。司法の場で権力による犯罪の責任を認めさせることは、慣行化する家宅捜索の違法性、不可視の環境に留め置かれる被疑者の人権保障にもつながると考えています。

今件逮捕に留まらず、法を担保とした警察の自由活動が何をもたらすのか、私たちは痛いほど知っているはずだと思います。

デモは、公安条例によって規制と圧力で締め上げられています。警察はなんでもない振る舞いをきっかけにコンフリクトを作りだし、弾圧を加えてきます。

問われるべきは、さまざまな運動スタイルの差異ではなくて警察の性格だと思います。「治安」や「公共の福祉」を振りかざす彼らは、その実、何をやってきたのか。

以上の問題提起から私たちは集会を持とうと考えました。「公安条例」の歴史運動的観点から憲法学者の奥平康弘氏、法

の観点から弁護士の大口昭彦氏、「映像メディア」の観点から映像ディレクターの小林アツシ氏を招き、三者の立場から講演をしていただきます。くわえて、当国賠原告からの話があります。活発な討議によって有意義な場となることを期待しています。

ここに表現の自由を求めるみなさまの参加を呼びかける次第です。

会場では麻生国賠Tシャツの販売も予定しています。

ぜひ渋谷勤労福祉会館にお集まりください。

---------

*注…公安条例:1948年、福井市で初めて制定。条例の目的は災害復興であったが、以降、占領軍の指導の下「集会、集団行進及び示威運動」を取締まる治安弾圧法として、各地の自治体に制定される。当初から違憲性が問われる中、現在でも様々な運動に対する規制、弾圧をはかるべく連綿と機能している。

---------

主催:麻生邸リアリティツアー事件国家賠償請求訴訟団(「麻生国賠」)

〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-16-13 MKビル2F

TEL/FAX: 03-3373-0180

フリーター全般労働組合気付

Web: http://state-compensation.freeter-union.org/

E-mail: realitytour.st.comp(at)gmail.com

※(at)は半角の@に置き換えてください

カンパ宛先

郵便振替:00130-9-282713

口座名:麻生国賠

(口座を他行などからの受付口座として利用する場合は、店名:〇一九店/預金種目:当座/口座番号:0282713)

★10月4日(月)14時半から、東京地裁721号法廷で、

第三回目の口頭弁論があります。こちらもぜひご参加ください!

★★★転送・転載ここまで★★★

2010-09-17 近況です/【宮下公園】フェンス封鎖に反撃!9月23日「1000人

[][][]近況です/【宮下公園】フェンス封鎖に反撃!9月23日「1000人大包囲行動」、9月26日「抗議デモ」(転送・転載大歓迎)

★★10月10日「米軍だけじゃない、自衛隊も沖縄を踏みにじるな!新宿ど真ん中デモ」開催決定!http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20101010/1284179654 をぜひチェックし続けてください!続々と追加情報が載ります★

★8.15靖国弾圧、2名の不起訴が決まりました!当然すぎるけど良かったよぉ〜〜。警視庁と裁判官を謝罪させ、二度と不当逮捕を起こさないようにさせるべききだ。http://blogs.yahoo.co.jp/kyuen_815/3894654.html

★そのための「国賠訴訟」!9月23日「なくせ公安条例!麻生邸リアリティツアー国賠訴訟集会」が9月16日の朝日新聞夕刊・まんなか辺りの「文化」面に紹介されました。ぜひ見てみてください。さぁこれでたくさん人が来てほしい!

http://state-compensation.freeter-union.org/info/508/

そして。渋谷区と警察が宮下公園を強制封鎖しやがった!断固抗議します。15日・16日に現場に駆け付けたみなさん、本当にお疲れさまでした。

封鎖当日の映像です:http://www.youtube.com/watch?v=lctW84hDksA&feature=player_embedded

「17日(金)は10時に渋谷区役所の時計台前に結集をお願い致します。10時30分から都市環境委員会傍聴、12時00分から渋谷区役所前で情宣行動を行います。」とのことです!

そして、公園前大行動とデモが決定!今、何か手伝いたいと思う方は多いと思います、ぜひ17日に渋谷に行って話しかけてみてください、ネットから「守る会」の人たちにアクセスしてください!マスコミの取材も大歓迎!

****以下転送転載大歓迎****

【宮下公園】フェンス封鎖に反撃!9月23日「1000人抗議大包囲行動」、9月26日「抗議デモ」

告知映像「宮下現代彫刻の森」http://www.youtube.com/watch?v=vcos5Lkbc8U&feature=player_embedded

渋谷区は、不当な公園封鎖に続いて、本日16日公園の守る会の物件について除却の命令を出してきました。渋谷区による公園封鎖に断固抗議し、渋谷区とナイキジャパンによるNIKEパーク化を阻止するために、23日、26日と連続的にアクションします。

みなさんの熱い支持と結集をよろしくお願いします!!!。

宮下公園を取り戻せ!

23日13時宮下公園大階段集合「抗議1000人大包囲行動」

26日13時「抗議デモ」(集合場所など未定)

*詳細が決まり次第、続報したいと思います。ブログにも注目してください。

http://minnanokouenn.blogspot.com/

★★★★★★★★★★

15日一日のレポートはこちらを。

http://d.hatena.ne.jp/negorin/20100915/1284558493

9月15日朝6時半ころ、渋谷区公園課、作業員、警備員、警察官など約200名が、宮下公園の9箇所の出入り口をすべて封鎖しました。また、公園で生活している一人に対して数十名で取り囲み、無理やり手と足を担ぎあげ、公園外に追い出しました。これらに対して、15時くらいから約100名の人たちが集まり、抗議をしました。今回の渋谷区の公園封鎖には多くの問題があります。1、抜き打ち封鎖であること。利用者や守る会に対しては、何一つ事前の通知すらもありませんでした。2、公園で生活している人の寝場所を奪うこと。今晩からどこで寝ればいいのか?という野宿生活者の質問に対して、小澤公園課長は「自分で探せよ」と回答、何らの対応もしようとしていません。

(みんなの宮下公園ナイキ化計画から守る会)

渋谷区のふざけた言い分:http://www.city.shibuya.tokyo.jp/news/oshirase/miyasita_heisa.html

原宿新聞 :http://www.harajukushinbun.jp/headline/1760/index.html

マスコミは渋谷区や警察のリリースを垂れ流しちゃダメだよ!悪い例:日本経済新聞

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E3E7E2E39F8DE3E7E2EBE0E2E3E29191E2E2E2E2;at=ALL

2010-09-09 うんうん、そうなんだよね。アンチ資本主義の文章ふたつ。

[]うんうん、そうなんだよね。アンチ資本主義の文章ふたつ。

勇気が出るよー。

「依存と自立---沈黙を味方にするコミュニズムへ」(資本主義批判と「消えた高齢者問題」と生きる希望について)

http://alt-movements.org/no_more_capitalism/modules/no_more_cap_blog/details.php?bid=83

「ポスト2005年世代」(「ゼロ年代」とかドメスティックなのだけじゃダメだよね。で、日本は弾圧の先進国。欧州警察は日本を真似してるよ。)

http://daigakuseishiwomaku.blogspot.com/2010/07/2005.html

あと、「フランスで定年延長反対の270万人ストライキ

http://www.labornetjp.org/news/2010/0909pari

2010-06-29 選挙スペクタクルを壊したい/7月1日・10日、現場からの声!

[][]選挙スペクタクルを壊したい/7月1日・10日、現場からの声!

何も変わっていないじゃん。

消費税増税について、民主党の枝野は街頭演説で「自分たちの選挙に悪影響を及ぼすかもしれないことも真剣に議論しようとすることが、真の民主主義だ」と言っていた(新聞記事より)。そうだろーよ、「人々の平和と平等のためになること」ならな。今なら普天間基地の即時撤去や、法人税の引き上げを求めることについてだよ。大企業に得をさせ私たちから一律に税を巻き上げる提起をしておきながら、「挑戦」姿勢を示すだけで何が「真の民主主義」だ! 小泉劇場の時代と同じどうしようもないレトリックが使われているよ。劣化政治と劣化マスコミの劣化スペクタクル、街は半ばそれを分かりつつも抵抗の手段がないからあきらめ気味…。

いや、世界では金融資本主義への対決が始まっている。こんな政治に別れを告げるために、常に現場があるんだと思う。

カナダ・トロントでの反G8アクション。http://illcomm.exblog.jp/11429228/ http://illcomm.exblog.jp/11421337/

そして、自分も関わるイベントを2つ紹介します。ぜひ会場でお会いできたら。

======================================

http://union31.blog15.fc2.com/

7・1三一書房争議報告会

――三一労組を支える会結成集会――

三一書房は1945年に設立され、戦後史に残るベストセラーである五味川純平著『人間の條件』をはじめ数々の作品を世に送ってきた中堅の社会派出版社です。

1998年の突然のロックアウトと全組合員解雇に始まる第一次争議では、発生直後から「三一書房労働組合を支える会」が結成され、三一書房争議支援共闘会議とともに7年半におよぶ争議を支え、組合員の復職を含む画期的解決をかちとりました。解決に際して岡部清社長は「組合の協力なしに再建は不可能」との見解を示しました。「社名の由来に恥じることのない出版社として再生させ」(解決時の協定書)、旺盛な出版活動を展開することが組合員の願いであり、職場に戻ってからはそのために努力してきました。

ところが岡部社長は組合との協力どころか、労働協約を守らず、団体交渉にも誠実に応じずにいます。

関連会社に雇用されて三一書房の業務に従事してきた

Kさんは、三一労組に入るや解雇を言い渡されました。組合の反撃で撤回させたものの、その後も賃金不払いや仕事はずしの異常事態が繰り返されています。

三一書房労働組合は、この事態を打開し、職場と出版事業を守るために立ち上がりました。現下の経済情勢下、三一労組の挑戦の前には、第一次争議以上の困難が立ちはだかっています。

また、多くのご支援で第一次争議を解決したにもかかわらず、再びこうした事態に立ち至ったことには、痛恨の想いを禁じ得ません。しかしだからこそ、三一書房の歴史と出版という仕事を愛し、それを守ろうとする三一労組とともに、この試練に打ち克ちたいと思うのです。

つきましては、下記の要領で「三一書房争議報告会―三一労組を支える会結成集会」を開催いたします。

お誘い合わせの上、ご参加をお願いいたします。支える会へのご入会、ご支援を心からお願いいたします。

<呼びかけ人>(2010.6.9時点)/アイウエオ順

稲垣眞美(作家、三一書房著者) 太田胤信(出版ネッツ) 大場久昭(『新版叛逆のバリケード』著者) 操上光行(『新版叛逆のバリケード』著者)佐藤博(医学書院) 杉村和美(出版ネッツ) 園良太(フリーター全般労組) 太郎良譲二(『新版叛逆のバリケード』著者)外狩直和(『新版叛逆のバリケード』著者) 中村順(『新版叛逆のバリケード』著者) 広浜綾子(出版ネッツ) 藤井暁士(講談社サービス)古川忠文(協和出版販売) 前田朗(東京造形大学教授、『ヘイト・クライム』著者) 丸田潔(出版ネッツ) 山崎晴久(『新版叛逆のバリケード』著者)山本啓(『新版叛逆のバリケード』著者)

◎日時:7月1日(木)18:30〜

◎会場:千代田区富士見区民館2F洋室A

〒102−0071 富士見1−6−7

電話03-3263-3841

JR・東京メトロ東西線・有楽町線・南北線・都営大江戸線飯田橋駅から徒歩5分

http://www.city.chiyoda.tokyo.jp/service/00065/d0006580.html

【主 催】出版労連三一書房労働組合

三一書房労組を支える会準備会

【連絡先】三一書房労働組合

〒154-0005 東京都世田谷区三宿1−1−1−1001

E−mail:31union@gmail.com

===================================================

http://street.chikadaigaku.net/%e8%b1%86%e7%9f%a5%e8%ad%98/%e3%80%8c%e9%98%b2%e7%8a%af%e3%80%8d%e3%81%aa%e3%82%89%e4%bd%95%e3%81%a7%e3%82%82%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%81%8b%ef%bc%9f%e8%ad%a6%e5%af%9f%e3%81%ae%e3%81%95%e3%81%b0%e3%82%8b%e3%81%aa%ef%bc%81%e3%80%8e/

転送・転載お願いします! 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼      (`A´) (`o´)  (`A´)       ▼

・・・・              ・・・・・  

「防犯」なら何でもアリか?

警察のさばるな!『安全・安心』を問う7.10 集会

・・・・              ・・・・・ 

▲      (`o´)  (`A´) (`o´)       ▲         

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時; 2010年 7月 10日(土)18時〜21時

会場; 渋谷勤労福祉会館 第2洋室

→ 東京都渋谷区神南1-19-8

渋谷駅ハチ公口7分:公園通りをNHK方面へ

資料代;500円

【講演】 清水雅彦さん(札幌学院大学教授:憲法)

「安全・安心まちづくりとは?」

【発言】 ネットカフェ規制条例7月施行〜治安と人権侵害

豊島区監視カメラ問題 / 増える職質・微罪逮捕/野宿労働者 / 外国人労働者 / 府中派遣村/麻生邸リアリティツアー事件国家賠償請求訴訟団/横浜 APEC 過剰警備 etc ... ...

・・・2009年安全条例改悪、2010年ネットカフェ規制条例制定・・・

昨年、東京都は繁華街をターゲットに「安全・安心まちづくり」条例を改悪。街頭での表現行為を規制、炊き出しなどが中止に追い込まれている。今年はインターネットカフェ(マンガ喫茶)を「犯罪の温床」と決めつけ、利用者の身分証による本人確認、利用記録の3年間保存などを義務付けてネットカフェを警察の監視下に置く。身分証を持たず、宿代わりに使ってきた人たちが路上へと追いやられてしまう。

・・・豊島区生活産業プラザの会議室内に監視カメラ・・・

昨年11月、公共施設の会議室内に監視カメラが設置されていることが判明。組合の抗議に担当課長は「防犯目的だから(肖像権や団結権侵害の問題は生じない)」とキッパリ言う。「善良な市民」以外は全員が監視対象であり、警察と住民が共同して排除する世の中へと、既成事実が積み上げられている。

・・・防犯協会の陳情から始まった「生活安全条例」・・・

条例は都内全域に広がっている。路上〜敷地内の喫煙禁止、落書き禁止など、「割れ窓理論」により容赦がない。自治体の青色パトカーと住民の自主パトロールが街に目を光らせる一方で、際限なく増殖する監視カメラ。街頭から駅、公共施設、電車やタクシー内、とどまることを知らない。

(-"-;) 立ち止まって一緒によ〜く考えよう。 (-"-;)

主催;「東京都安全・安心まちづくり条例」改悪に反対する共同声明

連絡先;地域共闘交流会 Tel&Fax 03-3262-3088

ディストピアTOKYO dystopia.tokyo☆gmail.com(☆→@に)

URL; http://street.chikadaigaku.net/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・