Hatena::ブログ(Diary)

eyeball-RUN ( NO NUKES !! ) このページをアンテナに追加 RSSフィード

 
  • Past Exhibition / 過去の展示
  •  
  • Archive / 主な活動
  • 2008-11-18 film

    「季刊おりんぽし」


    高城晶平(cero

    f:id:Ryu1019:20081201225723j:image

    f:id:Ryu1019:20081201225722j:image

    f:id:Ryu1019:20081201225721j:image


    三輪二郎さん

    f:id:Ryu1019:20081201225718j:image

    f:id:Ryu1019:20081201225717j:image

    f:id:Ryu1019:20081201225716j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224244j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224242j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224241j:image


    尾林星(ファンタスタス)

    f:id:Ryu1019:20081201224240j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224238j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224237j:image


    そして、三人一緒に最高にハッピーなアンコール

    f:id:Ryu1019:20081201224236j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224235j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224234j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224233j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224232j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224231j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224229j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224230j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224228j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224227j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224226j:image

    f:id:Ryu1019:20081201224225j:image


    企画は初代東京の演奏MAXのこっちゃんである。

    一夜にして気になる音楽を目と鼻の距離で三人分聴けてしまうという…

    本当にすばらしい企画でした。万歳!万歳!


    僕は、高城晶平の真髄は弾き語りにあり!…と、勝手に思っている。

    ceroのフロントマンとしての彼とは全く印象が違う。そして、素晴らしい。

    考えてみたら、今年は春、夏、秋と高城くんの弾き語りを聴いた。

    春の仙川タイニーカフェ。夏の高円寺無力無善寺

    そして今回が秋の江古田、FLYING TEAPOT。

    春に続き、恥ずかしながら、ぼろぼろ泣いた。

    高城くんの詩の世界はすばらしい。本当に素晴らしい。

    彼はその世界観を損なわないように、上手に、大切に弾き語る。

    エレキギターのエフェクトや、マイクのエフェクトを駆使するのは、

    語らんとするところを、より良く伝えようとしているのだろうと思うし、

    曲順も、しっかりと流れを考えて選んであるように感じる。

    「たった一回の弾き語りライヴ」というのを、無駄にしていない。

    素晴らしい姿勢だよ。これからも頑張ってね。


    三輪二郎さん、玄人です。くろうと。

    最初の音を出したあたりから、もうパッと心を掴まれました。

    超気持ち良くて、思わずニヤニヤしてしまった。

    ニヤニヤしながら高城くんを見るとやはりニヤニヤしていて、

    目が合って、二人して揃ってウンウン頷いてしまった。

    心の中で「メチャカッケー!!」叫んだね。魂の会話や。

    やはり横浜を感じさせる、ブルーズィーなサウンド。

    僕は野毛のうたが好き。「夜がきこえる」って言葉も大好き。ああー


    尾林さん、本当に不思議な人。

    高円寺ペンギンハウスでファンタスタスを聴いたときも思ったけど、

    それとはまた違った側面を垣間みました。

    やはり深い世界観を持っているのを感じる。

    彼と僕の間、魂の距離がまだ半歩ほどあいていた。

    きっと今後接する機会が増えるにつれて、その距離を縮めてゆけると思う。


    ライヴ後、高円寺にて朝まで飲む。



    <前の日をクリック!

    ↓↓