Hatena::ブログ(Diary)

SASGSG9のログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-11-16 木曜日 曇り

[] 永源寺の紅葉2017(滋賀県東近江市)  永源寺の紅葉2017(滋賀県東近江市)を含むブックマーク


 3年ぶりに行くことができた。以前はオートバイや自転車で行っていたため、駐輪する場所を考える必要もなく、「そこに置いといて」と係の人に言われるまま無料でとめることができた。

 今回は初めて自動車でいったのであるが、8時の開門の少し前に現地入りできるよう時間調整をしたのである。平日と言うこともあり、まずは出勤ラッシュを避けるため早めに出発。永源寺を通り過ぎて、永源寺ダムの西側(右岸)へと入っていく。この道はよく通行止めになっているのであるが、今日は落石注意の看板のみなので入って行けた。所々にある駐車場へ車をとめながら写真を撮っていく。

 7時半を過ぎる頃に永源寺へと移動開始。永源寺から橋を渡った国道421号(元酷道)沿いの駐車場へ入って待機する。8時前に駐車場の係りの人が出勤してきてから車を降り、駐車料金500円(周辺にいくつか駐車場があるがどこも500円)を支払って永源寺へ向かう。国道は鬼のようにとばしている車が通るので十分注意が必要だ。


 紅葉は全体的にほぼ見頃になっている。落葉しているものもあり、タイミングとしてはこのあと一週間が最適ではないかと思われる。

 先行しているのは2,3人だけだったので、まずは広角ズームレンズ(18mm-50mm)でどんどん撮りながら奥へと登っていく。広角で撮影する場合には広範囲が写るため、なるべく人が写り込まないように空いている状態の方がいいためである。

 一番奥まで行ってそこから折り返して戻るのであるが、今度は望遠レンズ(50mm-200mm)へと付け替えて撮影する。この頃には人も増えてくるため、ボケを使った撮影をすることで人が写り込まないのである。


 天候はほとんど曇りの状態だったが、下手に日光が差すよりも光が全体に回るので撮りやすかった。冷え込みは厳しく、写真撮影用の人差し指と親指を露出できる防寒グローブをずっと装着しての撮影であった。


 帰りには赤こんにゃくと炒り豆。それに滋賀県で一番おいしいと思われる草餅を買って帰った。

f:id:SASGSG9:20171116071529j:image

f:id:SASGSG9:20171116084154j:image

f:id:SASGSG9:20171116084058j:image

f:id:SASGSG9:20171116083916j:image

f:id:SASGSG9:20171116083904j:image

f:id:SASGSG9:20171116083804j:image

f:id:SASGSG9:20171116090954j:image

f:id:SASGSG9:20171116085546j:image

f:id:SASGSG9:20171116083704j:image

f:id:SASGSG9:20171116083340j:image

f:id:SASGSG9:20171116082702j:image

f:id:SASGSG9:20171116082300j:image

f:id:SASGSG9:20171116082146j:image

f:id:SASGSG9:20171116081846j:image

f:id:SASGSG9:20171116080907j:image

f:id:SASGSG9:20171116085403j:image

f:id:SASGSG9:20171116084753j:image

f:id:SASGSG9:20171116080751j:image

f:id:SASGSG9:20171116072715j:image

f:id:SASGSG9:20171116072304j:image

f:id:SASGSG9:20171116070508j:image


■今日の動画

  【BBC放送番組】こんにゃくハクション

   https://www.youtube.com/watch?v=nAm--JGz75o

2017-11-10 金曜日 晴れ

[] 丸善 京都本店での販売状況  丸善 京都本店での販売状況を含むブックマーク


 今日は月一の診察のため京都行きだった。検査から診察まで時間がけっこうあるため、三条まで歩いて京都BALにある丸善へ行ったのである。


 売り場面積では綴じ手帳がほぼメインとなっており、やはりバインダー式のシステム手帳は日本において少数派となってしまったようだ。

 その中でも8穴のシステムダイアリーはさらに売り場面積が小さい。丸善では、


 ・ビニールバインダー

 ・年間スケジュール・アクアスマート

 ・日付入りウィークリー・ユポ紙

 ・日付入りウィークリー・普通紙

 ・1 日 1 ページダイアリー

 ・5mm方眼

 ・ショートライン

 ・色無地シート


といったところ。この程度の品揃えでは、使いやすいシステムを組むこともままならない。もっと営業がガンバって売り場を広げてもらうように働きかけてほしいところである。

 以前も指摘したことがあるが、京都BALの建築物としてのユーザビリティの悪さは早く改善して欲しい。久しぶりに地下2階にあるトイレに行ったのであるが、トイレの入り口で男性用と女性用を見分けるだけでも数秒間考え込まなければならない。高速道路のサービスエリアなどで見られるような、分かりやすいユニバーサルデザインにして欲しいものだ(銭湯の入り口にあるのれんを見習って欲しい)。


■今日の動画

  Evanescence - Imperfection

   https://www.youtube.com/watch?v=O6l4ghme4-M

2017-11-06 月曜日 晴れ

[] 九頭竜ダムの紅葉(福井県大野市)  九頭竜ダムの紅葉(福井県大野市)を含むブックマーク


 岐阜県白鳥方向から福井県側に抜けるルートで走った。時間帯が遅くなると白川郷方面へ向かう車でR156は混み合ってくるのだが、早朝はまだ交通量も少ない。途中で九頭竜へ向かうルート(R158)へ入ると交通量はさらに減った。標高が少し上がったところは紅葉もきれいだったが、その後ダム湖へ向かって標高が下がるにつれて濃霧になってしまった。

 瀬戸大橋のプロトタイプ(試作品)らしい「夢のかけはし」でも濃霧だったので、写真はうまく撮れず。


 先行車になってくれる車が通るのを待って、道の駅九頭竜へ先に行った。弁当を売っている店は08:30に開店しているので、ここでマイタケ弁当と里芋の煮付け、それに揚げ餅を購入。


 霧のときは時間が経てば晴れることは間違いないので、ティラノサウルスを動画撮影したりして時間を調整。その後またダム湖へと戻って行ったら、ようやく写真が撮れるところまで霧が晴れていたのである。


f:id:SASGSG9:20171106061155j:image

f:id:SASGSG9:20171106075405j:image

f:id:SASGSG9:20171106074850j:image

f:id:SASGSG9:20171106095749j:image

f:id:SASGSG9:20171106095543j:image

f:id:SASGSG9:20171106095506j:image

f:id:SASGSG9:20171106094714j:image

f:id:SASGSG9:20171106094423j:image

f:id:SASGSG9:20171106094112j:image

f:id:SASGSG9:20171106093817j:image

f:id:SASGSG9:20171106092941j:image

f:id:SASGSG9:20171106091022j:image

f:id:SASGSG9:20171106090827j:image

f:id:SASGSG9:20171106085512j:image



■今日の動画

  Слот - Ля, ля

   https://www.youtube.com/watch?v=BWPZjlB81oA

2017-11-03 金曜日 晴れ

[] もうすぐジムニーの車検  もうすぐジムニーの車検を含むブックマーク


 2年前にしてもらった1回目の車検は、手術直後であったためディーラーまで車を持っていけなかった。担当の営業が車を引き取りにくれて、車検終了後持ってきてもらったのである。そのときに2年後の車検の話もしたのだが、その頃にはすでに死んでるだろうと思っていた。

 幸い今も生きているので車検は受けなければならない。車の買い換えは当然まったく考えていない。先日車検前の点検をしてもらったのであるが、消耗品以外には特に問題なかった。交換が必要なスパークプラグやギアオイルなどはディーラーにやってもらい、エンジンオイルとエアフィルターは自分で交換することにした。


 エンジン周りなどは下手な改造などは行わないほうがいいのであるが、以下の動画を見てやってみたくなった。車検を通るかどうかはわからないが。


●参照動画

  super blowoff shrilling chicken

   https://www.youtube.com/watch?time_continue=89&v=bJZPnxjiHWA

2017-11-02 木曜日 晴れ

[] 名もなき池(モネの池)と川浦渓谷  名もなき池(モネの池)と川浦渓谷を含むブックマーク


 岐阜県関市板取にある。板取はかつて板取村であったが、2005年に関市に吸収合併された。

 1996、1997,2000年に、バイクトライアル世界大会を当時の板取村まで見に行ったことがある。よって板取に行くのは17年ぶりだ。今回は自家用車で行ったのであるが、往路は下道のみ、復路は美濃ICから関ヶ原ICまで高速道路を利用した。


 現地には6時台に到着し、まずはモネの池で写真を撮る。そのあと川浦渓谷(かおれけいこく)へ行くべく北上。渓谷手前までの2kmは狭い舗装林道となっており、走行には十分注意が必要だ。昼間でもヘッドライト点灯で走行すべきである。


●モネの池

 池のすぐ横にある駐車場は、車イスの方など専用になっている。少し離れた国道沿いには無料の駐車場がいくつかあるし、もう少し離れた体育館の駐車場も混雑時には利用できるようである。

 睡蓮の花が咲く季節にまた行きたいところだ。

f:id:SASGSG9:20171101083945j:image

f:id:SASGSG9:20171101083747j:image

f:id:SASGSG9:20171101083443j:image

f:id:SASGSG9:20171102081223j:image

f:id:SASGSG9:20171102081108j:image

f:id:SASGSG9:20171102080958j:image

f:id:SASGSG9:20171102080943j:image


●川浦渓谷

 一枚目の写真のところからトンネルを抜けた左手に無料駐車場がある。そこからさらに50メートル奥にいったところにも駐車スペースがあり、そこにはトイレもある。

 一枚目の写真の5,6メートル手前に車がさしかかったとき、右側から大きなイノシシが道を横切ってきた。左側のガードレールを華麗にジャンプして視界から消えたのであるが、私がこれまでに見たイノシシの中では最大級だったのである(推定90kg以上)。

 そのため、以下の写真の右側からトンネルの向こうまでたどりつける遊歩道を歩いて行く時にはビクビクし通しであった。

f:id:SASGSG9:20171102072739j:image

f:id:SASGSG9:20171102073459j:image

f:id:SASGSG9:20171102073013j:image

f:id:SASGSG9:20171102072148j:image

f:id:SASGSG9:20171102072111j:image

f:id:SASGSG9:20171102072018j:image

f:id:SASGSG9:20171102071837j:image

f:id:SASGSG9:20171102071515j:image

f:id:SASGSG9:20171102071309j:image

f:id:SASGSG9:20171102071119j:image


■今日の動画

  Tecnica Ot Pi - Parte 1

   https://www.youtube.com/watch?v=0Lf9sWXRW24&t=255s

 私が昔板取村へ観戦に行ったころは、オット・ピもまだまだ現役であった。

2017-10-28 土曜日 雨時々曇り

[] 道路上の障害物  道路上の障害物を含むブックマーク


 先日津山市の中国道で、大型トラックのタイヤに起因する死亡事故が発生した。一昨日には滋賀県大津市を走る国道367号線(鯖街道)のトンネル内に落ちていた、軽トラ用とみられるスペアタイアに車7台が次々に乗り上げる事故があった。

 夜間は前方の異物が発見しづらいし、トンネル内では昼でも当然暗い。また、トンネルの出口付近では昼の方が路上の異物を発見するのが難しくなるのでやっかいである。


 山の中を走行する場合は野生動物にも気をつける必要がある。先述の国道367号線は私もよく通っているが、シカが路上にたたずんでいることが時々ある。彼らは車が近づいてきた場合に金縛りにあったかのような状態になって立ちつくしてしまうことも多い。散漫な意識で運転しているとそのままシカに衝突してしまうことになる。


 低照度下での運転では、路上や周辺での異物を「見つける」ことに神経を集中しなければいけない。人間には見ようとする物しか見えないからである。


f:id:SASGSG9:20171028213548j:image

 このイノシシは右側から突然飛び出してきた。しばらく路面の匂いを嗅いで回っていたが、クラクションを鳴らすとようやく動いてくれた。


f:id:SASGSG9:20171028211814j:image

 このオス鹿は雪が降る中を路上にたたずんでいたが、こちらへ向かって駆け寄ってきた。お互い止まった状態で数秒向かい合っていたが、クラクションを鳴らすと向こうへ走り去った。


f:id:SASGSG9:20171028211419j:image

 このオス鹿はこちらを見つけてすぐに向こうへ走り去った。写真では見づらいが車のすぐ前に鹿がはいた息がもやになって残っているのがわかる。


■今日の動画

  Primitive Technology: Natural Draft Furnace

   https://www.youtube.com/watch?v=u7wAJTGl2gc&t=3s

 新作が来た。キャリントンイベントを生き残るのは、この人とセンチネル族くらいだろう。

2017-10-26 木曜日 晴れ

[] 飛騨せせらぎ街道の紅葉  飛騨せせらぎ街道の紅葉を含むブックマーク


 見頃まではあと数日かかりそう。この街道は全長が72kmもあり、その間標高差が700mある。もっとも標高が高いところで1100mを越えるため、標高が上がるにつれて紅葉していく様はタイミング良く訪れればじつに見応えがある。標高の高い場所でも道路沿いに渓流が流れているため、いくつもある駐車スペース(広めのところもあれば、未舗装の狭いところもある)に随時駐車して写真を撮ることができる。ただ、一番きれいなところに駐車スペースがないのは残念なところ。


 今朝も未明から名神高速に乗り、東海北陸道へと入った。もともとの目的地は奥飛騨温泉郷だったのだが、東海北陸道の一部が工事のため夜間通行止めとなっていたため、急遽飛騨せせらぎ街道を通ることにしたのである。峠を越えて高山側に下っていったところ、ものすごい濃霧に突入した。峠では霧はかかっていなかったので、すぐUターンして登り返しそこでの写真撮影に徹することにしたのである。

 ただし、山の中では日が昇ってからもなかなか日光が当たらない時間が続く。そのため峠での写真はコントラストの低いものしか撮れなかった。


 早々に引き上げることにして、郡上八幡ICで高速に乗り、そのまま滋賀県まで帰ったのである。


f:id:SASGSG9:20171026081728j:image

f:id:SASGSG9:20171026081341j:image

f:id:SASGSG9:20171026073445j:image


 今回の写真もたいへん不出来であった。PLやレッドエンハンサーなどのフィルターを使った撮影を練習してみたのであるが、もうひとつ思った通りの色合いにならない。構図も情けない出来なので、もっとしっかり取り組みたいところである。


■今日の動画

  Autumn Leaves - Sarah Vaughan

   https://www.youtube.com/watch?v=FFUsj_1dwKg

2017-10-23 月曜日 雨のち曇り 台風21号通過

[] 台風21号  台風21号を含むブックマーク


 これまで私が経験した台風としては、風の強さは最強であった。2日前から自宅の台風対策は終えてあり、各種ライトの用意やバッテリの充電なども完了しておいた。ヘルメットや雨合羽、ゴーグルやライフジャケットもすぐ使えるようにしておき、強風や竜巻によって自宅の屋根がいきなり吹き飛ぶなどの事態にも備えた。

 投票は数日前に期日前投票によって終わらせてあったため、台風上陸の当日は自宅でおとなしくじっとしておくだけの状況だったのである。


 いつもであればNHKなどは台風情報をぶっ通しで放送するところであったはずだが、今回はほぼ選挙一色といった報道姿勢であった。

 肝心の台風情報は、画面の枠部分に文字情報は流していたが、各地方の災害現場に赴いているはずの取材班による映像などはごくわずかな時間にしか流されなかった。

 民放局であればそのような報道でも許されるが、NHKがこのようなことをしているのは絶対に容認できない。頼みの綱であるラジオでさえ選挙速報メインとなっていたのには絶望するしかなかった。


 しかたなくネットで河川水位情報などを随時調べ、水位の上昇率からおおざっぱに避難準備情報や避難勧告が出るであろう時刻を推測。1時間程度の誤差はあったが、概ね予測通りに順次自治体から避難勧告などが流れた。しかも、もっとも風雨が激しくなった夜中にである。

 とはいってももともと指定された避難所に避難するつもりはなかった。自治体の避難計画そのものがそもそも破綻していると普段から考えていたからである。なにしろ氾濫するとされる河川に向けての避難、もしくはより標高の低い地域へ避難しろというバカげた避難計画なのだ。


 避難勧告は7時間にわたり発令されたが、結果的に自宅周辺で実害は発生しなかった(これは偶然実害がなかったにすぎない)。すぐちかくに土砂災害をもたらすような山や斜面があるなどの条件がなければ、自宅にとどまるという選択もありであろう。災害の種類や様々な条件なども考慮して、普段から避難方針や手段を十分検討しておくことが最も必要なことである。じっさい、自主的に避難してきた市民には食料や飲料も出さない自治体さえあるのだから、行政はとてもあてにできないのである(マスコミもしかり)。


<災害用リンク

  【LIVE】 最新天気・地震情報 ウェザーニュース SOLiVE24

   https://www.youtube.com/watch?v=kfTq_A9nBM0

  気象庁 洪水警報の危険度分布

   http://www.jma.go.jp/jp/suigaimesh/flood.html

  国土交通省ハザードマップポータルサイト

    https://disaportal.gsi.go.jp/

  デジタル台風:リアルタイム雨雲レーダー(気象レーダー)画像(Google Mapsグーグルマップ版)

   http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/radar/google-maps/

  earth :: an animated map of global wind, weather, and ocean conditions

    https://earth.nullschool.net/jp/#current/wind/surface/level/orthographic=-212.28,32.40,1024

2017-10-21 土曜日 曇りのち雨

[][] Microsoft Office 365 solo購入  Microsoft Office 365 solo購入を含むブックマーク


 とりあえず1年払いで購入。1年後に生きていれば1年払いか月払いで継続していく方針。

 ダウンロード購入なのですぐにインストールし、Office2007は削除した。Office 365はOffice2016と同じものなので、その後の作業はOffice2016として扱うことになる。

 まずはあらかじめバックアップしておいたOutlook2007の予定表ファイルインポートする。その後palmとシンクロさせようとするが、見た目はエラーになっていないのにデータは同期されず。調べてみるとpalmの同期ソフトであるHotsyncはOutlook2016に対応していないらしい。さらに調べると、以下のリンクに修正パッチがあった。ダウンロードしてパッチを当てたところ正常に同期された。

 ※パッチの利用は自己責任で。


●参照URL

  https://h30434.www3.hp.com/t5/Palm-and-WebOS/Patch-Update-Universal-Outlook-2010-2013-2016-Hotsync-update/td-p/5474835


 Outlook2016とpalm本体の同期はうまくいったが、gsyncitとGoogleカレンダーとの同期がうまくいかず。いったんgsyncitを削除して再インストールしたところ正常にシンクロするようになった。


 以上、各ソフトの連携部分における手間はやむを得ないところである。しかし、マイクロソフト製品そのものの使い勝手は相変わらず悪い。むしろどんどん分かりにくい方向へいっており、ますます使いづらくなっている。マイクロソフトの製品は「そびえ立つクソ」(by ハートマン先任軍曹)以外のなにものでもないと断言できるであろう。


■今日の動画

  軍隊ランニング(日本語訳付き)

   https://www.youtube.com/watch?v=VzvfLEeJfd8

2017-10-17 火曜日 雨のち曇り

[][] 白川郷と白山白川郷ホワイトロードの紅葉  白川郷と白山白川郷ホワイトロードの紅葉を含むブックマーク


●白山白川郷ホワイトロード

  http://hs-whiteroad.jp/


 久しぶりに高速道路を利用。普段はETC端末にETCカードを入れていないので、チェックリストに記入して確実に確認するようにした。早朝割引が適用されるように3時台に高速に乗った。インターへ入る前にラジオのアンテナを(手動で)伸ばし、1620kHzを受信状態にしておく。

 雨が降っているため速度は80キロ制限となっていた。いつも通りに80キロで定速走行しているトラックの後方につく。雨の時は路上に落ちている異物などが見づらいため、前のトラックの動きで早めに異常を検知することができるのである。


 また、万一の事故やカンカンに怒った人に停車させられることに備え、反射ベストと三角表示板、それに米国アマゾンから以前購入した以下の製品を準備しておく。


●参照URL

  Heliar LED Road Flares Emergency Disc Roadside Safety Light Flashing Road Beacon

   https://www.amazon.com/dp/B071K5CX3R/ref=nav_timeline_asin?_encoding=UTF8&psc=1


 名神高速から東海北陸自動車道へと一宮JCT(事故多発地帯)でスイッチし、そこからはスッカスカの高速をひたすら北上。ひるがのサービスエリアで、計画通りに休憩・給油をする。標高860m(日本一高いところにあるサービスエリア)なので、気温は7度であった。


 前回白川郷に行ったときには白川郷インターチェンジで高速を降りたが、今回は荘川インターチェンジで降りた。白川郷までの下道として国道156号をあらかじめ走っておくことで、高速が事故などで通行止めになったときの迂回路を確認しておくことが理由である。また、高速を走るより下道のほうが断然面白い。できれば全行程を下道で移動したいが、体力的にもたない。


 下道でも一部霧が出ているところはあったが、おおむね快調に走れた。少し明るくなった頃に白川郷合掌集落手前の「道の駅 飛騨白山」でトイレに行き、そのあと荻町城跡展望台へ車で上がって写真を撮った。いい具合に霧が出ていたが、もうひとつ撮り方がわからず。


 10/22(日)までは白山白川郷ホワイトロードに7時から入場できるため、ちょうどいい時間に白川郷からホワイトロードへと移動を開始。7時過ぎに料金所へと到着。今回は岐阜側から石川側へそのまま走り抜ける片道予定のため、軽自動車の片道料金1400円を支払い。車には前方と後方にビデオレコーダーをつけているため、制限速度通りにゆっくり走っていく。標高があがっていくと、山並みにかかる霧がいい被写体となった。

 紅葉は最も標高が高いところでは落葉が進んでいるが、中腹より少し上では見頃、下の方はまだまだこれからといったところであった。


 石川県側でメインの見所である「ふくべの大滝」に到着。乗用車が1台駐車(しかも斜め)してあったが、バスの駐車スペース2台分を乗用車1台で占拠するという傍若無人ぶりを発揮する和泉ナンバーであった。ナンバープレートを見た私は何度もうなずいたのである。雨の直後ということもあり、滝の水量は多めに感じた。写真を撮っていると石川側からどんどん車がやってきて駐車場も埋まっていく。先の斜め止め乗用車が走り去った直後に中型バスがやってきた。やはりここでも中国人観光客は多いようだ。

 このあたりまで下りてくると紅葉もまだまだなので、今回はあっさり撮影は終了して石川県側の料金所から退場したのである。


f:id:SASGSG9:20171017063952j:image

f:id:SASGSG9:20171017064612j:image

f:id:SASGSG9:20171017072820j:image

f:id:SASGSG9:20171017073010j:image

f:id:SASGSG9:20171017075122j:image

f:id:SASGSG9:20171017075225j:image

f:id:SASGSG9:20171017075858j:image

f:id:SASGSG9:20171017080238j:image

f:id:SASGSG9:20171017081722j:image

f:id:SASGSG9:20171017083340j:image


■今日の動画

  ERIC DOLPHY, Miss Ann

   https://www.youtube.com/watch?v=Ta8FdXq52Jw