Hatena::ブログ(Diary)

SASGSG9のログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-04-14 土曜日 曇りのち雨

[] 聴竹居(京都府乙訓郡大山崎町)  聴竹居(京都府乙訓郡大山崎町)を含むブックマーク


 先日テレビで取り上げられているのを見て、ひと月ほど前に予約し、見学に行ってきた。


●参照URL

  公式サイト

   http://www.chochikukyo.com/


 一般の見学は週に3日で、一日4回に分けての見学となる。写真の撮影はあらかじめ所定の書類をプリントアウトして必要事項を記入しておき、見学するときに提出する必要がある。撮影した写真をブログホームページなどに無断で掲載することは禁じられており、許可をもらわなければならない。


 見学は係のかたの説明を聞きながら1時間ほどと、その後は時間の制限がくるまで自由に見ることができる。

 写真撮影は他の見学客の邪魔にならないようにしなければいけない。シャッター音を小さくできて、取り回しもいいコンデジが使いやすいだろう。室内は照明が暗いので、なるべくF値の小さい明るいレンズが適している。

 写真撮影の許可を受けたとき、首にかける許可証を貸与されるが、帰り際に返し忘れないよう気をつける必要がある(私は危うく返し忘れた)。


 説明内容をメモするのには、いつものようにシステムダイアリーを使った。以下に、その内容の一部を箇条書きで書いておく。


・聴竹居を建てるまでに、藤井厚二は実験住宅を建てた。聴竹居のすぐ横にある茶室のあるあたりに、水平方向に回転する住宅を建て、700日ほどかけて日の当たる方向・角度、壁や室内の温度変化、風の吹いてくる方角や流れなどのデータを収集した。それらのデータを元に修正を加えていき、最終的に聴竹居を建てた(詳細は藤井厚二が著した「日本の住宅」に記載されている)


屋根が緩やかで、庇が長い。これにより夏の日差しを遮り室温上昇を抑える。冬場は日が低いので室内まで日光が入る。聴竹居の庇の長さは、宮城県から九州までの範囲で適合する。

・小舞壁を使うことで湿気や温度がこもらないようにしている


・1928年の建設当時では異例と言える天井の高さ


・居間は30平方メートルあり、家で生活している家族が中心となる設計(客間は狭い)

・居間の天井灯(円形)は3つで、サイズがそれぞれ異なる


・実験住宅(聴竹居を含む)の建築費用は、藤井厚二の兄が出している(藤井家はたいへんな資産家だった)


・神棚・仏壇は格納されていて、普段は目に見えない状態になっている


・サンルームの天井から屋根にかけては仕切り板で2層構造になっており、銅板の屋根からの熱は仕切り板によって作られた空気の層によって室内へと及ばないようにしてあり、屋外へと排出される

・サンルームのガラスはドイツ製で、建築当時から現在まで1枚も割れていない。阪神淡路大震災の震度5でも被害がなかった

・サンルームの窓枠は、開閉した時に隙間ができないような削り方がされている


・各部屋の敷居は完全にバリアフリーになっていて段差はない


・お風呂を沸かすのは薪を使うが、それ以外の熱源(コンロ、冷蔵庫、電気温水器)・照明はすべて電気(オール電化)

・サンルームに置いてある電気ストーブは藤井厚二のデザイン。電源投入直後は電熱線が赤くなるが、その後青くなる


・勉強部屋は作り付けの机が3つ(娘二人と藤井厚二がそれぞれ使用)

・各机に、電気スタンド用のコンセントがある。また、天井は明りが反射しやすいよう竹で編んである

・娘の机にはプライバシーを保護するため鍵付きの引き出しが備え付けてある


・客間は椅子・ソファーとテーブル。椅子は和服に帯をした女性の服装に対応したデザイン

・蓄音機が置いてあるが格納されたまま音が流れるようになっている


・食堂は外から見えないように15cm居間より高くなっている

・食事は台所で女中が作り、引き戸を開けて食堂側に出す

・調味料などを収納している棚は、台所側からも食堂側からもアクセスできる

・食堂の天井にはかつて金箔が装飾されていた。そのため食堂にある天井灯のサイド部分には、明かりがもれて金箔を照らすように穴が穿ってある

・台所にはスイス製の電気冷蔵庫がある。触媒はアンモニア

・シンク横には生ゴミ用のダストシュートがあり、噴霧状にした水を勢いよく吹き付けることで、ゴミが付着しないような構造になっている

・台所の壁やタイルは白で統一されていて明るい

・風呂は薪を使っているため、メンテナンス業者専用に潜り戸が作られている



 見学前に何冊か聴竹居関連の本を読んでいたが、それらには書かれていない内容がたくさん聞けた。係の人によって説明のポイントが違っているらしいので、1回と言わず各季節ごとに訪れたいと思った。ちなみに今の時期は新緑がとてもきれいである。


 このような住宅が90年前に建てられたとは、驚くばかりである。建物そのものは部分的にかなり老朽化しているところもあり、以前は立ち入って見学できたところが立ち入れなくなった部分もあるらしい。

 今のところ一般見学では日本語のガイドしかなされていないようだ。同時刻に見学していた人たちもすべて日本人だったので、京都市内の観光客とは違って外国人の数は極めて少ないと思われる。


■今日の動画

  John Coltrane - I Wish I Knew

   https://www.youtube.com/watch?v=ju02Q2dfYDw

2018-04-05 木曜日 曇り

[][] 駒井家住宅 駒井卓・静江記念館 京都市  駒井家住宅 駒井卓・静江記念館 京都市を含むブックマーク


 しばらく前から、建築物への興味が増してきた。寺社仏閣のような建築物は今後も長きにわたって残っていくだろうし、見学できなくなることも少ない。

 一方、個人の住居として使われるような戸建て住宅などは、経年劣化のため取り壊されてしまったり、人が住まなくなったために見学が不可能になったりする。

 見学可能なところは今のうちにできるだけ見ておこうということで、今回は京都行きのついでに表題の住宅を見てきた。


●参照URL

  http://www.national-trust.or.jp/protection/index.php?c=protection_view&pk=1490651710


  https://www.facebook.com/events/353793978362735/


 普段は金曜・土曜のみ一般公開となっているが、4月と5月には短期間ながらも特別公開日がもうけられている(上記フェイスブックを参照)。


 4/2(月)に見学に行ったのであるが、早い時間帯であったためほぼ一人だけで館内を見学できた。

 もともと普通の住居であるため、門を通って玄関に行き、玄関で靴を脱ぐ。靴箱はないのでスノコの横に靴はそろえて置いておく。廊下に並べてあるスリッパを履いてまっすぐリビングへ入ると左手に受付がある。誰もいなければ声をかけるか、玄関に置いてあるベル(押すとチーンと鳴るやつ)を鳴らせば人が出てきてくれる。

 ボランティアの方が数名いるので、まずは説明を受けながら全体を見て回る。人によって説明のポイントが多少違っているようなので、あらかじめネット情報をなるべくたくさん調べておき、自分が見たい箇所を把握しておいたほうがいいだろう。


 一通り説明を聞き終わってから持参したデジカメLumix LX7)で写真を撮っていく(室内・外観ともに写真撮影は可能であるが、三脚の使用は禁止とのこと)。

 一眼レフも持参していたのであるが、F値が小さくレンズ交換不要で広角も撮影できるLX7を使用したのは正解であった。


 1階に和室があり、ここだけはスリッパを脱いで靴下で入る。穴の開いた靴下を履いていかないよう注意したいところだ。

 座ってはいけない椅子にはそのように書かれているし、触ってはいけない物にも同じように掲示がなされている。入ってはいけないところはロープで仕切られているので、それらの表示を見落とさないようにしたい。

 また、敷居や畳の縁を踏まないようにするのは当然のことである。


 2階へと上がる階段はさすがヴォーリズ建築といったデザインであるが、見た目だけではない。生前、駒井静江さんは自宅にいるときは和服をお召しだったようで、和服でも上り下りがしやすいよう設計されているとのことだった。

 2階には寝室・駒井先生の書斎がある。蔵書はそのまま残されているようで、作り付けの書棚に収められていた。ただ、紫外線対策のために赤いカーテンがかかっており、そのためかホワイトバランスを調整してもかなり赤みがかった写真しか撮れなかった。

 寝室とつながったサンルームからは、大文字山が見える。ロッキングチェアが置いてあり、係の人に促されて座ってみたが、送り火を見るには特等席といったところだ。


 白川疎水のすぐ横に位置する立地は、実に閑静で観光客もほとんどいない。銀閣寺や修学院方面あたりを観光するなら、この駒井家住宅の見学もおすすめしたい。


20180402105240

20180402105344

20180402105447

20180402105528

20180402105626

20180402104335

20180402105151

20180402105202

20180402105214

20180402105224

20180402103601

20180402103611

20180402103621

20180402103702

20180402103844

20180402103118

20180402103256

20180402103325

20180402103414

20180402103535

20180402102519

20180402102703

20180402102804

20180402102911

20180402102935



■今日の動画

  U.D.O. - I Give As Good As I Get (official clip, 2011) AFM Records

   https://www.youtube.com/watch?v=gOtTyWIJD1Q

2018-03-31 土曜日

[] 桜2018  桜2018を含むブックマーク


 昨年は桜撮影をする気力がなかったためほとんど撮りに出かけなかった。有名なところは人も多いし、渋滞に巻き込まれるのも面倒なので正直気が進まなかったのである。

 今年はもう少しやる気を出そうということで、有名どころ以外にも撮影して回るように頑張ってみるつもりだ。ただし、例年と比べて開花・満開へとあっというまに至ってしまった。残るは桜吹雪といったところなので、普段はあまり使わないシャッター優先モードでの撮影を練習しておきたい。


20180331114228

20180331122728

20180331123043

20180331125325

20180331125605

20180331125708

20180331130334

20180331131623

20180331052700

20180331053847

20180331054041



■今日の動画

  the SLoT - F5

   https://www.youtube.com/watch?v=A3q9JiqjUy8

2018-03-16 金曜日 雨のち曇り

[] 神の数式 完全版 第3回・第4回放送予定(NHK BS1 2018/03/17 12:00 - 13:50)  神の数式 完全版 第3回・第4回放送予定(NHK BS1 2018/03/17 12:00 - 13:50)を含むブックマーク


2018/03/22(木) 11:00-11:50 NHKBS1

  神の数式 完全版 第3回「宇宙はなぜ始まったのか〜残された“最後の難問”〜」[再]


2018/03/23(金) 11:00-11:50 NHKBS1

  神の数式 完全版 第4回「異次元宇宙は存在するか〜超弦理論“革命”〜」[再]


 NHKオンデマンドの特選ライブラリーで、全4回完全版が視聴可能であるが、なぜかテレビでの再放送がなされない状態が数年にわたって続いていた。

 いつ再放送されてもいいように、Panasonicのディモーラというサービスに「神の数式」というキーワードを登録して自動で録画予約するように設定していた。しかし、どういうわけか明日の再放送がひっかかっていない。設定を確認すると、自動録画をする設定ではリストアップされず、自動録画しない設定ではリストに表示されるという不具合が発見された。他のキーワードでは正常に自動録画されるのに、なぜ「神の数式」だけが不具合を起こすのかは不明である。


 第3回・第4回が再放送されることがわかったとき、第1回と第2回は見逃してしまったのかと思った。しかしながら、過去のテレビ番組表を調べても放送された形跡がない。そこで思い至ったのがホーキング博士の逝去である。おそらくホーキング博士がかかわってくる3,4回のみを今回放送することにしたのであろう。できれば1,2回も同時に放送して欲しいところだ。南部陽一郎博士の「自発的対称性の破れ」に関するくだりは、日本人として誇りに思えるからである。


■今日の動画

  SALVATORE ACCARDO SUONA PAGANINI-"CADENZA IN MI MINORE" 1974

   https://www.youtube.com/watch?v=uQ7__OUB54c

2018-03-06 火曜日 晴れ

[][] VZエディタ テキストファイル保存時の不具合対処  VZエディタ テキストファイル保存時の不具合対処を含むブックマーク


 2日前より発生。日記ファイル(行動記録)を入力後、自動保存または手動保存したのち、過去の特定日付に保存した段階まで戻ってしまう。そのため、特定日付から保存操作時までに入力した内容が消えてしまう状態。

 テンポラリファイルがからんでいるようだが、私のスキルでは原因を特定できない。とりあえずノートパソコン(Panasonic CF-R5)のバックアップから最新の日記ファイルを200LXに戻しておく。

 その上で以下の作業をして再発しなくなった。


<対処法>

HP200LXにて、


CTRL + ALT + DEL すぐにALT押下。

数字4押下 これでAドライブを生DOSで起動させる。


日付 時刻はenterのみ押下してプロンプトまで持っていく。


A:\JKIT\EMSINST enter押下。


120 enter押下。これによりEMSを120ページに設定する。問題が起きれば上記と同じ手順でページ数を減らす。

とりあえず120ページで現象は消えた。



以上の対処方法は、VZマクロのCLIPで取ったメモをそのまま貼り付けたもの。


 最近はHP200LXの使用頻度が上がっているため、とにかく異常が出ずに動いていて欲しいところである。HP200LXネット関連については厳しいので、WindowsXPLinux mintデュアルブートにしてあるレッツノートCF-R5(予備も含めて3台ある)も併用している。

 XPDOSソフトとOffice2003(ここまでさかのぼらないとロータス1-2-3との連携が取れない)をスタンドアローンで利用。Linux mintネットにつなぐときに利用。最近のLinuxは10年前のものと比べるとかなり重くなっているのがちょっと問題である。


■今日の動画

  Charlie Parker & Coleman Hawkins 1950.wmv

   https://www.youtube.com/watch?v=Ta_UByyi4Z0

2018-03-02 金曜日 晴れ

[] 苫小牧市でロードサービス社員男性が死亡した件  苫小牧市でロードサービス社員男性が死亡した件を含むブックマーク


 NHKのニュースでは表面的な事実をあっさり伝えて終わってしまった。しかし、民放のニュース並にこの事故をつっこんで検証した報道をNHKは行うべきである。

 「不要不急な外出は控えて」とニュースで訴えながら、NHK記者が今回のような気象条件のなかシカ撃ちに出かけて、このような事態を引き起こしたのは言語道断である。

 突然の天候悪化により、予測不能な状況に陥ったというならともかく、今回の天候悪化は数日前から予測されていた。さらに何度も気象庁から注意の呼びかけがなされ、報道機関も報道をしていた。そのような状況であるのに、自らの娯楽のための狩猟にでかけたのである。まったく許しがたい自分勝手な行動であるといえる。


 民放の報道内容を見ると、ロードサービス会社側の行動にもいくつか判断ミスが含まれているようだ。低体温症の怖さと、悪天候で行動不能になった場合の対処方法をあらかじめ十分把握しておく必要があるだろう。

 今後温暖化がすすめば、今シーズンのような寒波襲来はめずらしくなくなる可能性がある。救助を必要としないような行動を自らの判断でとれるようにするのが、もっとも重要なことなのである。


●参照日記

  大雪に備えた車載道具

   http://d.hatena.ne.jp/SASGSG9/20170124


私は今までにたくさんの誤りを犯してきましたが、幸運に救われたことが何回かありました。でも、いつも命を危険にさらしていれば、そのうちに必ず死にます。

 心得ておくべきは、「これは自分にはできる。しかし、これはできない」ということです。「これは自分の限界だ。これ以上は上に行けない。もう少し低いところにいよう」ということを時々刻々心得ていることはクライミングの基礎の一部です。しかし、何回も限界を超えて登っていると、必ず死にます。登山術とは生き残ることで、死ぬことではありません。

・・・・

 私は非常に用心深い男です。「これは自分にはできないな」と感じれば、できるという確信を得られるまで長いこと待ちます。いちかばちかということはしません。


  ラインホルト・メスナー


  「ビヨンド・リスク」p31


低体温症にかかりはじめると、中央のサーモスタットが反応し、熱を四肢から体の芯に引き寄せようとする。そうなると、手足がこわばりはじめる。芯の温度が落ちるにつれて、体は頭からも熱を引き寄せ、血の循環が悪くなって、頭脳が必要とする酸素や糖が得られなくなる。それがほんとうに危険なのは、なにが起きているかという自覚がないことだ。低体温症が真っ先にやるうちのひとつは、自分を救おうとする意志を奪うことだ。ふるえるのもやめ、心配もしなくなる。それどころか、死にかけていても、いっこうに気にならなくなる。脈拍が不規則になり、眠くなって意識がもうろうとし、やがては意識を失う。治すには外部から熱を与えるしかない――火、温かい飲み物、あるいは他人の体で。

 「ファイアウォール」  アンディ・マクナブ p504

ビヨンド・リスク―世界のクライマー17人が語る冒険の思想
ビヨンド・リスク―世界のクライマー17人が語る冒険の思想Nicholas O’Connell

山と溪谷社 1996-12
売り上げランキング : 171775

おすすめ平均 star
starヴォイテクの写真がカッコいいです
starこれは読むべし!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ファイアウォール (角川文庫)
ファイアウォール (角川文庫)Andy McNab

角川書店 2003-04
売り上げランキング : 104454

おすすめ平均 star
starトホホだけど
starなんともかっこよくないヒーロだ
star「ニック・ストーン」シリーズ第3巻

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■今日の動画

  【レスキュー 『篠原 秋彦の軌跡』1_6】

   https://www.youtube.com/watch?v=5HvWVAi9d4Y

2018-02-26 月曜日 晴れ

[] ピョンチャンオリンピック終了  ピョンチャンオリンピック終了を含むブックマーク


 オリンピックが始まるまでに、ブルーレイレコーダー用に外付けハードディスク(3TB)を取り付けて、長時間録画に対応できるよう準備をしておいた。ただし、オリンピック中も定期的に録画している番組は録らなければならないため、録画できる競技はどうしても限定されてしまう。

 その中で全試合を録画したのは、カーリング女子の予選リーグ・決勝トーナメントであった。冬季オリンピックではいつもカーリングメインでしか見てこなかったが、今回は特に面白かった。


 一方で、録画しておきたかったのにできなかった競技が、アルペン女子スーパー大回転の決勝である。金メダルを獲得したエステル・レデツカ選手の一連の言動は、是非残しておきたかったところである。


 次回の冬季オリンピックは見られるかどうかわからないが、東京オリンピックはなんとか見たいものだ。もし生きていればおそらく、レスリング女子と柔道男女のみをすべて見るという偏った観戦のしかたになるであろう。


■今日の動画

  Scorpions - Don't stop at the top (1988) HQ

   https://www.youtube.com/watch?v=Unjgyphu2-k&list=RDUnjgyphu2-k

2018-01-28 日曜日 曇りのち一時雪

[] タクティカルパンツのスナップ修理  タクティカルパンツのスナップ修理を含むブックマーク


 長年愛用しているものであるが、生地が裂けないような作りであるためほとんど劣化していない。ところが、ジッパーの上部についているスナップボタンがゆるくなっていまい、しっかり止まらなくなってしまった。


 とりあえずネットで調べた方法で直そうとするが、効果がないどころか悪化した。すかすかの状態になってしまったのである。やっぱりネット情報ダメだなと思い直し、しばらくのあいだスナップボタンを虫眼鏡で観察しながら方法を考えた。

 出てきた結論はオス側の突起を垂直に上から金槌で叩き、突起の直径を広げることであった。


 早速工具箱から金槌と土台になる金属(今回はソケットレンチの特大ソケット)を取り出し、ソケット部分にオス側スナップを固定して軽く叩いてはテストを行うことを繰り返した。何度かテストをして最適な力でスナップが固定されるところで作業を終了。当面はこれで問題ないだろうと思われる。


 上記の手順はすぐさまHP200LXに常駐させているVZエディタで入力。すぐに「CLIP」というマクロを起動してメモファイルに格納した。

 もちろんごらんのようにはてな日記にも入力しているわけであるが、一企業が運営しているサービスというのはいつ停止するかわからない。また、個人情報が含まれるような内容であれば一般に公開するわけにもいかないのであるから、非公開の形(できればスタンドアローンな端末に)で記録しておくべきである。


■今日の動画

  Primitive Technology: A-frame hut

   https://www.youtube.com/watch?v=_7985zBEM3o


 最近はこの人と同じような撮影、編集をした動画も多くなってきた。いろんな国のいろんな手法が見られるのはおもしろい。ただ、BGMを入れている動画は正直勘弁して欲しい。

2018-01-14 日曜日 雪のち曇り

[] 本の整理  本の整理を含むブックマーク


 知らないうちに2018年もすでに2週間経過した。しかしながら、私としては年が暮れようが明けようが、どうでもよいことなのである。年単位で時間の経過を測ることはもはや意味をなくしているからである。

 よって、年末の大掃除も当然やっておらず、年が明けて一週間以上経ってから行った。ついでに本の整理もやったのであるが、2年半ほど前の手術直前に行った本の大量処分からこれまでの間に、またもや本が大量に増殖している。ここのところはとにかく手元にある本をひたすら読んでいる段階なので、増殖も一旦停止している状況である。


 年が明けてからはブックオフの2割引セールをはしごしたりして読みたい本を少し買い増しした。しかし、ブックオフのような形態の店舗では、希少な絶版本の入手は年々困難になってきている。それと同時に、わずか数年後には(もしくは発売時点でさえ)社会的価値がなくなっているような本が売り場の一定面積を占有するようになってきている。店舗側としては利益を上げるのが最優先であるから、今売れる商品を置くのは当然のことなのでこれには文句を言えない。この傾向は小型の新刊書店でも見られる現象である。自分にとって価値のある本が目に入らないので、それらは存在していないのと同じことになってしまうのである(量子力学の世界そのものである)。


 よって、ときどき大型書店の売り場をすべて見て歩くようにしている。とにかくすみからすみまでジャンルを問わず背表紙を見て歩くのである。気になった本は手に取って中身も見るのでとにかく時間がかかり、体力も消耗する。年明けに京都で定期的な診察があったときにこれをやったのであるが、2日後には高熱が出て寝込んでしまったほどである。

 膨大な数の本を見ていっても、購入してみようと思ったのは10冊程度しかなかった。実際に購入したのは「アウシュヴィッツの図書係」という本で、1年半ほど前に日本で翻訳されたものである。最終的にはKindle版を購入したのであるが、紙の本を買わなかった理由は保管スペースの不足によるものである。


 これまで書評めいた内容のことはあまり書いてこなかった。今後も積極的に書いていこうとは思わないが、どうしても紹介したい本については書いていくようにしたい。ただし、内容をくどくど書くのはまだそれを読んでいない人にとって不利益なだけなので、ごく短い紹介文程度のものになるであろう。


■今日の動画

  Oliver Nelson ~ Yearnin'

   https://www.youtube.com/watch?v=2ibiHLgDAEs

2017-12-27 曇り時々雪

[] 車の修理が完了する  車の修理が完了するを含むブックマーク


 完了するのは年が明けてからとディーラーから言われていたが、予定より早く修理が終わった。

 損傷を受けた部分はピンポイントで数カ所といったところだったので、それらの部分を新品に交換したのが主な修理内容。総額は40万円ほどだが、車両保険のおかげで修理に関する費用は発生せず。任意保険の等級が上がることで向こう3年は年に3万円ほど保険料が上がるが、気にすることでもない。


 先日CSで放送されている「ザ・山男」を見ていたのであるが、ライフルで撃たれた場合でもシカは2分ほど動けるらしい。もちろん脳幹や脊髄などを撃たれれば即死もしくは行動不能になるだろうが、そうでなければアドレナリンが大量に分泌されることで、危険地帯からとりあえず離れる程度は活動できるようだ。


 車が受けた損傷からすると、衝突直後に姿を消していたものの、おそらく数十メートルから数百メートル移動した森のなかで絶命した可能性が高いと思われる。なんともかわいそうなことをしてしまったものだ。


 走行中に録画していた映像を何度も見たのであるが、ゆるい右カーブの途中で斜め右方向から車の正面に向かって走り寄ってきていた。ぶつかる直前までシカの存在に気づかなかったのであるが、激しい雪でヘッドライトをハイビームにできなかったことも発見できなかった要因であろう。

 また、路面が完全に雪で覆われていたため、フォグランプを点灯していたのであるが、これもより遠くを見るためには障害となる。雪の場合はとくにスポットライト効果が大きくなるので、発見が遅れた要因のひとつであろう。


 衝突したときには相手がシカであることをはっきり確認できていたので、衝突後のブレーキングは意図的にゆるくかけるようにした。ABSが作動するような激しく踏み込むブレーキングをしていたら、ワイヤー式のガードレールと橋の欄干の切れ目部分にアンダーステアの状態で突っ込んでいき、車は中破か大破し、私も何らかの肉体的ダメージを受けていたであろう。


 悪天候のときにはできれば車に乗らないようにすべきであるが、日常生活を送るうえではそうもいかない。そのため、あらゆる条件のときにより安全に走行できるよう理論面、技術面で経験値を上げておくことは必要である。以下に冬がくるたびに繰り返し目を通している書籍を紹介しておく。


●参照書籍

雪道だって大丈夫!スノードライブ徹底マスター (JAF CAR BOOKS)
雪道だって大丈夫!スノードライブ徹底マスター (JAF CAR BOOKS)島田 親吾

JAF出版社 1995-12
売り上げランキング : 862485


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


雪路・氷結路のドライビング (Car books)
雪路・氷結路のドライビング (Car books)木全 巌

山海堂 1984-11
売り上げランキング : 1199465


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■今日の動画

  Toni Bou - Tribute

   https://www.youtube.com/watch?v=_oNNjHlKOxo