Hatena::ブログ(Diary)

SASGSG9のログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-03-02 金曜日 晴れ

[] 苫小牧市でロードサービス社員男性が死亡した件  苫小牧市でロードサービス社員男性が死亡した件を含むブックマーク


 NHKニュースでは表面的な事実をあっさり伝えて終わってしまった。しかし、民放ニュース並にこの事故をつっこんで検証した報道NHKは行うべきである

 「不要不急な外出は控えて」とニュースで訴えながら、NHK記者が今回のような気象条件のなかシカ撃ちに出かけて、このような事態引き起こしたのは言語道断である

 突然の天候悪化により、予測不能な状況に陥ったというならともかく、今回の天候悪化は数日前から予測されていた。さらに何度も気象庁から注意の呼びかけがなされ、報道機関報道をしていた。そのような状況であるのに、自らの娯楽のための狩猟にでかけたのである。まったく許しがたい自分勝手な行動であるといえる。


 民放報道内容を見ると、ロードサービス会社側の行動にもいくつか判断ミスが含まれているようだ。低体温症の怖さと、悪天候で行動不能になった場合対処方法をあらかじめ十分把握しておく必要があるだろう。

 今後温暖化がすすめば、今シーズンのような寒波襲来はめずらしくなくなる可能性がある。救助を必要としないような行動を自らの判断でとれるようにするのが、もっと重要ことなである


●参照日記

  大雪に備えた車載道具

   http://d.hatena.ne.jp/SASGSG9/20170124


私は今までにたくさんの誤りを犯してきましたが、幸運に救われたことが何回かありました。でも、いつも命を危険にさらしていれば、そのうちに必ず死にます。

 心得ておくべきは、「これは自分にはできる。しかし、これはできない」ということです。「これは自分限界だ。これ以上は上に行けない。もう少し低いところにいよう」ということを時々刻々心得ていることはクライミングの基礎の一部です。しかし、何回も限界を超えて登っていると、必ず死にます。登山術とは生き残ることで、死ぬことではありません。

・・・

 私は非常に用心深い男です。「これは自分にはできないな」と感じれば、できるという確信を得られるまで長いこと待ちます。いちかばちかということはしません。


  ラインホルト・メスナー


  「ビヨンドリスク」p31


低体温症にかかりはじめると、中央のサーモスタットが反応し、熱を四肢から体の芯に引き寄せようとする。そうなると、手足がこわばりはじめる。芯の温度が落ちるにつれて、体は頭からも熱を引き寄せ、血の循環が悪くなって、頭脳必要とする酸素や糖が得られなくなる。それがほんとうに危険なのは、なにが起きているかという自覚がないことだ。低体温症が真っ先にやるうちのひとつは、自分を救おうとする意志を奪うことだ。ふるえるのもやめ、心配もしなくなる。それどころか、死にかけていても、いっこうに気にならなくなる。脈拍が不規則になり、眠くなって意識もうろうとし、やがては意識を失う。治すには外部から熱を与えるしかない――火、温かい飲み物、あるいは他人の体で。

 「ファイアウォール」  アンディ・マクナブ p504

ビヨンド・リスク―世界のクライマー17人が語る冒険の思想
ビヨンド・リスク―世界のクライマー17人が語る冒険の思想Nicholas O’Connell

山と溪谷社 1996-12
売り上げランキング : 171775

おすすめ平均 star
starヴォイテクの写真がカッコいいです
starこれは読むべし!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ファイアウォール (角川文庫)
ファイアウォール (角川文庫)Andy McNab

角川書店 2003-04
売り上げランキング : 104454

おすすめ平均 star
starトホホだけど
starなんともかっこよくないヒーロだ
star「ニック・ストーンシリーズ第3巻

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■今日の動画

  【レスキュー篠原 秋彦の軌跡』1_6】

   https://www.youtube.com/watch?v=5HvWVAi9d4Y