獅子乃湯本館。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数 789763
カレンダー
<< 2004/04 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
人気blogランキング [獅子乃湯別館。- 09年仕様改装済み] [アネクドート] [J1] [J2] [JFL] [地域リーグ] [ザスパ草津]
 | 

2004-04-20 書き込み22日目。

いっそ、彼を楽しみに。

[]対日本戦チェコ代表発表。バロンドールの騎士、ネドベド推参! 対日本戦チェコ代表発表。バロンドールの騎士、ネドベド推参!を含むブックマーク

http://members.jcom.home.ne.jp/wcup/index.htmlhttp://members.jcom.home.ne.jp/wcup/czech.htmに。

●GK

ペトル・チェフ(レンヌ) ヤロミール・ブラゼク(スパルタ・プラハ

●DF

レネ・ボルフ(バニク・オストラーバ) バクラフ・ドロブニー(ストラスブール) パベル・マレス(サンクトペテルブルク) ダビド・ロゼーナル(クラブ・ブルージュ) トマス・ウイファルシ(ハンブルガーSV) マレク・ヤンクロフスキー(ウディネーゼ) マルティン・イラネク(レッジーナ

●MF

カレル・ポボルスキースパルタ・プラハ) トマス・ガラセク(アヤックス) トマス・ロシツキー(ボルシア・ドルトムント) ロマン・ティーチェ(1860ミュンヘン) ウラジミール・スミチェル(リバプール) ステパン・バチョウセク(マルセイユ) パベル・ネドベド(ユベントス

●FW

ミラン・バロス(リバプール) ヤン・コラー(ボルシア・ドルトムント) ウラティスラフ・ロクベンツ (カイザースラウテルン) マレク・ハインツ(バニク・オストラーバ)

・・・「真剣」と書いて「マジ」と読む、みたいなメンバーだよこりゃ。なにか申し訳ないような気分になりました。かつてのナイジェリアとの親善試合の時に「こんな相手じゃ強化にならないよ」みたいな意見が多かったけれど、今度は相手にそう云われないように各員一層奮励努力セヨ。この相手と戦えることは貴重な経験になりますからね。現体制では残念ながら「各個人レベル」で、だけど。

云っても詮無きことながら。「02年代表にプラスアルファしてくれる代表監督エックス氏」に率いられ、2年間でさらなる進化をとげた日本代表で、彼らとの対戦に臨みたかったですね。

[][]オシム監督、茶野くんを語る。 オシム監督、茶野くんを語る。を含むブックマーク

http://www.sponichi.co.jp/soccer/kiji/2004/04/20/02.html

昨季から優勝争いを演じている市原だが、ジーコ監督にはMF阿部が昨年12月の東アジア選手権で招集されただけ。新潟戦を観戦した指揮官は試合後、約40メートルの豪快ミドルを突き刺した茶野を即座に指名したという。

そこだけで選んだわけではあるまいよ、と思いたいが。

オシム監督は「選手には2つのタイプがある。鼻高々になるのと、より一層頑張ろうとする者。茶野は後者。人を批判したりせず、頑張って走ってきた選手が選ばれて良かった」と心から喜んだ。

良かったね、茶野くん。出番のあるなしは判らないけど、がんばれ。

[]ジーコ監督、中田英起用見送りか。 ジーコ監督、中田英起用見送りか。を含むブックマーク

http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/20040420172245.html

サッカーの日本代表を率いるジーコ監督は20日、疲労蓄積が伝えられるMF中田英寿(ボローニャ)について「無理はさせたくない」と話した。日本代表はこの日、東欧遠征に出発。ジーコ監督によると、中田英をチェコ戦(28日・プラハ)に起用するかどうかは、体調を見極めて判断するという。

さらにジーコ監督は、ワールドカップ(W杯)アジア1次予選第3戦、インド戦(6月9日・埼玉)が「最重要」とし、チーム合流後に中田英と話し合うという。ボローニャのチームドクターは、中田英には恥骨結合炎の初期症状があるとしている。

ジーコ監督は、選手の体調について問われた時は「無理をさせたくない、体調を見極めて」と選手を労わるような発言をしてきた。コンフェデ前でもそうだった。しかしそのコンフェデでの選手起用、先の前日まで高熱だった選手たちの起用、シンガポール戦での起用、その後のインタビュー・・・。その言葉とはほど遠いのが実状。その前例から類推すれば、考えたくはないが、中田英にとことん無理をさせるだろう。日本代表の現状を憂える中田英はその局面に到った時、いかなる決断を下すのだろうか。代表周辺のスタッフたちよ、あまり彼にいろいろ背負わせたり悩ませたりしないでくださいませ。

[][][]集客のためのイベントとJクラブの内在化。 集客のためのイベントとJクラブの内在化。を含むブックマーク

以前、J−KETでちょっと話題となったこのテーマ。そこからの思いつきです。

この問題は「地域社会(以下コミュニティ)でのプロサッカークラブの役割」まで視点を拡げられるテーマなのではないか、集客企画の賛否は、地域密着を謳うJの方針まで考慮に入れてよいのではないか、と思います。

またもやアメフト話で恐縮ですが、USAカレッジアメリカンフットボールに「ボウルゲーム」*1なるゲームがあります。これは全国リーグではなく各地域ごとに分かれてリーグ戦を組んでいる大学アメフトの各リーグの上位チームが、招待されておこなわれます。日本で喩えれば、六大学野球の優勝校と東都大学野球の優勝校が招待される、みたいなものです。

特に「4大ボウルゲーム」と呼ばれるローズ、オレンジ、シュガー、フィエスタの各ボウルゲームは、他にもパレードやイベントが催される複合巨大イベントであり、その年の全米王座が決定する重要なゲームになっていますが、開催当時「イベントの添え物」はボウルゲームの方でした。

最古のボウルゲーム「ローズボウル」は1902年にカルフォルニア州パサディナ市恒例のイベント「バラの品評会&お祭り」のイベントの一環として企画、「オレンジボウル」*2はフロリダ州の観光都市マイアミのスポーツを用いた集客イベント「オレンジボウル・フェスティバル」のフィナーレとして開催されています。*3各地のボウルゲームも地元のお祭りの盛り上げに一役買う形で始まった、始められたものがあります。

話をJリーグに戻すと、サッカー単体で集客を求める形・地道な努力は当然存在する一方で、コミュニティのあるイベントの中心であったり、並列する複合イベントの一つに「地元Jクラブのホームゲーム」があってもいいのではないか、と思えます。

既存の古くからあるお祭りにJのゲームを絡めるのは難しいと思いますが、近年はじまっているようなイベントに「地元Jクラブのホームゲーム」は組み込めそう、いっそやる気まんまんの神戸では、ヴィッセル神戸のゲームを中心としたイベントを定例で立ち上げて(もちろん神戸コミュニティの協力を得て)みても良いのではと思えます。もしくは毎試合でなくても、地元神戸のイベントと絡める時期のホームゲームでは大々的に、でも。

4大ボウルゲームはこの時期に30〜50万人の観光客を呼び込む大イベントです。そこまではいかなくとも、コミュニティの活性化に、コミュニティに属するプロサッカークラブとして貢献できる。集客も見込める、コミュニティでの認知度も上げられる施策として考慮しても良いのではと思えます。

NFLデトロイト・ライオンズは「サンクスギビング・デイ(勤労感謝の日)はホームゲーム」と決まっており、そのとおりにリーグ側もスケジューリンを毎年組んでいます。これは工業都市デトロイトは各地から労働者が集まってくる場所であり、せっかくの祝日に故郷に帰れない労働者のおじさん・お兄ちゃんたちに、せめてアメフトを見て楽しんでもらおう、という主旨のゲームが現在まで続いているからです。

コミュニティのイベントに、ホームゲーム開催で花を添え、リーグ側もスケジューリングに配慮する。クラブもJリーグも立ち上げから10年あまり。まだまだコミュニテイへの内在化・日常化に様々な努力をすべきだと考えます。

*1:なぜボウルかというとアメフトの競技場がサラダボウルみたいな形だから。

*2:サッカーファンにはご存知「マイアミの奇跡」の場所ですね。

*3:他にはプロ体操競技会やワールドジュニアテニストーナメントなど。

orion1014orion1014 2004/04/22 00:29 サッカーの話しではないのですが、福岡には西鉄ライオンズの時代から、「どんたくシリーズ」とか「山笠シリーズ」とか、ありますね。

SH77SH77 2004/04/23 08:28 具体例のご指摘ありがとうございます。そうですよね、こういう形がもっと増えても良いのではと思います。天皇杯元日決勝も初詣の参拝客を狙っての開催だったそうですし。

 | 
ブログパーツ アクセス解析
Connection: close