Naked alchemist Twitter

2011-12-07

[][]My Best Albums 2011

Belong

20. Pains of Being Pure at Heart

Belong

声!音!佇まい!全てがいやらしい程完璧な胸キュンポップシューゲイズ。

WHAT DID YOU EXPECT FR

19. The Vaccines

What Did You Expect from the Vaccines?

1曲2〜3分。グッドメロディ。土臭いバリトンボイス。ポップソング。

Within & Without

18. Washed Out

Within & Without

EPのざらついた手触りから一変、口当たり滑らかなベッドルームなサウンド。

In Light

17. Givers

In Light

男女ボーカルのトロピカルなサイケポップ。テクニカルだけどキャッチー。

Gauntlet Hair

16. Gauntlet Hair

Gauntlet Hair

アニコレmeetsノーエイジなノイジーシンセポップ。ギターがおもしろい。

http://f.bandcamp.com/z/23/03/2303488747-1.jpg

15. Ribbons and Bows

Hash 【Free Download!!!】

最狂ガールズノイズポップ。Sleigh Bells的センス。こっちのがIQ低い。

Helplessness Blues

14. Fleet Foxes

Helplessness Blues

相変わらずフォーキーな歌モノアルバム。無力感にただただ癒される。

Cloud Nothings

13. Cloud Nothings

Cloud Nothings

宅録系天然ローファイポップ。天才的なメロセンスと陰陽の振幅の激しさ。

ERA EXTRANA

12. Neon Indian

Era Extraña

Chillwave筆頭2nd。サイケデリックでロマンティック。全編リバービー

Parallax

11.Atlas Sound

Parallax

倒錯したナルシシズム全開のまさにブラッドフォード・コックス節な一枚。


Rip Tide

10. Beirut

Rip Tide

ある意味評価対象外なアーティスト。BeirutBeirutであるだけで殿堂入りしてるようなもんだから。それがこんな夏感溢れるサウンド聴かされたら気に入らないわけがない。前作のEPよりもらしさが戻って安心しました。

Portamento

9. The Drums

Portomento

ハイプみたいな扱い受けるけどアルバム完成度としてはデビュー盤よりもクオリティ高い。キラーチューンみたいなのはないけど、全編相変わらずの音数の少なさで切なく情感たっぷり。古いSF映画に対する愛着みたいな愛おしさ。

Underneath the Pine

8. Toro y Moi

Underneath the Pine

今年一斉にChillwaveオリジネイター達がアルバムリリースして、傾倒してた俺はかなりいろいろ手を出したけど、アルバムとして一番気に入ったのはこれ。一番楽しげに感じたから。内省的になりすぎないほうが好み。

http://www.lo-fi-fnk.com/pix/lff_tls.jpg

7. Lo-Fi-Fnk

The Last Summer

ジャケが若干恥ずかしい北欧シンセポップ5年振りの新作。上品な甘さと適度なダンサブルさ。心地良すぎ。去年のHot Chipのアルバムに通じるような飽きさせない良さがある。「Sleepless」は今年のベストトラック候補!

Thank You Happy Birthday

6. Cage the Elephant

Thank You Happy Birthday

1stにあったブルージーな空気が影を潜めつつもメジャー感たっぷりなスタジアム級アンセムだらけになったロックアルバム。ライブはまだ微妙な感じだけどビッグバンドになる準備万端な感じ。もっと評価されてもいいよねぇ。

Balkans

5. Balkans

Balkans

CribsのフロントマンにPixiesのフランク・ブラックが入ったかのようなインディーガレージパンクバンド。ひねくれポップなメロディーとギターフレーズ、エモくて芋っぽい声、ナードな佇まい、全てが最高にいとおしい!

TORCHES

4. Foster the People

Torches

「Pumped Up Kicks」ももちろん良いけど、アルバム全体を通してもキャッチー&ポップで捨て曲無し。いかにもVampire Weekend以降のバンドって感じでChillwaveぽさもあってまさに今年を象徴する新人バンドだと思う。

Cults

3. Cults

Cults

初々しい男女インディーポップデュオ。最近のインディーらしい煌びやかでドリーミーなポップセンスと極端にクラシカルなメロディーの趣き。そしてあの甘ったるい声!ノスタルジーへの憧憬の極致。即効性も中毒性も高かった。

Repitalians

2. Starfucker

Reptilians

インディーエレクトロな4人組バンドの2nd。低血圧で怠惰でゆるふわなサウンド。サイケな世界観に埋没して一日中昼寝したくなるような筋弛緩的な気持ち良さ。一気にHighに振り切れる曲展開もあって通して聴いても飽きない。

Pala

1. Friendly Fires

Pala

ジャケ写と「Pala」というタイトルから、聴く前からすげー期待して、聴いたら期待を遥かに上回る稀有な2ndアルバムだった。トロピカルな雰囲気とゴージャスなサウンドとセンチメンタルなメロディ。バレアリック、イビザ、レイヴ…欲しいもの全部盛りなあまりにも気分にぴったりきた一枚。ele-kingの野田努レビューも良かった。

ここ数年の夏気分を未だ引きずったようなラインナップで相変わらず進歩がないです。沖縄旅行行って落ち着くどころか加速した感もあります。ギリギリまで悩んで選外になったのはKasabianCSS、Dominant Legs、Girls、Iceage、The View、LCMDFでした。

Balkans - Flowers Everywhere

D

また来年。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/SHOWFKUP/20111207/1323259573
リンク元