Naked alchemist

2012-12-31

[][]My Best Albums 2012

おひさしぶりです。今年はあんま聞かなかったけど恒例行事なので10枚だけいっときます。

Streets in the Sky

10. The Enemy

Streets in the Sky

2ndで一旦大袈裟な音になったけど元に戻った感じ。

D

Sweet Heart Sweet Light

9. Spiritualized

Sweet Heart Sweet Light

Hey Janeは今年最高の1曲。ビデオも素晴らしい。

D

Swing Lo Magellan

8. Dirty Projectors

Swing Lo Magellan

相変わらずノリずらい捻くれたリズムとメロディ。About To Dieが好き。

D

PORT OF MORROW

7. The Shins

Port of Morrow

いい声いいメロディ。それだけで幸福な気分になれる。

D

Reading Too Much Into Things Like Everything

6. The School

Reading Too Much Into Things Like Everything

超かわいい。

D

GOSSAMER

5. Passion Pit

Gossamer

超たのしい。

D

輸入盤 HOT CHIP / IN OUR HEADS [CD]

4. Hot Chip

In Our Heads

超あがる。

D

[rakuten:guruguru-ds2nd:10361511:image:small]

3.Howler

America Give Up

いろいろ言われてるけど声とかキモイ歌いかたとか超ツボです。

D

Attack on Memory

2. Cloud Nothings

Attack On Memory

若いって素晴らしい。

D

Celebration Rock

1. Japandroids

Celebrasion Rock

小難しいこと抜きに、だってこれ最高じゃん!

D

次点でExlovers,The XX,Django Djangoあたり。

ちなみに今年一番聴いたアルバムはBeirutのThe Flying Club Cupでした。年始の初来日ライブで観てさらに好きになりました。体調不良で倒れかけて周りの人に助けられたりライブ途中で抜けてトイレでゲーゲーえづいてたのも思い出の強烈さに拍車をかけてます。

今年出た以外ので気に入って聴いてたのはAllo Darllin',Sophie Madeleine,The Sound of Arrowsあたり。今年は後期から前期の反動からか、ギラついた音楽があんま受け付けなくなってやさしくてかわいい感じの曲ばかりリピートしてた気がします。

また来年。

https://lh5.googleusercontent.com/-aQ8ZoB4Fep8/UOFbxAXBoLI/AAAAAAAAA04/J-Seum4wdVI/s956/Japandroids%E3%81%A8%E4%BF%BA.JPG

Japandroidsと俺(ドヤ

2011-12-07

[][]My Best Albums 2011

Belong

20. Pains of Being Pure at Heart

Belong

声!音!佇まい!全てがいやらしい程完璧な胸キュンポップシューゲイズ。

WHAT DID YOU EXPECT FR

19. The Vaccines

What Did You Expect from the Vaccines?

1曲2〜3分。グッドメロディ。土臭いバリトンボイス。ポップソング。

Within & Without

18. Washed Out

Within & Without

EPのざらついた手触りから一変、口当たり滑らかなベッドルームなサウンド。

In Light

17. Givers

In Light

男女ボーカルのトロピカルなサイケポップ。テクニカルだけどキャッチー。

Gauntlet Hair

16. Gauntlet Hair

Gauntlet Hair

アニコレmeetsノーエイジなノイジーシンセポップ。ギターがおもしろい。

http://f.bandcamp.com/z/23/03/2303488747-1.jpg

15. Ribbons and Bows

Hash 【Free Download!!!】

最狂ガールズノイズポップ。Sleigh Bells的センス。こっちのがIQ低い。

Helplessness Blues

14. Fleet Foxes

Helplessness Blues

相変わらずフォーキーな歌モノアルバム。無力感にただただ癒される。

Cloud Nothings

13. Cloud Nothings

Cloud Nothings

宅録系天然ローファイポップ。天才的なメロセンスと陰陽の振幅の激しさ。

ERA EXTRANA

12. Neon Indian

Era Extraña

Chillwave筆頭2nd。サイケデリックでロマンティック。全編リバービー

Parallax

11.Atlas Sound

Parallax

倒錯したナルシシズム全開のまさにブラッドフォード・コックス節な一枚。


Rip Tide

10. Beirut

Rip Tide

ある意味評価対象外なアーティスト。BeirutBeirutであるだけで殿堂入りしてるようなもんだから。それがこんな夏感溢れるサウンド聴かされたら気に入らないわけがない。前作のEPよりもらしさが戻って安心しました。

Portamento

9. The Drums

Portomento

ハイプみたいな扱い受けるけどアルバム完成度としてはデビュー盤よりもクオリティ高い。キラーチューンみたいなのはないけど、全編相変わらずの音数の少なさで切なく情感たっぷり。古いSF映画に対する愛着みたいな愛おしさ。

Underneath the Pine

8. Toro y Moi

Underneath the Pine

今年一斉にChillwaveオリジネイター達がアルバムリリースして、傾倒してた俺はかなりいろいろ手を出したけど、アルバムとして一番気に入ったのはこれ。一番楽しげに感じたから。内省的になりすぎないほうが好み。

http://www.lo-fi-fnk.com/pix/lff_tls.jpg

7. Lo-Fi-Fnk

The Last Summer

ジャケが若干恥ずかしい北欧シンセポップ5年振りの新作。上品な甘さと適度なダンサブルさ。心地良すぎ。去年のHot Chipのアルバムに通じるような飽きさせない良さがある。「Sleepless」は今年のベストトラック候補!

Thank You Happy Birthday

6. Cage the Elephant

Thank You Happy Birthday

1stにあったブルージーな空気が影を潜めつつもメジャー感たっぷりなスタジアム級アンセムだらけになったロックアルバム。ライブはまだ微妙な感じだけどビッグバンドになる準備万端な感じ。もっと評価されてもいいよねぇ。

Balkans

5. Balkans

Balkans

CribsのフロントマンにPixiesのフランク・ブラックが入ったかのようなインディーガレージパンクバンド。ひねくれポップなメロディーとギターフレーズ、エモくて芋っぽい声、ナードな佇まい、全てが最高にいとおしい!

TORCHES

4. Foster the People

Torches

「Pumped Up Kicks」ももちろん良いけど、アルバム全体を通してもキャッチー&ポップで捨て曲無し。いかにもVampire Weekend以降のバンドって感じでChillwaveぽさもあってまさに今年を象徴する新人バンドだと思う。

Cults

3. Cults

Cults

初々しい男女インディーポップデュオ。最近のインディーらしい煌びやかでドリーミーなポップセンスと極端にクラシカルなメロディーの趣き。そしてあの甘ったるい声!ノスタルジーへの憧憬の極致。即効性も中毒性も高かった。

Repitalians

2. Starfucker

Reptilians

インディーエレクトロな4人組バンドの2nd。低血圧で怠惰でゆるふわなサウンド。サイケな世界観に埋没して一日中昼寝したくなるような筋弛緩的な気持ち良さ。一気にHighに振り切れる曲展開もあって通して聴いても飽きない。

Pala

1. Friendly Fires

Pala

ジャケ写と「Pala」というタイトルから、聴く前からすげー期待して、聴いたら期待を遥かに上回る稀有な2ndアルバムだった。トロピカルな雰囲気とゴージャスなサウンドとセンチメンタルなメロディ。バレアリック、イビザ、レイヴ…欲しいもの全部盛りなあまりにも気分にぴったりきた一枚。ele-kingの野田努レビューも良かった。

ここ数年の夏気分を未だ引きずったようなラインナップで相変わらず進歩がないです。沖縄旅行行って落ち着くどころか加速した感もあります。ギリギリまで悩んで選外になったのはKasabianCSS、Dominant Legs、Girls、Iceage、The View、LCMDFでした。

Balkans - Flowers Everywhere

D

また来年。

2010-12-19

[][]My Best Albums 2010

今年は枠を広げて20枚。レイアウトも考慮して文字数制限して書いてみた。

White Magic

20. ceo

White Magic

透明感溢れるシンセポップ。キャッチーなのに神秘的で狂気的。

Darwin Deez

19. Darwin Deez

Darwin Deez

シンプルなギターロック。年末になって急浮上。素朴さが沁みる。

Broken Bells

18. Broken Bells

Broken Bells

The Shinsジェームズ×デンジャー・マウス。叙情的な極上のメロディ。

Halcyon Digest

17. Deerhunter

Halcyon Digest

アコースティックな趣きもある、美しく退廃的なモノクロのサイケデリア。

Crazy for You

16. Best Coast

Crazy For You

西海岸な空気感を詰め込んだキュートな歌声とメロディのローファイポップ。

Go

15. Jónsi

Go

バンド以上にポップさが際立つオーガニックで煌びやかな独創的サウンド。

Acolyte

14. Delphic

Acolyte

これぞUKなエモーショナルなメロディを携えたマッドチェスターの血統。

Odd Blood

13. Yeasayer

Odd Blood

エキゾチックな香り漂う楽園的エレポップ。アイドル顔負けの男前ボイス。

The Suburbs

12. Arcade Fire

The Suburbs

緊張感漂う前作から180°趣きを変えたような日常目線なレイドバック感。

Man Alive

11.Everything Everything

Man Alive

ぐるんぐるんなグルーヴにファルセットボイス。ひねくれた感じがツボ。


Everything in Between

10. No Age

Everything In Between

少ない音数と抑揚のないメロディにはミニマルな心地良さと同時に息苦しさも感じさせる。その窒息しそうな窮屈なミニマルさの膜をノイズがザクザクに切り裂いていく感覚が底抜けに気持ちいい。酸欠状態から解放される感じ。

CONGRATULATIONS

9. MGMT

Congratulations

前作から更にトリップしたような酔っ払いサウンドで周辺に唾を吐いてみせたある意味とても切ないアルバム。この不健全さがいとおしい。彼らには自由に振舞い続けてもらいたい。

Treats

8. Sleigh Bells

Treats

凶悪なハードコアサウンドに透き通ったボーカルを乗せるのが元ティーンアイドルってのがナイス。今年のトレンドからかけ離れた音をブルックリン発で鳴らすパンク的姿勢もイカス。ジャケットもらしくて好き。

Before Today

7.Ariel Pink's Haunted Graffiti

Before Today

メロディはキャッチーなのに展開が歪な曲が多くてなんか心の赴くまま適当に曲を作ってる感じがする。でもだからこそ圧倒的に純粋で情熱的。ローファイなサウンドもあいまって脈絡のない不思議な夢を観ている気分になれる。

One Life Stand

6. Hot Chip

One Life Stand

温かみがあって上品なのに激しくフィジカルに訴えかける。その雰囲気は一貫しているのに多彩さも感じさせる。そして歌モノとしても上質!飽きさせない満足度の高いアルバムだ。

Fight Softly (Dig)

5. The Ruby Suns

Fight Softly

トロピカルでトライバルで楽園リゾート感が満載のドリームポップサイケアルバム。つまり俺のここ2,3年くらいの好みとピッタンコな内容。だけど猥雑さは無くてしっとりとした手触り。太陽さんさんおんざびーちな説明不要の浮遊感。

Tourist History

4. Two Door Cinema Club

Tourist History

Kituneお墨付き、キュートで洒落たサウンドのダンシーギターポップ。絡み合うツインギターとどポップでどキャッチーなキラキラメロデイーにガッチリ心掴まれた。軽い口当たりで来年には忘れられてそうな儚さも含めて好き。

King of the Beach

3. Wavves

King Of The Beach

今年のトレンドを確信犯的に取り入れたローファイパンク。単純明快なバンドだと思ってたけど、ドリーミーな曲やアニコレみたいなサイケ曲もあったり意外と多彩。やんちゃなパンクキッズと宅録ヒッキーの二重人格的なセンス。

The Drums

2. The Drums

The Drums

今年一番愛着の沸いたバンド。アルバム評価と言うよりもEPと出会ったタイミングの絶妙。MGMT→アニコレと夏っぽいバレアリックなサウンドへ傾倒していた所にこのノスタルジックなローファイサウンドのインパクト。ハマった。

Contra (Ocrd)

1. Vampire Weekend

Contra

1stがリリースされた時、各メディアでの高評価を伝え聞いたが懐疑的になって聞かず嫌いをしていたのを覚えている。2ndで試しに聴いてみたらまんまとハマった。どこまでも明快でポップ、それでいて多彩で巧妙なサウンドプロダクト。祝祭感溢れるボーカルとコーラスワーク。何度聴いてももワクワクさせられる、気持ちいい音が絶妙に配置された明るく楽しいアルバムなのだ。

今年のインディーシーンのトレンドは自分のここ最近の気分にぴったり当てはまっていてとてもシンパシーを感じたよ。ノスタルジーやローファイは古き良き時代への憧憬、夏っぽさやビーチっぽさ、バレアリックなサウンドはリゾートや楽園への憧憬。どちらも幸福で安穏としたイメージへの渇望感の表れなんだろうな。誰もが享楽的で主義主張の無いノー天気で気楽な世界。

自分を取巻く世界に対してどれだけ不満を持っていたとしても、怒りや暴力等のエネルギッシュな何かで変革を声高に叫ぶことに意味を見出せない、「時代の閉塞感(笑)」漂う世界への、アンチテーゼ(←言ってみたいだけ)としての諦念や逃避。Los Campecinos!のフロントマンであるギャレスはポップで楽しく儚げな自分達のバンドを称して「パンク」であると語っていたのだけど、それが今の時代でのパンク的姿勢なんだろうね。今年の頭にリリースされたVampire Weekendのこの底抜けに楽しいアルバムが『Contra(反革命)』というタイトルなのはなんか象徴的な感じがしない?

2010-07-02

[]2010上半期良盤10選+1

いろいろサボってたけど個人的に気に入った上半期新譜オススメ置いとくよー。

Contra (Ocrd)

Vampire Weekend - Contra

新10年代の始まり。Twitterにハマりつつある時期に増えてきた音楽好きフォロワーさん達&リアルフレンド達が一斉にベタ褒めするもんだから恐る恐る手に取ったら大当たり。一昨年あたりからの個人的な傾向だけど想像力を刺激する快楽的な音にどんどん惹かれていく。このアルバムはプロダクションに凝りつつもチープさを残したバンドサウンドで、自分の「快楽的な音=エレクトロシンセポップ」みたいな安易な興味傾向から目を覚まさせてくれた。このメロディとポップさは全ての人にオススメできる。

One Life Stand

Hot Chip - One Life Stand

前述した通り去年後半あたりからエレクトロ方面への興味が膨れつつあったのだけど、バッキバキな感じの音はクラブとか行った事ないインドア派喪男にはちょっと敷居が高いというか飽き気味だったんで、このアルバムの「上品さ」はすごく新鮮だった。ボーカルの脱力系の歌声に寄るところもあるけど、スティールパンとか独特な音を派手にならないくらいに使ってるのも品が良い。やさしいのに踊らされる。

Tourist History

Two Door Cinema Club - Tourist History

ドラムレスな3ピースギターバンドの1st。ギターバンドながら早急なビートとキラキラした絡まる2本のギターサウンドが自然と体を揺らすダンスミュージック。そしてなんといってもメロディー!どんなにいろんな音楽を聴いても最終的にはやっぱりメロディーの良い曲に惹かれる。ただこのアルバムがあまりにも一辺倒なのでこの先の方向性に不安は残る。UKバンド特有の1枚で終わりパターン臭が強い。

Broken Bells

Broken Bells - Broken Bells

The Shinsのフロントマン、ジェイムスと有名プロデューサー、デンジャーマウスによるプロジェクト。GorillazやMush-Upアルバム「The Grey Album」で名を馳せたデンジャーマウスのプロジェクトって事で勝手に黒いサウンドを予想してあまり期待してなかったけど、蓋を開けてみたら懐かしさを感じさせる美しいメロディーに彩られたとてもセクシーなアルバムだった。ジェイムスの艶っぽい歌声とどこか古臭さを感じさせるメロデイーがすごく相性が良い。

Go

Jónsi - Go

Sigur Rósのフロントマン、ヨンシーのソロプロジェクト。Sigur Rós特有の美しさと、その緊張感から解き放たれたような開放感を併せ持つ希望に満ちたサウンド。バンドの制約がないので使用する楽器などのプロダクションへのこだわりが目立った。英語歌詞になった事で一気に親近感というか距離が近くなったように感じた。それによってミステリアスさは失われたような気がするけど、どう感じるかは聴く人次第。

CONGRATULATIONS

MGMT - Congratulations

MGMT待望の2ndだけど世間では賛否両論みたい。個人的に1stは人生の中でもベストに入るほどだったので、それには敵わないけど相変わらずのサイケデリアで良盤だと思ってます。サイケでロマンティックだけどどこか暗くて自嘲的な、このままだとダメなのにいつまでも沈殿していたくなるような世界観。比べるのもどうかと思うけどRadioheadの「Kid A」のような、自分の気分を伺いつつ再生してみるような、その時の感情に左右されるアルバムだと思う。

Darwin Deez

Darwin Deez - Darwin Deez

なんか「一人Strokes」とか呼ばれてる。確かに似てるところもあるけど、こちらは少しキッチュというかかわいらしい雰囲気。SSWしかりとした我の強さを感じる。アルバムはちょっと一本調子というか予定調和的な感じがしたけど、無視できない不思議な手触りのようなものも感じたのでこの先に期待ということで入選。とりあえずインパクトのある髪形だよね。

Fight Softly (Dig)

The Ruby Suns - Fight Softly

今こんな感じの音が聴きたい。そんな漠然とした欲求がずっと続いていて、多分その音楽は「バレアリック」「トロピカル」「ドリーミー」「トライバル」といったキーワードを満たすような楽園的なサウンドなんだとぼんやり考えている。実際ここ最近のUSインディー界ではそんな夏気分の音がブームみたいだ。MGMTの1stを起点にしてアニコレ「Merryweather〜」を経由、そして今それらを満たしキュンキュンきてるのがこのアルバム。スウェーデンのバンドらしい温かみのある雰囲気。浮遊感と多幸感に脳汁出まくる。

Drums

The Drums - The Drums

「Summertime EP」のインパクトは超えられなかったけど充分に期待通りな1stアルバム。スッカスカなロックンロール。甘ったるい歌詞とメロディー。何故だか強く郷愁を喚起させる。取巻く全ての空気がバンドに愛着を沸かせる。EPから少しトーンダウンした感があるけど、この愛着は消えない。ちなみに買うなら輸入盤をオススメする。ボーナストラックも悪くないけどこのアルバムに関しては「The Future」で夜空を眺めて明日に思いを馳せながらキラキラして終わるのが一番しっくりくる。

Subiza

Delorean - Subiza

これもTwitter経由で知ったスペインのバンド。「アイルトン・セナ EP」のタイトル通りの疾走感のある感じも好きだったけど、このアルバムはもう少し粘着質なサウンドを目指してるように思う。前述したような俺の気分にしっくりくるトロピカルな楽園的サウンド。なんかボーカルのちょっと幼い感じの歌い方が無邪気な雰囲気が出ていてよろしい。MGMTやRuby Sunsよりもダンス寄りでフロア受けが良さそう。

Quarantine the Past: The Best of Pavement

(番外編)Pavement - Quarantine the Past: The Best of Pavement

新譜というかベスト盤ですがこの上半期で一番聴いてたと思うので掲載。ひねくれててローファイで調子っぱずれな歌声で溢るるインディー・マインド。こんなバンド嫌いな訳ないじゃないか、琴線に触れすぎる。意外とトリッキーな展開が多いけど情感がやさしく染み入る楽曲目白押し。ベストで初聴きとか超にわかだけどライブではファン達の愛を感じた。

やはりトロピカル感のあるアルバム多め。ここ最近ずーっとそんな気分だからしょうがない。愛着のあるもの優先した結果の11選。他にはYeasayer,Matt & Kim,LCD Soundsystem,UNKLE,Nice Nice,Delphic,トクマルシューゴあたりもお気に入りです。ちなみにこの半年間でのLast.fmではこんな結果。

  1. Pavement – Quarantine the Past 241
  2. The Drums – The Drums 203
  3. The Drums – Summertime! 190
  4. Two Door Cinema Club – Tourist History 187
  5. Vampire Weekend – Contra 160
  6. The Avalanches – Since I Left You 138
  7. Darwin Deez – darwin deez 127
  8. UNKLE – Where Did The Night Fall 127
  9. MGMT – Congratulations 117
  10. The Ruby Suns – Fight Softly 117
  11. No Age – Nouns 116
  12. Hot Chip – One Life Stand 111
  13. Matt & Kim – Grand 111
  14. LCD Soundsystem – This Is Happening 107
  15. Regina Spektor – Far 106
  16. These New Puritans – Hidden 103
  17. Shugo Tokumaru – Port Entropy 101
  18. The Radio Dept. – Clinging to a Scheme 100
  19. Super Furry Animals – SFA Songbook 92
  20. Foals – Total Life Forever 88

2010-02-23

[]Nice Nice / Extra Wow

Warp Records発のゴリ押し新人Nice Niceによる日本超先行発売1stフルアルバム。ゴリ押しするだけあってこいつはヤベェ!ミニマルなメロディに渦巻くドラム。ズンドコズンドコ体を揺さぶられる!即興演奏によって作り出されたという楽曲群は(アルバムの製作過程で整理されたとはいえ)どれも肉体をトランス状態へ持っていくような原始的な儀式めいていて興奮度満点。もともとパフォーマンスがスゲェらしいのでライブを早く観たい。つーか日本でこれだけゴリ押すって事は夏フェス期待していいって事だよね?

D

Warpの2010サンプラーにも収録されたBattles meets Akron/Familyな「See Waves」。この曲に全て持っていかれた。