語り継がれる物語 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

検索サイトから来て頂いた方は、左の「日記の検索」を使って目当ての記事をお探しください。

参戦予定
09.22(金) 少女☆歌劇 レヴュー・スタァライト −The LIVE−@アイア 2.5 シアタートーキョー
09.24(日) 少女☆歌劇 レヴュー・スタァライト −The LIVE−@アイア 2.5 シアタートーキョー(夜)
09.26(火) こぶしファクトリー野村みな美&ハロプロ研修生イベント〜Hello!名古屋 2回目〜@ミッドランドスクエア シネマ2
09.30(土) Dreamcreation presents りーでぃんぐ ぱーてぃー@GEKIBA
10.01(日) Dreamcreation presents りーでぃんぐ ぱーてぃー@GEKIBA
10.07(土) めがみめぐり祭2017神無月〜ヌシ様、真っ暗闇です!〜@グレースバリ秋葉原店
11.12(日) こぶしファクトリー ライブツアー 2017秋〜Songs For You〜@新潟LOTS


別サイト
ハロプロ私設企画まとめwiki
↑編集を手伝っていただける方を募集しております。

twitterやってます。
twitterのログはこちら。
ブログは開店休業中。

2007-10-24

[]田中れいな聖誕祭サイリウム企画に反対する! 03:40 田中れいな聖誕祭サイリウム企画に反対する!を含むブックマーク 田中れいな聖誕祭サイリウム企画に反対する!のブックマークコメント

※追記

この後企画者と話し合い、現在は企画に賛同しています。

途中経過その1その2





一昨日mixiとはろみくに書いたものです。

サイリウム企画



なんか最近連発されすぎじゃないかい?

直近ではごっちん聖誕祭(青)とガキさん聖誕祭(緑)があったわけですが、

センラン掲示板見ていたらごっちん千秋楽祝い(http://bbs5.fc2.com/php/e.php/ORange/)(オレンジ)とかれいな聖誕祭(http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=24223974&comm_id=2725607)(http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=reina_birthday)(青)とかが企画されてるようです。

両方とも最初から企画内容が決まってるとか、ないわ〜。

しかも聖誕祭とかは何ヶ月か前から該当の日付がわかっているのに、日付が迫ってから、さあやろうでもどうしようと言い出しているわけで。

少人数による自己満足企画臭がただよってくるのは気のせい?


ガキさん聖誕祭のサイリウム企画だって、全体的に見ればまあ成功だったのかもしれないけど、ソフィオさんみたいに全く知らなくて置いてけぼりにされた人だっているし。

どうやったって知らなかったって人が出る可能性はあるけど、最初から宣伝する気なかったんじゃ?って思わせるほどの今回では大量にいたんじゃない?

宣伝といえばmixiのコミュで細々とやってただけって、もうねw しかも主催者側に無許可だったらしい…

今回は企画のことを知らなくても、みんなが自主的に緑サイリウムを持参してたこともあって成功したのかもしれないけど、こんなんが続いたらそのうち絶対失敗する企画が出てくるよ。

(聖誕祭前に「新垣里沙 聖誕祭」とかでブログ検索かけたら、企画に触れてるのは自分だけ、他は「企画とか無いのかな〜?でも緑サイはばっちり準備したから」とか書いてる人がそれなりにいた)

サイリウム企画が軽く見られてきているよな〜。


ミキティの聖誕祭企画の時に(ひまわりの造花の時)、サイリウムは卒業とかの本当に重大な時にとっておきたいから、なるべくそれ以外で何かないか探したって聞いた気がする。

あさみみうな卒業企画やよっすぃ〜卒業企画の時は、可能な限り早くから企画サイトを立ち上げて、サイリウム以前にそもそもどういう企画をやるかというところからオープンに議論を交わしてた。

その一方で、過去の企画者・団体に積極的にアドバイス求めたりして。

ブログやファンサイト中の人に宣伝お願いしに行ったり自分のところで積極的に取り上げたりして、また現場でも看板作ってチラシ作って呼びかけまくって。

それでも絶対に知らない人は出てくるから、開演するまで片っ端から客つかまえて企画の説明してサイリウム渡したりして。

そういうのがこういう企画もののあるべき姿だと思う。


会場がホールなのがお手軽感を出しちゃってるんだろうか。

2000本ったって、1本100円としても20万あれば買えますからね。

下手すりゃ一人で買えるし。


メンバー舞台上で喜んでくれればそれでいいのか?

企画知らなくて置いてけぼりな客が多数出ても、一応会場が一色に染まればそれでいいのか?

飛躍しすぎかもしれないけど、舞台上のポッシのメンバーに客席から花渡そうとした団体がいたって事件に近いものを感じる。



サイリウム企画に関わったことがあるので上から目線気味になっていると思います…

関わったといっても根幹部分は人に任せっきりでしたが。

なのでなんか違うだろとかそういうのあったら遠慮なくコメントに書いて下さい。

これ、はてなにもコピペしようかな。

たぶんこのままだったられいな聖誕祭企画に文句つけに行く。

この後10人弱とコメント交わして、ここに書くのをちょっとためらったんだけど。

でも企画もの連発の昨今に対する意識喚起(?)的なものも含めて、書く意義はあると思ったので。


去年のれいな聖誕祭では、自分は参戦してないどころか企画があったことすら知らなかったんだけど、昼はアンコール時、夜はソロ曲時に青サイ企画をやったようです。

去年の企画も今年と同じ頃の立ち上げで、おまけに夜は失敗した感があったみたいですが…。

そして今年も何の考えもなしに青サイって…思考停止してない?同じ轍を踏みたいの?

確かにね、こういうことをやろうと思ったらサイリウムってすごく効果的で、代わりになるものはぱっと思いつかない。

だから議論の末にサイリウム企画に落ち着くのならわかる。

でも今回は、企画が立ち上がった時点でなぜか内容が決定されてる。

なんで勝手に決めてるの?誰が決めたの?

もう時間がないから話し合いとかしてる暇ない、というかもしれない。

でも時間はあった。れいなの誕生日コンサートが行われることは8月上旬の時点でわかっていたわけだから、実に3ヶ月間も時間はあった。

それなのになぜ今頃になって企画を立ち上げたのか。

だいたい、たった3週間で当日会場に来る客みんなに周知させられるの?

会場に来るのはれいなのファンだけじゃない。

他の娘。メンバーのファンはまだいいとして、美勇伝のファンも当然いるだろうし、あるいは別のハロプロメンバーのファンも興味を持って来るかもしれない。

もちろん全員に周知させられるとは思ってない。今回初めてこういうの見に来るんですって人とかもいるだろうし。

しかし、知らなかったって人の数を可能な限り減らしたくはないのか。

人数分のサイリウム用意すれば、そりゃ会場はほぼ一色に染まるだろう。表面上は。

しかしそれだけで本当に成功といえるものになるのだろうか。

れいなを喜ばせるという目的は達成できたとしても、企画のこと全然知らなくて置いてけぼりにされて、れいなのこと祝いたいのに微妙な気持ちにさせられる人がぼろぼろ出てきてもいいのか。

それはれいなにとってもマイナスじゃないのか。


このようなこと、そして企画者団体は誰がいて何人で構成されているのか公表されてないことなどからして、企画者たちの自己満足によるところが大きいのではないかという疑念が拭いきれない。

安直に惰性で企画やろうとしてるんなら断固反対させていただく。

中途半端に企画やって失敗するくらいなら初めから何もやらない方がましだ。ましてや他ならないれいなの誕生日ともなれば。



ただ今は現時点では反対というだけで、断固反対というわけではないです。

企画者達にそれ相応の気持ちと覚悟があるのなら喜んで協力するつもりでいます。

れいなの誕生日を祝いたくないわけじゃないんですから。

パンチパンチ 2007/10/24 08:36 田中れいな生誕企画の企画者です。貴重なご意見ありがとうございます。ご指摘の件、ごもっともな部分もありますが、こちらにもそれ相応の覚悟を持って企画を立てました。それはご理解いただきたいと思います。

(1)企画(青サイ)の決定について
 確かに今回企画の発足が遅かったことがあり、最初から企画を決めて告知させていただきました。今から意見を集めている時間がなかったため、企画者サイドで話をして決めました。

(2)企画タイミングの遅延
 自分としては逆に今のタイミングまで何もなかったということに気づくのが3日前だったというところです。調べてみましたが、まったく存在しないのです。田中さんファンとして何か目に見える形でお祝いしたい!という思いを強く持ってはいたのですが、企画はどうせあるだろと思っていたのが正直なところです。ところが企画はない、時間もない、でもやりたい・・・結果、とりあえず田中さんファンである二人を中心をして急ではありましたが企画を立ち上げさせていただいた次第です。
私としては、新垣さんの生誕であれだけ本人が泣くほど感動してくれたサイリウム、もしかしたら田中さんも期待しているかもしれない・・・との思いが強く、やらないわけにはいかないと思っています。

(3)告知について
 可能な限り現場での告知、ネット上での広報をやっていきます。もちろん参加される方々全員の気持ちをひとつにしたいですから、ないがしろにする気はまったくございません。開場ギリギリまで、サイリウムを配布しながら、ご説明をさせていただきたいと思っております。

とりあえず、総合的に、時間はあったという過去の議論ではなく、今からある時間で精一杯やるしかないんです。正直言って逆に聖誕祭にファンから目に見えるサプライズがないのはあり得ないと思っています。
お気持ちもごもっともですが、私の正直なところを長々と書かせていただきました。我々企画側は、とにかく田中さんを喜ばせたいのです。それ以上でもそれ以下でもないのです。これからファンサイト様にもいろいろお邪魔していきますよ。死ぬ気で頑張る所存です。ご理解いただければ幸いです。

SIBASIBA 2007/10/24 18:35 >パンチさん
お忙しいであろう朝の時間から真摯な回答をありがとうございます。
パンチさんがお書きになられた企画にかける気持ちやここまでの経緯その他諸々は、できるだけ事細かにサイトやコミュにも書かれる事をおすすめしますよ。
現在のサイトやコミュの説明では、企画者達が勝手に決めて進めていっている印象を与えかねないと思います。

やり取りはmixiの方でやろうかと思っていましたが、コメントをしていただいたのでこちらでもレスします。
(いちいちはてなを見にくるのは面倒でしょうから、以降はmixiのみのやり取りでもかまいません。その場合、やり取りの内容は勝手ながらここでも公開していくつもりですがよろしいでしょうか)

とりあえず、一番気になっていた企画者達の自己満足ではないか?という疑問は解消されました。
ですがまだ賛同はできません。
今まで誰も何もしなかったという事は、誰もが他人任せのつもりだったのでは?
そんな気持ちを抱いている人たちがこの短い期間で気持ちを合わせる事ができるのでしょうか?(サイリウム掲げるだけなのに大げさかもしれませんが…)
去年の企画サイトを見ました。
昼公演については11月未明に企画立ち上げ→成功(企画者発表)(http://www.tanaka07.com/reina17)となっていますが、夜公演については今回とほぼ同時期の10月20日企画立ち上げ→100%成功させることはできなかった(企画者発表)(http://www.freepe.com/ii.cgi?reinahb)となっています。
点灯タイミングが特殊だったとはいえ、企画サイドすら成功と発表できないような事態だったことを考えると、期間・内容が酷似している今回の企画も同じ轍を踏むのでは?という不安が拭いきれません。
何かしたいという気持ちもわかりますが、失敗する可能性が大きいなら中途半端に事を運ぶよりも何もしない方がいいと考えます。
何もしなくったって、アンコールでは自然とれいなコールになるでしょうし、ハッピーバースディの大合唱だけでも喜んでくれるんじゃないでしょうかね。
単独紺ではないからと言われるかもしれませんが、正月エルダーでの矢口さんや、夏ワンダでのさゆ・小春ちゃんには企画なんてやってませんよね。
どうでしょう、再考の余地はありませんでしょうか。

参戦履歴

【2002年】 【2003年】 【2004年】 【2005年】 【2006年】 【2007年】 【2008年】 【2009年】 【2010年】 【2011年】 【2012年】 【2013年】 【2014年】 【2015年】 【2016年】 【2017年】