語り継がれる物語 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

検索サイトから来て頂いた方は、左の「日記の検索」を使って目当ての記事をお探しください。

参戦予定
11.18(土) こぶしファクトリー ライブツアー 2017秋〜Songs For You〜@SPADE BOX(夜)
11.24(金) 高森紫乃 8周年ソロLIVE@神田K-HALL
12.03(日) こぶしファクトリー ライブツアー 2017秋〜Songs For You〜@新宿RENY(昼)
12.03(日) STARMARIE 渡辺楓 生誕祭@TOKYO FM HALL
12.09(土)〜10(日) SATOYAMAツアー第5弾!こぶしファクトリーと過ごす1泊2日バスツアー in 群馬
12.16(土) こぶしファクトリー クリスマスFCイベント2017 〜Smile For You〜@山野ホール
01.03(水) Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2018 WINTER〜PERFECT SCORE〜@中野サンプラザ(夜)
01.08(月・祝) 少女☆歌劇 レヴュー・スタァライト -The LIVE-@アイア 2.5 シアタートーキョー(夜)
02.04(日) STARMARIE 単独公演 FANTASY CIRCUS 〜第四幕 悪魔、はじめます。〜@中野サンプラザ


別サイト
ハロプロ私設企画まとめwiki
↑編集を手伝っていただける方を募集しております。

twitterやってます。
twitterのログはこちら。
ブログは開店休業中。

2007-12-03

[]第6回ハロプロ楽曲大賞2007 23:59 第6回ハロプロ楽曲大賞2007を含むブックマーク 第6回ハロプロ楽曲大賞2007のブックマークコメント

今年は十曲程度までは割とすぐ絞れた。

そっから酷くなった。

<楽曲部門>

自分のみならず、美勇伝界隈のモチベーションを大いに高めてくれた曲。

駆け抜けていく感じ。爽やかな雰囲気。

最後のサビで、一番高いキーのとこ*1から石川さんが降りてきて、最後に3人の歌声が揃うとこ*2が好き(なんじゃそらw



  • 2位 LET'S LIVE!/美勇伝 3pt

上記に同じく。このCD名盤だわ。

とはいうものの、CDで聴いた時はそんなでもなかったけどw

タイトルの「LIVE」は、「生きる」という意味ステージでの「ライブ」という意味の両方を十分に兼ねてると思う。



勝利のBIG WAVE!!!(初回生産限定盤)

勝利のBIG WAVE!!!(初回生産限定盤)

メンバーには高まったけど曲は大した事ないんだろうな…。

なんて思ってたらすげえいい曲でびびった(笑)

こういう恋愛ゼロな曲ももっと出した方がいいんじゃないかと思う。



だんな様

だんな様

この曲を主題歌にして「ほーむめーかー2」を放送するべき。

もちろん主人公は山路いずみ(中澤裕子)で。

でもこの歌の主人公は結婚して3年目突入したところなんだけど、大輔は3年半前の時点で幼稚園生なんだよな…w

この曲の世界のような結婚生活をするのが夢です。あの子とね!



ミキティの「I love you」「I need you」の呼びかけ(?)に全力で応えたかったな…。





PV部門>

  • 1位 恋する♡エンジェル♡ハート(Dance Shot Ver.)/美勇伝 3.5pt

D

振り付け覚えるために4日間で何回見た事か…。

その結果が美勇伝説IVウサギ天使〜での、美勇伝界隈の示し合わせたような満足感。

今までのヲタ生活で間違いなく最高のツアーだった。

指十字は絶対に「誓い」の意味ではないw



じゃじゃ馬パラダイス(初回生産限定盤)(DVD付)

じゃじゃ馬パラダイス(初回生産限定盤)(DVD付)

CDの初回限定付属DVDばかりランクイン(なっきぃ

意図せず3曲とも美勇伝になったけど、製作や宣伝に金をかけなくても良いということではないw

3人が生き生きしてる。楽しそう。



美勇伝シングルベスト9 Vol.1おまけつき<初回生産限定盤>(DVD付)

美勇伝シングルベスト9 Vol.1おまけつき<初回生産限定盤>(DVD付)

実はさっき初めて見たw

映像とはいえアップでじーっと見つめられてるとなんか知らんが目を逸らしたりしちゃうんだけど、唯ちゃんのはずっと見つめ合えれた。

唯ちゃんの笑顔安心感を抱くのかなあ。

生唯ちゃんの見つめ力はやばいけどねw

何書いてんだ俺w



推しメン部門>

石川梨華

*1:この心を→たった今

*2:抱きしめてほしいな 贅沢な夏にしたい

参戦履歴

【2002年】 【2003年】 【2004年】 【2005年】 【2006年】 【2007年】 【2008年】 【2009年】 【2010年】 【2011年】 【2012年】 【2013年】 【2014年】 【2015年】 【2016年】 【2017年】