COOL&FOOL このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-02-15

SL-782006-02-15

[]「To Myself」

1.Intro 〜From Locos〜 feat.PSYCHO(GHETTO INC)

2.We Keep on Rollin' feat.S.S.G

3.Tha Message From G-PRIDE

4.Feel So High 〜ジパングツアー〜 feat.MACCHO(OZROSAURUS),BIG RON

5.LUV DUB 〜Rollin' wit my Cadilac〜

6.Throw Ya Handz Up

7.Tha Message From LGY

8.3 Luv Storiez feat.PHOBIA OF THUG

9.To Myself

10.Tha Message From HYENA,DESTINO

11.BIGG THANG 〜SUKIYAKI WESTERN〜 feat.SLOW PAIN

12.In My Room feat.BIG RON

13.DREAMS COME TRUE+ feat.II-J

14.D's Nuts FM Station '06

15.To Tha Tropix feat.GHETTO INC

16.Tha Message From 黒羽

17.Keep it Movin' feat.FROST

18.L.I.F.E. 〜Livin' In the Far Eastside〜

19.OUTRO feat.Jack'Em a.k.a.Lil Tintin' 〜Smoke Conversation '06〜

20.Pubb'z Groove II 〜XR8ed〜

DSについては元からスタイルが完成しているだけに今更語ることもさほどなくて、本作も相変わらず安定して質の高いメロウ且つファンクなサウンドに満ちている。敢えて挙げるなら、M9・M18の情景描写は新たなアプローチで、Kayzabroの表現幅の広がりが円熟味を感じさせる。PMX曰く「今回のテーマは秋冬」らしいがそれでも全然夏っぽく爽快なM4、三者三様ともスタイリッシュにエロチックなM8、シリアスな中にも哀愁あるM13など、ゲストのキャラが立つほど曲も立っている。あとはM6のようなアゲアゲチューンがもう1、2曲あれば尚良かった。1stをソフトにしたような仕上がりにサプライズはないが彼らにしかできないことをキチンとやっており、この「ブレてなさ」は依然として日本の所謂ウエッサイはDSで事足りると再認識させるに充分だ。

Connection: close