COOL&FOOL このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-08-20

SL-782007-08-20

[]「Xカリバー」

1.其の壱

2.HYDRO PANIC

3.WINS MAN with WINS MAN

4.LAST OF SAMURAI feat.K5R,般若,ASHRA

5.仁義

6.夜桜[龍と銀次]

7.さからうな!

8.Xカリバー

9.灼熱 -HEAT-

10.実況トニー

11.死刑執行0:01 feat.MISTA SMITH

12.三味線

13.野良犬 サパ ピルカセタ feat.SHINNOSK8,神,響言奏

14.ウロヤケヌマ feat.G.K.MARYAN,D.O

15.違えんだよ feat.RINO LATINA ?

16.ブリブリテーマソング pt.? feat.TWIGY,DEN

妄走族のイメージといえば、サグいのとはまた違った日本的な不良ノリというのが一般的だろうが、メンバーのソロ音源を聴くと、意外にオーソドックスなハーコーラップであることが多い。そんな中でこのアルバムは、般若の諸作と並んでヒップホップの枠組から大きく外れた任侠道的世界観を押し出している。とはいえ般若が表現の巧みさでエンターテイメントしているのに対して、チンピラの切る啖呵のごとき桃太郎のリリックやフロウはあくまで素であり、両者は似ているようで異質だ。ヴァースが長い分、妄走族のときに比べるとコトバのキレに若干の翳りが感じられるものの、それでも捻りもクソもないパンチラインの応酬は相変わらず。ギャンブラー賛歌M3やヤクザの美学を謳うM6みたいな詞は彼にしか書けまい。プロデュースはタイプライターによるド派手なM9等外注ものも数曲あるが、おなじみの妄周辺のそれのようローファイで土臭いものの方が相性はよく感じた。