COOL&FOOL このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-09-13

SL-782007-09-13

[]「Hysterical」

1.INTRO

2.0%

3.星を願う

4.FULL MOON(I'm Sorry)

5.1 for DA 何?

6.十字架の上(Power Of Love)

7.It's a One Day

8.How High(No Joke)

9.AHH YEAH

10.Love vs Hate(My Lover)

11.ああだのこう

12.ヒステリック

13.SANDER

14.I LV U

15.メメント

16.J.O.K.E.

17.EXODUS(大脱出計画)

18.BYE BYE

一流のアーティストにとって、期待に照準したクリエーションでニーズをそこそこに満たすのはさほど難しいことではない。しかし今回MACCHOは敢えてそれをやらず、前作で完成形をみた従来のスタイルをキッパリ捨て、とかく「タフネスへのこだわり」を主張することにプライオリティを置いてきた。それゆえ、あらゆる面でリファインされていたPMX主導の仕事に比べると、終始ピーキーなラップはやや大味で聴き手にそれなりのスタミナを要求する。ただ、こうした変化は自己表現の追求における必然のステップとも言え、認めないことにはリスナー共々成長を見込めまい。少なくともDABOの4thより潔い振れ切り方だ。あたかもパンクのように漲る反骨精神がハマったM3やM4が前人未到の強度を誇示する一方で、全体としては表情が画一的なのが惜しいところ。あと語尾を上げるフロウは少々好みのわかれるところかも。