COOL&FOOL このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-11-25

SL-782007-11-25

[]「World Of Music」

1.World Of Music(intro)

2.運命

3.Reason(Let U Know) feat.Simon&D.O

4.Top Of The World

5.Back Stage Boogie feat.Bes,565&Uzi

6.Not Your Boyfriend feat.Jesse(RIZE)

7.We Leanin'

8.Shinin' Like A Diamond feat.Sphere of Influence&May J.

9.Stop Playin' A Wall

10.This Is 4 The Locos feat.DS455&Big Ron

11.360° feat.OJ Flow,KM-Markit,Aktion,Braidz,Gotz&Uzi

12.Lyrical Gunman

13.Everybody Needs Love

14.My People feat.加藤ミリヤ

15.雲の上のHeaven

16.Last Song

原点に立ち返り、ノブレス・オブリージュを全うした前作に次ぐ一手として、音楽性における拡張路線を採ったのは妥当な判断だろう。そしてその狙いは大方成功しており、彼らしく貫禄に満ちたラップと持ち前の器用さで、レゲエにウェッサイ、挙句はラウドロックといった多様なエッセンスをモノにしている。中でもHASEBEによる大ネタ使いがキャッチーなM8などは一際耳をひく。さらに、もうひとつの新たなトライとして、SIMONやBESら新世代MCとのコラボが挙げられる。そしてそこでも彼は、若手に見劣りしないパワフルなパフォーマンスをしっかり誇示している。かように優れたハードを備えながら、どこかひっかかりがなく、端的に言うと飽きやすい印象が残るのは、先述のような試みが、ある意味アナクロとも言えなくもない彼の大仰なリリックセンス、つまりソフト面の浅さ(いや、彼は本来これでいい筈だが)を図らずも浮き彫りにしているからだろうか。だからM13のようなコンシャスネスも妙に鼻につく、と。この実に高次元なジレンマ・・・やんぬるかな。