COOL&FOOL このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-03-01

SL-782007-03-01

[]「DABO PRESENTS B.M.W. -BABY MARIO WORLD- vol.1」

1.My World feat.SIMON

2.2 Funky C.E.O.(前人未到) feat.BIG-O,KAYZABRO

3.自由帳 feat.晋平太

4.World Is Yours feat.ZEEBRA

5.Over The 修羅場 feat.B.D,BES,KGE

6.君の名は…(だってしょうがないじゃない) feat.DELI ,MUMMY-D

7.Dirty 30's feat.KASHI DA HANDSOME,MACKA-CHIN

8.Juicy(Life/Live Pt.2) feat.PUSHIM

9.自由帳 feat.RYUZO

10.FIRE!!!!(阿鼻叫喚) feat.ANARCHY

11.Shall We Rock? feat.EQUAL,TARO SOUL,竹内朋康

12.TA-KA-YO-U-JI(侍バウンス) feat.KREVA

13.こっちきてみな ~Flow On~ feat.COMA-CHI

14.自由帳 feat.MURO

15.反則(I'm So Kool) feat.JAY'ED,TWIGY

16.Murder Weapon feat.GOCCI,PAPA B,SEEDA

17.Don't Stop キボンヌ(Come Again) feat.DJ HAZIME,DJ KEN-BO,DJ WATARAI

18.Bright Lights, Big City feat.HUNGER,MISTA O.K.I,Mr.OZ

近年の日本語ラップにおける細分化は必然であり、リスナーにとって歓迎すべきことではある。しかし一方で過度の島宇宙化は、ジャンル内での表現を深さを欠いた記号にし、サブカルチャーとしてのエネルギーを削ぐことになりかねない。いきなり抽象論から入ったが、こうした状況下で大御所たるDABOが、これほど満遍なくヴァラエティに富んだメンツを一堂に集めたことは、自浄効果という点で無意味ではないはずだ。

で、肝心の具体的内容だが、全体として曲単位でのインパクトに欠くかなという印象。DABO監修らしく一曲一曲は丁寧に作りこまれているのだが、相対的にトラックのパンチが弱めな気がする。また、各人が無難にヴァースをこなすだけの、いわば「必然性のないマイクリレー」以上のコラボが僅かに限られるのが惜しい。その僅かが、次世代の旗手たるSIMONやCOMA-CHIのフレッシュさなのがせめてもの救いか。それでもさすがにヴォリュームは圧倒的で、ある程度ヒップホップに通じていればカタログ的に充分楽しめるだろう。願わくば、音楽性の面でも「外部に届ける」ことをより意識すれば、実効性のあるムーブメントになり得るのではなかろうか。

2006-03-14

SL-782006-03-14

[]「THE FORCE」

1.feel THE FORCE(Intro)

2.暁

3.Skit 1 "Ring The Alarm"

4.おはようジパング

5.What's my name?

6.Skit 2 "アテンション!"

7.根こそぎハイジャック(のっとり'06)

8.Skit 3 "Be With You"

9.The FORCE

10.GET DOWN

11.Skit 4 "おんみつこうどう"

12.真夜中のゲーム

13.笑止!(U Can't Front)

14.Skit 5 "わかものたち"

15.The Light(Don't Turn Off)

16.F××K YOU〜誰にともなく〜

17.Skit 6 "珍淑淑の嘆き"

18.NO.NO.NO. (HEY.HEY.HEY)

19.カルマのりこえて

20.Skit 7 "ふれてごらん"

21.U Need Love(Hip Hop)

22.ここからどこまでいこう(Here We Go)

23.feel THE FORCE(Outro)

過去3作ではUSメジャー的ヒップホップの完成形を様々なアプローチで提示してきた彼だが、ここへきて敢えて客演ナシのごくシンプルなアルバムを出してきた。目玉になるような派手なトラックはなく、自身のラップそのものが主役の構成となっている。語彙の豊富さや巧みなレトリックは健在ながら、その抜群の安定感故にかえって刺激を欠く感も否めず、ノー・ゲストな分その印象はいっそう強い。それでもM3をはじめ、久々にWATARAIの手腕が光るM15・19やソウルフルな一連のGEEK提供曲などストレートな良品が並ぶ。また日本語のフレーズを随所で引用するなど言葉に対する意識の変化が伺え、そういった意味で過渡的な作品と位置付けられよう。1stや3rdでいったんスタイルを極めたからこそ必然的に進みうる次のステージへの第一歩といったところか。

2005-11-18

SL-782005-11-18

[]「DIAMOND」

1.多面体

2.E.V.E.(開戦前夜) feat.DJ HAZIME

3.スーパーバックシャン(Yes,Sir)

4.Clap Ya Hands

5.BONO!

6.Chosen One feat.CHOZEN LEE

7.DIAMOND(Forever)

8.おそうしき feat.般若

9.カルナバル

10.Da Joint feat.RYUZO

11.プリズム

12.月食(EDEN)

13.ワカホレ(Get Busy)

14.ハーベスト(Full Moon)

15.P.R.O.

16.Corner Stone(April)

尋常ならざる客演量をこなしつつも、快調なペースでリリースされたはやくも3枚目となるDABOのソロアルバム。ヴァラエティに富んだ名曲揃いの1st、海外のプロデューサーを多く迎えUSっぽさの濃かった2ndに続く本作は再び旬の国内トラックメイカーを数多く起用しながらも今までになくストレートで高品質な仕上がりとなっている。M6(異ジャンルコラボ)・M8(話題性&ディス)・M10(コアな掛け合い)と必要最小限ながらツボを押さえた客演、抜群に安定したスキルを再確認できるM3・4、美しいメロディラインを余裕でのりこなすM7・12など、どこをとっても抜け目がない。敢えて言うならば初期のような遊びの要素やラップの活きの良さは減ったものの、それは逆に日本を代表するMCとしての貫禄がついてきたことの裏返しでもあるのだろう。

B-BOYイズムB-BOYイズム 2005/11/18 01:16 コソバソハ。
one_micとかshibuyaasukaとかそんな感じの奴です(爆
はてな辞めたんで、これからはコメント書く時はこの名前で。
DIAMONDキタ━━━(゜∀゜)━━━!!
最近DVD『FLASH BACK DIAMOND Ver. 0.5carat』がヘビロテの俺にとってはまさにタイムリーw
ワカホレのPVでドル札を口にくわえながら、ドル札紙飛行機を飛ばすのがカコイイ(爆
こち亀で昔(ry
Chosen Oneとかは、レゲエが苦手な俺が聴いてもカッコイイと思いますね〜。
おそうしきのブラックさもなかなか良いですw
DIS対象が漢個人じゃなくてMSC本体にまで広がってる気がしないでもないですが(ぉ
カルナバルとかも、聴いててアガれますなぁ
ちなみに俺はテリヤキなんたらは意地でもCD買いません(爆

SL-78SL-78 2005/11/19 00:14 DABOのすごさって、すごさをすごいと感じさせないところだと思いますね。そしてそのすごさを耳で理解できるか、がヒップホップが性に合うかどうかの分かれ目になるかと。今更DABOかよ?なんて言うヤツがいたら、とんだフェイク野郎っすよね。