COOL&FOOL このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-18

SL-782006-01-18

[]「Da FRONT and BACK」

1.Da FRONT and BACK Intro

2.Shine On feat.L-VOKAL&秋田犬Dob-Rok

3.One Day feat.BES

4.紅い空に灰色の街 feat.KENTA5RAS

5.新宿ドリーム feat.MSC&KAORI TAKEDA

6.MAD in JAPAN a.k.a Bad Ninjaman feat.JUSWANNA

7.There's somethin'about mary feat.ESSENCIAL

8.Awesome Idea feat.BOO&TARO SOUL

9.Fly Away feat.JAMOSA&JAY'ED

10.Walk wit me feat.SEEDA

11.I'm Still Here -I don’t go back there- feat.SABOO

12.My Life feat.bay4k

13.灯す火 feat.DUAL&MOMOKO SUZUKI

14.T.O.P feat.SCARS

15.Higher Sky feat.MOMOKO SUZUKI

エンジニア的職人気質とサンプリングセンスの融合、そしてアンダー・オーバーを超えた客演で高評価を得たファーストに次ぐセカンド。参加ゲストという点で地味なのは否めないが、音の質感に統一感を持たせた前作より楽曲のヴァリエーションは広がっている。中でもMUROばりにファンキーなM8やさながらBLビーツの如きM9は新境地で、そのいずれもが一筋縄でないのはさすが。対照的にM5・M6ではダークな持ち味をアバンギャルドな方法で提示しており、こうした"毒"的要素にもぬかりがない。またM3のBES・M11のSABOOは初ソロながら高いスキルを如何なく発揮しており、MCの素質を引き出す手腕も健在だ。M4・M10等も同様。全体に生音を大幅に導入したりとお洒落なベクトルに向かっているようで、じつはタイトで洗練されたヒップホップになっている。日本では珍しいタイプの作品だが、聴けば聴くほど良さが滲み出るだろう。

239239 2006/01/19 10:24 お初です。以前からちょくちょく覗かせてもらってました。MSC2NDでましたね。わたくし的にはいい感じでありました。ただそれだけなんですが。。。今後も参考にさせていただきますね。

SL-78SL-78 2006/01/19 23:31 HAZIMEまして〜MSの新譜は本日買ってきたとこなんで早速聴きこみ開始いたします。今後とも46!

shibuyaasukashibuyaasuka 2006/01/20 19:00 コソバソハ。
イズムです。
CORN HEADさんは俺のラジオネーム噛みまくり(爆
つーわけでブログ再開しますた&アンテナ登録させていただきますた。
よろしくm(_ _)m

2005-02-03

SL-782005-02-03

[]「self-expression」

1.Whoa feat.SEEDA

2.毒立毒歩 feat.漢,DEV LARGE

3.How I Feel feat.SLANG for Ying Yang

4.きょく feat.L-VOKAL

5.やまびこ44号 feat.FLICK

6.8面 feat.PRIMAL

7.暴風雨 feat.降神

8.Thirsty feat.GOUKI

9.Final Ans. feat.PHYS

10.霧ノムコウ feat.FUSION CORE

11.Dayz feat.SEEDA

12.One Night feat.SWANKY SWIPE

13.One Woman feat.RICE

14.真心眼form1.2 feat.LUNCH TIME SPEAX

15.ストーカー feat.LYRICAL MANEUVER

16.Ultimate Love Song(Letter) feat.MONEV MILS,漢

トラックメイカーのアルバムは往々にして、メンツこそ豪華でも全体としてはまとまりのない凡作の寄せ集めになったりしがちであるが、このひとは多種多様なスタイルのMCという「素材」を各曲で十二分に活かしつつ、一作品として統一感をだすことに成功している。具体的にはM5・M10・M14などの正統派(エルドラド勢)、M1・M4あたりのバイリンラップ、そしてM2・M6・M7のアングラ系といった具合にまったく異なるタイプのMC達に対して、全体にどこか哀愁漂う、適度に深い音で彼らの魅力をうまくひきだしているのだ。客演では特にM1・M11のSEEDAのスムースでスキルフルな高音ラップが心地よい。とかく話題が先行したM16が蛇足に思えるほどバランス感覚に秀でた素晴らしい一枚。