今日の一言以上 このページをアンテナに追加 RSSフィード


●Hollyライブ出演情報●
日時 場所 料金 Band 詳細
2017/8/11 Open:15:30
Start:16:00
宮城県仙台市宮城野区
LIVE HOUSE 仙台FLYING SON
ADV:\1000(1D別\500) 家紋(いえもん) 仙台MusicCircle FreeStyleの元主催、
Kanさんの追悼ライブに
THE YELLOW MONKEYのカヴァー企画バンド
「家紋」として出演します。詳細はこちら

私のホームページはこちら↓


Twitterをやってますこちらからどうぞ。

2017-03-29

Grand Chariotについて重要なお知らせ。

Grand ChariotのギターHollyです。

平素より、Grand Chariotを応援していただきありがとうございます

Grand Chariotについて、これまで応援して頂き、またこれからも楽しみに

してるよとありがたい言葉も頂いておりましたが、諸般の事情により、

解散する事となりました。ご期待に沿えず申し訳ありませんでした。

今後各メンバーそれぞれの分野でも活動していくとは思います

引き続きよろしくお願いいたします

2016-03-06

ギターの練習動画を上げてみた。

いよいよGrand Chariotも具体的なライブの話が出てきました。まぁまだみなさんの都合的に出られるかも分かってないので

決まってないですけどいよいよですな~。というとでとりあえずデモに合わせて私がギター練習してる動画試しにあげておきます

アレンジはまだまだ変わるかもし、ライブで演る曲がこれになるかもわかりませんが雰囲気でも感じていただければと・・・

1)Grand Chariot

D

2)のばら

D

3)Arcadia

D

4)California Blue

D

2015-03-01

SN619922015-03-01

KISS JAPAN TOUR 2015/2/28 @セキスイハイムスーパーアリーナ

f:id:SN61992:20150228181603j:image

 2週間前にさいたまスーパーアリーナにMOTLEY CRUEを見に行った余韻もさめやらずKISSの仙台公演行ってきました〜。まさか1ヶ月のうちに2回「スーパーーアリーナ」と呼ばれるところに行くとはね・・・。実はセキスイハイムスーパーアリーナ(元グランディ21)行くの初めてです。仙台公演といっても厳密には利府町。とはいいつつすいていれば車で30分弱で行けるところ。ここにKISSが来るとはね〜。まぁ2週間前にさいたまみちゃったんで、想像よりは小さい会場でしたがそれでも宮城ではでかい会場ですよね。ここはよく交通の便が悪いと話題のところなのですごい余裕を持って開演3時間前に出たら行く時はほぼ普通に着いちゃったww。

f:id:SN61992:20150228164056j:image

駐車場の車をみると東北各地から見に来てるみたいでしたね。金沢ナンバーもあったのでひょっとして会社の方もいるんじゃないかと(うちの会社は一度合併で金沢から転勤された方もいるので)思ったら、金沢じゃなくて会社で仙台出身のKさんとばったり遭遇。Kさんはうちの会社に何人かいるロック好きの方のひとりでギターリストでもあります(会社のバンドには入ってませんけど)。ちなみにKさんは私より1時間早くきてたみたい。グッズかったり、なぜか富士宮焼きそば食べて時間潰してました。そしてKISSのコスプレしてる方もチラホラ。がっつり厚底ブールとかKISSのコスプレしてふつうにちゃんとグッズ売りまで並んで買ってる姿がちょっと面白かったです。

会場の外には消防車が待機していてこれは火つかうなと容易に想像できました(っというか消防車きてくれるんですね)。

会場に入るとBON JOVIのBLOOD ON BLOODが・・・あぁ前のバンドで1曲目によくやったなぁと感慨にふけっていると次はSKID ROWのYOUTH GONE WILDが、もうこっからQUEEN、AEROSMITH、DEF LEPPARDと俺のiPod流してるのかよというS.E.を聞きつつ開演待ち。ちなみに今回はスマホ・携帯に限り撮影OKというアナウンスが。この前のMR.BIGもそうだったな〜。

それにしても最近見に行くコンサートは俺よりも年齢層高い方がおおいのですが、今回はさらに年齢層高かったような。そりゃほぼ私がKISSのバンドの歴史と同じ年齢だもんな・・・

セットリストは以下の通りです。

01.Detroit Rock City

02.Creatures Of The Night

03.Psycho Circus

04.Parasite

05.Shout It Out Loud

06.War Machine

07.Do You Love Me?

08.Deuce

09.Hell Or Hallelujah

10.I Love It Loud

11.Lick It Up

12.Bass Solo

13.God Of Thunder

14.Love Gun

15.Black Diamond

[Encole]

16.I Was Made For Lovin' You

17.SAMURAI SON

18.Rock And Roll All Nite

f:id:SN61992:20150228183400j:image


開演すると1曲目は「Detroit Rock City」まぁステージが煌びやか。ステージ天井にもLEDスクリーンがついてて派手にやってたしもう1曲目から炎をがバンバン上がっていてしかも炎があがったときはこっちまで熱が伝わってくる。

そして聞いてみるとCDよりもライブでリフが魅力的な曲が多いなというのを実感。早速家でひいて真似してみたい。はりけーん氏がオリジナルメンバーで再結成したとき見に行ったらエース・フレーリーのギターボロボロだったと言ってたのですが現リードギターのトミー・セイヤーはうまかったですよ。見た目ちょっと聖飢魔IIのルーク参謀っぽかったですけどねww。さすがKISSのコピーバンドやってKISSの雑用係になって自分が作った曲忘れてたエース・フレーリーにギター教えてただけの事はありますww。

f:id:SN61992:20150228185815j:image

ドラムのエリック・シンガーって私のイメージだとBADLANDSの頃のかんじなんですけどね。メイクしたからか、年をとったからおじさんぽくなったような。それでもドラムはタイトでした。時々ドラムライザーで上にあがってましたけど。

f:id:SN61992:20150228194253j:image

そして残るはオリジナルの二人。

ポール・スタンレーはメイン・フロントマンとして精力的に引っ張ってました。最初声聞こえにくいなと思いましたが途中から結構きこえるようになりましたね。途中ターザンみたいにロープで移動して会場中央のクルクルまわる台の上で演奏して近くで見られましたww。

f:id:SN61992:20150228192403j:image

ジーン・シモンズはお決まりの炎吹きとベースソロの血吐きパフォーマンスやりましたよ。ベースソロの時はすごいスピードで天井付近まであがって照明の上で演奏してましたね。ジーンの弾き方ってなんかベースあんまりうまそうに見えないですけどちゃんと凄い演奏してましたよ〜。

f:id:SN61992:20150228191551j:image

最後から2曲目は16曲目はももクロとの共演曲のKISSバージョン。これきいて、ちょっと今うちのバンドの曲Grand Chariotに似ている部分が有ることを発見。まぁ分かる人にしかわからないかもしれませんが。

最後のRock And All Niteはやっぱ盛り上がりましたね。炎バンバン、紙吹雪吹きまくりです(片付け大変そう)。そして最後はポールがギターぶっ壊してましたね。実は生でギターぶっ壊すの見るの初めてかも。

f:id:SN61992:20150228194900j:image

f:id:SN61992:20150228194853j:image

普通ライブの最後だとメンバー揃ってバンザイみたいなかんじでやるんですが、今回は幕が閉じてこれですよ。ジーンときましたね。仙台来てくれてありがとうございます

f:id:SN61992:20150228195434j:image

そうそう最初に出てきたKさん一番前にいたようでカメラに何度も抜かれてましたww

2015-02-15

SN619922015-02-15

MOTLEY CRUE THE FINAL TOUR IN JAPAN 2015/2/14 @さいたまスーパーアリーナ

 昨日はMOTLEY CRUE見にさいたまスーパーアリーナ行ってきました。ツアー名が示すように、この世界ツアー終わったら解散するそうです。海外バンドの海外宣言はあてになりませんけど一応「再結成しません」って署名してるぐらいなんでね。最後かもしれないということもあって初めて見に行きました。(ちなみに2週間後にみにいくKISSはもう10年以上前にサヨナラツアーしてましたけどww)。

セットリストは以下のとおり。

01.Saints of Los Angeles

02.Wild Side

03.Primal Scream

04.Same Ol' Situation (S.O.S.)

05.Looks That Kill

06.On With the Show

07.Too Fast for Love

08.Smokin' in the Boys' Room (Brownsville Station)

09.Mutherfucker of the Year

10.Anarchy in the U.K. (Sex Pistols)

11.Dr. Feelgood

12.Shout at the Devil

13.Don't Go Away Mad (Just Go Away)

14.Drum Solo

15.Guitar Solo

16.Live Wire

17.Too Young to Fall in Love

18.Girls, Girls, Girls

19.Kickstart My Heart

(Encore)

20.Home Sweet Home

まぁRed Hotとか聞けなかったけどほぼベストな選曲。

音自体はそんなに良くなかったですけどギターの音はすごいよかった、というかミック・マーズのギターが素晴らしかったです。ミックは62歳ですし、もともと派手に動く方ではない上に「背中から首にかけて骨が固まる」病気になっているようでライブギター弾くの辛いはずなんですが音楽的な存在感は一番出してました。ストラトであんな音出す人もなかなかしらないしアーミングの使い方がうまい。そりゃニッキー・シックスは刺青でミックの名前入れるわ・・・

そしてベースのニッキー・シックスはかっこいいなぁ。たしか昔、ドン・ドッケンがモトリー・クルーのベースは指1本で弾けるってバカにしてたような気がしますがその後の両バンドとしての歩みを見れば、例え指1本で弾けるとしてもセンスが違うんでしょうね。演奏はもちろん、ファッション、パフォーマンス、生き方含めて。サンダーバードが似合いすぎる。

トミー・リーはやっぱり魅せるドラマー。最初の方はドラムあんまり音良くなかったですけど、どんどんあのパワフル感が感じられるようになってきました。流石に今回35インチのバスドラ持ってこなかったか。

f:id:SN61992:20150215112604j:image

ドラムソロ本当はジェットコースターみたいなレールで上空を移動しながら前後360度回転する予定だったんですが最高点行って前に傾いた時点で故障したみたいで暗転して慌ててもどしてました。ケガがなくてまだよかったです。そこでミック・マーズがギターソロつないでました。本来披露される予定だったドラムソロがこちら。

D

ソロの最初Hooligan's Holidayにあわせて叩いてましたね。ジョン・コラビがヴォーカルの時代はなかったことにされてる雰囲気だったのでちょっと嬉しかったです。あの自体のアルバムもあかなり好きなんですけどね。なにせこの曲、私が大学合格して最初に買ったCDなんでww。

ヴィンスはもう高い声が出なくなっちゃってるのは明らかなんですけどニッキーが言うようにこのこえを出せるのは世界でヴィンスだけなんだなとそう思いました。

ライブはもうだいぶ夢中でノれる展開だったんですが、アンコール・・・先ほど故障したドラムソロ用のレールが光ってたどり着いたアリーナ中央にメンバーの姿が。特設の場所でHome Sweet Homeですよ。それでみんな携帯のライト光らせてかなり会場綺麗でした。ニッキーもtwitterで写真載せてましたね。モニターではこれまでのMOTLEY CRUEの歩みが流れててあぁ終わっちゃうんだなーってかんじでした。

まぁ今回で解散ですが万が一またやったら行きますよ〜。

2015-01-19

シンディ・ローパー 〜30周年アニヴァーサリー・セレブレーションジャパン・ツアー2015@仙台サンプラザ

1/18に仙台サンプラザでシンディー・ローパーの30周年の記念コンサート行ってきました。

なにげにシンディー・ローパーのライブ3度目の正直なんですよ。

というのも最初行こうと思ったときは東日本大震災で行けず、2回目は扁桃周囲膿瘍にかかりいけずようやく今回初見参。

去年ぐらいからTOTOとかまた大物が仙台来てくれるようになってきましたね。

仙台サンプラザも今までは2階席だったんですが今回初めて1階。意外と上で見てるより会場小さくみえる。でもここ

結構会場の段差とかがうまいことなってて会場は見やすい。

開演前ガタイのいい黒いスーツを来た男性が通路を歩き回ってたんですがライブ始まってその理由がすぐわかった。

なんと客席からシンディー、登場、ちょっとU2のPOPマートツアーのボノを思い出した。

参考こんなかんじ⇒https://www.youtube.com/watch?v=1c7U-9gyPsw

シンディーはどっちかというと魔女っぽかったですけどね。

セットリストはこんなかんじ。


1 She Bop シー・バップ(『She's So Unsual』)

2 I'll Kiss You アイル・キス・ユー(『She's So Unsual』)

3 He's So Unusual ヒーズ・ソー・アンユージュアル(『She's So Unsual』)

4 Yeah Yeah イエー、イエー(『She's So Unsual』)

5 Witness ウィットネス(『She's So Unsual』)

6 All Through the Night オール・スルー・ザ・ナイト(『She's So Unsual』)

7 Into the Nightlife  イントゥ・ザ・ナイトライフ(『Bring Ya To The Brink』)

8 Sex Is In the Heel セックス・イン・ザ・ヒール(ミュージカル『Kinky Boots』)

◆忘れないわ◆

9 Time After Time タイム・アフター・タイム(『She's So Unsual』)

10 Girls Just Want to Have Fun ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン(『She's So Unsual』)

11 Money Changes Everything マネー・チェンジズ・エヴリシング(『She's So Unsual』)

  • ENCORE-

◆上を向いて歩こう◆

12 Hat Full Of Stars ハット・フル・オブ・スターズ(『Hat Full Of Stars』)

13 Shine シャイン(『Shine』)

14 Change Of Heart チェンジ・オブ・ハート(『True Colors』)

15 True Colors トゥルー・カラーズ(『True Colors』)

まぁ1時間半もやらなかったけど大体聴きたい曲は聞けました。

シンディーも61歳とは思えぬすごい歌声。所々日本語で日本の曲もおりまぜばがら。

個人的にはTime After Timeが聞きたかったのですが、ほぼ原曲アレンジでやってくれました。

この曲ベースの方もギターに持ち替えてベースレスのツインギターに。こうやってやってたのか・・・

バックはキーボード2本、ギター、ベース、コーラス、ドラムで、基本キーボード中心なんですが

所々激しいロックバージョンになったりと(ドラムがたまにまさかの2バスでしたし)楽しませて

もらいました。ギターも時々私の好きなE-Bow使ってました。あと、後から知ったのですがキーボード

の方の片方がHootrersの方だったらしいです。

あとアンコールのHat Full Of Starsがなかなかよかった。圧倒されちゃいましたね。

となりの方もうこの辺から号泣ですよ。

https://www.youtube.com/watch?v=F4adLsy8SD0

最後のTrue Colorsは前NHKで見たSONGで見たスティールギター(厳密にはダルシマーというらしい)

をスタッフが用意したもののそれをつかわずに一人でアカペラで終了。

いいライブありがとうございました〜。

ちなみに前の日仙台で牛タン堪能したらしいですね。

http://ameblo.jp/heavymetal-lover2009/entry-11978617149.html

2014-07-05

近況

 最近すっかりツイートしかしてないなぁ・・・。ブログ書いたとしても大体見に行ったライブの話か、バンドで出演したライブの話。

 っというのも基本的にそれ以外は京都に行って仕事して、休みは疲れて休んで、洗濯とか買い物して、あと練習すると大体終わっちゃうんでね。

 昨日がボーナス日だというのも朝になって気が付いたくらい。あと2か月ちょっとで日本の平均寿命の半分の歳になろうとしているのでいいんだろうか。

 まぁいいか。

 今やってる仕事もなかなか課題だらけで、収束しないどころか、仙台から京都に行くメンバーも増員されたのでまだしばらく出張生活が続きそうです。

夏休みも9月にシフトするみたいだし。まぁ実家帰るにも道路すいてる時期だからいいか。

 ここ数か月の大きなトピックというと3年程度やっていたfrying soul-Sがまぁいろいろありまして、解散することに。

残念ですが、皆さん色々ステップアップするという意味で私は前向きにとらえます

 私の今後ですがオリジナルバンドに参加予定です。自分もここ10数年、曲にはしてなかったけど、いつか使おうと思ってためてた

ネタを使う時が来るかもしれません。こういう機会ないとまったく使わなかったと思うので。今までオリジナルバンドは何個かやってきましたが

基本的にもうほとんど曲が出来上がっていて、入れるギターを考えるというパターンがほとんどでしたが、今回はもう少し深くかかわりそうな

かんじです。

 それに合わせて宝の持ち腐れ状態だったPro Toolsを本格的に今使い始めてます。さらに家のデスクトップと、出張先にもっていってる個人のノートPC

をほぼ音楽的には同じような環境にして、ホテルにギターを預けているので出張に行っても滞りなく進められるように。

 あとはこれとは別に単純に楽しむためのコピーバンドもまたやりたいなぁと思ってます。まぁそれは出張生活終わってからですね。

参加するかは別としてなんとなくメンバー募集とかチェックしてるかんじ。以下のどれかがあれば乗るかもしれません。

1)DEF LEPPARDのカヴァー

2)80年代〜90年代の初期のHR/HMあたりをやるバンド

3)80年代の洋楽のヒット曲をやるベストヒットUSAみたいなバンド(PhilCollins、Richard Marx、CYNDI LAUPER、TOTO etc...)

4)U2のカヴァー

5)邦楽だったら鬼束ちひろの初期かSalyuの1stか2ndあたりまでをやるバンド

ちなみに毎年ジャズフェスに出ていた会社のバンドは今年は落選・・・。去年勾当台だったのに〜。みちのく杜人なければ今年活動は飲み会だけに

なっちゃう。今別の12,3人ぐらいでも出れそうなイベントを模索中。

って結局音楽の事しか話してないな。他は・・・いまんとこ東京03を見に行く予定ぐらい?

2014-05-01

TOTO JAPAN TOUR 2014 @東京エレクトロンホール宮城

今日東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)にTOTOを見に行きました。2008年に解散したはずなのですがなんだかんだ言って35周年ということでツアーをしているようです。これで東京公演だったら代休使って見に行かないのですが、なんと仙台に来るという事で見に行きました。最近は来日アーティストなかなか仙台に来てくれないですからね。

 TOTO自体は実はちゃんと聞き始めたのが就職してだいぶ経ってからなのでわりと最近です。前は好きな曲が何曲かある程度だったのですが時間をかけてじわじわとハマッてきています。来日メンバーは

 スティーヴ・ルカサー/Steve Lukather(G, Vo)

 デヴィッド・ペイチ/David Paich(Key, Vo)

 スティーヴ・ポーカロ/Steve Porcaro(Key, Vo)

 ジョセフ・ウィリアムズ/Joseph Williams(Vo)

 ネイザン・イースト/Nathan East(B)

 キース・カーロック/Keith Carlock(Ds)

 そして見に行った感想。

 まず当たり前ですがうまい。元々凄腕のスタジオミュージシャンのあつまりだというのもありますが、そのうまさが無機質に与えられたものを寸分の狂いもなく弾きこなすというだけではなくて1音1音の「息遣い」がすごい。すごい簡単な1音でもこのバンドがやるとうまさの中にも魂がこもりますね。特に私はギターリストなのでスティーヴ・ルカサーに注目していたのですが、漠然とうまくてすごい人だというのは思ってましたが、生でこの方のギターを弾いてすごいと思いましたね。これまでもライブでポール・ギルバートとかリッチーコッツェンとか俗に凄腕のギターリストはいろいろ見ましたが、得てしてライブだと割と轟音の中でなんとなくすごいことやってるなぐらいの印象だったのですが、ルカサーは音作り、1音1音のニュアンスまでしっかりと伝わってくるって意味で多分私は生で見た中では1番うまいと思いました。そして歌もうまい。私も将来I'll Be Over Youを歌いながら弾いてみたもんだ。この曲を生で聞けて今日はしびれましたね。

 あとヴォーカルは「FAHRENHEIT」「THE SEVENTH ONE」の頃のジョセフ・ウイリアムズって事で見た感じスコーピオンズのクラウス・マイネかよと思いましたが(笑)歌声は、当時そのまま。彼がメインヴォーカルの曲は高すぎてサビが一緒に歌えない(笑)。

 ベースのネイザン・イーストって多分誰でも知らないうちに1度は弾いているのを聞いたことがあるっていうぐらいすごい方なのですが、私の元々のイメージはエリック・クラプトンのバンドとかフュージョン系のベーシストと思ってたのですが、今日見た感じでは体型も昔よりシャープでかっこよく結構動いたりコミカルになったりといいかんじでしたね。Africaのあおりも良かったです。

 キーボードの全盛期のメンバーですがお二人は割と最近復帰してきたようですが特にスティーヴ・ポーカロが見た目よりもあんなに動く方だとは知らず(笑)。出てくる音は「あぁTOTO」だって感じでしたね。スティーヴ・ペイチはどちからというとコミカルでゆるキャラに近かったですがピアノを中心としたフレーズはさすがの一言。

 ドラムはジェフ・ポーカロ没後長年勤めたサイモン・フィリップスに代わって私は知らなかったのですがキース・カーロック。スティーリー・ダンでも叩いている方でドラムの事は詳しくないですが相当うまいと思いましたね。どちらかというと一生懸命叩いているのが見えるタイプです。

そういえばTOTOのドラム(に限らないけど)って素人が見るとすごさが分からないんですよね。大学自体ドラムのうまい先輩がROSANAを叩いていて顔が引きつっていたのを思い出しました。

 ライブで見るとTOTOはCDで聞くよりハードロック。今日のライブ見て結構好きになった曲増えました。セットリストはどっかに出たら載せますが、参考にちょっと前の東京公演のセットリスト載せておきます。仙台版が出たら差し替えますがおそらくほとんどこんな感じ。

01.On The Run / Child's Anthem / Goodbye Elenore

02. Goin' Home

03. Hydra

04. St. George and the Dragon

05. I'll Be Over You

06. It's a Feeling

07. Rosanna

08. Wings of Time

09. Falling in Between

10. I Won't Hold You Back

11. Pamela

12. 99

13. White Sister

14. Better World

15. Africa

16. How Many Times

17. Stop Loving You

18. Drum Solo

19. Hold the Line

20. Home of the Brave

聞きたいと思った曲で唯一やってくれなかったのはGirl Goodbyeぐらいかな・・・

席がPAのちょっとななめ後ろだったというのもあってステージは見やすく音も良かったと思います。PA操作も見てて面白い。あと時々「しれーっと」すごい変拍子とか入ってくるのでお客さんの手拍子も高度化を要求されます(笑)。10代とか小学生の子とかも来てたけど良さがわかるんだろうか・・・

ともかく全体的に非常に質の高いライブを見せてもらいました。また仙台に来てほしいな。TOTOに限らず他のアーティストも。

2014-01-02

SN619922014-01-02

イルミネーション2013-2014 &セッション

 今年はあわただしく実家に帰っておりました。京都出張で仙台にいる時間もあまりないので今年は実家に帰るのも強行スケジュール気味。今年の主要ミッションは実家に私が今まで使っていたPCを立ち上げるっていう事ですが、なんとか帰るまでに間に合いました。7,8年使ってたやつですが当時で結構お金かけて買ったやつなので多分、今使ってもうちの母が使う分には不自由しないかな・・・

そんななか毎年恒例の実家のイルミネーションのご紹介です。去年以前のも含めてこちらにアップしております

http://lesprs.com/gallery/005_illumination/Index.html

 今年は父が神経痛であまり作業ができないため、元々はやらない予定だったようですが、主催の商工会さんからの熱烈なリクエスト(?)もあり、まだあまり負担のかからない1階部分と庭を飾り付けたようです。城に見えると言われた2階の飾り付けも今年はなかった割には町のコンテストで2位を頂きました。そして今年は青森放送さん(ZIP FRIDAY)が取材に来たようで青森で放送されたやつを見ました(ついでにDVDにダビングして仙台に持ち帰ってきました)。基本は五戸のイルミネーションコンテストの模様が伝えられているのですが、結構うちの父のインタビューが使われてて突然やることが決まってあわてて作業してなんとか間に合った感じが軽いドキュメンタリータッチぽくなってましたww..。しかもインタビュー途中にうちの父が自分でカット入れたりとかしたらしいですwww...。まぁ今後も無理のない感じで続けていただければと。大体毎年2位か、1位なのですが年々参加者も減ってるとのことでぜひ五戸の皆さんやって町を明るくしていただければと。

 また年末の話になりますが実家に帰る前に「LIVEHOUSE enn のロックDAセッション」を見に行ってきました。元々出演の方でも誘われてたんですが、本当にこの日仙台いるのか分からなかったので苦渋の決断で出演を見送ったのですが今年初めて見に行かせていただきました。みなさん演奏のレベル高い。当日一発で合わせてるとは思えなかったですね。まぁ多少ミスはあったとしてもそれをものともしないすごさありましたね。まさかWHITESNAKEのSlip Of The Tongueやるとはね。STEVE VAIがいたころの。あの時代評判悪いですけどこの曲は好き。

D

あの中に入って演奏するにはもう少し精進しないとなぁという感じでした。来年は時間があればぜひ(年末以外は平日はほぼ不可能と思いますので・・・)。