Hatena::ブログ(Diary)

特別な1日(Una Giornata Particolare) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-01-30

外国人問題と中国映画2題:『ブラインド・マッサージ』と『人魚姫』

| 18:59 | 外国人問題と中国映画2題:『ブラインド・マッサージ』と『人魚姫』を含むブックマーク 外国人問題と中国映画2題:『ブラインド・マッサージ』と『人魚姫』のブックマークコメント

今年も早くも1か月が過ぎようとしています。冬は嫌いなので早く過ぎて欲しいけど、時間が過ぎるスピードには驚くばかりです。何にもしないまま毎日が過ぎていく(笑)。

           

しっかし、トランプ大統領令イスラム教国七か国出身者の入国制限って酷いですね。当初は永住資格を持っている人まで制限してたんだから滅茶苦茶です。特定国テロリストが多いなんてデータも示さずに入国制限をするなんて差別以外何物でもない。そんなことをやっていればアメリカの衰退は一層進むでしょう。ある人に言われたんだけど、トランプは『アメリカファースト』じゃない。『アメリカ白人ファースト』です。それもバカ白人ファースト

●オルブライト、かっこいいじゃん。ヘイトは何も産まない。それだけははっきりしている。

f:id:SPYBOY:20170130184818j:image

f:id:SPYBOY:20170130185330j:image

f:id:SPYBOY:20170130185259j:image

f:id:SPYBOY:20170130125850j:image

                             

この前、大荷物を抱えた中国か台湾の女子学生たちの集団が東急線の駅で、どっと降りていくのを見かけました。引率の人がいたから修学旅行かな。別の日には、そういう外国の子たちが有名スイーツの店に並んでるのも見たことある。我々も海外旅行では同じことをやってるかもしれませんが(笑)、都心から離れた辺鄙なところまで旅行者が来ているんですよね。びっくりしたけど、彼女たちのバイタリティには感心しました。

女の子たちだけでなく、最近は外国出身で働いている人も多いですよね。ボクの職場にも、取引先にも、外国出身の人は大勢いるし、お昼のカレー屋や中華料理屋は勿論 外国の人(笑)半年に1回くらいしかコンビニに行かないボクでさえ、最近コンビニ店員さんは外国の人が多いなあと思います。なんだかんだ言って、10年前とはずいぶん 風景が変わりました。

                                  

先週27日の金曜日 厚労省から昨年の外国人雇用状況に関する統計が発表されました。

f:id:SPYBOY:20170127165919j:image

ソースno title

外国人労働者はどんな感じで増えているのでしょうか。

外国人労働者の数(青線)と就業者に占める外国人割合赤線

f:id:SPYBOY:20170129103556p:image


青い線を見ると、外国人労働者は約10年前の48万人から、2015年には約90万人。2016年には108万人にまで増えています。前年に比べて約2割増!どうりで、最近良く見かけるわけです。日本の就業者全体の6400万人と比べれば、まだまだ物の数ではありませんが、外国人労働者数を就業者で割った比率も年々増加しています。赤い線の外国人が全就業者に占める比率は2015年で1.4%個人的には皮膚感覚として納得できる数字なんですが、みなさんはいかがでしょうか。

これをどう考えたらいいんでしょう。前にも書いたかもしれませんが、例えば介護2025年問題って、皆さんご存知ですか?団塊世代後期高齢者になる2025年には約37.7万人もの介護人材が不足する、という厚労省の試算があります

f:id:SPYBOY:20170127155649j:image:w600

厚労省リリースno title

介護人材の不足が約40万人って半端じゃないです。最近は1学年の人数が約100万人ですから、その4割が介護分野へ就職しなくちゃいけないってことです。日本人だけじゃカバーきっこない。介護1つとっても、こんな状況ですから外国人労働者をどんどん受け入れて行かなければ、文字通り日本沈没になることは間違いありません。

                        

そういうことを言ってると、外国人労働者が増えることで治安はどうなのか、という人が居ます外国人労働者の数と外国人検挙者を時系列で見てみました

外国人労働者数(青線)と外国人検挙者数(赤線)の推移

f:id:SPYBOY:20170130081343p:image


外国人労働者は大幅に増えているけど、外国人検挙者は大幅に減っているんですね。この数値はこの前 経団連で聞いた元警察庁長官の國松氏の話で出てきたんですけど、実態産経などが流布しているイメージ外人怖い』(笑)事実全然違います


更に犯罪率↓。2015年の警察庁の総検挙数に占める外国人割合赤線)は2.6%ですから、確かに外国人犯罪率は低くない。でも近年 犯罪自体が減って検挙人数自体が減っていますその中で絶対数が増えている外国人検挙者に占める比率がほぼ横ばい、というわけです。外国人が増えると治安悪化する、という一般的イメージ事実とは異なります。そもそも外国人日本人より犯罪率が高いというデータはありません犯罪は年齢別・性別に大きな差があるそうですけど(当然 犯罪者は青壮年の男が多い)、そこは比較できないですから。ちなみにアメリカでは不法移民犯罪率はむしろ低いそうです。何かあれば直ぐ送り返されますから移民一般人より法律を守る、というわけです。

外国人犯罪率推移(青は件数ベース、赤は人数ベース

f:id:SPYBOY:20170127161204j:image:w580

警察白書no title

すくなくとも外国人労働者が増えることで、犯罪が増えるということは今のところないわけです。


医療介護の2025年問題外国人を受け入れるだけで解決する問題ではありません。膨れ上がる一方の社会福祉費用をどうするのか、それにロボットとかの技術開発も必要でしょう。でも、今後 日本の社会に外国の人を徐々に受け入れていくのか、もしくは『プア・ジャパニーズ』、『貧乏高齢者ばかりの社会』になるのか、この数年が分かれ目でしょう。戦前日本人がカリフォルニアや東南アジアへ主に肉体労働者として出稼ぎへ行ってたんですから、今はまだ日本に来てくれるだけ 幸せですよ。

                                      

ボクは閉塞感漂う日本(笑)活性化するには、外国の人を徐々に受け入れていくことは非常に良い方法だと思います。シリア難民の子供だったスティーブ・ジョブスみたいな人が一人でもでてくれば、受け入れコストなんか軽くペイして、お釣りがじゃらじゃら来るに決まってますホントトランプってバカ(笑)自分の爺さんも奥さんも移民だったくせに(笑)。

●有楽町の慶楽の『豚の角煮焼きそば』。創業60年くらいは経ってるこの店だって店員さんは殆ど中国系。こちらからニコッと笑って仲良くなっちゃえば居心地いいです。感情ダイレクトな分だけ気持ちいかも。とにかく角煮がふっかふか!とろとろじゃないんです。ふっかふか!色んな意味やばい(笑)

f:id:SPYBOY:20170128122945j:image



と、いうことで、新宿で映画ブラインドマッサージ

f:id:SPYBOY:20170129173641j:image

舞台南京マッサージ店。そこではさまさまな盲人たちが働いている。出稼ぎ労働での苦難の末に共に出資して店を経営するようになった沙と張。その沙のもとに、かつての同級生だった王と恋人の孔が職を求めてやってくる。全盲だが美貌で評判の都紅。完全に失明してしまう前に愛する人との婚礼を目に焼きつけたいと願う金嫣。無口な青年・小馬は風俗店の娘に初めて恋愛感情を抱くようになる。彼らの生活はふとしたことで、平穏な日常にさざ波が立ち、やがて大きなうねりが生じていく。やがて彼らはそれぞれ人生決断を迫られることになる。

                                  

この映画を撮ったロウ・イエ監督の『天安門、恋人たち』はボクの生涯ベスト10に入る作品なんです2008-09-27 - 特別な1日(Una Giornata Particolare)天安門事件を背景に当時の女子大生とその後を描いたこの作品は、ヌーヴェルバーグのようなお洒落な画面に激情と虚無感が流れていて非常な衝撃を受けました。人生の夏、そして、その夏が終わったらどうしたらよいか、を描く作品です。ちなみに天安門事件を描いたこの作品は中国では上映禁止監督も5年間製作禁止処分を受けましたが、その後も彼はゲイ主人公にした『スプリング・フィーバー』など全然めげない作品作りを続けています

スプリング・フィーバー [DVD]

スプリング・フィーバー [DVD]

今回の『ブラインドマッサージ』は中国で文学賞も取ったベストセラー小説原作にしているそうです。

ブラインド・マッサージ (エクス・リブリス)

ブラインド・マッサージ (エクス・リブリス)

           

                             

冒頭、お話の中心人物らしき青年 小馬がいきなり自殺を図ります交通事故にあって担ぎ込まれた病院医師から失明したことを言い渡されたからです。画面に広がる彼の真っ赤な鮮血。いきなり、鮮明なイメージが与えられます

群像劇ですが、一応、主人公の小馬

f:id:SPYBOY:20170129173725j:image:w360

                            

命を取り留めた小馬はマッサージ店に就職ます自分自分の食い扶持は稼がなくてはなりません。そこには先天的失明した者、後天的失明した者、うっすらと見えている者、徐々に視力を失って行く者、さまざまな人たちがいます

●沙院長。お見合いに臨みますが、盲目ということで相手の親の許しを得ることができませんでした。泣き笑いする彼の表情!

f:id:SPYBOY:20170129175608j:image:w360

マッサージ院には若い娘たち大勢ます映画雰囲気も暗くないんです。

f:id:SPYBOY:20170129173801j:image:w360

盲人たちの世界を見るのは新鮮な体験でした。当たり前ですけど、彼らだって我々と同じようにお金を稼ごうと思っているし、趣味を楽しんだりするし、結婚をしようと思っている。恋人を作ろうとも思っているし、性欲だってある。映画には大勢、本当の盲人の人が出演しているそうですけど、とても面白かった。特に恋人同士を描いたところは素朴だけど、実に可愛らしかった。見ていてボクは嬉しくなりました。

●深圳からやってきた王と彼女彼女自分視力が完全に失われる前に結婚式を挙げたいと願っています

f:id:SPYBOY:20170129174129j:image:w360

                              

面白かったのは美貌で評判の都紅という女の子エピソード美人彼女マッサージ店にくるお客さんの中でも評判になります。沙院長もその評判を聞いて、彼女のことを意識し始めます。でも、どのように彼女が美しいのかが彼には判らない。それを知ろうとして苦しみ続けます。一方 都紅は自分ルックスを疎んじています眼が見えない彼女にとっては、自分の美貌は価値があるものではないんです。周りとのギャップ彼女も苦しみ続けます

●都紅(左)と小馬

f:id:SPYBOY:20170129173833j:image:w360

哲学的でしょ(笑)



小馬は先輩に無理やり連れて行かれた風俗店女性に恋をします。初めての恋です。彼女の顔は判らないけれど、彼は懸命に彼女のことを愛おしむ。

●顔を触ることでしか、小馬は彼女の顔を認識できません。

f:id:SPYBOY:20170129173936j:image:w360

                         

いつしか彼女も小馬に心を許すようになります。こういうナレーションが印象的でした。

彼女の嘘だらけの話も小馬には楽しかった。どうせ自分には本当かどうかわからないのだ。だから彼は彼女の話を心から楽しんだ』

素敵じゃありませんか。恋の本質ってこういうことじゃないかと思ってしまいました(笑)。

f:id:SPYBOY:20170129173904j:image:w360



やがて、盲人たちにも転機が訪れます。厳しい世の中ですが、それでも彼らはなんとか生きていきます。その中で小さな希望を掴むものもいますラストシーン、湯気で曇った視界に温かさを感じてしまったのはボクだけでしょうか。お話がややとっ散らかったり、くどい描写もないわけじゃありませんが、かなり、良い作品です。何よりも温かな気持ちになれる映画です。

D



もう一つ香港映画人魚姫

f:id:SPYBOY:20170129200742j:image

青年実業家のリウ(ダン・チャオ)はリゾート開発のため、香港郊外の美しい自然保護区を買収、埋め立てを始めようとする。しかし、そこには絶滅危機にひんする人魚族が住んでいた。人魚族は、美しい人魚のシャンシャン(リン・ユン)を人間女性変装させて、彼を暗殺しようとする。ところがリウとシャンシャンは本当に惹(ひ)かれ合ってしまう

少林サッカー』で有名なチャオ・シンチー監督作品、香港のみならず中国などでも大ヒット、アジア圏での歴代興収NO1、世界でもその年の9位の興行成績を収めた作品だそうです。でも東京では小劇場2か所でしかやっていません。まあ、こういう作品は見る前からだいたい想像はできるんですが、評判も良いので見に行ってみました。

●このヒロインの娘、半端じゃなく可愛い

f:id:SPYBOY:20170129200808j:image:w360

                                              

大阪の喜劇にも通じるようなベタギャグの連発、超可愛い女優さん(12万人のオーディションから選ばれた新人だそうです)、派手で時には(わざと)インチキくさいVFX、ロメオとジュリエットみたいな単純だけど判りやすいストーリーはまさに娯楽映画〜という感じです。

人魚族の面々。彼女以外はマヌケルックスを揃えています菅井きんそっくりの人魚もいた(笑)。

f:id:SPYBOY:20170129200914j:image:w360

人魚族の住む海を埋め立てようとする青年実業家。当初はマヌケそのものですが、だんだん顔つきが変わってきます

f:id:SPYBOY:20170129201159j:image:w360

                                                    

香港映画らしい?えぐい血の描写が後半に若干出てくるところは嫌いですが、それ以外は文句なし。穏やかで平穏なラストシーンはボク、大好きです。

青年実業家と組んで埋め立てを進めようとする大富豪の娘。

f:id:SPYBOY:20170129201234j:image:w360


特に当初はインチキ感満載の実業家人魚女の子デートするうちに、どんどん変わっていくところが良かったです。ベタなんだけど、女の子の可愛さも相まって、説得力すら感じられる。最後には不覚にも落涙してしまったほどです(笑)

f:id:SPYBOY:20170129201503j:image:w360

                                           

中国映画で『いくらカネを儲けても、綺麗な水や空気がなければ意味がない』なんてメッセージが出てくると思いませんでしたよ。誰が見ても楽しめる娯楽作として、見て損はありません。アジア最大のメガヒットというのもうなずけます。何も考えずに笑える楽しい映画でした。

D

iireiiirei 2017/01/30 19:40 2025年問題、たしかに大変そうですね。日本人の若者に介助に関わる人が見込めないのは、やはり介助の現場が3Kだからでしょう。そのわりに給料は安い。そこで東南アジアの(主として)女性たちに白刃の矢が立ったのは記憶に新しいところです。でも、日本語が修得できずに悄然と日本を後にする人も多かったのでしょう。老人や障害者の介助は、園児の教育ほど話題になりにくいのでしょうか。「保育園落ちた、日本死ね」という匿名ブログで安倍を初めとする内閣は相当慌てたようでしたが。

SPYBOYSPYBOY 2017/01/30 19:50 iireiさま、コメントありがとうございます。
2025年問題はマジでかなりやばいと思います。例え外国人の人に来てもらってもとても足りない。ロボットなどによる省人化、介護人材の待遇改善、外国人の受け入れとやれることを全部やらないとまずいでしょうね。ボクは詳しく知らないんですが、介護人材の日本語試験、日本人でもできないような滅茶苦茶な内容で随分非難がでているそうです。役所が既得権益側の顔色を窺ったバカな制度です。さすがに制度をいじるようですけど、とにかくこの問題については、この国は不作為が多すぎる。少子化も含めて、こうやって、この国は沈没していく(笑)、プア・ジャパニーズ化が進んで行くんだろうと思います。
でも、もしかしたら少子高齢化で戦争すらできなくなる可能性もあって(陸自は高齢化で困ってるそうです)、それだけは良いことかもしれません(笑)。

A0153A0153 2017/01/31 16:02 確か、米国は独立した当時は400万人だったはずです。米国はほんとに移民でできた国ですね。ネイチブに出てけといわれたらどうするんだ。あはは。その当時の日本は江戸時代、3000万の人口です。そこから、現在までは、朝鮮半島からの移民以外に、移民ははないなあ、この点は米国と大違いですね。いよいよ日本も、移民受け入れの時代がやってくるかな。
いや待てよ、弥生時代の人なんてのは、移民だから、昔からどの地域も移民ってのは普通だったといった方がいいかな。世界史で、民族大移動なんてのも習いましたねえ。
しかし、トランプというのは、ほんとにやるんだねえ。ほんとにやると思ってなかったよ。ギョ。
信じらんない?なんて流行おくれの言葉でも言いましょうか(笑)

SPYBOYSPYBOY 2017/01/31 18:31 A0153 さま、コメントありがとうございます。
日本はそもそも天皇家だって移民だし(笑)、縄文系と弥生系が混じっているとも言われます。そのあとも陶磁器や土木作業などの技術伝承に伴って、朝鮮や呉(中国南部)からも大勢渡ってきてますよね。元来の日本はハイブリッドな国じゃないかと思うんです。文化だって、西洋も中華もどんどんパクって自分のものにしてきた。他にも戦後の輸出が良い例で、やっぱり日本は社会をもっと開いていった方が得だと思います。

empirestateempirestate 2017/01/31 19:46 フランケンシュタインで、主人公?の怪物が見た目が恐ろしいために会う人皆に怖がられていたけど、目の見えない老人とは普通に会話できていたシーンを思い出しました。

SPYBOYSPYBOY 2017/01/31 19:57 empirestate さま、コメントありがとうございます。
なるほど、確かにそんなお話でしたね。フランケンシュタインも案外深い(笑)。『ブラインド・マッサージ』では盲人が相手の顔を気にしたり、相手も顔を触ることで懸命に相手を理解しようとする。何が人間の本質なのかって、難しいですね。

matsukentomatsukento 2017/02/01 16:10 SPYBOY様、こんにちは。
トランプの入国禁止措置、ホントメチャクチャで、これのどこが「偉大な国」のすることか!と、思います(>_<)。
トランプは自動車産業に「メキシコで生産するな」と言ってますが、逆にIT産業については知識がないと、テレビでコメンティーターが話してましたが、私もそれを見て「なるほど!」と思いました(汗)。
今日は公休日(午前中は大腸の内視鏡検診でした)なので、昼間っからビールを飲んでたら、情報番組の速報で、今月10日?の安倍が訪米する時に、確かフロリダでトランプが経営するゴルフ場で、共にプレーするとのことですが、日本の恥をさらすだけに、勘弁して欲しいです(*^^;)。
トランプも安倍と会う暇があるのなら、北朝鮮から金正恩を呼びつけて、公約通り一緒にハンバーガーでも食べながら、会談すればいいのです(笑)。
言うまでもなくアメリカは、他民族で構成された国であり、さまざまな価値観を受け入れることで、世界一の大国になったわけです(o^_^o)v!!!
トランプは生粋のニューヨーカー(祖父はよりによって、私の好きなドイツ出身)ですが、大統領令とやらを乱発して、「独裁政治」を敷くのなら、自由の女神をフランスに返すべきですよ〜。
修学旅行で思い出しましたが、私が韓国に初めて行った時、釜山駅構内で、整然と並んだ現地の高校生か中学生の集団がいましたが、お土産の入った紙袋を見たら、「長崎市・・・・」と書かれてましたし、ある生徒はロッテの「コアラのマーチ」(もちろん日本製)を持ってましたので、「やっぱり地理的には韓国、特に釜山は近いのだと痛感させられたでちゅ。
慶楽さんの豚の角煮そば、これまた美味げです♪
かつてはカレーのココイチでも、「角煮カレー」があって、これがまた美味かったのですが、なぜかメニューから消えて、かなりの時間が経ちますので、もうそろそろ復活して欲しいっちゃぁ〜(^o^)ノ!!!

SPYBOYSPYBOY 2017/02/01 17:21 matsukentoさま、コメントありがとうございます。
大腸内視鏡って事前の食事制限なども大変だし、心理的負担は結構ありますよね。ボクも3年前にやって以来 そろそろ行かなければいけないんですけど、なかなか腰が上がりません。検査の後、ビールを飲みたい気持ちは判ります。まさに解放感ですよね。

<今月10日?の安倍が訪米する時に、確かフロリダでトランプが経営するゴルフ場で、共にプレーする
マジですか!世界に対して、いい恥晒しですね。まあ、トランプも安倍晋三も同類だからなあ。

九州だったら東京より韓国の方が近いですから、お互い身近なんでしょうね。政府や政治とは関係ない、民間の密接な交流があるんじゃないかなあ。

慶楽の角煮は煮たのではなく、蒸してぷるぷるになってました。美味しかったですよ〜。

HoneyPeachHoneyPeach 2017/02/02 17:43 いつかアメリカ白人第一になるかも。そのうち、反トランプ派はアメリカ人じゃないと言い出すんじゃないかな? それが拡大すると南北戦争以来の内戦に発展して白人対移民の対決となる可能性があるかも。それと都紅さん綺麗です。私は人間として好きだという理由でせっかく友達になっても告白されると結局雄かと思って落胆して疎遠になるし時間返せよって思います。

SPYBOYSPYBOY 2017/02/02 19:40 HoneyPeachさま、コメントありがとうございます。
まさにトランプとその支持者は『反トランプ派はアメリカ人じゃない』って言いだしそうですね。ナチだってムッソリーニだって、大日本帝国の治安維持法だってそうでしたもんね。もう何年かしたらアメリカでは白人より、マイノリティ(ラテン系、アフリカ系など)の方が人口が多くなるそうですけど、白人至上主義者は余計に焦っているから滅茶苦茶やっているんだと思います。

ブラインド・マッサージの都紅さんは可愛いんだけど、本人は何とも思ってない。本人は盲人でも一人の人間として仕事を持って自立しようと思っているから、ルックスを褒められるのは迷惑だと思っている。確かにそれは正しくて、そのギャップがすごく考えさせられました。仰ってることはそれと共通してますね!

stantsiya_iriyastantsiya_iriya 2017/02/12 14:04 こんにちは
人魚姫、観たんですね。ウケたとのことで、よかったです。
2館しかなかった上に、初日かなんかに辛口批評ぶつけられてましたから…
(後半マジになってしまったのがざんねん、みたいな。あと、パンフがない件。私は買わないので、どうでもいいのですが、やたら係員に尋ねる人がいたので、なんじゃらほいと思いました)
ブラインド・マッサージ、知らなかったので、見てみようと思います。厚木に来るかなあ…
原題が、単にマッサージの意味なのに、そこに盲人の単語を付加した邦題にも、意味があるんだろうなと思います。

SPYBOYSPYBOY 2017/02/12 19:43 stantsiya_iriya さま、コメントありがとうございます。
人魚姫はボクも後半は嫌いです。だけどラストが良かった〜。終わりよければ全てよし、でした。
ブラインド・マッサージは良かったです。我々は手探りで人生を探していくのではないか、とボクは思いました。

stantsiya_iriyastantsiya_iriya 2017/03/24 21:30 こんばんは
「ブラインド・マッサージ」見て感想アップしました。
http://d.hatena.ne.jp/stantsiya_iriya/20170323/1490216129
よろしければまたトラバさせて頂きたく。
こちらの感想と異なる感想になりました。バンコクナイツのそれに近い?
中国映画で障害者を描いた作品というと「こころの湯」「山の郵便配達」
未見ですが、「海洋天堂」などがぱっと出てきます。
が、性をばしばし出してくる映画ではなかったと思います。
この映画は、その意味でも印象に残りました。

SPYBOYSPYBOY 2017/03/25 00:20 stantsiya_iriya さま、コメントありがとうございます。
トラックバックは勿論 なさってください。ブラインドマッサージは同名の原作本があります。
仰っているように、この映画は案外、むっつりスケベかもしれません(笑)。そういうことも含めて、登場人物たちの密やかな想いがあるからこそ、胸を打つと思いました。しかも盲人たちのラブ・ストーリーでしたし。