Hatena::ブログ(Diary)

特別な1日(Una Giornata Particolare) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-12-29

2017年の映画ベスト10

| 16:03 | 2017年の映画ベスト10を含むブックマーク 2017年の映画ベスト10のブックマークコメント

今年もそろそろ終わりです。ブログの更新も今回が今年最後になります。好き勝手なことを言っているこのブログにコメントを下さった方、星をくださった方、閲覧してくださった方、誠にありがとうございました。皆さま良いお年をお迎えください。

●運河沿いの地ビール屋とスペアリブ年末にも拘わらず満員でした。

f:id:SPYBOY:20171227183434j:image

f:id:SPYBOY:20171227205351j:image

f:id:SPYBOY:20171227195235j:image



さて 最近の世の中の雰囲気排外的と言うか、異質なものに対して皆がピリピリしているような気がします。

f:id:SPYBOY:20171228170209j:image


雰囲気だけじゃありません。例えば株価は随分あがりましたけど、実質賃金は上がらない。雇用環境改善したといっても労働力人口が減っているからですし、人手不足と言っても低賃金の職ばかりじゃないでしょうか。だから景気の良いTVニュースの話より、こういうニュースに納得してしまます

f:id:SPYBOY:20171228212728j:image

f:id:SPYBOY:20171228212801j:image

f:id:SPYBOY:20171229104426j:image

f:id:SPYBOY:20171228212828j:image

国民生活は良くならない、企業は減税、議員優遇措置は増える、国の財政赤字危機に瀕している。それなのにデブが酒飲んで暴れた話を1か月以上も延々ニュースのトップで報じているNHKははっきり言ってまともじゃないし、それを疑問に思わない国民もまともじゃありません。それにまともな対立軸を打ち出せない野党も相変わらず無能です。立憲民主党には期待はしますけど、もう少し戦略的に頭を使って欲しい気はします。

f:id:SPYBOY:20171228163207j:image


個人的にはトランプ大統領当選アメリカ経済息切れすると思って、持っている株は出きる限り売ったのですが、今年下半期の株価上昇は見通せず、儲けそこないました(笑)(大して持ってるわけじゃありません)株価上昇と言っても日銀が株を買って、外人が売って儲けているだけなんで、実にバカげた話です。現在株価につられて多くの人が2018年の予測比較的明るいことを言ってますが、単にマグマが溜まっているだけ、と思っています

f:id:SPYBOY:20171228170057j:image


北朝鮮、中東、それにアメリカの株バブル、中国の景気、短期的にはこれだけのリスクがあるし、中長期的には日本は少子高齢化財政破たん、産業構造変革の遅れなど着実に衰退の道を歩んでいる(笑)と思います庶民には大したことは出来ないけれど、とにかく一人一人が右にも左にも流されないようにする。自分の頭で考えて、自分責任で行動する。これからは当たり前のことが今まで以上に大事になってくると思います。世の中の流れがまともじゃないんですから

f:id:SPYBOY:20171228165854j:image



ということで、今年観た映画ベストテンを書きたいと思います何だかんだ言って今年は100本も映画を観てしまったのですが、非常に粒ぞろいでした。今回挙げたのは心の宝物になるような作品ばかりです。ベスト10には入れませんでしたが、南仏グルメ旅行記の『ボンジュール、アン』、イッセー尾形最強の『沈黙』、人間ミンチを正視させられる『ハクソ―・リッジ』も実に良かった。あと感想は書かなかったですがジム・ジャームッシュ監督アダムドライバー君主演の『パターソン』はジワリ心に染み入る作品でした。アダムドライバー君は他にもスター・ウォーズカイロ・レンをやったり、『沈黙』で神父をやったり、大活躍でした。


10位:『未来よ、こんにちは (2月)、 『おとなの事情 (3月)、帝一の國(5月) 人生はシネマティック』 (11月)、 希望のかなた (11月)

未来よ、こんにちは』では御年64歳のイザベル・ユペールの美しさに文字通り度肝を抜かされました。肉欲に裏打ちされた『エル elle』も素晴らしかったですが、ボクは穏やかなこちらが好き。『おとなの事情』は如何にもイタリアらしい知性に裏打ちされた艶笑コメディ。『帝一の國』はバカ映画のように見えて自民党派閥政治パロディになっているという恐ろしい映画(笑)、完成度も滅茶苦茶高い。美少年が乱舞する白フン太鼓には負けました(笑)。『人生はシネマティック』は戦争映画かと思ったらフェミニズム映画なのにびっくりしたんですが、それが普遍的価値昇華された見事なお話でした。『希望のかなた』はまさに「みんなで助ける」、素晴らしいです。今のような時代には余計に価値を感じます

未来よこんにちは [Blu-ray]

未来よこんにちは [Blu-ray]

おとなの事情 [DVD]

おとなの事情 [DVD]

帝一の國 豪華絢爛版Blu-ray

帝一の國 豪華絢爛版Blu-ray

人生はシネマティック!

人生はシネマティック!

f:id:SPYBOY:20171205213429j:image:w180


9位:『女神の見えざる手 (10月)

目的のためなら手段を選ばない女性ロビイストお話感情移入しまくりでした。今年観た作品では脚本は一番良かったアカデミー受賞作『ゼロ・ダーク・サーティ』を超えるジェシカ・チャスティンの代表作じゃないですか怖くて素敵なお姉さまたち:映画『女神の見えざる手』と『アトミック・ブロンド』 - 特別な1日(Una Giornata Particolare)

Miss Sloane/ [Blu-ray] [Import]

Miss Sloane/ [Blu-ray] [Import]


8位:『俺たち、ポップスター (8月)

ジャスティン・ビーバーパロディにしたような、大スターが次から次へとカメオ出演するコメディ。徹底的なお笑いです。劇中歌『ファック、ビン・ラディン』はバカすぎて最高です『死霊の盆踊り』と映画『俺たちポップスター』 - 特別な1日(Una Giornata Particolare)


7位:『ドリーム (9月)

アメリカ初の有人宇宙船打ち上げ活躍したNASAの黒人女性たちを描いた物語女性差別黒人差別、2重の差別を描いた作品ですが完璧エンターテイメントになってます。圧倒的な完成度。ファレル・ウィリアムスサントラもカッコいいです『BOTTOM UP DEMOCRACY 10.09 新宿アルタ前大街宣』と、心と頭を刺激するエンターテイメント:映画『ドリーム』 - 特別な1日(Una Giornata Particolare)


6位:『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス (5月)

ガーディアンズの2作目は1作目より更にパワーアップしてました。見事な画面とうまくできたお話、渋い音楽21世紀のハックルベリー・フィンじゃないですか『#共謀罪に反対する521デモ』と映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』 - 特別な1日(Una Giornata Particolare)


5位:『ローマ法王になる日まで』 (7月)

絶望的な状況下でも志を曲げずに、悩みぬいた男の物語。アルゼンチンの独裁政権の酷さには文字通り驚きましたが、作品はお見事な出来です。まったく宗教臭くない、普遍的なパワーを持つ作品です『世論調査の結果』とライブ『相対性理論 証明3』、それに今 見るべき映画:『ローマ法王になるその日まで』 - 特別な1日(Una Giornata Particolare)

ローマ法王になる日まで [DVD]

ローマ法王になる日まで [DVD]


4位:『ムーンライト (3月)

貧困同性愛人種差別の中で生き抜いた少年文字通り、人間尊厳を描いたアカデミー受賞作。少年が成長した姿が実にいじらしい。美しくて、はかない物語読書『革新自治体』と映画『ムーンライト』 - 特別な1日(Una Giornata Particolare)


3位:『マンチェスター・バイ・ザ・シー (5月)

心を閉ざして孤独に生きる男と少年物語。ケーシー・アフレックの演技と脚本勝利ダメものダメなんだよ、という心の叫び、それを温かに包み込む視線が泣かせます心のドアを開くお話:映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』と『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 - 特別な1日(Una Giornata Particolare)


2位:『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 (5月)

テロ貧困、麻薬、暴力格差、ローマ郊外のスラム地区、チンピラと心を病んだ少女の熱い物語。まさにフェリーニの超名作『道』の21世紀版です。映画でも音楽でも文学でも優れた芸術共通した、夢見る力が現実を乗り越える瞬間がこの映画にはあります。男が本当に鋼鉄ジーグになるんですよ(笑)。四の五の言いません。ボクが今年最も感情移入できた作品です心のドアを開くお話:映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』と『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 - 特別な1日(Una Giornata Particolare)


1位:『わたしは、ダニエルブレイク (3月)

失業した頑固ジジイシングルマザー一家に手を差し伸べようとする姿を描いたカンヌ映画祭グランプリ作品。笑いの奥にあるケン・ローチ監督社会に対する激しい怒りが文字通り、さく裂します。脚本演出、笑い、怒り、すべての要素が完璧映画だと思いました。舞台はイギリスですが、まさに日本のことを描いている作品です。残念だけど。 ボクは、ダニエル・ブレイクだ : 映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』と『バンコクナイツ』 - 特別な1日(Una Giornata Particolare)

わたしは、ダニエル・ブレイク [Blu-ray]

わたしは、ダニエル・ブレイク [Blu-ray]

kataomoimamakataomoimama 2017/12/29 18:29 今年もたくさんのことを学ばせていただきました。ありがとうございました。
ベスト10の作品の内、私は2本しか見れませんでしたが、これからDVDで観たいものがたくさん。まずはこれから『マンチェスター・バイ・ザ・シー』です! (お賑やかな年末年始向けではないような気もしますが、ワタシ向けで期待大です。笑)
来年もスカッと痛快な記事を期待しております。どうぞ良いお年をお迎えください。

A0153A0153 2017/12/29 19:21 今年もずいぶん刺激的な記事ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。良いお年をお迎えください。

GAEIGAEI 2017/12/29 21:17 話題豊富なブログを今年も楽しませていただきました。ありがとうございます。人に対するあたたかな眼差しが映画評にあらわれていますね。来年も素敵な時間が過ごせますように。どうぞ宜しくお願いいたします。

iireiiirei 2017/12/29 22:28 最近の「木走日記」によると、ここ2か月で立憲民主党の支持率は17%→8%(だったか)と文字通り半減しているそうです。来るものは拒まずという姿勢が裏目に出ているという評価でした。


良い新年をお迎えください。

matsukentomatsukento 2017/12/29 22:47 SPYBOY様、こんばんは。
2017年の映画ベスト10、週に2本の映画を鑑賞されているだけあって、緻密な論評には頭が下がります(o^_^o)v!!!
今日ニュースを見ていたら、バブルの再来みたいなことを言ってましたが、確かに平野ノラさんのようなバブリー芸人が流行ったり、大阪府立登美丘高校のダンス部が、荻野目洋子ちゃんのダンシングヒーローをバックミュージックにして、バブル的なダンスを披露して、準優勝するなど、確かにそのような雰囲気が作られている気はしまちゅ。
でも介護職は人手不足ですから、月給を3万円も5万円も上げろとは言いませんが、せめて2万円ぐらいは上げて欲しいですし、非正規雇用ばかり増えて「有効求人倍率は上がった」「失業率は下がった」と、数字のトリックで国民を欺く安倍一派には、もう辟易ですよ〜。
中国も以前はパクリが多かったものの、アフリカとかに集中投資して、かなり海外での仕事を受注をもらっているだけに、日本人も中国に出稼ぎに行かないといけないかも知れませんが、日本は難民はほぼ受け入れしない割には、外国人を「実習生」として、劣悪な環境と低賃金で使っているだけに、ホント無茶苦茶です(*^^;)。
スペアリブは本当に美味げで、これも一度は作ってみたいです♪
でも先日の豚の角煮作りで失敗しただけに、ちょっと不安で躊躇するのも事実です(>_<)。
世間は今日で今年の仕事が終わりのとこが多いですが、私は大晦日と1月2日が休みで、それ以外は出勤ですが、お正月出勤手当も出ますし、仕事量も減りますので、いい点も結構あるっちゃぁ〜(^o^)ノ!!!
私のブログも現在アップ中の記事が、今年最後ですが、来年もよろしくお願いします。

SPYBOYSPYBOY 2017/12/30 09:01 kataomoimama さま、コメントありがとうございます。
こちらこそ今年1年ありがとうございました。マンチェスターは色んな意味で超強力なので(笑)、お一人でご覧になると良いと思います。
どうぞ良いお年をお迎えください。

SPYBOYSPYBOY 2017/12/30 09:02 A0153 さま、コメントありがとうございます。
偏見と独断が多いブログですが(笑)、お付き合いいただきありがとうございます。今年もありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。

SPYBOYSPYBOY 2017/12/30 09:05 GAEI さま、コメントありがとうございます。
勝手なことばかり書いているブログニお付き合いいただき、ありがとうございます。こちらこそいつも活動的なお姿を拝見させていただき、刺激を頂いております。今年もありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。

SPYBOYSPYBOY 2017/12/30 09:15 iirei さま、コメントありがとうございます。
自民党は野党当時 毎週 自党の露出度をチェックして戦略を分析していたそうです。ある意味ポピュリズム政党の最たるものです。良し悪しは別にして対抗手段と言う物は必要ですので、立憲民主もそれくらいのことはやってもらいたいと思います。
どうぞ良いお年をお迎えください。

SPYBOYSPYBOY 2017/12/30 09:21 matsukento さま、コメントありがとうございます。
ボク自身は気が付かなかったのですが、確かに仰るようにバブルっぽい雰囲気は多少出ているのかもしれませんね。ご指摘ありがとうございます。現実にはちっとも景気なんか良くないですけどね(笑)。
仕方ないとはいえ、お正月のご出勤も大変ですね。本当に人の役に立っている仕事にこそ、お金が回るようにしないと世の中は良くならないと思います。
どうぞ、良いお年をお迎えください。

ceneciocenecio 2017/12/30 16:27 こんにちは。
2017年終わります。日本が世界から取り残され、とっくに信頼も失っているのはわかっていましたが、極めつけはさきの選挙かな。自民圧勝という結果に、日本に関心ある外国人も海外在住の日本人もさすがに唖然としたみたい。もう完全に見捨てられた感じです。もっともだと思う。そしてだんだんときな臭くなってくる日本。
いつも記事に挟んでくださるツイートがおもしろく、「日本人ジョーク」さまのファンです(笑)。
先日こんなのがありましたね。「開国して20年で中国に勝ち、40年でロシア…国中を焦土にされても、半世紀もたたないうちに世界第二の経済大国…」
こうした発言や日本スゴイネ番組が私には信じられない。
「戦後日本の目覚ましい経済成長、なんて言うけどさ、他のアジア諸国が戦争や政情不安、社会主義国だったりしただけ。冷戦下、アメリカに守られ何の心配もなく経済活動にうち込めただけだ。日本人が優れているわけではない。そんなこと言って自賛しているやつはバカだと思え。それに戦争があったにもかかわらず日本人はなんにも変わらなかった。進歩無しだ」・・・そんな教育を受けて育った私は、今振り返るとそれがかなり例外的で、またすばらしいものだったと気づきます。自虐でも謙遜でもない。リベラルで慧眼を持つ大人たちのおかげで、高度成長と共にお小遣いが上がっていくときも(笑)バブルの時も、世の中を冷ややかに見て浮かれずにすみました。ま、文学畑なので景気とも関係ないんですが。
長くなって申し訳ありません。
どうぞご家族の皆様と楽しい年末年始をお迎えください。
また来年も記事を楽しみにしていますよ。良いお年を!

empirestateempirestate 2017/12/30 20:21 自分は今、家で映画が見れない環境ですが、こういう話を聞くと見たくなります。
個人的に、今まで見た映画の中で政治的に面白いと思ったのは「アメリカンヒストリーX」でしたが、当時からすでに「今の日本に似てるな……」と思ってました。しかし、最近ますますそんな感じになっているようで懸念しています。

miyotyamiyotya 2017/12/30 20:35 こんばんは。
今年も「首相官邸前抗議」の様子やその他の記事をレポートしていただき、
ありがとうございました。
勇気ある方々が何年も継続して抗議デモをしている様を、拝見できて皆さん頑張っているなぁ。と、勇気づけられてきました。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
そして来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

SPYBOYSPYBOY 2017/12/30 21:29 cenecio さま、コメントありがとうございます。
貧すれば鈍するとは良く言ったもので、昨今の日本は経済が落ち目になると同時に政治家の質、国民の質まで落ち目になっている気がします。視野が狭く、異質なものや異なる意見を排除する。ポスト資本主義の時代についていけるわけがありません。アベノミクスなんか為替安+輸出増を狙った高度成長のリバイバルですから、成果が出るわけありません。
そうやって日本は沈没していくのだと思いますが、一人一人は沈没するわけにはいきません。日本が4等国になっても しっかりした個人や一部の企業は生き残っていけると思いますので。
どうぞ良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。

SPYBOYSPYBOY 2017/12/30 21:29 empirestate さま、コメントありがとうございます。
ボクはアメリカンヒストリーX見てないんです。エドワード・ノートン君は好きなんですけど、暴力が多そうだったので。トランプに投票したのと同じ輩が安倍晋三や小池に投票しているのだと思います。世の中が景気が悪くなってくると人間、どこかおかしくなってくるんでしょう。
来年もどうぞよろしくお願い致します。良いお年をお迎えください。

SPYBOYSPYBOY 2017/12/30 21:30 miyotya さま、コメントありがとうございます。
仰るように世の中はだんだんきな臭くなってきますが、それでも個人としては健康に気をつけて穏やかな日々を過ごしたいものです。来年もどうぞよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。

yonnbabayonnbaba 2017/12/31 07:53 今年も一年間、素晴らしい映画レビューやたくさんの貴重な情報をありがとうございました。
そして官邸前抗議行動ほぼ皆勤でご参加、本当にお疲れ様でした。
SPYBOYさんのブログに、どれほど教えられ、励まされているかしれません。
どうぞご家族と良い新年をお迎えくださいませ。
来年もよろしくお願いいたします。

ceneciocenecio 2017/12/31 11:05 再びお邪魔します。
ああ、やっぱり『サウルの息子』、書いてらした!(←単純に大喜び。笑)
去年の2月といったら私はベルギーにおり、まだSPYBOYさまの読者ではありませんでした。
今見つけて読んできました。
ご存知かもしれませんが、その関連でこの記事おもしろい。
https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20171229-00079884/

SPYBOYSPYBOY 2017/12/31 11:41 cenecio さま、コメントありがとうございます。
『サウルの息子』は映画の出来も話の内容も実に衝撃的で、忘れることができません。記事のご紹介もありがとうございます。先日観たばかりの映画『否定と肯定』でも、原文の台詞ではゾンダ―コマンドの証言が出ていて、アウシュビッツの実態を知らせるのにゾンダ―コマンドの人たちの証言や隠していた写真が果たした役割は大きかったんだなと改めて思いました。あの人たちがやったことは無駄ではなかった。あの人たちが今、イスラエルがナチと同じことをやっているのを見たら どう思うだろうと思います。
では、改めまして良いお年を。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/SPYBOY/20171229/1514531001