Hatena::ブログ(Diary)

特別な1日(Una Giornata Particolare) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-04-16

 『0414国会前大行動』と今 見るべき映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

| 06:33 |  『0414国会前大行動』と今 見るべき映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』を含むブックマーク  『0414国会前大行動』と今 見るべき映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』のブックマークコメント

週末の土曜日国会前へ行ってきました。

ニュースでも報じられている『#国会前大集合』(森友学園公文書改ざん問題の真相解明を求める国会前緊急大抗議行動)です。

f:id:SPYBOY:20180412213555j:image


SEALDsの子たちと反原連などの『Stand For TruthStand For Truth(@StandForTruthJP)さん | Twitterと『未来のための公共未来のための公共(@public4f)さん | Twitter、それに旧来の市民運動『総がかり行動委員会』の共催の抗議行動です。

f:id:SPYBOY:20180415222819j:image:w560

f:id:SPYBOY:20180415222847j:image:w560

f:id:SPYBOY:20180415222917j:image

集会:政権退陣求め 国会前で - 毎日新聞

国会前デモ:安倍政権退陣迫る 森友・加計問題で - 毎日新聞


前半15:30までがオールド左翼の『総がかり』、後半は若い人たちの仕切りです。当然 前半はパスして、ボクが国会前に付いたのは15:00頃でした。前の方ではまだ政治家金子勝スピーチをやってたみたいですが、興味ありません。そんなの聞いていると頭が悪くなります(笑)。余談ですが、日曜の朝日朝刊も1面にこの抗議を載せたのは良いけれど、取り上げたスピーチ金子勝じゃ、相変わらず古臭い(笑)。言ってることの主旨はともかく、内容は説得力がないんだもん。


ボクが国会前に着いた頃は 後ろの方で奥田君など若い人たちが前の方と関係なく(笑)、DJを使って『安倍やめろ』コールをやってたので、そちらに加わりました。

警官 うざい(笑)

f:id:SPYBOY:20180414145419j:image:w360

●SEALDsの奥田君たち

f:id:SPYBOY:20180414145845j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414150342j:image:w360


安倍はやめろ』などのリズム感あるコールテンポの速いビートが組み合わさって、気持ちいいです。ドラムセットを持ってきた人までいましたから、これは盛り上がりますパーティーみたいです。

●BGMのテープに加えて、生ドラムがあると盛り上がりが違います

f:id:SPYBOY:20180414150728j:image:w360



15:30少し前になると、コールを繰り返しながら、奥田君たちは群衆の中を最後からゆっくりと前の方へ進み始めました。スピーカーを持った人やメガフォンを持った人もドラム隊も、群衆もついていく。感心したのは彼らはこれを全部計算しながらやっていることです。道を開けて誘導する子、PAを運ぶ子、細かく役割分担して、混乱を起こさないよう、コールをやる子が冷静に合図を出している。いつもボケっと突っ立っているだけの『総がかり』の誘導係の爺さんがかえって人々の邪魔になっているのとは大きな違いです。

f:id:SPYBOY:20180414151407j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414151422j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414152230j:image:w360


前の方にいる年配の人たち、動員で来たのであろう、幟を持った人たちは目を丸くしています。女の人は嬉しそうに手をたたいている人が多かったかな。やがてコール『前へ、前へ』に変わりました。そこいらの人も『前へ、前へ』と連呼している。じっとしてないで、どんどん前へ行こう。国会の方へ行こう。、人々のそんな思いが場を支配しているかのようです。

f:id:SPYBOY:20180414152514j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414153532j:image:w360


前の方へたどり着いたころ、右側の空間が開けてきました。歩道と車道の間を封鎖していたバリケードが倒されたのです。人々が車道にあふれ出します。2012年2015年の再現です。でも混乱が起きているわけじゃないし、人々はゆっくりバリケードを乗り越えて車道に広がっていく。子供も歩いて行けるくらいの速さです。秩序は維持されています。前方と後方、2か所のバリケードが決壊しました。

f:id:SPYBOY:20180415165003j:image

f:id:SPYBOY:20180415165124j:image

f:id:SPYBOY:20180415164833j:image

f:id:SPYBOY:20180414153605j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414153611j:image:w360

D


最初スピーカーの準備などが間に合わなかったのでしょう。車道に広がった人々の間から安倍はやめろ!麻生もやめろ!』『総辞職! 総辞職!』などのコール自然発生的に沸き起こります。凄い熱気です。やがて、前の方にコールをする子たちがたどり着いて、リズムに合わせてコールが始まりました。僅かな時間でPAだけでなく、発電機なども路上に展開させたわけですから若い子たちの手際の良さは大したもんです。

f:id:SPYBOY:20180414153933j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414153728j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414160313j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414154133j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414155230j:image:w360


ボクは国会前中央に居ましたが、コールはいろんなところで行われていますコールをやっていた子たちが いつの間にか方々に散ったんです。統率がとられていないようで、実は盛り上げ方を考えています。いい感じです。奥田君などは後ろのほうでやってましたね。スペースに余裕がある後ろはDJも使ってダンスパーティーみたいになってました。

f:id:SPYBOY:20180414161118j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414161020j:image:w360

●前方で『さようなら 安倍晋三』というダンマクが立ち上がりました。2015年国会前でも使われましたが、秋葉原の安倍の演説会で掲げられて、安倍が思わず『あんな人たち』と失言したやつです(笑)

f:id:SPYBOY:20180414153615j:image:w360


●ヘリが撮る写真向けに、ダンマクが横に広げられ、手渡しで移動していきます

f:id:SPYBOY:20180414161959j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414161853j:image:w360


安倍はやめろ!安倍はやめろ!』、『公的文書を改ざんするな』、『昭恵は出てこい!』、『嘘をつくな!』、『安倍晋三はさっさと辞めろ! 麻生太郎もさっさと辞めろ!』、『総辞職! 総辞職!』などビートに載ってリズム感あるコールが繰り返されます楽しい(笑)。まさにライブです。コールをやる子たちが車道の方々に分散しているだけでなく、PAの力が弱い分、コールを中継するメガホンを持った子たちが方々で盛り上げています。頭使ってます。そこが左巻き爺さん連中との違いです。

f:id:SPYBOY:20180414162929j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414163128j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414164036j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414153546j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414163506j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414164244j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414164819j:image:w360

国会前の車道 前の方

D


主催者発表では今日参加者は午後3時半現在で3万人、終了時点で延べ5万人だそうです。警官を押しのけて、車道が決壊するだけのことはあります。でも、あまりにもひどい事案ですから、韓国のことを考えれば、ボクは50万人くらい来るんじゃないかと思ってたんで(笑)(半分マジ)、思っていたより少ない。

それはともかく、参加者はまだ2015年より少ないと感じました。この日思ったのは動員が少ないということです。幟とかを担いだ頭の悪い連中が2015年の時より少ない(存在はしてます)。まだ組合や旧来の市民運動ちゃんと動いてないということなのかもしれません。彼らが動くには数か月かかると言いますが、それじゃ間に合わねえよ(笑)。だから連中はダメなんだ。金曜のデモもそうですが、今回は本当に普通の人たちが集まっている。良いことですけど、もっと数の力が必要です。普通の人がもっと集まって安倍政権を倒せば、安倍と一緒に左巻き市民運動も用済みにできる!(笑)。

ダメな連中といえば、2015年国会へ突っ込め(笑)と暴力行為を煽っていた中核派ジジイ連中はいませんでしたが、僅かですが核マル派のクズも若干いました。今どき『全学連』と書いた小汚い幟でしたから誰も相手にしてないですけど(笑)。


楽しい抗議ですけど、大事なのは『画を作る』という目的参加者の間で暗黙の裡に共有されていることです。ヘリや報道、周りを意識した抗議が行われています。決壊した国会前の車道が大々的に報じられましたけど、その『画』を見た人たちが今後 関心を持ってくれることを意識しているんです。音楽や風船、コールだけでなく決壊もツールの一つです。けっしてただ暴れているわけじゃありません(笑)主催だけでなく見回り弁護士さんたちや給水班、医療班なども含めて、子供や犬も参加できるような抗議になっている。目的がはっきりしているか楽しいんです。

f:id:SPYBOY:20180414165713j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414165240j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414165741j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414165732j:image:w360

f:id:SPYBOY:20180414165743j:image:w360

●各所の様子。幟を持った連中が歩道で立ち尽くしています(笑)。後ろの方ではパーティが始まりました(笑)

D

Bloombergで『安倍は''Liar''と呼ばれている』ことが世界中に発信されました。インパクトある言葉です(笑)。これだけでも抗議をやった意味があります

f:id:SPYBOY:20180416075849j:image:w700

f:id:SPYBOY:20180416080225j:image

Japan Protesters Call for ‘Liar’ Abe to Resign Over Scandal - Bloomberg


動員の連中が少ないから雰囲気が良かったのだと思います。若い人、中年、年配の人、子供連れ、犬連れ、いろんな人が集まって、ビートに載って『安倍辞めろ!』とコールしている。凄く楽しかったです。心配していたお天気も大丈夫でしたし。

●この日起きたことは、SEALDsのドキュメンタリーを撮った西原監督の96秒の動画を見ると良く分かります。⇒

西原孝至さんのツイート: "2018年4月14日 #国会前大集合… "


国会前でコールされた『公的文書を改ざんするな』や『嘘をつくな』は政治的な主張というより、小学校道徳レベルの話です(笑)。今はそういうレベルの政権になってしまっている。イデオロギーは関係ありません。

安倍晋三がいつ辞めるか、わかりませんが、ああいうバカで厚顔無恥な奴はしぶとく居座るでしょう。こういう行動はまだまだやらなきゃいけない。もっと大勢でやらなければいけないこういう行動の繰り返しが『民主主義ごっこ』の日本に本当の民主主義を定着させるプロセスだと思います


子供や仔犬が参加できるデモからこそ、意味があるんです

f:id:SPYBOY:20180414170319j:image

f:id:SPYBOY:20180415223647j:image

f:id:SPYBOY:20180415223601j:image

f:id:SPYBOY:20180415192427j:image

飛ばし飛ばし見てもらうと 楽しい雰囲気は伝わると思います

D

●最新の世論調査。あと、もう一息!

f:id:SPYBOY:20180416062814j:image

f:id:SPYBOY:20180416062835j:image

内閣支持率26.7% “発足以来”最低に(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース



と、いうことで、六本木で映画ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』公式サイト 大ヒット上映中

f:id:SPYBOY:20180410214010j:image:w500

舞台はベトナム反戦運動が盛り上がっていた1971年。「NYタイムス」が政府の極秘文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在を暴いてトルーマンからニクソンまで歴代の大統領国民をだましていたことが明らかにします。ところがこの文書をニクソンが掲載を差し止めしまますライバルであるワシントン・ポスト」も主筆のベン(トム・ハンクス)がペンタゴン・ペーパーを入手するが、会社上場させたばかりの社主キャサリンメリル・ストリープ)は会社を危うくするリスクを冒して掲載すべきか悩む……。


トランプ当選を受けてスティーヴン・スピルバーグが約1年で完成させた社会派ドラマです。にもかかわらず、アカデミー作品賞候補になったのは記憶に新しいと思います。主演はメリル・ストリープトム・ハンクス脚本を『スポットライト 世紀のスクープ』で第88回アカデミー賞脚本賞を受賞したジョシュシンガー担当。ちなみに『スポットライト』は長年はびこっていたカソリック教会神父たちの幼児暴行を暴いた新聞記者物語(実話)です。


簡単に言うとNYタイムスがベトナム戦争秘密文書をスクープしたものの、ニクソン政権に訴えられて掲載差し止めに陥った際、ライバルのワシントンタイムスが更に秘密文書を公開、今度は政権がワシントンタイムスを訴えると、更にいくつもの地方紙が記事を掲載、ニクソンに大ダメージを与えたという実話をもとにしたお話しです。

ちなみに東京では2月に公開された『ザ・シークレットマン』はその後 ニクソンを辞任に追い込んだ『ウォーターゲート事件』をテーマにしています『新聞に出るニュースと出ないニュース』と映画『ザ・シークレットマン』 - 特別な1日(Una Giornata Particolare)。まるで、この映画とセットになっているかの作りになっていますし、こっちもめちゃめちゃ面白いです。

●ワシントン・タイムスの主筆ベン(トム・ハンクス)と社主キャサリンメリル・ストリープ)が報道の自由と自社が危機にさらされたとき、どうしたか、を描いた物語です。

f:id:SPYBOY:20180410214435j:image:w360


この映画マスコミのお手本となるような実話ですが、ボクも内情は詳しくは知りませんでした。

まず、ペンタゴン・ペーパーはトルーマンアイゼンハワーケネディジョンソンニクソン、歴代の政権が『ベトナム戦争には勝ち目がない』ことを隠していたという秘密文章です。歴代の政権は勝ち目のない戦いを推し進め、無駄戦死者を重ねていったことになります右翼系のシンクタンクランド研究所(今もあります)にあったコピーを、政府の隠匿に腹を立てた、これまた極右研究員ダニエル・エルズバーク博士マスコミ暴露したものです。どんなところにでも良心がある人はい、んですね。


次にワシントン・タイムスは経営悪化していて、オーナー家による経営から株式公開に変えて、経営資金を入手しようとしていました。それがちょうど記事を掲載する前の週でした。いったん 株式を引き受けた投資家が手を引くことが可能なクーリング・オフ期間です。まさに最悪のタイミングです。

お嬢様育ちのキャサリン投資家経営を説明するようなことは苦手でした。

f:id:SPYBOY:20180410214107j:image:w360


更に、ワシントン・タイムスの社主キャサリンは元の国防長官ロバート・マクナマラとは家族ぐるみ親友でした。ロバート・マクナマラフォード副社長から超優秀な頭脳を見込まれ、ケネディ国防長官に抜擢されました。秘密文書にはマクナマラが情報を隠したことが詳しく書いてあります。ちなみに後年 マクナマラ自分の過ちを認め、『フォッグ・オブ・ウォー』というドキュメンタリーの中で懺悔告白をしています。まあ、懺悔というより、もぐもぐ言い訳してましたけどね(笑)



不安定経営状況、権力エスタブリッシュメント層の圧力、こんな状況の中で、秘密文書の記事を掲載することはワシントン・タイムスを潰すことにもなりかねない。会社が潰れれば自分だけでなく従業員、それに家族にまで多大な影響を与えます。またマクナマラとの家族ぐるみの付き合いもある。社会正義を唱えることは簡単ですが、これはそう簡単に決められることでありません。事実 役員はほぼ全員 記事の掲載に反対した。その気持ちは良くわかります

ワシントンポストの役員は全員、ニュースの公表に反対します。キャサリンの家が役員会ができてしまう広さなのが凄い(笑)。

f:id:SPYBOY:20180410214319j:image:w360


困難な決断をする社主キャサリンを演じるメリル・ストリープ、いつものことかもしれませんが、名演です。世間知らずで、どことなく頼りない、お金持ちのお嬢さんがそのまま社主になってしまったというキャラを圧倒的な演技力で演じています。声が裏返るところまで、綿密にやってますスクープの掲載に躍起になる編集主幹を演じるトム・ハンクスもカッコいいです。この人、悪役というか、欠点があるキャラの方が似合いますね。スピルバーグはこの二人を起用すれば、演技指導をする必要がないから(笑)、早く撮れるということだったらしいですが、この二人が出ているだけで充分絵になります。あと活字を使った輪転機とか、70年代ファッションとかも細かく違和感なく作られていて、そこも感心しました。

f:id:SPYBOY:20180410214204j:image:w360


経営不安定で外部投資家を招き入れたばかりの状況のワシントン・タイムスが政府を敵に回せば、会社がつぶれてしまうかもしれません。しかし、ベンはこう言います。『報道しなければ、新聞社はつぶれるのと一緒。』。なぜなら『報道の自由は報じ続けることでしか守られないから。そして『権力の恐怖に)我々が負ければ、アメリカも負ける


社主キャサリン編集主幹のベンも記者たちも、それぞれの立場で『報道の自由』を守るために戦いました。しかし、報道の自由を守るためには如何に困難な道があったか、如何に大きなリスクがあったのか、この映画はそれを判らせてくれますアメリカに比べれば日本のマスコミなんて、とはボクも思いますが、でも、報道の自由というのはそんなに簡単なことではない。劇中『報道の自由を守るためには、報道し続けることしかない』という台詞がありますが、そのためにはリスクと胆力が必要だということが良くわかります。彼らは職を賭けて、自由を守った。報道の自由を守る』と言うことは口先だけではできないことがこの映画を見て良くわかりました。



もちろん、これはアメリカだけの話ではありません。この映画を見ていると、今の日本のマスコミはどうなんだ、という疑問は常に感じます権力の手先としか言いようがない新聞社もあるし、リベラルと言いつつ独善的だったり、偽善的な新聞社もある。それにどこの新聞社経営問題を抱えている。外部からはうかがい知れない事情があるのでしょう。でも結論として、キャサリンらはここまで会社運命を賭けた。大変なことですが、それがマスコミの使命なんでしょう。


ちなみに今 ワシントン・ポストアマゾン創業者ジェフ・ベソスが所有しています経営不振が続いた同紙を、キャサリンの息子が友人だったベソスに約250億円で売却したのです。これも考えさせられる出来事です。ジェフ・ベソスはワシントン・ポストの遅れていたネット戦略にはかかわっているけれど、報道の自由のために紙面には介入していない、と言われています。だからトランプが怒っている(笑)。ちなみにトランプ当選後 同紙は『Democracy Dies in Darkness(暗闇の中では民主主義は死んでしまう)』という新しいスローガンを紙面に掲げるようになっています


複雑な話をテンポよくわかりやすく、感動作にまとめたのはさすが、スピルバーグしか言いようがありません。トランプ当選で、無理やりスケジュールを空けてこの作品を撮った彼も、報道の自由を守ろうとしたわけです。間違いなく良い映画で、これを見た人は誰もが、何かを感じると思います。まさに今、見るべき映画だと思います

D

yonnbabayonnbaba 2018/04/16 07:33 時代的背景の違いもあるかもしれませんが、「左巻きのお爺さんたち」が若かりし日に、この若者たちのような楽しい社会運動をしていたら、どれほど多くの人を巻き込むことができたでしょう。それこそ、「革命」すらできてしまったかも・・・と思わせるほど、楽しいデモでした。また行きたくなってしまいます。この経験をした人は、今度何か理不尽だと感じることに出会ったら、迷わず路上での行動に出ることだろうと思います。
ここまでの経験に導いてくださった、SPYBOYさんとの出会いに感謝するばかりです。

SPYBOYSPYBOY 2018/04/16 08:31 yonnbabaさま、コメントありがとうございます。また、抗議お疲れ様でした。
前半は知りませんが(笑)、3時過ぎ以降は楽しい抗議でしたね(笑)! ただ楽しいだけじゃなく、危なくないよう安全を確保しながら、また報道向けの『画を作る』ことが意識された、頭を使った抗議だったと思います。そういう頭を使ったところは昔とは違います。もちろん技術的な側面、ネットの出現、ラップなどのレベルミュージック(反乱の音楽)の出現やDJやPA機器の進化もありますけど。この日も多くの参加者がtwitterを見ながら動いたり、発信していたのが印象的でした。
一番違うのが女性が前面に出てきていること。やっぱりここは大きい。昔の抗議もべ平連などまともなものもあったとは思いますが、世の中はどんどん進化しているのだから、我々もそれに追いついていかなければいけない。それに乗り遅れたのがオールド左翼(笑)。
とにかく、あの酷い安倍をひっこめましょう。『言うこと聞かせる番だ、私たちが』ですよね。今後ともよろしくお願いします

matsukentomatsukento 2018/04/16 13:29 SPYBOY様、こんにちは。
日テレニュースでの安倍内閣支持率は26.7%、今朝の朝日新聞では31%でしたから、まだ30%台を維持している朝日の支持率を見たら、それだけコアな安倍支持者がいるということで、その点はトランプ支持層と構図が似てますが、安倍も頭越しに「盟友」のはずであるトランプが、金正恩と来月にも、米朝首脳会談を行うだけに、安倍のオツムはトランプ以下かも知れません(o^_^o)v!!!
金子勝は私が民商時代に、2年に1回2泊3日で開かれる「全国事務局員交流会」で、記念講演の弁士で来たものの、私は気にはしなかったものの、ガチガチの年配事務局オカツの連中からは、「あんな奴を呼ぶな〜!」と、お怒り心頭だったみたいでしたが、これまた2年に1回1泊2日で開かれる「大阪事務局員交流会」には、映画「パッチギ」の監督である井筒さんが、記念講演弁士として招かれ、どう見てもあの監督は、風貌はどう見てもヤクザ右翼風なのに、話の内容は左翼だったので、これは評判が良かったです♪
民商在籍中は何かあればデモに参加させられ(特に自分が事務局長の時は、立場的に逃げれなかったもんで・・・)、大阪弁を使った「なんでやねんコール」という、しょうもないものを、大商連(大阪府内の民商の元締め)のサメの脳味噌連中が作り、例えば「消費税増税なんでやねん!」などなど、なんでも語尾に「なんでやねん!」を付ければいいといった、単純なものですが、私は鳥取県人で大阪弁は話せないし、「鳥取弁への純化運動」を進めているだけに、私はデモの時は何もしゃべっていないのでちゅ。
それにしても三色旗を持った創価学会の方も参加しているとは驚きですし、安倍とタッグを組んでいる公明党の支持母体だけに、デモに参加して不利益を被るのではないかと心配ですが、それに怯まないとは、大したものですよ〜。
写真に写っているワンちゃん、まさにデモの看板犬で、本当に癒されるだけに、安倍もプーチンに秋田犬(ゆめ)を贈るのなら、自分自身が秋田犬でも柴犬でも紀州犬でもパグ犬でも飼って、癒されることができるのなら、森友加計問題で真相をゲロするかも知れんっちゃぁ〜(^o^)ノ!!!

A0153A0153 2018/04/16 19:23 4・14国会前緊急抗議集会への参加と報告ありがとうございました。ドラムが入るとほんとに楽しいコールになりますよね。それにしても若い人たちの戦略と手際の良さは見事なものです。確かにおっしゃる通り、人出は少ない気がします。まだまだ続きそうですのでもっと盛り上がっていくのだと思います。財務事務次官のセクハラと今夕の「記者出てこい」みたいな発表は、きっと運動に火をつけることでしょう。あれは脅しに感じますよ。
金子勝は、日曜の関口の番組に出ているころ、私は、彼のファンでした。近頃はさっぱり顔を見せないのでどうしてるのかな、と思ってましたが、抗議集会に参加していたのですね。

SPYBOYSPYBOY 2018/04/16 19:48 matsukentoさま、コメントありがとうございます。
民商のお話面白いですねえ。金子勝をよく呼びましたね。共産党には確かに受けないでしょうね(笑)。あと、デモのお話も面白い。『なんでやねん』も自発的なコールなら面白いですが、上からやれと言われて、ずっとそればかりだったら最悪ですね。まさにサメの脳みそ(笑)。共産党も社民党もそうなんでしょうけど、組織の中に入ったらアホばかりなのかもしれませんね。
ボクも昔 犬を飼っていて、デモに連れて行ったら、雰囲気を怖がってしまって ずっと抱っこしてました。確かに昔のデモは怖かった(笑)。写真の子はボクも見たんですが、全然怖がっていなかった。犬や子供も平気で抗議に来れるようになった。日本はまだまだ野蛮とはいえ、少しは進化したと思います。

SPYBOYSPYBOY 2018/04/16 20:00 A0153さま、コメントありがとうございます。
楽しい抗議でした。歩道のほかにも公園にいた群衆の一部が出入口を施錠されて、やってこれなかったということはあったみたいですが、2015年に比べればやや少なかったと思います。特にボクは50万人くらいの人出を期待していたので(笑)。それくらいのひどい話ですよね。ま、これくらいの人数が丁度良いとは思うんですけどね。動員で来ているような奴はノリが悪いし(笑)。
今日の財務事務次官の話、ひどいですね。またまたぶち切れました。佐川以下の最低のクズだと思いました。安倍はとにかく居座ればいい、国民は忘れると思っているんでしょうが、ますます支持率は下がるでしょうね。昨日の地方選挙は軒並み自民党が負けましたし。
金子勝は市民連合の集会、デモには結構出てきます。慶應を定年退職してよそに行ったみたいですが、だいぶ年取りましたね。同じ慶應の教授でも、小熊英二氏は決壊した国会前の群衆の中に居ました。年齢もあるけど、そういうところが違うんでしょうね。

GAEIGAEI 2018/04/16 22:35 抗議集会レポートありがとうございます。臨場感溢れる内容です。『ペンタゴン』は素晴らしい映画でしたね。名優二人を並べた理由=「早く撮れるということだったらしいですが」には、へーそうだったのか!です(笑)亡父から小学生の頃何度も聞かされた言葉が「言論の自由がなくなったら世の中終わりだ」でした。報道の自由と責任、かみしめる今日この頃です。財務事務次官の件は問題外の外ですねヽ(`Д´)ノ

empirestateempirestate 2018/04/16 23:05 今回のデモは結構前からTwitterで告知してましたし、地図なんかも載っていて、「国会議事堂前駅は警備が固くて地上に出られない恐れがあります」みたいなことが書いてあったので、自分は一つ前の駅で降りました。実際に当日どうだったのかは分かりませんが。
主催者側が念入りに計画してくれていたようでありがたいです。

numapynumapy 2018/04/17 06:21 大阪でも大規模なデモが行われましたね。
焦ったアベ陣営は大阪で臨時党大会を開きましたね。
それにしても、彼らはアベと心中するつもりでしょうか。
きっと、遺伝子が似てるんだと解釈するしかありませんね。
この映画、実にタイムリーですね。
是が非でも観たい。どこの国でも隠蔽する。
これは人間の“業”ですが、そこを乗り越えていく
システムを今こそ考えなければならない。
チンパンジーのボノボ社会を学びたい、とつくづく思います。

SPYBOYSPYBOY 2018/04/17 08:05 GAEIさま、コメントありがとうございます。
『ペンタゴンペーパー』のもっとも良いところは『言論の自由なんか、そう簡単には守れねーよ』ということを訴えていた点だと思います。そういう話をエンターテイメントにするんだから、スピルバーグの技量は凄い。ウォーターゲート事件を描いた『ザ・シークレットマン』とセットで見て、当時の事情が良くわかりました。
最近は報道の自由どころか、言論の自由を自ら放棄してるような日本人もtwitterなどでは良く見かけます。奴隷根性というか頭が悪いというか、何とかにつける薬はないとは良く言ったものだと思います。

SPYBOYSPYBOY 2018/04/17 08:08 empirestateさま、コメントありがとうございます。
国会議事堂前駅の上(官邸前)ではネトウヨが『安倍がんばれデモ』をやっていたそうですよ。参加者30人(笑)。桜田門や国会議事堂前は封鎖されることがありますけど、先週 弁護士さんたちが警察の過剰警備に抗議・記者会見してくれたのが利いたのか、今回は駅の封鎖はありませんでした。霞が関駅は官僚が使うせいか(笑)、ここは今まで封鎖されたことはないと思います。

SPYBOYSPYBOY 2018/04/17 08:11 numapyさま、コメントありがとうございます。
安倍もトランプもやってることは同じだから、我々は『ペンタゴンペーパー』に真実味を感じるのだと思います。国民がバカだからとはいえ、国民よりバカなやつをリーダーにしてしまってどうするんだと思います。写真の犬のほうが安倍よりよほど賢そうに見えます。

ceneciocenecio 2018/04/17 18:03 お疲れさまでした!お天気がもってよかったですね。
正直いえばもう少し人が欲しいかな。あの倍くらい^^
私は最初からいました。午前中は国会図書館で調べ物とコピー作業だったんです。
ごくごく普通の人たちが多くて、とってもよかったと思います。目の不自由な白杖の中年男性も、娘さんらしき人と一緒に参加していました。小さな子供や小学生もノリノリでコールしていました。次回も行けるときは必ず参加します。
ところでケンドリック・ラマ—のピューリッツァー賞、最高のニュースですね。先日ハフィポスで奥田愛基さんのインタビューを読んだんですが、ケンドリック・ラマ—から大きな影響を受けていると話していました。新たな活動の広がりも楽しみです。
ここ数カ月は怒りのあまり憤死するんじゃないかと心配でしたが、先週からは恥ずかしさのあまり言葉が出てこない(笑)。またウソウ財務大臣が名言を吐いてくれるじゃありませんか。
「セクハラ被害の本人が申し出てこないとどうしようもない」
はあ?めちゃくちゃです。海外の報道でも散々書かれていますよ。
次官に至っては「音声データは自分の声であるかどうかよく分からない」。もうふざけんなです。
その映画はまさに今見るべきですね!

SPYBOYSPYBOY 2018/04/17 19:32 cenecioさま、コメントありがとうございます。
最初からおられたのですか。長い時間お疲れさまでした。韓国では大統領弾劾で100万人も集まったのに、こちらはもっとひどい事案なのになんで50万人くらい来ないのか、とは思いました。
ケンドリック・ラマーのピューリツアー賞を取ったきっかけになったアルバムDAMMは愛聴してるんですが、日本版ですら歌詞がついてない。ふざけんなよって。さすがにラップだとスラングもあるし、歌詞はほとんどわかりません(泣)。でも間違いなくカッコいいです。奥田君のインタビューも読みましたが、今 ケンドリック・ラマーのやってることは間違いなく注目だと思います。

世界では#Me Tooの運動が広がっているときに、スケベ事務次官も麻生もいい恥さらしだと思います。人間のクズ。政治家だけでなく官僚機構までこのざまですから、日本の失った信頼は大きいと思います。安倍晋三は中国共産党や北朝鮮みたいな政治を目指していると思いますが、もう中国よりはひどいかもしれません。