野良猫日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017年06月25日

山の幸


23日、くさかいさんからアミタケ情報を聞いたので様子を見に行ってきました。

秋に何度も通ったアミタケポイントには採りごろのものから開いたものまでありましたよ^^


f:id:STRAYCAT:20170623155202j:image:w200 f:id:STRAYCAT:20170623155228j:image:w200

f:id:STRAYCAT:20170623160248j:image:w200


f:id:STRAYCAT:20170623160444j:image:w360




オオギタケも3個。

f:id:STRAYCAT:20170623154951j:image:w200 f:id:STRAYCAT:20170623154957j:image:w200


f:id:STRAYCAT:20170623155036j:image:w360





ヌメリイグチは1個発見。

f:id:STRAYCAT:20170623160050j:image:w200 f:id:STRAYCAT:20170623160102j:image:w200





近くではヤマボウシが見頃。

f:id:STRAYCAT:20170623161548j:image:w360






エゴノキ(有毒)は終わりかけ。

f:id:STRAYCAT:20170623162001j:image:w360




小さなサクランボ🍒はボケボケ。葉っぱにピントが合っちゃった(^^ゞ

f:id:STRAYCAT:20170623162720j:image:w360





アミタケはぶりの良いところを友人に。。

こんな時期に採れるの〜〜?って驚いてました。

そーですよね。キノコって秋のイメージですもんね。

でも、梅雨時にも採れるんですよ。

ハタケシメジナラタケも今頃と秋と2度採取出来ますしね^^

虫食いも少ないし、キノコハンターも少ないのでいい感じですよ。

秋にアミタケを見つけた場所で湿りっ気のある所を探すといいかもしれませんね。

2017年06月21日

凝りもせず向浜


20日、お気楽野良猫夫婦はまたまた向浜へ〜〜


5月23日の今季初釣りで大きなイナダを釣ってからというもの

”もうあんなラッキーな事は無いよね〜”と思いながらも足は自然と向浜へ向かうのでした。


天気も良く、釣り人も多く浜は賑わっていますが魚は気配すらない・・・

アタリが無いと普段は毛嫌いしているフグでもwelcomeと思ってしまうんですね(^^ゞ

勝手なもんです。

f:id:STRAYCAT:20170620145811j:image:w360




1時間後秋田マリーナ横の海岸へ移動です。釣り人は3人いたかな。

だーりんサマはテトラの先っぽでブラクリ、私は砂浜でキス釣り再開です。

そこそこアタリは有るもののバラす事4〜5回。なんだかなぁ


アタリが少ないと言う事は、綺麗な夕日を写す時間はたっぷり^^


f:id:STRAYCAT:20170620180004j:image:w200 f:id:STRAYCAT:20170620183312j:image:w200


f:id:STRAYCAT:20170620185210j:image:w200 f:id:STRAYCAT:20170620185805j:image:w200


f:id:STRAYCAT:20170620190226j:image:w360



男鹿半島に沈む夕日。綺麗ですね。

ここは黄昏カップルで賑わうスポットなんです。




遠い昔の青春を思い出すことすら無い野良猫夫婦の釣りは日没とともに終了です。




お恥ずかしい、釣果は

f:id:STRAYCAT:20170620232110j:image:w360



キス5匹と小魚3種。

ボウズではないけど、ほぼボウズみたいなものだね〜〜〜

大きめのキスは塩焼きに、その他は唐揚げにして頂きました。



秋田も梅雨入りしたらしいですね。

暫くはお空の機嫌を伺いながら海へGO〜〜ですね(笑)

2017年06月15日

再び向浜


13日、凝りもせずまたまた向浜へキス狙いで出かけました。

前日までの雨でゴミや海草が気になりましたが大丈夫でした。

釣り人も10人位はいますね。

やんちゃカラスさまの視線を感じながら釣り開始。。

f:id:STRAYCAT:20170613143919j:image:w360



波は比較的穏やか。。。。竿先も穏やか・・・・

男鹿半島が綺麗に見えます。

f:id:STRAYCAT:20170613144609j:image:w360


1時間経ってもアタリも無いのでももさだ海岸へ移動することにしました。


ハマナスが見ごろです。

f:id:STRAYCAT:20170613160119j:image:w200 f:id:STRAYCAT:20170613160155j:image:w200

実際はもう少し鮮やかな色なんですけどね〜。


雄物川河口の両側の海岸の一方は向浜、もう一方はももさだ海岸と呼ばれています。

今の時期、雄物川河口ではバス釣りの方々で賑わっています。


f:id:STRAYCAT:20170613183008j:image:w360




f:id:STRAYCAT:20170613183038j:image:w360




沢山の釣り人が等間隔に並んでいます。海岸も同じように賑わっていました。

私たち以外の方たちは全てバス狙いの様で、

ルアーを投げては巻き、投げては巻きの繰り返し。

でもヒットしてる人はいません。私はモクズガニ2ハイとどうしようもないフグ5匹、

そしてカジカ2匹。フグばかりヒットしたのは水温が低いからでしょうか。

まぁ、こんな日もありますよね。


上空を飛ぶモーターパラグライダー

f:id:STRAYCAT:20170613161613j:image:w360




f:id:STRAYCAT:20170613162311j:image:w360




上からみた景色ってどんなかしら。

釣り竿持ってぼ〜〜っとしてる私らはアホみたいに見えているのかも知れないな・・

なんて思ってみたり。

いつもなら水平線に沈む夕日を見ながら帰り支度をするのだけれど、

この日は日没を待たずに帰宅。

あ〜〜ぁ。残念。


鳥海山は雲の中からうっすらと。


f:id:STRAYCAT:20170613182858j:image:w360





来週も天気が良ければ向浜へGO〜〜。

2017年06月11日

矢車草



9日、今年最後になるかも〜〜と思いながら蕗採りに出かけました。

前回と同じ場所でしたが先客が居たらしく、見事に採取されていました。

しかも一株に一本残すというプロ並みの採取の仕方でした。

残った一本を採ってしまうと来年の生育が心配なので、

なるべく一株に複数残っているものを一本ずつ採取しました。



鍋の直径より僅かに短く切って、蕗がしっかりお湯につかるように茹でます。


f:id:STRAYCAT:20170610000358j:image:w360


好みの硬さ(アクを抜いた後、更に加熱して調理する事を踏まえ硬めに茹でます)に茹でたらすぐに冷水に取り、水を切ったら皮を剥いて、水に晒してアクを抜きますが

水は冷水が好ましいので、私は保冷剤を入れてなるべく水の温度を下げる様にしています。

更に、太陽光が当たらない様にフタをします。

一晩あく抜きしたら水を捨てて、タッパーなどに移し水を替えながら冷蔵庫で保存します。



f:id:STRAYCAT:20170602174356j:image:w360




徐々に色は抜けますが一週間位は煮物、炒め物などで美味しく頂けます。







別の場所で蕗を採取しようと移動しましたが、そこもワラビを探した人達が

踏み荒らしていて蕗採りは断念。。

せっかくだからワラビを探すことにしました。

毎年行っていた場所から更に奥へ進んでみると、結構ありました。


f:id:STRAYCAT:20170609175209j:image:w360



シオデとタチシオデも見つけたのでお浸しに^^

束生しない山菜なので一度に沢山採取出来ないのが残念です。

”山のアスパラ”と言われる美味しい山菜なんですけどね。。



若いシシウドもありました。

(検索するとエゾニュウ、アマニュウ、などの名前が出てきます)

f:id:STRAYCAT:20170609234852j:image:w360




採れたてのものは米糠でアクを抜いて食べられるそうですが

私は塩漬けにしてから煮物などに利用しています。

f:id:STRAYCAT:20170609235509j:image:w360


塩をかけてしんなりしたら軽く揉んで、たっぷりの塩で本漬けします。

一度に沢山採れない事が多いので少しずつ塩漬けにして保存しています。

秋田ではニオサク、ニオ、ミョウサクなど複数の呼び名がある山菜です。

クマの好物としても知られている山菜だそうですから気を付けて採取したいものです。

塩漬けしてもキド味が強く残る個性的な山菜で好き嫌いがはっきり分かれますね。




矢車草は花を咲かせています。

f:id:STRAYCAT:20170609160704j:image:w360




ヤグルマギクと混同されてるようですが、

こちらがヤグルマソウです。

鯉のぼりの竿の先につている矢車に葉の形が似ていることからついた名前だそうです。

昔、葉を乾燥させてタバコ代用品として利用されていたこともあるとか。。。




クワの実も沢山。

f:id:STRAYCAT:20170609165201j:image:w360



黒く熟した実を食べてみました。甘酸っぱい実とプチプチした種が美味しくて

ジャムにしてみたくなりました。

2017年06月07日

賢いカラス


6日午後またまた向浜へキス釣りに出かけました。

鳥海山がくっきり見えたので着いて早々一枚。。


f:id:STRAYCAT:20170606160926j:image:w360


ん?モーターパラグライダーですね。

と思ったらヘリも。

f:id:STRAYCAT:20170606142006j:image:w200 f:id:STRAYCAT:20170606141908j:image:w200


そういえば、浜に向かう途中自衛隊バスが道路の端に停車していて、Uターンしてました。

向浜の近くには元秋田空港跡地が有って自衛隊の訓練に使用されているので

そこへ向かう方たちだったかも。。道を間違えたのかな。


海の様子は

波は穏やかでゴミも無く、いい感じの手応えだったのにエサ(青イソメ)がカラスに奪われてしまいました。日没までの4時間程の分と思い半パック購入したのですが、その半分位はカラスのお腹に収まってしまいました。丁度釣れ出した所だったのでだーりんサマが往復30分程かかる釣り具屋さんまでエサを買いに行きました。その間私は疑似餌(ゴム製)で頑張りましたが残念ながらアタリも無し・・・・


30分後、エサも来たし気を取り直して釣り再開^^

いい感じでアタリが有って、大きめのキスが釣れ出しました。

がっ。クーラーボックスからチョコレートを出そうとしてエサも出し、

そのまま戻し忘れたから大変。またカラスに持って行かれたのでした( ;∀;)

同じ失敗を2度もするなんてトホホ・・・



普段から言ってるでしょ!

開けたら閉める。

点けたら消す。

出したら仕舞う。(心のボヤキ)


も〜〜何やってんだか。。先週はお菓子。今週はエサ。まったく。。


このカラスさまが下手人ね。

タッパーのフタを器用に開けて食べるのよね〜〜


f:id:STRAYCAT:20170606174811j:image:w360


青いフタのタッパーにエサが有るのを学習したカラスさまには

唐辛子まぶした疑似餌を仕込んで食べさせようかしらなんて

思ったけれど、仕返しが怖いのでやめます。

カラスは顔を覚えるのがとても早いらしいので。。。

向浜を縄張りにしていると思うので、この先向浜で釣りが出来なくなったら困るしね。。

人間が気をつければいいのですね。

流石のだーりんサマもこの次からはしっかり”出したら仕舞う”を心掛ける事でしょう。



そんなこんなで日没まではまだ1時間程あるので

{ポートタワーセリオン」へ移動してサビキで鯵を狙う事にしました。

一投目でだーりんサマは鯵ヒット。私鳴かず飛ばず

男鹿半島に沈む夕日を撮って終了となりました。


f:id:STRAYCAT:20170606190129j:image:w360


f:id:STRAYCAT:20170606190156j:image:w360


f:id:STRAYCAT:20170606190212j:image:w360



なんだかなぁ。カラスなぁ。

いや。悪いのはヒト。カラスじゃないね。

新しいエサ入れ買わなきゃなぁ。カラスが銜えられないのを。。



あ、そうだ。釣果を忘れてました(笑)

キス12匹。鯵1尾

f:id:STRAYCAT:20170607013930j:image:w360



モクズガニ4ハイ?尾?枚?

f:id:STRAYCAT:20170607014050j:image:w360





★タイトルは「賢いカラス」ですが、今回は野良猫夫婦がおバカなだけでした。






☆彡〜〜〜〜〜☆彡〜〜〜〜〜☆彡〜〜〜〜〜☆彡



さてさて、本日も一人酒^^

f:id:STRAYCAT:20170607232010j:image:w360



小M子ちゃんから頂きました。

「男山 四季松島 純米

宮城県 塩釜市 阿部勘酒造店


すっきり中辛。米と麹のバランスがいいですね。


おつまみは摘果メロンの醤油漬けと辛子漬け

f:id:STRAYCAT:20170607232047j:image:w360


鬼辛子買い忘れたので練り辛子を使いました。

え〜と。どっちがどれか解らないですね(^^ゞ



そして蕗の煮物。

f:id:STRAYCAT:20170607232102j:image:w360



先日採取した蕗はこれで最後になってしまいました。


雨が上がったらもう一度蕗採りに行きたい野良猫でした。。