Hatena::ブログ(Diary)

人生旅的途上 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-02-27

[]今週のお題「卒業」ダイエットからの卒業

今年になって糖質制限を緩めました。

身体を作るということも必要になって。

とはいえ、ご飯は食べないように。

外で仕事で食べる時はつき合いで食べる程度で。


まぁ体重が65キロ超えたら、またガチンコで糖質制限しようと思いますが。


1年半続けた糖質制限

体重も落ちたけど、体力も落ちました。

夏2回倒れたし・・・

無理はしてないんだけどね

2017-02-22

[]物欲

レンズが欲しい・・・

「85mm F1.4 DG HSM Art」か「SP 85mm F/1.8 Di VC USD (Model F016)」もしくは100ミリ前後のマクロ

去年の4月にフルサイズのD750に買い換えて、改めてカメラの楽しさに気付いたような気がする。

帰って写真の確認楽しくなったし、写真を撮るってこと自体もさらに楽しくなった。


で、そうなると己の技術よりも機材にw

機材が良くなると、もっと綺麗になるんじゃないかと、淡い希望を抱いてしまう。


正直、趣味でフルサイズなんか要らないと思ってたけど・・・

f:id:SWEEKS:20170223000434j:image


しかしNikonのニュースは気になる。

そして改めてsonyのカメラのわくわく感

ガッカリも多かったけど、α7?辺りから変わってきたような気がする

α7?のAFが「-3EV」で高感度がD750レベルなら。

Nikonに変えて1番戸惑ってるのは、手振れ補正がボディに無いってことなんだよな。

単焦点も手振れ補正有りで撮りたいんだよ。


出戻りあるかもww

2017-02-16

[]今週のお題「何して遊んだ?」

野球かな。とにかく時間あったら野球してた

クラスで集まって野球友達と三角ベースとか

学校の運動場も球技しても良かったから


しかし地域の少年野球は嫌いだった

大人が入ると途端に嫌になる・・・

けっして根性論だけのチームではなかったと思うんだけど、嫌いだった

おおきく振りかぶって」の様な部活を中学でしたかったな。

2017-02-13

[][]大阪オートメッセ2017

今年もオートメッセに行ってきました。

今年は金曜日が完全に休み取れたので、その日だけ行こうと思ったんですが、日曜日も行ってしまった・・・

個人的には久しぶりに楽しいオートメッセでした。

もう数年1日3時間行けば、もういいやって感じだったので

見て回るのはやはりMAZDA

個人的にユーザーというのもあるけど、女の子が綺麗w

今回大阪にはアクセラ持ってきてなかったのは残念だったけど、CX-5はかなり入念に見させてもらいました。

窓に直接映すヘッド・アップ・ディスプレーは、最初見にくい感じだったけどすぐ慣れそう。

f:id:SWEEKS:20170213231935j:image一本松友美さん

大阪来てくれてありがとう。

f:id:SWEEKS:20170213231932j:image小滝奈央さん

オートサロンの時から綺麗な人だなと思ってましたが、情報が無くて・・・

f:id:SWEEKS:20170213233342j:image真田つばささん

ノリが凄くいい人ですはね

f:id:SWEEKS:20170213231934j:image生田ちむさん

今回のサプライズ、まさかのMAZDA。びっくりしました。

この中から井上可南子さんの様な「MAZDAの女王様」が生まれないかな。

圧倒的な存在感持つ人が


あと、MAZDAというか3号館が素晴らしかったのは最終日のラインナップ

MAZDAから始まりホンダダイハツへと。

f:id:SWEEKS:20170213234417j:image

ホンダブースでMAZDAのコンパニオンがダイハツマーク

各会社の盛り上げようという気持ちが嬉しいですね

このラインナップ見れて良かった

2017-02-07

[]咲-saki-劇場版

咲-saki-見に行ってきました。

アニメや漫画からの実写・・・

嫌な予感しかしないですが、12月にしてたドラマはかなり良い出来。

これならと。

そしてTwitter等で評判良かったから。


感想としては

面白かった。

やつぱ咲-saki-長野県予選決勝は面白い。

アニメでも原作でも面白いものを、ほぼそのまま実写にしてくれてます。

ところどころ違うとこもありますが、あまり違和感無く作ってあります。

アニメほど過剰な演出はしてないけど、ジリジリとした緊迫感は確かにあった。

ただ進むスピードからか絶望感はなかったけど。

そこら辺は時間を使えるアニメと時間の制約が厳しい映画の違いからかと。


キャストは素晴らしいね

キャストに関して違和感ってほとんどなかった。

最初タコスの大きさにはびっくりしたけど、もうドラマでそこら辺はクリアしたし。

ステルスモモ再現度は凄いものあるし。

スタッフがほんとに考えたんだなと言うことが伝わってくる


咲-saki-って長野県予選決勝の出来が素晴らしくて人気作品になったと思ってます。

今ちょっと当時の勢いは無くなってきたように感じるけど。

でもこの実写版の素晴らしい出来でまた咲-saki-という作品に勢いを付けてくれると思います

それだけの作品ですから、是非咲-saki-好きな人は劇場で見たらいいと思います。


不満もあるんだけどね。

衣の「天に地に、希望があふれているみたいだ。」と笑顔は見たかった

負ける直前の涙でそれは解るんだけど・・・

あれで衣が救われるのに

まぁ後日談みたいな話だし、清澄に話の中心持っていかないといけないのは解るんだけどね


あとBGMはあんまり分かんなかった

アニメのBGMが素晴らしいんで盛り上がるとこで使ってほしかったりもするんだけど。


100万人入る映画ではないけど、咲-saki-が好きな人は楽しめる映画でした


f:id:SWEEKS:20170207222935j:image

思わず行った「きみにワルツリリイベw


それでも

QLOOKアクセス解析