SY1698の日記 RSSフィード

2012-07-05

[]あと2日をどうやって乗り切るか。 22:50 あと2日をどうやって乗り切るか。を含むブックマーク

週明けから心身ともに絶不調の状態が続いていたが、やっと回復の兆し。こういうときに何かをするのは面倒で仕方がない。偶々自宅に食材が余っていたのだが、こういうものの消化が結構面倒で冷凍庫に突っ込んだままとなっていたのだが、昨日はまず魚類の消化に努め、今日は鶏ささみを明日の弁当用に解凍・加工。一旦加熱してからそれを炊飯器の米に突っ込んで鶏ご飯といくかどうかはやってみないとわからない。

[]世界に名を残す日本の鉄道事故23:53 世界に名を残す日本の鉄道事故。を含むブックマーク

「Railway Disasters of the World」より。

(01) 1923.09.01 Honshu (earthquake) → 根府川駅列車転落事故

(02) 1926.09.23 Akinakano/Umitashi → 山陽線特急列車脱線事故安芸中野海田市

(03) 1930.04.07 Oira → 詳細不明(爆発)

(04) 1934.01.08 Kyoto → 詳細不明(圧死或いは転落事故)

(05) 1936.04.16 Tadakuma → 住友忠隈炭砿人車暴走事故

(06) 1940.01.29 Osaka西成線列車脱線火災事故

(07) 1940.03.04 Yamagati Pref. → 米坂線列車転落事故

(08) 1941.05.** Kyujo → 詳細不明(基隆〜高雄間)

(09) 1941.09.16 Aboshoi → 山陽線網干駅列車衝突事故

(09) 1947.02.25 Around Tokyo → 八高線列車脱線転覆事故

(10) 1951.04.24 Yokohama桜木町事故

(11) 1956.10.15 Rokken → 参宮線六軒駅列車衝突事故

(12) 1961.10.26 Oita/Beppu → 大分交通別大線列車埋没事故

(13) 1962.05.03 Mikawashima → 三河島事故

(14) 1963.11.09 Yokohama鶴見事故

(15) 1971.10.26 Nagoya/Osaka近鉄大阪線特急衝突事故

(16) 1972.11.06 Hokuriku TUnnel → 北陸トンネル火災事故

(17) 1991.05.14 Shigaraki → 信楽高原鐵道列車正面衝突事故

かなり主要な事故を抜粋していることはわかった。

[][]「自覚していない馬鹿」の話。 22:40 「自覚していない馬鹿」の話。を含むブックマーク

いや日本語が通じない人間と会話をすることが苦痛なのは前から書いており、今日も会話が通じず「ああ自分の説明の仕方に難があったのかもしれないな」と思っていたのだが、今日そいつが別の部署の人間と話をして益々会話になっていないのを聞いて「自覚していない馬鹿ほど御しがたいものはない」という極々当たり前の事実に気づいた。更にその上は何の説明もなくcc:でメールを入れてきて「説明させます」って何だそれ。頭の中に何ぞ湧いとるのか。どっちにしろ説明能力なんぞあろうはずもないので、こっちがすべて仕切ってくれるわ。

おまけに帰宅したら朝作った食材を腐らせる羽目に。最悪だ。

[]歴史に名を残しましたね。汚名だけどな(確定) 22:40 歴史に名を残しましたね。汚名だけどな(確定)を含むブックマーク

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120705-00000067-jij-soci

時事通信 7月5日(木)14時23分配信

東京電力福島第1原発事故を検証してきた国会事故調査委員会委員長黒川清・元日本学術会議会長)は5日、「事故の根源的要因は『人災』で、政府、規制当局、東電には命と社会を守る責任感が欠如していた」とする報告書を公表した。事故調は、電力会社や原子力の規制当局などを継続的に監視するため、国会に常設の委員会などを設置するよう提言した。報告書はまず、事故以前の地震津波に対する東電経済産業省原子力安全・保安院など規制当局の認識について、「敷地の高さを超える津波が来た場合に全電源を喪失し、炉心損傷に至る危険があるとの認識は共有されていた」と指摘。「何度も対策を立てる機会があったのに、東電は対策を先送りし、保安院もそれを黙認した。自然災害ではなく、明らかに『人災』だ」と断定した。事故の直接要因を「津波による全電源喪失」と断定した政府東電の事故調に対し、「安全上重要な機器の地震による損傷がないとは確定できない」と疑問を提示。引き続き第三者による検証継続を求めた。

一方、事故直後の対応では、政府保安院東電のいずれにも原子力災害に対する準備や心構えがなかったとした上で、情報不足に不信感を募らせた首相官邸が現場に過剰に介入したと指摘。「重要な時間を無駄にしただけでなく、指揮命令系統の混乱を拡大した」と批判し、「事故の進展を止められず、被害を最小化できなかった最大の要因」と述べた。

菅直人著作集」が最大の要因とはっきり書いたらw

前に予言したことが的中したわけだが、こんなものを当てても何の救いもない。むしろ、独裁者の最後は「吊るされる」ことにあると思うのだが、未だに吊るされていないのが実情(いや吊るすべき人間は他にもいるだろうとか、そういう指摘は大いに受け付けますので)

みなみうりみなみうり 2012/07/06 08:23 菅さんも歴史に名の残るような人になりたかったらしいですし、希望が叶ってよかったんじゃないですか?(棒

SY1698SY1698 2012/07/06 23:35 いやー、世界の歴史に名を残しましたねー(棒読み)