Hatena::ブログ(Diary)

Where is your library? このページをアンテナに追加 RSSフィード

January 05(Sun), 2014

[]新年のごあいさつ 2014 19:19 新年のごあいさつ 2014を含むブックマーク

九州でのお勤めも残すところあと3ヶ月となりました。

去年は半沢直樹のおかげで出向には微妙イメージがついてしまいましたが、出向はよいものです。

ただ、出向者にとってのことだけ考えてみれば、出向でしか得られない何かというのはないと思います。

どんな立場でもそりゃ3年も働けば何かは得られるってもんです。

大事なのは、何ができるか。

学習支援プロジェクトいろいろ、回り始めています。

あと3ヶ月でいろんなところにうまくパスをつなげたいと思います。


それから、今年は、たぶん人生の大きな節目と言えるものを、3つほど経験する予定です。

最初ので「えー、でもあまのさんらしいかもね」

次ので「ほな、こんど遊びに行くわ」

最後ので「たいへんよくがんばりました」と言っていただけると喜びます。


では、今年も皆さまにとってよい一年になりますよう。

October 30(Wed), 2013

[]発表しました。「LibGuides: パスファインダーを超えて」 19:26 発表しました。「LibGuides: パスファインダーを超えて」を含むブックマーク

図書館総合展プロクエスト日本支社さんのフォーラムにてLibGuidesの活用事例を紹介をさせていただきました。裏番組が強力すぎて、人が集まるか心配していたのですが、たくさんの方に来ていただけて本当によかったです。神田外語大学さんがLibGuidesで作った図書館サイトを公開された直後だったりして、いろいろな事例も紹介できました。

http://2013.libraryfair.jp/node/1644

パスファインダー作成・共有ツール「LibGuides」の最新情報

日本国内における導入・活用事例のご紹介とアップデート

会場 : 第7会場

日時 : 10月30日(水)

時間 : 10:00-11:30

主催 : プロクエスト日本支社/株式会社紀伊國屋書店(協賛)

Twitter : https://twitter.com/ProQuest_Japan

Facebook : https://www.facebook.com/ProQuestJapan

フォーラムの内容

プリント資料、電子ジャーナルデータベースなど、爆発的に増加したリソース環境で、多様化する利用者ニーズ効率的対応すべく利用されてきたパスファインダー。しかし技術的な問題や人材、そして作業時間など、様々な問題から実用性の維持が難しいのが実態でした。LibGuidesは、これらの問題を解決し、誰でも各図書館に最適なパスファインダー作成ができるツールとして、世界的に利用者を増やし続けています。本フォーラムではLibGuidesの基本的機能とともに、日本国内における導入・活用事例をご紹介します。

発表者: 講師天野絵里子九州大学附属図書館eリソースサービス室)

対象者:公共図書館関係者機関企業図書館関係者大学短大高専図書館関係者

October 18(Fri), 2013

[]研修講義担当しました。NII情報リテラシー教育担当者研修情報リテラシー教育の再考」 17:39 研修で講義を担当しました。NII情報リテラシー教育担当者研修「情報リテラシー教育の再考」を含むブックマーク

2012年に続き、NIIの情報リテラシー教育担当者研修で、講義情報リテラシー教育の再考」を担当しました。

講義概要は、下記のように最初から決まっていました。

講義では,情報リテラシー教育対象とする教育内容を検討する。近年,ディスカバリーサービスが普及しつつある。情報源意識することなく,高度な検索技術必要とすることなく検索でき,情報を入手できる時代において,情報リテラシー教育はいかにあるべきか。大学教育支援意識しつつ,ツールの紹介や操作説明にとどまらない情報リテラシー教育の今後を考える。

OPACなどツールの紹介がなされることが多い図書館の利用教育

研修の最終日になって今までの研修で考えさせたことをさらにまぜ返すような講義をもってくるとはなんと挑戦的な(笑)

講義内容は、悩みに悩みました。

昨年は、しつこく費用効果を考えてみましたが、今年は、図書館サービスの全体をデザインする中で利用教育を位置づけようというかんじに。

講義資料はカリキュラム及び講義資料のページで公開されています。

September 01(Sun), 2013

[]発表しました。Code4Lib JAPAN カンファレンス 2013 at 南三陸町 20:41 発表しました。Code4Lib JAPAN カンファレンス 2013 at 南三陸町を含むブックマーク

2013年8月31日9月1日に行われたCode4Lib JAPAN カンファレンス 2013にて、ライトニングトークIFLA参加報告を行いました。

スライドは、食べ物写真ばっかりですすみません

あと、このカンファレンスでは実行委員も務めました。大したことはやっていないのですが、Code4Lib JAPANの活動の大きな節目に裏方として関われたことをとてもうれしく思います。南三陸町で開催されたということ、本家Code4LibからDanさんが来てくれたということ、何より図書館システムサービスについて話したい人があれだけ集まったということが画期的来年も楽しみです。