塩猫の暇つぶし

2013-12-22

袖針各種

14:42

秋田袖と袖の違いは歴然としているのですが、袖ヒガイと袖に焼き色の他に違いがあるのか良くわかっていなかったので、比較してみました。
左から

がまかつ 細地袖
はりよし 袖 茶焼
彦兵衛 袖ヒガイ
はりよし 秋田

いづれもサイズは7号です。
袖ヒガイの特徴は、懐が多少狭い(メーカーによる差かも)、ヒネリ有り、黒もしくは青焼
秋田袖は、青焼、イケ先出し、ヒネリもしくはカネリ

あまり考えずにその時の気分で使っています。

Samsung Mobileから送信

f:id:SaltyCat:20131223074257j:image

2013-12-17

はりよし 秋田袖

06:54

はりよし 秋田袖 7号
一袋 50円

はりよし さんの\50時代のリテールパッケージです。これも納戸を整理していたら5袋ほど出てきました。5~7号の秋田袖は良く使うのですが、なぜ使われずに残っていたのか不思議です。


Samsung Mobileから送信

f:id:SaltyCat:20131217235458j:image

2013-12-11

はりよし 丸形

02:48

納戸を整理していたらまたまた古い釣り針が見つかりました。
はりよし 丸形 8号
一袋 30円
この他にも袖やら狐やらも出てきました。
この丸形は最近見かけないですね。ヤマメや渓流針に似ています。いずれにしても浮子釣り様の針と思われます。

Samsung Mobileから送信

f:id:SaltyCat:20131212194813j:image

2012-12-26

タナゴ針 各種

14:20

今持っているタナゴ鈎を並べてみました。左から

三腰(鬼印)、流線(はりよし 極小)、流線(鬼印)、新型(鬼印)、新半月(鬼印)、新半月(はりよし 1号)、新半月(はりよし 極小)

はりよしさんのタナゴ鈎は、流線と新半には極小、1号、2号と3サイズあります。

流線と新半月は、霞ヶ浦で手長海老を釣るのにも活躍します。霞ヶ浦の手長海老は桜海老サイズが多いので、袖針ではバラシが多発します。

f:id:SaltyCat:20121227072051j:image

2012-12-24

袖針 色々

14:43

私の持っている袖針を並べてみました。

上段 3号 左から マルト はりよし(金袖) がまかつ

下段 4号 左から マルト 海老印 はりよし(金袖) がまかつ オーナー

海老印とマルトは、いわゆる東京袖、軸が少し長く、胴曲げの曲率が大きい(丸い)のがおわかり頂けると思います。東京(関東)袖は、最近はほとんど見かける事がなくなりました。がまかつの3号は他社よりも一回り小さいですね。また、普通の袖でも他者と比較して細地に見えます。茶焼がかかっていないのが原因かもしれませんが....

f:id:SaltyCat:20121225074307j:image

2012-12-23

関東アブミ針とがまかつショットキス比較

16:01

長軸の針を比較してみました。

はりよし鈎 アブミ(関東) 茶焼 7号

右 がまかつ ショットキス 赤焼 7号


どちらもハゼ、キス釣りに使っています。良く見るとショットキスの方がイケ先が長く、カエシが小さいく手返し重視の設計がわかります。かまかつの針は、このショットキスに限らずチモトの叩きが小さいのが多く、糸抜けの不安がつきまといます。がまかつの糸付き針では何回も糸抜けを経験しており、出来るだけ自分で結んだ針を使う様にしています。

f:id:SaltyCat:20121224090153j:image

2012-12-17

はりよし 金袖針

14:34

はりよし鈎本舗 袖 金メッキ

号数 5号

いつもは500本単位で頼むところ100本だけ注文したら、こんなパッケージに入ってきました。すこし味気ないです。

金袖は、ワカサギ、鰺のサビキやハゼ釣りに活躍します。

f:id:SaltyCat:20121218073410j:image