Hatena::ブログ(Diary)

Tanglefoot Bag - さるしんごのD&D関連雑記 Twitter

2007-08-05

[] Shackled City 第24回の復習 その1

いつものメンツ。DMはT氏。今回の冒頭の決戦を最後にDragon誌に連載され一冊にまとめられていた既製シナリオは終了する。この後はT氏の提案により以後2〜3回でPCの野望に決着をつける追加シナリオが行われることとなった。すばらしい。

倒すべき最後の敵は叫ぶ塔の最上部で囚われの身であった。彼の者を檻より解き放ち、全力を以って屠る以外の手段をパーティの面子は知らない。

ディランが渾身の一撃で鎖を断ち切る。檻は塔の基部まで真っ直ぐに落ち、そこで床に当たるとパラリと9分割され開いた。その内側より立ち上がる禍々しいシルエット。だが、最上階から暗い吹き抜けを見下ろしているPC達の眼には、光が無い最下層の様子は見えない。

ルスパー、アルフラートの翼を持つ2人組が急降下し、敵の姿を捉える。

敵のイメージは「300」の勘違いしたクセルクセスに羽根が生えたみたいな感じ(笑)

まずルスパーが床面の敵を見るが、このラウンドに攻撃や準備行動を取れば、敵までの間合いが開きすぎたままになり、敵に自由な行動を許してしまう。移動距離も能力も定かではない相手。このラウンドは攻撃ができないまでも位置取りで敵を押さえ込む可能性は作っておくべきだろうか。

敵の最初の攻撃は間違いなく直接的かつ致命的なものだろう。降下するルスパーの頭によぎったのは、この開戦直後の位置取りが、最初で最大の選択になるという確信に近い直感。そして、ルスパーは、敵の頭上5フィートを抑える位置を取り、冷たい鉄の拳を構えながら、Assay Spell Resistanceを短く唱えた。

一方アルフラートは、自身の最大最強の必殺技をベストのタイミングで放つべく、荒れ狂う己の怒気を未だ抑え、慎重に敵との間合いをはかり、宙で炎の翼を開き剣を構えた。

敵の動きを待つことを選んだ両名の緊張は最大にまで高まる。

立ち上がった敵は白銀の翼を開き、ルスパーの脇を飛びぬける。すかさず黒い翼のモンクは反応し一撃を加えるが、かすりもしない。

そのまま、敵はアルフラートとルスパーの中央で動きを止めた。

かつて空に響いたこととて稀であろう強烈な冒涜の声が放たれ、

漢達は圧倒的な力の前に倒れた。

敗北を避けるためには仕切りなおしか。パーティに動揺が走る。だが、その一瞬後に階上の仲間達が取った選択は、次々と降り下り、この戦いを続け、勝利することだった。

ディランが義理パパと感動の対面、直後に親殺し宣言。以前の彼を知る者からは全く想定外のJumping ChargeからのPounceの連撃を見せる。で、義理パパはクリティカル無効の素敵ボディを持ちながらも、ろくな反撃の糸口を掴む暇すらもらえずに撃沈されてしまう。

義理パパが再び地面に落ちたところで(おおかた予想していた通りに)第2形態に変身して仕切りなおし。

ジ・ゾゥのRevivifyで一命を取り留めたアルフラートが、遂にPPPにおいて初となるWrath StrikeをQuickenから発動し、Rage&PrimalScreamからのPounceを以って、禁断の超必殺技アルフラートファイナルアタックを完成させ、敵に突撃し、叩き込む。なんかいっぱいダメージ。そのままアルフラートは敵の反撃を受けるも、仁王立ちのまま戦場に立ち尽くす。まさにバーバリアンらしい奮闘振り。

直上からディランが敵に襲い掛かり、例によっていっぱいダメージ。決着が尽いた。敵はパーティ全員にGreater Curseを置き土産に降りかけるが、アルフラートただ一人が呪いを一身に引き受けることとなった。

そういえば、ルスパーは? Revenanceで起き上がったところで戦闘が終了。攻撃面の活躍の機会は既に無かった。あーっと、前回の経緯を踏まえると、これは要するに、世に言う死亡フラグの実在を裏付けた、と言えるだろう。これはもう死ぬね → やはり死んだね(笑)

死亡直後にリカバリするための仕掛けを、悩みながら結局用意しなかったのが悔しいミス。セッション開始直前にRing of Nine Livesを購入するかで悩んだのだ。結局そこでDexをチマっと上げてしまったのがPLの器の小ささ。

…いや、死亡フラグの成立を心のどこかで狙っていたのかも(笑)

(ここで終わりではないが長いので中断)

karakuriShinokarakuriShino 2007/08/06 14:32 セッション、お疲れ様でした。

いっぱいいっぱいだったため、とくに描写しませんでしたが
「Alfrad Final Attack、承認!」とアニーがボタンを押してるカットが、アルフラートの攻撃の前に入っていたのですよ。
これでディラン同様、彼のAttack中に敵が倒れてくれればキマッたのになあ。
ところでRing of Nine Livesの機能は「20ポイントのダメージを回復する」とあるので、Kill Effectにはやはり無効なのでは?

SarushingoSarushingo 2007/08/08 00:14 お疲れ様でした。
えーと、今手元にルルブが無いので未確認ですが、Kill Effectで死亡するとHPが-10になりRing of Nine Livesが発動する条件を満たすんじゃないかと。

死せる詩人死せる詩人 2007/08/08 16:40 BlasphemyのKill Effectは『Killed:Living creatures die. Undead creatures are destroyed.』とあるのでHPとは無関係に突然死するだけだと思います。かりにHPが-10になるのであればFortunate Fateでも復活しますね。

SarushingoSarushingo 2007/08/12 00:11 なるほど。Instant Killで死亡した際(あるいは死亡後)にHPは変化しないのですね。誤解してました。すいません。

死亡確定の瞬間にキャラクターのHPは「無くなる」と考えるのが判り易いか。

死亡後にありそうなのは死体のHPだけだが、ルール無かったと思うし、もちろん死体のHPの高低で効果が発動するものでもないですし。