Hatena::ブログ(Diary)

Tanglefoot Bag - さるしんごのD&D関連雑記 Twitter

2012-01-21

[][] Tomb of Horrors 1「風雲エラドリン城編あるいは富士山頂上決戦編」(Extreme Mode、10レベル向けを8レベルで)

参加者の皆さんお疲れさまでした。まぁ、だいたい予想がつかない展開という点では予想通りだった。多くを語るまい。

以下、今回の妄言です。さるしんご責任編集でお届けします。

  • 「まぁ、チンクルですね。おじさんの妖精といったらそれしか」「ハー、サッパリサッパリ」「あとサッパリ妖精というところか」
  • 「最近ボバ・フェット率が高いですよ」
  • 「ギスゼライの特徴を読んだら無口で寡黙で、特徴の無い人(笑)」
  • 「その扉には『前回までのあらすじ』と書かれている」「Tomb of Horrorsの扉に書かれているの?(笑)」
  • 「【武士の情け 1】というサラリーマンだった記憶があるわけだ。毎週秋葉原のロロステに行ってエラドリン娘さんが居ないかと探し求める…(中略)…自分がスペースコブラだったと気付いた。そしてお付きのメイドロボットがコッペリア」(お前は何を言っているんだ?)
  • 「…という夢を見たから、コッペリアはエラドリン星の王位継承権を持っている」「(爆笑)」「いやいやいや、それおかしいから全然継承権とつながりが無いから(笑)」
  • 「ではコッペリアは朝起きて『私、エラドリン星の王女』と言います」「うわあ、宮廷茶番劇が始まった…」「コッペリア、恐ろしい娘…」
  • 「これですよこれ」(『こまけぇこたぁいいんだよ!!』のコマのコピーを見せながら)「…タイミング早ぇよ。まだこれから与太が続くんだろうが」
  • 「メイド(CV:水樹奈々)に『起きて下さい』と言われます」「ウォーフォージドなので寝ないで起きてました」「そこはツッコミ入れるがエラドリンのふりをしておけ!」
  • 「…で、何の行動らしいものも起こせないけど、早くも継承の会場なのね」
  • 「現れますよ。『異議あり!』」「…卓に5人は居ますよ。話の流れについていけてない人が」「それは居る。たくさん居る」
  • 「ミノタウロスとかアシュラマン・レディと名乗るマリリスとかが現れて『お前はエラドリンじゃない』って言います」「心からエラドリンだから大丈夫」「今更な空気読め」「『貴様の正当性を決定するために富士山頂上決戦だ!』」
  • 「もうこのPCとPCの間には暗くて深い河が流れてる」(マジックで河を描きながら)
  • 「『すいません皆さん。王女を、王女を助けてください(CV:水樹奈々)』、だが君らは目を合わせない。『ああどうしましょう』」
  • 「そこでバッファローマンが『貴様らも参加させてやろうじゃないか』と…(中略)…メイドはバッファローホーンを受けてバラバラに」
  • 「『なんて酷いことをー』、棒読みです」
  • 「じゃあソックスを履いた脚を」「…後で先生お話があるから」
  • 「ネクタイをほどきながら『リングはどこだ』と言います。もちろんネクタイしか身につけていません」
  • 「霧が立ち込めて…」「え、ここ屋外だったの?」
  • 「式典会場だった城が上にせり上がり地形が変わります。具体的には60フィートくらい上がる。『我々は城で待つ!!』」
  • 「メイドのパーツが欲しくば(以下略)」
  • 「エラドリン星は80年代ジャンプ空間に強く支配されています。ボスを打ち破ったアカツキには…」
  • 「作品を良く選んだ方が良い」「その前にDMを選んだ方が良い」
  • 「さあ始まりました。このプリキュアは何のモンスターだったかな?ゲーム!!」
  • 「まず、ハートキャッチ組がー」「わからないから」「(爆笑)」「俺、悪いけど(今の)準備してたから」「じゃー覚えようぜ」「嫌だ」
  • 「ハートキャッチがエラドリンですって」「やめろ!」
  • 「マーカー出そうぜ」「落ち着け。フィギュアは個々に違うのにマーカーは要らんだろ(笑)」
  • 「スイート組はビジュアル的にはこれ(トリオ・ザ・マイナーの絵を見せる)」「データはハーピーなんだろ」
  • 「ハートキャッチ組の正体はドライアドで額に肉って書いてある」
  • 「早くも混乱してきた。ハートキャッチ組のフィギュアであらわされるのがエラドリンに扮したドライアドで、その正体はアセルラクの下僕かなんかか。スイート組のフィギュアであらわされるのがハーピーだがビジュアルはトリオ・ザ・マイナー、こいつらも正体はアセルラクの下僕」「ややこしいわ!!」
  • 「小清水が…」「プリキュアの声優で言うとか、さらにややこしいわ!!!」
  • 「スコーンはモヒカンですよ。ビジュアルで特徴づけないと」
  • 「宴会の場所にはガルガンチュアサイズのエラドリンが」「いません」
  • 「オブジェは目玉みたいだね」「じゃあバグベアード様だよ『このロリコンどもめ!』」
  • 「えーと、パーツを集めてコッペリアにエラドリン王位継承権があることを証明する(もはやうつろなまなざし)」
  • 「扉には『あなたは18歳以上ですか(Yes/No)』って書いてあります」
  • 「粘性の高い音で、ぴちゃ、って聞えます」「ハチミツかなんかだろ」
  • 「フェイワイルド星の魔力がこもっているから粘性が高い感じ」
  • 「悲鳴が聞こえるよ」「茶番、茶番、ハイ乙」
  • 「まずい、そんな悲鳴が聞こえるところにアナベベを送り込んだら、もっとややこしいことに」
  • 「あるいは成熟したゲームに近づいているね」「いや爛熟だろ」「腐乱だろ」
  • 「悲鳴から切羽詰まっているか分かりますか」「演技では無いようだ」
  • 「『不甲斐ない子たちだねー』と毒婦のような声が」(ほーら茶番)
  • 「天狗の面キター!」「光る!唸る!」
  • 「天狗の口からキター!」
  • 「死にそう。死ぬー」
  • 「禁断のソロ・スウォームだと…」

正直死んだと思いましたが、全員が一日毎や消費型のリソースをつぎ込んでなんとか死人無しでソロ・ラミアを倒しました。状況をセーヴして次回に続く、です。

ウラナは近接撃破役みたいな挟撃位置を取りに行ってましたが敵の能力を聞いたら近接を避けて遠隔から慎重に攻撃すべきでした。運用がまだ高リスクな戦闘に対応できるほどこなせてなかったですね。

あとTwitterで二次創作みたいな設定を流すと伏線としてDMが回収してくれるみたいなので、各自で自分のPCについて(死んだときのフォローも考えて)妄想たくましくしてみるのも良いかもしれないですね。

次回も頑張りましょう。