Hatena::ブログ(Diary)

Tanglefoot Bag - さるしんごのD&D関連雑記 Twitter

2015-07-28

[] マズティカの神々

マズティカのパンテオンには11の神々が居ます。善神も悪神も同じパンテオンに属しています。以下に一覧で示します。

名前ALPriestがメジャーアクセス可能なsphere(s)
KukulN(Priestは居ません)
MazticaNドルイドと同じ
QotalLGPluma, Healing, Protection, Creation
ZaltecCEHishna, Sun, Combat, Charm
AzulLEElemental, Weather
PlutoqLNElemental
TezcaCEElemental, Sun, Combat
KiltziCGCharm, Creation, Guardian, Healing, Protection
EhaCNElemental, Pluma
WatilNGPlants Healing, Creation
NulaCNAnimals, Combat, Guardian, Protection

簡単にそれぞれについて紹介します。

”太古の神々の父” ククル(Kukul, Ancient Father of the Gods)は神話の時代に死んだ神です。彼を崇める神官は居ませんが、賢者、歴史家、他の神々の神官にその名を記憶されています。切り落とされた彼の指から最初のヒューマンが生まれました。

”生命の母にして世界” マズティカ(Maztica, Mother of Life, The World)は神々の母であり、やはり神話の時代に殺されました。その身体は大陸そのものとして留まっています。彼女の神官はドルイドとほぼ変わらない能力を持ちます。都市部では信仰されていませんが、大陸のどこでも彼女への信仰は根付いています。

"羽毛のある龍" クォタル(Qotal, The Feathered Dragon)は善と健康の男神で、黄金の羽毛に包まれ極彩色のたてがみを持つゴールド・ドラゴンの姿で表されます。神話の時代の最後に、いつの日か帰るという予言を残して大陸東岸から西の海に去りました。コーデルの侵略とその後の事件を経てクォタルは帰還しその信仰も復活しました。

"戦をもたらし心臓を食らう者" ザルテク(Zaltec, Bringer of War and Eater of Hearts)は戦争と飢えと怒りの男神で、血と心臓の供物を求めます。姿は人間に似ていますが頭は獣のようで大きな顎にジャガーのような歯とガラガラヘビの牙を持つとされます。クォタルのライバルです。ネクサル帝国(Nexal Empire)で信仰されていました。

"雨を与え息を奪う者" アズール(Azul, Giver of Rain and Taker of Breath)は雨と魚類を司る男神です。溺死させた生贄を求めます。その姿は柔らかな衣をまとい無邪気に笑う子供で表されます。

"土と石の支配者" プルゥトク(Plutoq, Master of Earth and Stone)は鉱物、宝石、窯業の男神です。巨大なアースエレメンタルの姿で表されます。

"太陽と炎を統べる者" テツカ(Tezca, Ruler of Sun and Fire)は熱や陽光を司る男神です。テツカの神官は太陽が再び昇ることを願い日没時に生贄を捧げます。姿は燃える頭を持つ巨人か、顔が描かれた太陽で表されます。

”健康、成長、滋養と愛を与える者" キルッヅィ(Kiltzi, Giver of Health, Growth, Nourishment, and Love)は、成長、幸福、婚姻、愛を司る女神です。美しい女性、時には妊婦の姿で表されます。

"風の精" イーハ(Eha, Wind Sprite)は、新生児に息吹をもたらす女神で、春風や暖気も司ります。絶えず動く白煙の姿を好みます。

"草木の守護者" ワティル(Watil, Guardian of Plants)は、植物の女神で実りをもたらします。豊満な女性の姿で表されます。生贄を求めません。

"獣の守護者" ヌーラ(Nula, Guardian of Animals)は獣の女神です。彼女は手足の長い猿の姿を取ります。これまで狩人や漁師がわずかな供物をささげるだけでしたが、侵略者が家畜を連れてきたため、近年になって信仰が盛んになりました。