Hatena::ブログ(Diary)

Tanglefoot Bag - さるしんごのD&D関連雑記 Twitter

2015-08-03

[] "Oriental Adventures (AD&D 1st Edition)" の紹介(その1)

Oriental Adventures (以下 OA 1st)は、東アジア風のファンタジー世界を舞台にD&D(当時はAdvanced Dungeons & Dragons 1st Edition)を遊ぶための基本ルールが書かれた製品です。メインデザイナーはデイヴィッド・「ゼブ」・クックで、オリジナル・コンセプトとしてゲイリー・ガイギャックスらがクレジットされています。1985年にTSR社から発売されました。

http://www.oak.dti.ne.jp/~singo/img/OA_1st.jpg

OA 1st は全144ページの一冊のハードカバーです。章構成は以下のようになっています。

  • Creating Player Character
  • Character Classes and Races
  • Families, Clans, and Caste
  • Honor
  • Money and Equipment
  • Proficiencies
  • Shukenja Spell
  • Wu Jen Spell
  • Combat
  • Events and Encounters
  • Monsters
  • Treasure and Magic Items
  • An Overview of Kara-Tur
  • Daily Life in Kara-Tur

何回かに分けて OA 1st の概要を紹介してみたいと思います。最初はクラスと種族から。

クラス

OA 1st では Barbarian、Bushi、Kensai、Monk、Ninja、Samurai、Shukenja、Sohei、Wu Jen、Yakuza の10クラスが選択可能です。AD&DのBarbarianとMonkを使いますが少し修正が入っているようです。その他のクラスは(当時としては)新たなクラスです。

Bushi は野武士、傭兵、山賊ですね。仕えるべき相手との強い繋がりを持っていない戦士とされます。ルールでは Bushi は貧乏とされています。貧乏だから良い鎧がなかなか着られないので攻撃を避ける能力を身につけられてACが上がります(この能力は鎧を着ていても有効です)。貧乏だから買い物をする際に掘り出しものを探せます。スリをする能力もあります。

Kensai は剣聖や剣豪をイメージしたクラスで、Lawful でなければなりません。武器ひとつあるいは素手を選んでそれに習熟し、より大きなダメージを与える能力を得ます。

Ninja は、他のクラスとマルチクラスするための特殊なクラスです。Bushi、Sohei、Wujen、Yakuza と Ninja のマルチクラスをした Human のみが Ninja となれます。ほとんどHPがもらえません。隠れ身、罠の捜索/解除、変装、開錠といった能力に加え、暗殺とバックスタブの能力を得ます。OA 1st に Thief(Rogue) は居ませんが、その代わりは Monk や Ninja が果たすようです。

Samurai は主君に仕える戦士で、Lawful でなければなりません。 気合を入れて筋力を上げる能力などがあります。Samurai は武士道に従うものとされ、名誉を失った Samurai は主君を失い Ronin になります。Ronin になっても特に戦闘力は落ちませんが、レベルを上げるには倍の経験点が必要になります。

Shukenja は OA 1st における Cleric であり放浪の僧、神官、修験者です。OA 1st の世界では西洋ファンタジーのような教会の組織性や個々の神の独立性は希薄で、信仰や儀式は日々の生活の中のまじないに溶け込んでいるとされます。PC の Shukenja は Good でなければなりません。護身術として素手で戦う能力を得ます。Shukenja の呪文は Cleric の呪文に類似します。

Sohei は寺社に所属する兵士、武僧、僧兵です。武器を用いた戦闘についてはなかなかのものです。Sohei も Shukenja の呪文を使うことができますが Shukenja に比べるとその能力は劣ります。Sohei は Lawful でなければなりません。

Wu Jen は OA 1st における Wizard であり、妖術師、呪い師です。Wizard に類似した呪文がリストされています。Wu Jen には戒律(Taboo)があり、これを破ると呪文を失ったり病気になったりします。レベルが上がると戒律は増えます。

Yakuza は民衆の味方、ごろつき、傭兵、何でも屋、非公式な警察といったもの全てであるとされています。特別な能力として、情報を集めたりコネをつけることができます。

種族

種族については Human 以外の Korobokuru、Hengeyokai、Spirit Folk が示されており、組み合わせ可能なクラスおよび組み合わせた場合のレベル上限が示されています。Human については特に詳しくは説明されていません。

Korobokuru は、OA 1st では Oriental Dwarf と説明されています。名前こそ日本のアイヌの伝承にあるコロポックルに由来するようですが、ちょっと異なると思った方が良さそうです。Korobokuru はジャングル、雪山、荒野と様々な土地に住んでいる種族で、4フィートほどの背丈で男性には髭があります。やや Chaotic 寄りで Barbarian が多いようです。動植物に詳しいという種族特徴を持ちますが、他の点ではほぼドワーフです。

Hengeyokai は小動物から人間へと姿形を変える能力を持つ種族で、いくつかの亜種に分かれます。第4版でもInsiderで公式に追加された種族なので知っている方も多いかもしれません。OA 1st では、鯉、猫、蟹、鶴、犬、トカゲ、狐、兎、猿、狸、鼠、雀のいずれかの動物の姿(真の姿)を持ちます。この動物の姿、二足歩行の動物の姿、ほぼ人間の姿の3つの形態を自由に切り替えることができます。

Spirit Folk は自然の精霊と人間の両方を祖先に持つ種族です。両方と繋がりがあるため、Human 同様に家(Family)や氏族(Clan)に属するだけでなく、精霊王(Spirit Lord)に対して義務を負います。OA 1st では Bamboo、River、Sea の3つの亜種が示されています。それぞれの亜種は祖先の精霊とその住処の地形に応じた特殊能力を持ちます(Bambooは森林)。Spirit Folk の姿はほぼ人間と変わりませんが、糸目で色素が薄く美形のようです。