Hatena::ブログ(Diary)

Tanglefoot Bag - さるしんごのD&D関連雑記 Twitter

2015-08-04

[] "Oriental Adventures (AD&D 1st Edition)" の紹介(その2)

Oriental Adventures(以下 OA 1st)の紹介です。残った章の中で面白そうなところをいくつか。

氏族と名誉

クラスと種族により生まれ(Birth)や氏族(Family)について厳密に決めるルールがあります。とても詳細なもので、地域の支配権の第何位の継承者か、御先祖様はどんな人だったか、相続した物品は何か、といったことを決めます。

名誉についてはポイント制です。名誉ある行い、不名誉な行いを取るたびに上下します。最低値は0、最大値は100です。名誉ポイントの初期値より低い値になると面目を失い厳しいペナルティがあります。0ポイントになったPCはゲームから取り除かれます。高い名誉ポイントがあれば社交判定にボーナスがあります。また高い名誉ポイントがあればPCが死んで新たなPCを作る際にボーナスがもらえます。

装備

武器に関しては、日本、中国を中心に過去に使われた武器を豊富に取り入れています。AD&D に既存の武器と合わせて80種類くらい。多過ぎです。Kiseru はあるけど Tessen はありません。忍者の武器として Kyoketsu-shogi ってのがあるんですが何なんですかね、これ*1

http://www.oak.dti.ne.jp/~singo/img/OA1stWeapon.jpg

鎧については、ややこしいです。全身鎧と部分鎧があり、この組み合わせでACを導きます。部分鎧には Do-maru、Kote、Sode などの名前がついており、全身鎧と部分鎧が完全に一揃いになると O-yoroi になるようです。Shield もありますが文化的に全く盾を使っていない土地があるとされています。

モンスターと遭遇

30種ほどの新モンスターが追加されています。分かりやすいところだと Kappa、Tengu といったところでしょうか。この本だけでなく他のルールブックで既に示されている東洋風のモンスターを使います。MM はもちろんですが、MM2 や Fiend Folio も必要です。

16種の地形タイプに合わせた遭遇表が付属しています。それぞれの地形について20種ほどのモンスターの種類(だけ)が示されています。

龍や霊(spirit)にカテゴライズされる知的なモンスターは、全てが Celestial Bureaucracy と呼ばれる霊的な統治機構に組み込まれています。これは Celestial Emperor を頂点とする官僚制で、Shou Lung を中心に信仰される The Path of Enlightenment の宇宙観です。

Kara-Tur について

新たなオリエンタル・セッティング Kara-Tur の導入的な紹介です。特に大きな4つの帝国と生活全般について簡潔にまとめられています。これの説明は長くなりそうなので次回にでも紹介します。

(2015年8月4日に、忍具について脚注に追記しました。画伯、情報さんきゅー)

*1:戸隠流忍術で使う忍具のようです。忍術に関する著作が海外でも良く知られている模様