gloomy and/or hopeful blog @hatena

2006-02-28 Tue 曇り。昨夜2時半に目が覚めてそのまま。。。。眠い。

[][] 養老孟司「まともな人」中公新書

ジジイの小言芸。同じネタを何度も繰り返すが、またそこに味がある。

故山本夏彦氏もそうだけど、この系譜の人たちは文章が読みやすい。

「文体」を感じる。

まともな人 (中公新書)

まともな人 (中公新書)

[][] 鶴見俊輔「回想の人ぴと」ちくま文庫

戦争の影は、21世紀に入って急速に「光」の中へ薄れていった。

それでも「影の定義を変えれば見える」。

回想の人びと (ちくま文庫)

回想の人びと (ちくま文庫)

2006-02-24 Fri 曇り。もうすぐ雨。風邪か花粉症か頭が重く集中力を欠く。

[book][読了] 週刊新潮編「昭和の墓碑銘」新潮新書

自分は昭和の子だとおもっているが、平成になって既に20年近くなっていることに改めて気がつき、愕然。

昭和の墓碑銘 (新潮新書)

昭和の墓碑銘 (新潮新書)

[book][読了] 梅田望男「ウェブ進化論」ちくま新書

話題の本。とりあえず、読了。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

2/28 追記:

本書は、著者本人も意識的であることを表明しているように、「楽観主義」の立場での論考となっている。

一方、アメリカの現実のもうひとつの見方について、80-20 法則の妄信("the 80-20 fallacy")に対して、クルーグマン教授が例によって公開資料の分析を元に警告を発している。バーナンキ氏のような聡明な人物ですら、この妄信のトラップにはまっていることを枕にして。。。。

http://select.nytimes.com/2006/02/27/opinion/27krugman.html

どちらが正しいというわけではない。但し(少なくとも個人の主観のレベルにおいては)未来はどこかに収束する。

以下、参照書籍のメモ

続きを読む

[book] 参考書籍覚書

ジョージ・ソロス

ジョージ・ソロス

ソロス―世界経済を動かす謎の投機家

ソロス―世界経済を動かす謎の投機家

2006-02-17 Fri 今日も雨模様。鼻風邪が悪化している。

2006-02-16 Thu 雨。鼻かぜの模様。再びマスク。

[][] Bjarne Stroustrup「C++の設計と進化」

「C++ はコミュニティによって育てられた言語である」という言葉を再確認。

「工学とは妥協の芸術」等の名言がてんこ盛り。

2006-02-15 Wed 晴れ、うす曇。蒸し暑いくらいの陽気。

Connection: close