Hatena::ブログ(Diary)

Seamoonのくらげ日記

2004年9月16日からのロード数の累計:466801

EQ2日本語版をプレイしていました。(気がつくと日本語版EQ2では無くなっているようで、昔の仲間とも連絡が取れなくなっていました)
大画面で見ると横いっぱいに広がって非常に読みづらいので、スタイルシートでwidthを指定してみました。 ついでに背景色も変更です。FirefoxとIEではwidth指定が効かないようです。ブラウザが悪いわけではなく、 フォントがメイリオだとwidth指定を無視するようです。Choromeでも発生しました。

現在写真にのめり込んでいます(実際にはカメラが好きなのかもしれませんが)。Nikon D810, Df, D800E, D700, D300S, D40, D3100,NIKON 1 V1, NIKON 1 V2, NIKON 1 V3, SIGMA DP1 Merrill, DP2 Merrill, DP1s, DP2, sd Quattro, CANON PowerShot S90, Richo GR IIを所有しています。他にCoolPix 990と5700も所有しています。こうやって見るとマジでコレクターです。

読書メーターをはじめてみました。増えていく積読の量に唖然としております(処理速度を上回って増えます)。

Seamoonさんの読書メーター

2018年09月03日

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Seamoon/20180903

2018年09月01日

[]ダイアリーからブログへ 13:25

廃止するから引っ越せというお知らせが来ていたので引っ越しを試みます。

とはいっても引っ越し手段は利用が殺到してサービス停止の模様です。ダイアリーでバックアップ用のファイルを落として、ブログでそれをインポートします。

一晩放置したら移動は完了していました。とはいっても、重複チェックはしていないようなので2012年の7月より古い部分は二重に登録されています。重複チェックなしかよ。ちょいと困るなぁ。丸ごと消してからインポートするべきか。

ブログを2012年から放置していたのは、当時はサービスの初期で微妙に使いにくく移動のメリットを感じられなかったからです。今はどうなんだろう。まず、設定ボタンが見当たらず使いにくさを感じています。

ブログのほうが有料オプションが高いのもちょっといやだなぁ。フォトライフの有料オプションを切ってしまってもちょい足が出ます。フォトライフはバックアップ用に撮った写真を丸ごとあげていたのをやめたので、有料である必要はなかったりします。

カテゴリーの指定はダイアリー型だとだめなのかな。横にカテゴリーを表示して選択するやつが出てきたけど、これが必須だと使い勝手が悪すぎるぞ。とりあえず6年ぶりに同じ文で更新しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Seamoon/20180901

2018年08月30日

[]アーティスト欄に作曲家を入れる謎が解けた 19:58

last.fmという音楽に特化したサービスが原因でした。これにアカウントを作ってプレイヤーとリンクすると、再生している曲がサーバに飛んで行って世界中に晒してくれます。そこから生まれる繋がりを楽しもうというサービスです。これに表示されるときに、アーティストと曲名という形をとるようで、バロック音楽などを聞いていると演奏家と楽器の情報の一部だけで1行の表示欄が埋まってしまいます。こいつは何を聞いているんだというすごいリストが着々と作られていくのです。

こういう表示ならアーティストに作曲家名を書いて代用しようという気持ちがわかります。まあ何を聞いているのか全世界にさらす気はありませんし、last.fmよさらば(^_^;

Jazzを聴いたらこんな感じ

Bill Evans — All of You (Take 1)

クラシックを聴いたらこんな感じ

Gottfried Von Der Goltz, Andrew Lawrence-King; Freiburg Baroque Orchestra, Harp Consort — Sonetti Dimonstrativi (Descriptive Sonnets to the "Four Seasons"): IV. L'inverno

表示上はOrchestraで切れてます。何を聞いたのかリストからはさっぱりわかりません。

[]ウォークマンのプレイリスト 19:46

Music Beeと同期させる際にプレイリストを相対パスにするチェックボックスを外したところ、リストが正常に読めるようになりました。どこかのページで相対パスにするように読んだのと、ウォークマン本体で作ったプレイリストは相対パスになっていたのとですっかり間違っていました。あとは狭い画面でうまくアルバムを選べるようにプレイリストの作り方を考えないといけません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Seamoon/20180830

2018年08月22日

[]リッピング結果を大改装 23:40

f:id:Seamoon:20180822233211p:image:w360

1枚または2枚を1アルバムとして、ボックスをプレイリストで管理した場合の画面です。このボックスにはどういうアルバムが格納されていて、どういう順番になっているのかがさくっと把握できます。(ウォークマンではこういう柔軟な表示ができないので辛いのですけどね)。iTune風の表示です。

f:id:Seamoon:20180822233628p:image:w360

56枚のCDを1アルバムとして管理してしまった場合の画面。このアルバムは56枚のCDで構成されていてジャケ画はこれ1枚だぜという表示になっています。空行を挟んで各ディスクのトラック情報が56枚分並びます。ジャケ絵で選んだりタイトルで選んだりができません。全ディスクのタイトルが箱の名前で統一されています。

これはいけません。Music Beeでリッピングしただけでは下のようになってしまうため、タグをいじって箱をアルバムの集合体として管理しなければなりません。Vol.IIの方は新しすぎて全部を1つのアルバムとして管理するデータがサーバに上がっていなかったため理想の形でのリッピングとなっていますが、今回お盆の夏休みの間に300枚程度やったリッピング結果は見直す必要があるということでがっかりです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Seamoon/20180822

2018年08月19日

[] リッピングを頑張り続ける 19:14

昨日VIVARTEの箱(この箱はVol.2もあるので計120枚)のリッピングに挫折したのですが、直後からDeutsche Grammophon: The Originals - Legendary Recordingsのリッピングを開始して本日の午前中に完了しました。やはりDGはユーザが多くてサーバにデータが蓄積されています。で、このデータを入力してくれた人はいつものアーティストに作曲家を入れる人だったのですが、もう修正は後回しにしてリッピングを優先しました。この箱は2014年発売です。

これが終わってからVol.IIに取り掛かりましたが、この箱は2016年と2年遅れの発売なのでサーバにデータが登録されていませんでした。DGのアルバムは有名なので単独のデータはいくつも転がっています。ドイツ版を選んでリッピングします。CDから直接データを引けないものもあうのでTrack 01とかの並びのままリッピングして、あとからサーバを検索したりといろいろ手間がかかるので、こいつはまだ19枚目です。あー、大変だ。しかし、今年の夏季休暇は結構充実したひと時を過ごせました。コレクター魂が満たされます。ただ、自分が手打ちしたタグがかなり多数含まれており、これがジャケットだけ見ながら日本語ではない表記をブラインドタッチで入力し続けていたので、もしかしたら恐ろしい綴りミスが含まれている可能性が大です。OrchestraとかOrchesterとか、入れ違っている可能性だいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Seamoon/20180819

2018年08月18日

VIVALTEのジャケット

[] 挫折 13:22

毎日50枚前後の箱をリッピングしてきたのですが、VIVARTEの60枚のリッピングを5枚で挫折しました。ジャケットに一目でわかるタイトルが付いていなくてサーバからデータを引くことができず、1枚ごとにタグを全部打ち込まないといけない状態になってしました。iTunesでリッピングした時のデータを上手く使いたいのですが難しい。夏季休暇ももう時間がないのでいったんあきらめます。久々にPCゲームでもやるかぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Seamoon/20180818

2018年08月17日

DG 111の黄箱

[]タグの付け方 11:36

現在Music Beeを使って大量のCDをリッピングしています。今日はDGの111箱のうちの黄色箱です。

いまはサーバから得られるデータをほぼそのまま利用して「アルバム名を箱の名前しにして、アルバムアーティストをVarious Artistsにして、ディスク番号を変えることで1つのスタックになる」ようになっています。アーティスト名を作曲家名にしているのを除いて満足できるものだと思っていたのですが、これをプレイリストが正常に機能していないウォークマンに転送すると、アルバムが50枚組の扱いになって1枚目の1トラック目から聞くしかないということに気が付きました。1773トラックのアルバム1個を聞くのに休まず5日以上かかってしまいます(DHMの50枚組の箱の場合の時間)。

DG(Deutsche Grammophon)の集成箱の場合、1枚または数枚ごとに1アルバムとしてタイトルが個別についているのですがこの情報がどこにも記録されていないため、アルバム単位で選べない状態なのです。箱の名前のプレイリストを作り、固有のアルバム名をつけた楽曲データを登録していったほうが良い気がしますが、まあいいか。

とりあえず一通りリッピングしてから考えよう。一からタグをつけつつリッピングするといつ終わるかわからなくなってしまいます(^_^;

そうそう。ダイニングのテーブルでSurface Proを展開し、リモートデスクトップでタグをいじってみようと思ったのですが、この場合狭い面積の高解像度の液晶にUIを拡大表示することできれいに見せているというSurface Proの特徴が裏目に出て、猛烈に字の小さい画面を覗き込むことになってしまい、まったく作業になりませんでした。しかも Core i7のモデルなのでファンが全開運転となり液晶が猛烈に熱くなります。表示を何とかしたとしても、この熱では使えません。

追記

今日の1枚を間違って赤箱にしたのに気づいて黄色箱に修正したのですが、何回やっても赤箱のままです。いずれ戻ると思ったのですが、なぜかずっと赤箱のままです。24時間経過して、やっと黄色箱に変わりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Seamoon/20180817

2018年08月16日

Seamoon2018-08-16

[]炸裂する物欲 11:28

昨日DHMのCD 50枚箱の2つ目の50枚のリッピングを敢行していました。1つ目は数年前にすでにリッピング済みでしたが、タグ付けに少々問題がありました。

で、アルバムの情報を得るためにアマゾンをアクセスしたところ、DGの111ボックスの色違いが複数出ているのを発見しました。モーツァルトとピアノの箱です。指揮者の箱もあったけど、これはいいや。DHMの100枚箱も出ていましたが、すでに持っている50枚箱×2とかぶりまくっていることが予想されるのでこれはパスです。Deutsche Grammophon: The Originalsとパート2も買ってしまえということで昨日の午前中にぽちったら今日届きました。リッピングは1日で50枚程度が限界です。床に座布団を引いて直座りして家具調炬燵に乗せたキーボードとディスプレイを使っている生活なのですが、この姿勢では長時間PCに向かってキーボード作業をするのは辛いです。足しびれまくりなので座椅子でも導入しようかとも思っていますが、下手な座椅子だと蝶番のところが床をぐりぐりしてしまうので引っ越しの時にえらいことになってしまいます。困ったな。

で、DHMの箱をリッピングしているときにサーバから取得できるタグ情報がアーティスト欄に作曲者を入れているせいで、リッピングデータの格納位置がめちゃくちゃになってしまって格闘していました。リッピング開始と同時に中止させ、アーティスト欄に演奏者情報を入れなおし、作曲者欄にもデータを入れて、それができてから取り込み開始、取り込みが終わると部分的に正確だけどどうするよの確認が出るのでいいから続けろを押すという手間を延々50枚分繰り返します。

現在はDGの赤い111箱の取り込みをしています(この箱は限定品だったので2倍から3倍のプレミアがついてました)。うぉートラックアーティストの所の作曲者がフルにキリル文字のアルバムにぶち当たったぞ。消すのはもったいないけど(作曲者がアーティスト欄にいると困るので作曲者欄に移動させて、苗字,名前に変形する)、Игорь Фёдорович СтравинскийとIGOR STRAVINSKYがどう一致するのか判断できないので活用できないぞ(^_^; まあ。キリル文字のままだと検索に引っかからなくなるという問題はありますけどね。あ、メイリオだとキリル文字の表示が汚いな。

今回購入した箱以外はすでに1回iTunesでリッピングしていたのですが、flacでリッピングし直しているのです。iTunesとMusic Beeで同じCDからリッピングし直しているわけで、音質に優れたプレイヤーとヘッドフォンがある状態なら聞き比べをしてみるのも良いかもしれません。つーか、聞き比べてからリッピングしたほうがよかったかも(^_^;

追記

ようやく赤箱のリッピング終了です。おおむね12時間かかって55枚の処理が終わりました。タグをわかりやすくつけておかないと集成ボックスを複数リッピングした後リッピング結果が入り混じってひどいことになるので手を抜けません。さらに、1枚とか2枚組みで買ってあるアルバムまでリッピングすると完全にお手上げ状態になります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Seamoon/20180816

2018年08月15日

Seamoon2018-08-15

[]MDR-1AM2が地味にすごい 09:48

実は高音質対応のウォークマンと一緒にMDR-1AM2というヘッドフォンを購入していました。

軽くて装着感が非常によくメガネをかけていても耳が痛みません。最初はケーブルが2種類ついていて戸惑ってしまいましたが(この程度の知識)ウォークマン本体にもジャックが2種類ついていたのでそれぞれに対応しているのだろう。太いほうがバランスドのようだということはマニュアルを見なくても何とかなります。で、ためしに聞いてみて片チャンネルしか聞こえなくて焦りました。これはヘッドフォン側のジャックの差し込みが甘いだけでした。

このヘッドフォンをつけてThe Great Jazz Trioのアルバム"At The Village Vanguard"の1トラック目の"Moose the Mooche"を聞いてびっくり。ドラムの音が異様に鮮明です。高温から低音までよく伸びます。これはいい買い物をしたかもしれないと思いつつ聞いています。で、ShureのE310を発見して聞き比べを実施してみました。これも買った当時には通勤の雑音を遮音しつついい感じの音が聞けていて満足していました。遮音性に優れているので音量を下げて聞くことができて耳にやさしいのです。

E310を使うと物足りません。明らかに解像感が低いのです。当時はこれで満足していたのですが上には上がいるものです。iPod付属のヘッドフォンやウォークマンZ1000に付属していたノイズキャンセリングヘッドフォンは比べ物になりませんでした。しかし、E310が出てきたらきっといい音が聞けるだろと根拠もなく期待していたのですが甘かったです(^_^;

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Seamoon/20180815

2018年08月14日

[]完全リセットしたXperiaのバッテリーのもちがよい 20:13

ファクトリーリセットをかけてソフトを細心に書き換えて復活したわけですが、これ以降バッテリーのもちがとても良くて動きも良いのです。要らないソフトと要らない機能がいかにバッテリーを無駄に使っているか思い知らされます。

ただ、どうせ使わないドコモのソフトが長い承諾を読ませようとするので断固無視しているのですが、これがインフォメーションエリアから消えないのです。ソフトをアップデートしろ、承諾しろと使わないソフトのことで絡んでくるのがうざったいです。買った時と以前に1回リセットしたときはこの怪しい承諾を了承したのかと思うとちょっと怖いです。

この間まで使っていたバッテリー管理ソフトはwake upしたときにxx個のアプリを終わらせたのでバッテリーが持つようになったぜと言ってきていたのですが、何も入れていないほうがバッテリーの持ちがよいのはこれ如何にです。とりあえず、なるべく無駄なソフトや機能は使わないようにしようと思いました。ガーミンとBlue Toothで通信させるのはやってしまうと思いますけどね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Seamoon/20180814