旅人の手記 二冊目 - 蝉海夏人のブログ -

2017-01-01

鬼胎は期待へ、激動から跳躍へ


あけましておめでとうございます、蝉海です。
このブログも、すっかり一年に一回の更新になってしまいました。
昨年は政治面・文化面などで大きな事件が多くて何かとかまびすしく、
当事者ではなくても心持が不安になることが多くあったかと思われます。
本年こそは、幸多き年であらんことを願います。

さて。このような大きな話はこのくらいにしておいて、
例年のように私個人的な今年の抱負について述べさせて頂きたく存じます。

蝉海は昨年三月に放送大学(人間と文化コース)を卒業致しました。
そのあと色々迷って働いたりしていましたが、大学院に進学することに決めました。
受験は無事合格。四月には、修士全科生(人文学プログラム)となります。
二年間で修士号を取れるよう、精一杯頑張りたく思います。

そして今年は、創作の方でも大きく動き出したいと考えております。

昨年は「小説家になろう」で投稿すること以外に目立った活動をしませんでした。
客観的に見ればかなり停滞した年といえるでしょう。
実際に新人賞用の原稿もままならず、
自分で振り返ってもひどく芳しくない一年だったと思います。
正直、「自分は何で小説を書くのか」「何で創作をし続けるのか」と、
しんどい自己問答を繰り返さない日はなかったくらいです。
しかし、行き着く答えはいつもシンプルで、たったひとつでした。

「どうしても書きたいものがあるから」

書かずにはいられないのか、書かずにはいられないと思い込んでいるだけなのか。
どっちかわからないまま、一行でも一文字でも書き続けていました。
亀の歩みのような毎日でしたが、その甲斐あってか、
先述した「どうしても書きたいもの」――というものが
ある程度具体的な形として結実するようになりました。

1月2日より、「小説家になろう」において新連載を開始致します。

内容は、現代の日本を舞台にした長編ロー・ファンタジーです。
毎週月曜から金曜の毎日更新で連載したく思います。
どうか、ご高覧頂ければと存じます。

またtwitterの方でも、創作用の新しいアカウントを設置致しました。
小説家になろう」への投稿などは、こちらでアナウンスしていきたく思います。

さて。私は毎年のこの反省と抱負で、「人とのつながり」を大事にしていく、
という言葉を繰り返してきたと思います。
正直に申し上げますと、昨年はこの「人とのつながり」において
考え悩まされることが多々ありました。
詳しくは申し上げられませんが、
人間関係」と「個人の成長」を調和し続けることの難しさを、
痛いほどこの身に知らされることとなりました。
けれどもつらいことばかりでなく、
大学院に進学することを決めたり、創作に励み続けたりすることができたのも、
人とのつながり――「縁(えにし)」があってこそのものです。
総じて、「関係」と「成長」という事柄について考えさせられた一年であったといえるでしょう。

それでは本年も、よろしくお願い申し上げます。

(Now Playing: Neru『ハウトゥー世界制服』(まふまふ×天月 バージョン))

2016-01-31

テン年代後半戦

新年になって一月経ちますが、あけましておめでとうございます。
昨年度はずっと更新停止しておりましたが、
そんな中でもアクセスしていただき誠にありがとうございます。
今年初の記事は例年通り、
話題ごとに段落を分けて振り返りと展望といきたいところですが、
今年は今後について現時点でお話できないこともあり、
近況を混じえながら短めでいきたいと思います。

昨年も一昨年に引き続いて、ネットでの交友関係が深まった一年といえました。
おざ研の最後に立ち会ったり、
ゆりいかさんの「あの夜の読書会」に皆勤したり、
皆さんと共に楽しい時間を過ごすことが多かったです。
このような「人とのつながり」をいつまでも大事にしていけたら考えます。

創作の方に関しましては、ライトノベル新人賞四つに応募しました。
しかし残念ながら、電撃、小学館集英社の三つは全て一次落ちという結果です。
選考待ちはMFのみですね。
応募は今後とも続けていきたく思いますが、
それとはまた別の形での発表も、並行してできたらと考えております。

本年もまだもう少しの間はこのブログも開店休業状態ですが、
それでもよろしければ、今後ともよろしくお願い申し上げます。

2015-04-23

読書会の司会進行をすることになりました――他諸々近況

桜の花もすっかり散り終えようかとしております。

更新停止してから三週以上経ちましたね。

この間、中野に行ったり、いつもの読書会に参加したり、
ジャッキーさんが新宿中央公園で主催されたお花見に行ったり、
色々やってました。

ブログの方はしばらく、
こんな風に不定期で更新していきたいと思います。
今年は大学生活最後の年となる予定(お?)なので、
オンライン・オフラインともに悔いの残らないような活動をしていきたく思います。

さて。お知らせです。
ゆりいかさんがいつも主催し私も参加させて頂いている
「あの夜の読書会」ですが、
この度私めが「第12回(5/2)」の司会進行として抜擢されることになりました。
課題本は『三島由紀夫レター教室』

三島由紀夫レター教室 (ちくま文庫)

三島由紀夫レター教室 (ちくま文庫)

このようなミーティングなどで「チューター(進行役)」と呼ばれる役割は、
前の大学のゼミやサークルで何度となく経験しておりますが久しいので、
どういう風な「場」をつくればいいのか色々と悩むところです。
ご興味がおありでしたら下にリンク致しました、
ゆりいかさんのブログをご参照下さい。

「ハロー・ブンガク・グッドバイ」
――「第12回 あの夜の読書会 開催のお知らせ」

それでは、今日はこの辺で。


(BGM:THE ALFEE『Faith Of Love』)

2015-03-28

冬眠覚めて春眠へ

ちょっといろいろ思うところあって、このブログの更新を一旦停止します。
定期更新しようとしまいとアクセスが上がるときは上がるので、
このまま続ける意義に確信がもてなくなりました。
生存報告は主にtwitterの方でやっていきます。

早ければ夏。遅ければいつになりか分かりませんが、
運営方針が固まり次第連絡いたします。

では。お元気で。


  .,,..,,,,_
/ ,' 3  `ヽーっ
l   ⊃ ⌒_つ
`'ー---‐'''''"  



(BGM:DEEN『翼を広げて』)

2015-03-01

No music. No whiting.

こんばんは、蝉海です。
このところ記事が充実していなくてすみません。
小説の原稿はラストスパートに入っており、
今週の半ばには書きあがるので
そうしたら少しはまともな更新ができると思います。

ところで今日は、
よく私のブログの記事の末尾に書いてある
(BGM:『』)についてお話したいと思います。
このBGMなんですが、
その楽曲がかかっている間に文章を書き上げているとか
そういうわけではなく、
単にその時のノリで「あ。これBGMということにしよ」と、
何となく書いているだけなのです。
記事の内容とかちょっとだけ鑑みて、ね。
ぶっちゃけると、
『ブギーポップ』などで知られる上遠野浩平先生が
よくあとがきでやっていることを、真似ているだけです。

で。今までどんな曲をBGMにしてきたのか、
ふと気になったのでちょっと列挙してみたいと思います。
名前順に揃えるのメンドいので時系列順に。

Stratovarius『Forever』
Janne da arc『Destination』
黒夢『Walkin' on the edge』
Nightwish『Wishmaster』
Lost Witness『7 colors』
KAZU『ミトコンドリア』
HIIH『feels like HEAVEN(X TRA Soundscape mix)』
Yngwie J. Malmsteen『Far Beyond The Sun』
小沢健二『さよならなんて云えないよ(美しさ)』
浅岡雄也『君がいれば』
じん(自然の敵P)『サマータイムレコード』
Hammerfall『The Dragon Lies Bleeding』
BUCK-TICK『夢魔 - The Nightmare』
the FIELD OF VIEW『Dreaming Always』
Rhapsody of Fire『Emerald Sword』
KUKO『前を向いて歩こう』
上原あずみ『無色』
the FIELD OF VIEW『Real Prayer』
The Beach Boys『California Girls』
ZARD『あの微笑みを忘れないで』
ASIAN KUNG-FU GENERATION『サイレン』
MELL『砂漠の雪』
See-Saw『君がいた物語』
KAZU『dear...』
Kalafina『ひかりふる』
ATOLS『キメラ』(歌ってみた:TAMA)
the FIELD OF VIEW『青い傘で』

……う〜ん、こうして並べてみると想像以上にカオス。。。
自分でも全然法則性が見えない(^^;;
強いていえばパワー・メタルやV系が多いかな?
何というか、上に挙げたアーティスト全部好きって人、
そうそういなさそう……。
もっというと「メジャー/インディーズ」「邦楽/洋楽」グチャグチャで、
全部分かる人すら、いるかどうか怪しい。

まあ。今日はそんなサムい自分語りでお茶を濁させて頂きました。
それでは。また。

(BGM:takoyaki_o『over the rave』)