旅人の手記 二冊目 - 蝉海夏人のブログ -

2018-02-15

にい・まる・いっ・ぱち


寒中お見舞い申し上げます、蝉海です。

恒例の新年の初投稿。例年の一投稿。本年で最初で最後の投稿。
年明けてから、もう一ヵ月半経ってしまいましたね。
ここもどれだけの人が見ているのかもはや分かりませんが、
近況をお伝えすることに致します。

まず前回の記事で述べたように、
昨年の四月から放送大学大学院修士全科生:人文学プログラム)に入りました。
研究指導の度に出す報告書に四苦八苦し、
他大学の読書会に参加させて頂いたりして、
少しづつですが研究を進めております。
大学院のことはここで詳しく述べられないことも多々あるのでこの辺りにしておきますが、
あれから十ヶ月ほど経っても
何とかかんとかまだ院生やれていることをここにお伝えしておきます。

修士のあとについては考えてはおりますが、
まだ色々と詳しく言えないことがありますので、今は控えておきます。
来年の記事には、お伝えできればと思います。

さて。創作の方ですが、昨年に引き続いて、
現在小説家になろう様より、
ポストモダンファンタジー小説フェアリーリングフェアリーテイル』を連載しております。

『フェアリーリング・フェアリーテイル』小説家になろう

当初は平日毎日更新でスタートしたのですが、ストックがどんどんなくなり、
追いつかれそうになって、途中から毎週月・水・金更新にさせて頂きました。
さらに、八月の半ばあたりでセカンドエピソードが終了したと同時に、
次のエピソードを準備期間を取らなければならず、
今年の一月まで連載を休止してしまいました。
不甲斐ない作者で申し訳ありません。
本年も進路等、作者の一身上の都合のため、
また大幅にお休みの期間を取らせて頂くかと思います。
読者の皆様には申し訳ない限りですが、それでもご愛読頂けいている皆様には、
今後とも末永くお付き合い頂ければ大変有難く存じます。

最後に。
昨年お世話になった全ての方々へ、心よりお礼申し上げます。
本年もどうぞ、よろしくお願い致します。

(Now Playing: JILS『太陽に灼かれた翼』)

2017-01-01

鬼胎は期待へ、激動から跳躍へ


あけましておめでとうございます、蝉海です。
このブログも、すっかり一年に一回の更新になってしまいました。
昨年は政治面・文化面などで大きな事件が多くて何かとかまびすしく、
当事者ではなくても心持が不安になることが多くあったかと思われます。
本年こそは、幸多き年であらんことを願います。

さて。このような大きな話はこのくらいにしておいて、
例年のように私個人的な今年の抱負について述べさせて頂きたく存じます。

蝉海は昨年三月に放送大学(人間と文化コース)を卒業致しました。
そのあと色々迷って働いたりしていましたが、大学院に進学することに決めました。
受験は無事合格。四月には、修士全科生(人文学プログラム)となります。
二年間で修士号を取れるよう、精一杯頑張りたく思います。

そして今年は、創作の方でも大きく動き出したいと考えております。

昨年は「小説家になろう」で投稿すること以外に目立った活動をしませんでした。
客観的に見ればかなり停滞した年といえるでしょう。
実際に新人賞用の原稿もままならず、
自分で振り返ってもひどく芳しくない一年だったと思います。
正直、「自分は何で小説を書くのか」「何で創作をし続けるのか」と、
しんどい自己問答を繰り返さない日はなかったくらいです。
しかし、行き着く答えはいつもシンプルで、たったひとつでした。

「どうしても書きたいものがあるから」

書かずにはいられないのか、書かずにはいられないと思い込んでいるだけなのか。
どっちかわからないまま、一行でも一文字でも書き続けていました。
亀の歩みのような毎日でしたが、その甲斐あってか、
先述した「どうしても書きたいもの」――というものが
ある程度具体的な形として結実するようになりました。

1月2日より、「小説家になろう」において新連載を開始致します。

内容は、現代の日本を舞台にした長編ロー・ファンタジーです。
毎週月曜から金曜の毎日更新で連載したく思います。
どうか、ご高覧頂ければと存じます。

またtwitterの方でも、創作用の新しいアカウントを設置致しました。
小説家になろう」への投稿などは、こちらでアナウンスしていきたく思います。

さて。私は毎年のこの反省と抱負で、「人とのつながり」を大事にしていく、
という言葉を繰り返してきたと思います。
正直に申し上げますと、昨年はこの「人とのつながり」において
考え悩まされることが多々ありました。
詳しくは申し上げられませんが、
人間関係」と「個人の成長」を調和し続けることの難しさを、
痛いほどこの身に知らされることとなりました。
けれどもつらいことばかりでなく、
大学院に進学することを決めたり、創作に励み続けたりすることができたのも、
人とのつながり――「縁(えにし)」があってこそのものです。
総じて、「関係」と「成長」という事柄について考えさせられた一年であったといえるでしょう。

それでは本年も、よろしくお願い申し上げます。

(Now Playing: Neru『ハウトゥー世界制服』(まふまふ×天月 バージョン))