しうまいの日記

  ※検索エンジンで辿り着いた方、↑に検索語を入れると、関連する日記が見つかるかも。
   尊敬するハンマー使い:ガオガイガー、心さん(ドロヘドロ)
   たま〜に、グループ日記、「しうまいの日記(別冊)」も更新
   DSセプト部にも入部しました。

   愛犬グリコの成長記録は「まいにちグリコ」にも書かれています。

2006-06-13

[]トノサマひとり旅 トノサマひとり旅のブックマークコメント

昨日は早めに街へ行って、トノサマで昨日の復習。

ポイントを稼ぎつつ、太刀の練習を続行してました。


ワールドカップの日本戦があったからなのか、

昨日は妙に人が居なかったような。

ちょうど良いので、そのままトノサマで太刀の修行に。



ドスランポス、ドスファンゴ、クックあたりを相手に修行。

ドスファンゴはザクザク斬り刻んで、あっと言う間に瞬殺できるのが気持ち良いですな。

クックの耳は、太刀でもバッチリ破壊できるようになりました。

…ちっとも大怪鳥の耳が出ませんが。


あと、太刀の隠れた魅力として、

崖っぷちで斬り下がって空中に飛び出し、崖にブラーンとぶら下がるのが好きです…。

f:id:Shaomai:20060613003643j:image



太刀は安定感が出てきたので、

ちょっと気分を変えて、ガンランスでクック討伐にも行きました。


微妙にランスと違う操作感に戸惑い、

よく尻尾攻撃で吹き飛ばされることも多々ありました。

それでも、対クックに限ってはそれなりに動けたんです。


問題だったのはヤオザミが居るエリア。

ヤオザミ2匹にお手玉され、あっさりキャンプ送りに…。


送ったね! 2度も送った! クックにも送られたこと無いのに!



これまでハンマーをメインに使ってきた私としては、

「カニむかつく!」という人の感覚が、イマイチ理解できてませんでした。

今なら言えます、「カニむかつく!」と。「カニ死すべし!」と。



ピンクタイフーン*1

日本VSオーストラリアが、まだ1-0でリードしてた頃、

本日の締めに、太刀ソロで沼地のババコンガを狩ってみることに。


序盤の装備では 意外と侮れないダメージを受けますし、

何よりも、大量のコンガによる支援があるわけで…。

落とし穴にシビレ罠、シビレ生肉に毒生肉など、万全の準備をして挑みます。



クエスト開始後、まずはエリア8で開戦。

幸いなことに、ここの雑魚はランゴスタのみ。

毒生肉やらシビレ罠肉を利用して、戦局は有利に展開。

自慢のリーゼントも破壊に成功しました。


続いてババコンガはエリア6に移動。

…コンガ3匹による支援が付きました。


頑張ってコンガを片付け、さらにダメージを重ねたところで 今度はエリア4に移動。

…コンガ4匹による支援が付きました。



もう無理っス。

ピンクのモジャモジャ達がワサワサと積み重なり、

そのままキングコンガに合体するんじゃなかろうかという光景に。

とてもコンガを掃除する気にならなかったので、

ババコンガを集中的に狙って、巣にお帰りいただきました。



さっさと捕獲して終わらせるべく、巣にシビレ罠を設置するも、

仕掛け終わる直前にイーオスの邪魔が入ってシリモチ転倒。

さらに畳み掛けるように、ババコンガのフライングボディプレスが…。


ガイルに飛び込むザンギエフのAAを思い浮かべる光景です。

自分がしゃがみ待ちのガイルだったら撃退できるのに…

サマーソルトを出せるはずも無く押しつぶされ、ガイルならぬ ど根性ガエル*2

ババコンガのお腹には張り付かず、どっこい生きてるキャンプの中。


その後、再度ワナを設置して捕獲で帰ってきました。

…しばらく林家ペーパーは見たくありませんな。



何はともあれ、クリアには成功です。

サッカー日本代表よ、多くの勇気をありがとう!

で、テレビを確認したら…あれ、負けちゃったの?


---------------------------------------------------------------------------

*1:菊五郎

*2:キーワードを見て驚愕。『主題歌はデビュー間もないとんねるずが歌った』…マジですか!?

ゆうどんゆうどん 2006/06/13 10:39 「菊五郎エライ!」を5回言わないと秘境にはたどり着けないそうです(・∀・)

しうまいしうまい 2006/06/13 12:03 > 菊五郎エライ
ネタとしては知ってるんですが、実は天外魔境玉ぅ廛譽い世辰燭蠅靴泙后PCエンジンユーザーだったのに…。リメイク版も評判がイマイチだった気がするので、Wiiが出たらオリジナル版をプレイしてみようかなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Shaomai/20060613